ピントのずれた自己アピールは逆効果。恋愛チャンスを逃し続ける男性達

ピントのずれた自己アピールは逆効果。恋愛チャンスを逃し続ける男性達

恋愛下手と感じる男性達の特徴は沢山あります。しかし、他の男性とは異なる奇妙で奇抜で不可解な行動程、女性に嫌悪感を与えるものはありません。例えば、好きな女性に対し敢えて意地悪な行動をしたり悪態をついたり、普通の人と逆手のアプローチを仕掛けるのです。そうする事で“人とは違うのだよ”とアピールしたいのかもしれませんが、大抵の女性には逆効果でしょう。好きだから逆の事をしてしまうというのは、子供っぽいと思われるのがオチです。そこで、ピントのずれた自己アピールで恋愛チャンスを逃し続ける逆効果男性達の特徴を考えてみたいと思います。

本当にモテるんだと過剰なアピールをする逆効果男

女性は同じ会社の先輩である彼に少し興味を持っています。今までの成り行きから見ると、多分彼の方も同じ感情のはず。そこで、彼女は勇気を出して彼に聞いてみます。

「仕事で教えて欲しい事があるんですけど、今度お時間いただけませんか?」

そんな健気な彼女の意を決した行動に対して逆効果男の反応は…。

「同じような事を、いろんな女の子からも言われているんだ。どうしてもと言うならそっちを断ってから…。」

如何にも、恩着せがましい勿体ぶった返事。

「じゃあ。別の先輩にお願いします。」

ちょっとムッとした彼女が、ぞんざいな回答をすると、

「今なら少し時間があるけど、どう?」と慌てて返してきた。

その態度が余りにも滑稽に見えて、折角彼女に芽生えていた愛のツボミは萎んでしまった模様。

「付き合ったら、面倒くさそうだし性格が偏屈…。」

素直になれず、恋愛対象に対してついつい「モテる男」を演じてしまう逆効果男性は、結局ウザく思われて恋愛対象からは外されていく事になります。

自己アピールする点を取り違えている逆効果男

婚活パーティーで出会った恋愛圏内の独身男性。性格も明るく気さく。恋人の見込みリストに追加しても良いなと一旦は感じたが…。

「この味付けには、調理酒を使っている。本物のワインを入れるべきだ!」とか、

「この部屋のインテリアは、安っぽくて今日の参加費にはそぐわない。もっと豪華な調度の部屋にすべきだ」

など、やたら細部に細かい。

その後も、出てきたデザートから他の参加者の服装や性格分析など目にするもの全てに対して自論と蘊蓄を語り出し最後まで止むことはありませんでした。まるで、全ての人たちは彼の高邁で深遠な意見を待ち望んでいるかの様な自信と誇りに満ち溢れた表情で!

大抵の女性は、理屈っぽい事は苦手で嫌い。出された料理が気に入れば素直に美味しいと言いたい。無理に自説を絡めて左脳で納得するのは本来的ではないのです。この彼女。会の終盤に差し掛った時には、彼のアクション全てをスルーしていた様です。

幾ら知識があり分析力に優れている男性であってもアピールのしすぎは逆効果です。また、それが冗長である程、一方的なコミュニケーションになってしまいがちになる事に気をつけましょう。時には右脳でシンプルな反応を返してやるのも重要です。

究極の「かまってちゃん」男性

 

ブリッコタイプの女性によくいる”かまってちゃん”。この暑苦しくウザいタイプは、実は男性にも多いのです。同じスポーツジムに通う男性からの視線がやたら痛い。会話さえした事もないのに、そのかまって光線が半端ない。彼女のジムの出現日時を読んで、さり気なく視線の届く位置を確保している。ウェアやシューズも彼女と同じブランドで揃え、ペアルックに似せている。彼氏気取りがミエミエです。

「面と向かって付き合って下さい」と直接言われるなら対応しようがあるけれど、無言の気づいて光線はツライ

殆どの女性は、上記の様に感じる事でしょう。

「気を遣ってたまに会釈すると、わざと目をそらしたり、自意識過剰にもほどがある」

最初のうちは少しムッとする程度でしたが、二度三度続く様になると彼に性格異常若しくはストーカーに近い恐怖感を覚える様になりました。そして、結局、ジムにいくのをやめてしまったとか。

かまってちゃんは、相手にもその気があれば少しはシチュエーションを楽しめるかも知れませんが、一方的すぎるのは相手を困惑させるだけの半ストーカー行為になりかねません。女性から声をかけるなど滅多にない事なのです。ここは、男性らしく腹を据えて彼女に「興味があります」とか「お付き合いしてください」などストレートに告白すべきだと思います。

最後に

ピントのずれた自己アピールで恋愛チャンスを逃し続ける逆効果男性達の特徴は、度を越した自意識過剰さと無神経と言う事になると思います。自分をより良く見せたいと思うのは、全ての人が持つ感情です。しかし、度を越したり方向が大幅にずれると、相手に不快感どころか嫌悪感さえ与えかねません。この文章を読んで自分にも当て嵌まると感じた貴方。ストレートに好意を伝える事が出来る様に努力して見ましょう!

 

この記事のライター

MIKA

海外ドラマフリークのフリーライターです。映画やドラマのシーンから使える恋愛テクニック、合コンに役立つ記事を中心に執筆します。性格は猪突猛進。思い込んだら一直線に進むタイプです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す