男のダサい服。女性が選ぶNGメンズファッション

男のダサい服。女性が選ぶNGメンズファッション

男性が同性を見るときと、女性から男性を見るときのファッション観はまるで違います。「かっこいいでしょ?」「男らしいだろ?」ってな具合にドヤるコーデほど実はダサくて痛いこともある。でもっていちばんNGなのは服装に気を遣わない男性。これはもう論外。

yokoyan
例え、恵まれたビジュアルであったとしても服装がダサいままではアウト。そう思う女性は少なくありません。おしゃれ感度の高い女性ほど、そんな男性とは付き合わないはず。

センスというのはあらゆるものに表れるんです。言動、所作、仕事、そして服装。センスがなくてダサい男は、もっとおしゃれを勉強しなきゃ!ということで、今回のテーマは「ダサい服を着るな」編。まずはNG例を知ることからはじめてみましょう。

これはダサい。女性目線で見るメンズのダメファッション

[1]乳首が透けるのは絶対にダメ

体を鍛えている男性のチクポチなら許せるという意見もあるようですが、ライターyokoyanは嫌です、絶対。

薄着になる夏に勃発するチクポチ問題。ビジネスマンなら季節に関係なくチクポチ対策してる人も多いはず。

乳首が透ける男のTシャツ

出典:livedoorNEWS

ニップレス or 絆創膏で隠せとまでは言いませんが、何の対策もしないのは身だしなみ違反!ここで気を付けるべきポイントは2点

チクポチ防止策

  • ピッタリサイズを避ける
  • タンクトップを中に着る

これだけです。「重ね着なんて男らしくねぇ」と思う人ほどチクポチしてることに気が付いていないのかも。よほどゆる〜いトップスを着ていれば別ですが。ビジネスマンの多くは重ね着をしているはずです。

[2]ネックレスを付けられるのは上級者だけ

まずはダサい胸元から。大振りなアクセ&これみよがしに胸元を開けているのはいただけない!

ダサい男のネックレス

出典:ueriy

お次は↓大学生にありがちなパターン。

ネックレスがダサい男性

出典:MEN’S FASHION PLUS

一見、どこがダサいの?と思う女性も居そうですが、それはモデルのヴィジュアルが良いからこそ。コーデの完成度としては決して高くありません!

基本的に、ネックレスはいちばん避けたほうがいいアクセ。センスに自信がある男性であれば違和感は感じませんが、垢抜けない&イケてない男性には痛いだけ!

[3]ピッチピチのスキニーパンツはダサ過ぎる

パンツはワイド!というトレンドがありながら、一方で極細スキニーも流行る今のボトムス事情。特に20代、もしくは「エグザイルを意識」系メンズに多い気が。

女性はスキニーを穿いても問題ないのに、男性はなぜダメなのか?

男らしくないという意見もありますが、チクポチと同じく大事なところが・・ね? トップスでうまく隠したとしても男のスキニーは、やっぱりカッコイイとは思えません。

ダサい服コーデ

出典:プロが教えるファッションコーデ術

出典:プロが教えるファッションコーデ術

[4]サブリナパンツはとにかくかっこ悪い

八分丈や九分丈のパンツ&中途半端なロールアップは非常にダサい。もう、痛い!痛い!

「だって暑いじゃん」なんて言い訳も聞きたくない。多少暑くてもそこは我慢すべきです。

ダサい男のサブリナパンツ

出典:MEN’S FASHION PLUS

あえてのダサコーデは選ばれし男性だけに許される

例えばこのお方。

『このどぎついニットに一目惚れ。最近のテーマは、ダサいとカッコイイのぎりぎり。10人のうち2人が「カッコイイ」と思うような(笑)、何となく微妙にイイ。を目指して精進します!』

ダサい服コーデ

出典:Men’s NON-NO

最近は「あえてダサく」というのが流行りだったりもしますが。

それが許される=出来るのは、そもそもおしゃれな男性だけ。だってそうでしょ?何がダサくて何がかっこいいのかを分かってる男性でなきゃ、使い分けできません。

ハズしたり遊んだり。ファッションには計算が不可欠。それを打算的に見せないのもおしゃれ上級者だからこそ成せる技。

こんなコーデは痛すぎる・・

垢抜けないとしか言いようのないこのコーデ。格好良さのカケラもない!

出典:MEN’S FASHION PLUS

ダサいは怖い。

って、思いません?

格好良さの基準は人それぞれ。でも、ダサいの感覚はほぼ共通なんです。センスに自信がない、何が似合うか分からない男性は「女性が思うNGファッション」をひたすら避けることから始めてみてください!

ココもCHECK!

この記事のライター

yokoyan

人材コンサルからファッション系広告代理店へ転職。インテリアに特化した人気ブログ(月間30万PV)を運営しながら、ファッションライターとしても活躍中のパラレルワーカー。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す