東京で人気の日本酒バー10選、デートにも使えるオススメ店!

東京で人気の日本酒バー10選、デートにも使えるオススメ店!

「日本酒」と聞くと、オジさまが集まる居酒屋をイメージしませんか?

いいえ、今、日本酒は女性や若者にも人気のお酒です。そして日本酒をゆっくり楽しめる「日本酒バー」も増えてきました。

今回は、東京で今人気の日本酒バーをご紹介します。デートにも使える、お洒落で美味しいおすすめの店ばかりです。

⒈東京を代表する日本酒バー 「和酒BAR 庫裏 銀座店」

出典:公式サイト

東京の人気日本酒バーといえば、「庫裏(くり)」は外せません。

人気の理由は、「日本酒へのこだわり」です。

常時50〜100種類の日本酒を置いていますが、定番の銘柄はなく、店主が選んだ飲み頃のものだけが提供されます。さらに品質管理のため、各種類1本のみの仕入れしかしません。

店主一人での営業なのでサービス面では良いとはいえず、予約や香水禁止、その他注意事項の多い店ですが、それも美味しい日本酒を飲むためのこと。

日本酒は3種類(60ml、120ml、180ml)のグラスから選びます。店主おすすめの「コース」(飲み比べセット)が用意されているので、それを頼むのがおすすめです。

全国から取り寄せた珍味や酒肴が揃っているので、店主に相談してみるとよいでしょう。

  • 店名:「和酒BAR 庫裏 銀座店」
  • 住所:東京都中央区銀座6–4–15 トニービル2F
  • 電話番号:03-3573-8033
  • 営業時間:17:00~24:00
  • 定休日:日・祝日
  • 予算:4~5,000円

詳細はこちら

⒉スペイン料理を日本酒で 「和酒バル KIRAZ」

出典:食べログ

日本酒をスペイン料理とともに楽しめる日本酒バーが、「和酒バル KIRAZ(きらず)」。JRの恵比寿駅と目黒駅の中間、閑静な住宅地にある隠れ家です。

「タパス」を中心としたスペイン料理を提供しながら、あくまで「日本酒」にこだわります。ビール以外のお酒は日本酒だけ、スペインワインやカヴァなども置かない徹底ぶりです。

料理も日本酒に合うように作っているので安心、豊富なタパスやアヒージョなどが揃います。

料理5品からの「コース」(3,500円税抜〜)もあるので、おつまみは「お任せ」で、日本酒との組み合わせを楽しむのもおすすめです。

  • 店名:和酒バル KIRAZ
  • 住所:東京都目黒区三田2–9–5
  • 電話番号:03-3712-7277
  • 営業時間:18~24:00(L.O.食事は1時間前、ドリンクは30分前)、日・祝日は22時閉店、土・日・祝日はランチ営業12:00〜15:30あり
  • 定休日:月曜日
  • 予算:6~8,000円前後

詳細はこちら

⒊高級ホテルの日本酒バー 「天乃川」

出典:公式サイト

高級ホテルにあるバーは大人デートの定番ですが、たまにはバーでも日本酒を味わいたい。そう思うことはありませんか?

新宿の京王プラザホテル本館の2階にある「天乃川」は、まさにうってつけの「日本酒バー」です。1992年の開店時、ホテルのバーとしては国内で初めて日本酒を専門に扱う店でしたが、今では東京を代表する日本酒バーとして広く知られています。

店内は約8mの天然木カウンターが圧巻、カウンター越しには唎酒酒師との日本酒談義も楽しめます。

「スパーリング日本酒」から「本醸造」、「大吟醸」まで、それぞれ3銘柄を組み合わせた「きき酒セット」(1,550円〜)が用意されているので、注文にも困りません。

2020年3月までの期間限定ですが、乾杯ドリンクがサービスになる「記念日プラン」というコース料理も用意されています。記念日デートにおすすめのプランです。

  • 店名:天乃川
  • 住所:東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル本館2F
  • 電話番号:03-3344-0111
  • 営業時間:17:00~22:30
  • 定休日:無休
  • 予算:4~5,000円前後

詳細はこちら

⒋都内各地で人気の日本酒バー 「純米酒専門 YATA」

出典:公式サイト

最近流行りの「立飲みバー」、気軽に使えて美味しいお酒が安く飲める。そんなコスパのよさが人気の理由です。

そんな「立飲み」スタイルの日本酒バーが「純米酒専門YATA(やた)」です。

提供するお酒は、米と米麹だけで醸された「純米酒」だけ。米の旨みを味わって欲しいという店のコンセプトです。

メニューもシンプルでわかりやすいのが特徴、グラス売り(100ml)の日本酒がALL500円(全て税込)、おつまみも全品500円。

人気は「60分利き酒コース」(2,000円)で、約40種類の純米酒を飲み比べできます(同一銘柄は一回のみ)。

ゆっくり日本酒を飲み比べるもよし、デートの合間にグラスを何杯かひっかけて勢いつけるもよしの日本酒バーです。

ここでは「渋谷店」をご紹介しますが、都内には「新宿店」もあるので、新宿に行った時にはチェックしてみてください。

  • 店名:純米酒専門店YATA 渋谷店
  • 住所:東京都渋谷区道玄坂1-6-9 ILA道玄坂ビル5F
  • 電話番号:03-3464-0434
  • 営業時間:16:00~23:30 (L.O.23:00)、  土・日・祝日15:00~22:30(L.O.22:00)
  • 定休日:無休
  • 予算:2~3,000円

詳細はこちら

⒌酒蔵が集合した日本酒バー 「SAKE HALL HIBIYA BAR」

出典:公式サイト

創業から30年近い歴を持つ「日比谷バー」が世界初の「日本酒カクテル専門店」として開店した日本酒バーが「SAKE HALL HIBIYA BAR(サキホールヒビヤバー)」です。

現在は国内の人気酒蔵7軒が「蔵元BAR」として集結、それぞれ完全個室で蔵元自慢の日本酒が楽しめます。

浦霞(宮城)、大山(山形)、吉乃川(新潟)、三千盛(岐阜)、春鹿(奈良)、司牡丹(高知)、五橋(山口)という名酒蔵が勢揃いです。

飲み放題付きのコースが4,500円(税込)から。

酒粕を使った「香醸惣菜」が名物で、「鶏もも肉」や「ベーコン」を香り豊かに焼き上げます。酒粕ですから日本酒に合わないはずがありません。

デート向きのカウンター席もあります。名物料理とともに全国の日本酒を味わってみてはいかがでしょうか?

  • 店名:SAKE HALL HIBIYA BAR(サキホールヒビヤバー)
  • 住所:東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビルB1F
  • 電話番号:03-3572-7123
  • 営業時間:17:00~23:30 (L.O.フード22:30、ドリンク 23:00)
  • 定休日:無休
  • 予算:4~5,000円

詳細はこちら

⒍カウンターはカップル優先 「日本酒バル Chintara」

出典:食べログ

「日本酒デート歓迎!」という店が「日本酒バルChintara(チンタラ)」。渋谷の道玄坂から百軒店を入った少し奥にある隠れ家バーです。

ちょっとお洒落にワイングラスで提供される日本酒は全国から約50種類を取り揃え、一杯580円(税抜)から。

料理はお酒によく合うように手作りのもの。二人で食べてちょうどいい量で用意してくれます。名物は「アジフライ」(600円)。毎朝河岸から仕入れる高級生アジを注文ごとに揚げてくれます。

カウンター席は女性とのカップル限定という、まさにデート向きの日本酒バー。

デート道として知られる「ランブリングストリート」にも近い。雰囲気たっぷりのロケーション。

渋谷デートにオススメです。

  • 店名:日本酒バル Chintara
  • 住所:東京都渋谷区道玄坂2-19-3
  • 電話番号:03-6427-8183
  • 営業時間:月〜木曜日18:00~15:00(L.O.14:30) 18:00~24:00(L.O.23:00)、金曜日18:00~翌1:00(L.O.24:00)土曜日18:00~24:00(L.O.23:00)、日・祝日17:00~22:00(L.O.21:00)
  • 定休日:年末年始
  • 予算:3~4,000円

詳細はこちら

⒎新宿の人気立飲みバー 「日本酒スタンド 酛」

出典:公式サイト

新宿の花園神社すぐ近くで人気の立飲み日本酒バーが、「日本酒スタンド 酛(もと)」です。

円形に近いカウンターに10人ちょっとが定員というプチスタイルながら、全国の銘酒が常時50種類以上揃います。

おすすめの日本酒(300円台〜)が「すっきり・Light」、「甘め・Sweet」、「旨口・しっかり」、「常温・お燗)」と分類され、注文しやすくなっています。

おつまみは、「カツオ酒盗」などの珍味系や「世界のチーズ」などが店内の手書きメニューに並びます(300円台〜)。

女性客も多く入りやすい雰囲気なので、新宿デートと時にはオススメの店です。

  • 店名:日本酒スタンド 酛
  • 住所:東京都新宿区5-17-11 白鳳ビルディングB1F
  • 電話番号:03-6457-3288
  • 営業時間:月〜金曜日15:00~23:00(L.O.フード22:00、ドリンク 22:30)、土・日・祝日12:00~21:00(L.O.フード20:00、ドリンク20:30)
  • 定休日:不定休
  • 予算:3~4,000円

詳細はこちら

⒏日本酒をバルスタイルで楽しむ 「神田 日本酒バル 酒趣 -Shu Shu-」

出典:公式サイト

JRの神田駅から徒歩5分ほどの場所にある「神田 日本酒バル 酒趣-Shu Shu-(シュシュ)」は、スペインの「バル」スタイルで日本酒を楽しめる日本酒バー。

スペインバルと思ったら「実は本格的日本酒バー」だったという、サプライズ演出ができるデート向きの店です。

日本酒は「70ml」(450円税抜)と「110ml」(650円)の2サイズが用意されています。

ひとつの銘柄の造り(吟醸や純米など)の違いを楽しむ「飲み比べセット」や「酒造米」の違いを飲み比べるセットなど、いろいろ楽しいメニューが用意されているのも特徴です。

料理は季節に合わせた「Antipast mist(前菜)5種類盛合せ」(1,200円)や各種の魚、肉料理が揃っており、日本酒に合わせて楽しむことができます。

  • 店名:神田 日本酒バル 酒趣-Shu Shu-
  • 住所:東京都千代田区神田紺屋町5-5
  • 電話番号:03-3254-3353
  • 営業時間:17:00~23:00(L.O.22:00)
  • 定休日:日・祝日
  • 予算:3~4,000円

詳細はこちら

⒐下町デートの後に日本酒を 「酒庵 酔香」

出典:公式サイト

下町の観光名所として人気の「東京スカイツリー」、下町デートの定番スポットでもあります。

そんな時におすすめの日本酒バーが、「酒庵 酔香(すいこう)」。

東京スカイツリーの「逆さツリー」で知られる「十間橋」の商店街にある築50年の酒屋を改装した、カウンター10席の小さな店です。昭和の雰囲気を残した建物で、全国の銘酒を味わえます。

着席すると、6種類の酒肴が盛られた「お通し」(1,000円税込)が出されます。これだけでお酒が数杯飲める便利なシステム。

名物の「いぶりがっこ」(300円)は店主の親戚手作りのもの。それが入った「いぶりがっこ入りポテサラ」(500円)も人気の一品です。

スカイツリーで楽しんだ後は、下町風情を味わいながらの日本酒デートはいかがでしょうか。

  • 店名:酒庵 酔香
  • 住所:東京都墨田区押上1-51-6
  • 電話番号:03-6657-0140
  • 営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)、土・日は15:00開店
  • 定休日:月・火曜日
  • 予算:3,000円前後

詳細はこちら

10.日本酒専門店の最高峰 「animism bar 鎮守の森」

出典:食べログ

日本酒好きの間で「名店」との誉れ高い一軒が、「animism bar 鎮守の森」です。

四谷三丁目の路地にひっそり佇む隠れ家のような造り、看板もない外観からもこだわりの高さを感じさせます。

日本酒に精通した店主が選ぶ日本酒と料理のマリアージュ、それがこの店の看板です。

おすすめは旬の「魚」や「牡蠣」に、「肉」をそれぞれメインにしたコース料理(8,800円税込〜)。6皿の料理とそれに合わせた日本酒がセットになります。

店主が料理に合わせて厳選したお酒との組み合わせ、この店を楽しむ最適のスタイルです。全8席のカウンターもあるので、日本酒バーとしてデートにも使えます。

  • 店名:animism bar 鎮守の森
  • 住所:東京都新宿区四谷3-11 第二公明堂B1F
  • 電話番号:080-6535-9897
  • 営業時間:月〜金曜日18:00~22:30(L.O.21:30)、土・祝日15:00~20:00(L.O.19:00)
  • 定休日:日曜日
  • 予算:8~10,000円前後

詳細はこちら

まとめ

今東京で人気の「日本酒バー」をご紹介しました。

全ての店に共通しているのが、「日本酒」とそれに合うおつまみのマリアージュを楽しませてくれること。そしてどの店も「大人のデート」に向いていること。

次のデートは日本酒バー、2人で酔いしれてみませんか。

この記事のライター

raita kitano

食べ飲み歩きと写真を撮りながらの街散策が好きな男性ライターです。上場企業の管理職時代に培った飲食店訪問の経験を活かし、老舗の飲食店から流行のちょっとお洒落な店までをご紹介します。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す