もうすぐ東北はお花見シーズンです♡ 東北エリアでおすすめのお花見スポット 【都道府県ベスト】

もうすぐ東北はお花見シーズンです♡ 東北エリアでおすすめのお花見スポット 【都道府県ベスト】

もうすぐ東北はお花見シーズンです♡ 4月中旬から5月上旬にかけてお花見シーズンになります。4月下旬には満開の桜が堪能できるでしょう。東北のみなさんも首都圏のみなさんも、お花見情報はチェックしましたか? 東北の厳しい冬を乗り越えた桜たちは、どこか力強さが感じられます。そこで今回は、東北エリアでおすすめのお花見スポットをピックアップします。

 

【青森】 弘前公園

弘前城のお膝元にある弘前公園はお花見スポットとして知られています。弘前城の二の丸にあるソメイヨシノ、実は明治15年に弘前藩士だった菊池楯衛から寄贈された日本最古のものです。そんな弘前公園は桜名所100選にもあげられています。およそ50万平方メートルの弘前公園には、様々な種類の桜が2500本以上も咲き誇ります。

弘前城のお堀に桜吹雪が舞い散り、花いかだができる5月上旬の景色はまさに圧巻です。同時におすすめしたいのはライトアップです。弘前城の天守閣と夜桜のコンビネーションが楽しめますよ。

【福島】 花見山

世界的な写真家である秋山庄太郎氏は、生前に「福島に桃源郷あり」と言っていたのが花見山です。花見山は福島市の南東部の丘陵地。なんでも、花卉を栽培する農家の私有地なんだとか。

花見山の斜面にはあでやかな桜ばかりでなく、レンギョウ・ハナモモ、さらにモクレン・サンシュユなどの花々が咲き乱れます。吾妻小富士を背負ったその光景は、まさに桃源郷そのものです。

【宮城】 白石川堤一目千本桜

宮城県大川原町の白石川沿い、そのおよそ8キロメートルにわたって桜並木、通称・一目千本桜が咲き乱れます。寿命80年越えの千本桜は風格抜群。白石川の向こうには雪冠をかぶった蔵王連邦がそびえています。

このエリアは白石川公園になっていて、お花見シーズンにはライトアップが実施されます。雄大な白石川と満開の桜並木が織りなす贅沢な夜桜が堪能できます。

【秋田】 角館 武家屋敷通り

みちのくの小京都ともいわれている秋田の角館。観光スポットの武家屋敷は絶好のお花見名所です。小京都というに相応しい、立ち並ぶ豪壮な武家屋敷にシダレザクラが咲きこぼれます。まるで、江戸時代にタイムスリップしたよう。

シダレザクラにいろどられた角館の武家屋敷通りを人力車で巡ってみてはいかがでしょうか。贅沢なひとときが過ごせるはずです。 

【岩手】 盛岡城跡公園

宮沢賢治が愛した盛岡城跡公園。盛岡藩20万石の居城でした。美しい石垣の名城の名残がみられます。現在では市民の憩いの場になっています。そして、お花見スポットとしても知られています。

敷地内にはソメイヨシノ・エドヒガンをはじめた200本にのぼる桜が咲きます。盛岡さくらまつり期間には活気ある出店が盛り上げてくれるそう。県外からドライブがてら手ぶらで訪れてもお酒・おつまみに困りません。

おすすめは二の丸あたりのエリア。ひっそりとした穴場スポットです。人混みに疲れたときにでもどうぞ。

【山形】 鶴岡公園

日本さくら名所100選にピックアップされている鶴岡公園がおすすめです。もともとは庄内藩主・酒井家の居城であった鶴岡城があったところになります。大正4年に建てられた西洋建築の大宝館は鶴岡氏指定有形文化財です。この西洋建築と桜の花々のコントラストがとても美しいことでも知られています。

園内の桜は700本以上。満開になると園内が桃色に染められるほどです。4月上旬からはライトアップがはじまります。ぼんぼりが灯されると、なんともいえず幻想的な雰囲気になります。カップルにもおすすめです。

【新潟】 高田公園

日本さくら名所100選の高田公園は新潟・上越市を代表するお花見スポットです。敷地内の桜はなんと4000本。どこをみても桜、桜、桜……高田城とお堀、そして桜が織り成す美しい景色が堪能できます。

お花見シーズン限定で高田城百万人観桜会がおこなわれます。遡ること江戸時代、徳川家康の子息である松平忠輝公は築城後に2200本の桜を植樹して、後に観桜会が催されるようになったといいます。

現在では園内を3000個のぼんぼりが彩ります。高田城とお堀がカラフルにライティングされたここにしかない夜桜が楽しめますよ。

待ちに待った東北の春♡ お花見を楽しんでください

待ちに待った東北の春がおとずれようとしています。東北のお花見スポットでお花見を楽しんでみてください。米所・東北の地酒を地元グルメであおるなんて、贅沢じゃありませんか? 素敵なお花見になることを期待しています。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す