大人の街銀座のバー10選、デートに使えるお洒落な店をご紹介!

大人の街銀座のバー10選、デートに使えるお洒落な店をご紹介!

大人の街、「銀座」には数多くの「バー」があります。

老舗のオーセンティックバーから趣向を凝らした造りの店まで、「バー」はお酒とゆったりした時間を楽しむ空間と言えるでしょう。

そんな銀座のバーは大人のデートにもうってつけ。デキる男になるなら一軒くらいの行きつけが欲しいもの。

ここでは、銀座でおすすめのバーを「デート向き」の観点から厳選してご紹介します。

どの店にも2人の時間を楽しめる、素敵な空間があるでしょう。

⒈SRAR BAR GINZA(スタア・バー・ギンザ)

出典:公式サイト

銀座にあるオーセンティックバーの中でもデートに使いやすい店が、銀座1丁目に店を構える「STAR BAR GINZA(スタア・バー・ギンザ)」。

銀座の重鎮バーテンダーとして知られ、1996年には「IBA世界カクテルコンクール」で日本人として初めて世界チャンピオンに輝いた岸久氏がオーナーを務める店です。

とかく敷居が高いと言われる銀座の高級バーとしては、フランクな接客で気軽にその雰囲気とお酒を楽しめます。

難しいメニューを見て悩むより、バーテンダーとの会話で注文を決めるのがお洒落です。

デートの時は、彼女のために「おすすめのフルーツカクテル」を聞いてあげましょう。時期により、小夏やマスカット、スイカにフルーツトマトなどを使ったカクテルを作ってくれます。

STAR BAR GINZAは、こんな店を知っていれば「男が上がる」という代表的な一軒です。

  • 店名:STAR BAR GINZA(スタア・バー・ギンザ)
  • 住所:東京都中央区銀座1-5-13 三弘社ビルB1F
  • 電話番号:03-3535-8005
  • 営業時間:17:00~24:00
  • 定休日:第一月曜日・第一火曜日
  • アクセス:東京メトロ銀座一丁目駅 徒歩2分
  • 予算:5~6,000円

詳細はこちら

⒉BAR 保志

出典:facebook

「BAR 保志」は、銀座にある何軒もの有名バーでチーフバーテンダーを務めた保志雄一氏が開店したオーセンティックバーです。

保志氏が、国内のバーテンダー大会で優勝した時に作ったカクテル「フォーリング・スター」や、世界大会でのオリジナルカクテル「さくらさくら」などの名物メニューを味わうことができます。

店内には「本日のフルーツカクテル」が数種類記載されたメニューがあるので、特に女性におすすめです。

男性向きには「ボウモアのソーダ割り」が名物。アイラモルトの香りが引き立ち、爽快感が加わります。

「BAR 保志」は実力派のバーテンダーが揃った、銀座でも一押しのオーセンティックバーです。

  • 店名:BAR 保志
  • 住所:東京都中央区銀座6-3-7 AOKI TOWER 8F
  • 電話番号:03-3573-8887
  • 営業時間:19:00~翌3:00(土・日は18:00~翌1:00)
  • 定休日:年始のみ
  • アクセス:東京メトロ銀座駅 徒歩5分
  • 予算:6~7,000円

詳細はこちら

⒊Y&M Bar Kisling(ワイアンドエムバー・キスリング)

出典:食べログ

「ワイアンドエムバー・キスリング」とはユニークな店名ですが、その由来はこの店が銀座の重鎮バーテンダーが共同経営していることから。

一人は吉田貢氏。「ミスターマティーニ」と呼ばれたパレスホテルの伝説のバーテンダー今井清氏の技を継承した方。

もう一人は銀座のトップバーの一軒「毛利」のオーナーバーテンダー、毛利隆雄氏。この二人の共同経営の店です。

そして「キスリング」は、店に飾られる印象的な「モイズ・キスリング」の絵画によります。

キスリングの名画を眺めつつ、「伝説のマティーニ」を2人で味わってみてはいかがですか。

  • 店名:Y&M Bar Kisling(ワイアンドエムバー・キスリング)
  • 住所:東京都中央区銀座7-5-4 ラヴィアーレ銀座ビル7F
  • 電話番号:03-3573-2071
  • 営業時間:18:00~翌3:00(土曜日は23:00閉店)
  • 定休日:日・祝日
  • アクセス:東京メトロ銀座駅 徒歩5~6分
  • 予算:5~6,000円

詳細はこちら

⒋Bar オーパ 銀座店

出典:公式サイト

「Bar オーパ 銀座店」は、オーナーバーテンダーであった創業者の遺志を継ぎ、若手の後継スタッフで運営しているオーセンティックバーです。

銀座にありながら「女性一人でも入りやすい店」を目指したという明るい雰囲気が特徴で、デートにはうってつけの店だといえるでしょう。

気軽な店ながら、コンクールチャンピオンを輩出するほどの実力派バーテンダーが揃っているのもこの店の売り。彼らとの会話を楽しみながら、おすすめのカクテルを作ってもらいましょう。

先代オーナーが仕事終わりに飲んでいたという「伝説のジントニック」も、今や店の名物になっています。

  • 店名:Bar オーパ 銀座店
  • 住所:東京都中央区銀座1-4-8 銀座ビッグウエストビル5号館B1F
  • 電話番号:03-3535-0208
  • 営業時間:18:00~翌3:00(土曜日は23:30まで)
  • 定休日:日・祝日
  • アクセス:東京メトロ銀座一丁目駅 徒歩2分
  • 予算:4,000円前後

詳細はこちら

⒌GINZA 1954

出典:公式サイト

デートで彼女をバーに誘う時、「誘い文句のある店」が欲しいですね。

「GINZA 1954」はまさにピッタリ。この店には「最高のカツサンドで酒を飲もう」の一言で誘えます。

場所はバーのメッカともいえる銀座8丁目。

この店にドリンクメニューはありません。バーテンダーと相談して注文を決めましょう。もちろんビールでもOKです。

フードメニューはありますが、ここでは迷わず「カツサンド」(2,000円)を注文しましょう。

銀座の有名パン屋特製のふわふわのパンに、見事な揚げ切りのカツが挟まれています。肉の断面はピンク色、その肉質の良さがわかります。

その他、パスタやピザなどに加えて「ラーメン」(1,500円)まであるのが、この店の気軽で楽しいところです。

  • 店名:GINZA 1954
  • 住所:東京都中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビルB1F
  • 電話番号:03-3571-2008
  • 営業時間:18:00~翌3:00(土曜日は0:00まで)
  • 定休日:日曜日
  • アクセス:JR・東京メトロ他・新橋駅 徒歩3~5分
  • 予算:6~8,000円

詳細はこちら

⒍銀座サンボア

出典:公式サイト

「サンボア」といえば、1918年(大正7年)に神戸で生まれたバーで、その後暖簾分けや支店がオープンすることで系列を増やし、現在では大阪・京都などに10数店舗が営業しています。

東京には「北新地サンボア」の支店として銀座と浅草に出店しています。

そんな伝統的なバーであるサンボアの味を銀座で体験できる店が、「銀座サンボア」です。

「早い時間から飲める」、「立飲みカウンターでサッと飲める」という「北新地サンボア」のコンセプトを完璧に継承した店造りになっています。

そしてサンボアといえば、「ハイボール」。この名物ドリンクも銀座で味わえます。

デートの合間にサッと一杯飲んで次に向かう、そんなカッコいい使い方のできる店が「サンボア」です。

  • 店名:銀座サンボア
  • 住所:東京都中央区銀座5-4-7 銀座サワモトビルB1F
  • 電話番号:03-5568-6155
  • 営業時間:15:00~24:00(日・祝日は22:00閉店)
  • 定休日:年末年始
  • アクセス:東京メトロ銀座駅 B7出口徒歩1分
  • 予算:3,000円前後

詳細はこちら

⒎Doulton(ダルトン)

出典:facebook

銀座で創業50年を超える老舗のバーが、銀座能楽堂ビルの別館にある「Doulton(ダルトン)」です。

典型的なオーセンティックバーで、洋酒の品揃えは600種類を超えます。かの「マッカラン」を日本で初めて紹介した店としても知られます。

現在は2代目オーナーに代わり、老舗らしい重厚な中にも明るい雰囲気の店作りになっています。

「マッカラン」は日本であまり飲めないような希少な種類も用意されているので、バーテンダーに気軽に相談してみましょう。

おつまみは伝統の「レーズンバター」。マッカランとの相性では定番の一品です。

  • 店名:Doulton(ダルトン)
  • 住所:東京都中央区6-5-14 銀座能楽堂ビル別館4F
  • 電話番号:03-3289-0388
  • 営業時間:17:00~翌2:00(L.O.1:00)
  • 定休日:土・日・祝日
  • アクセス:東京メトロ銀座駅 徒歩2分
  • 予算:6~8,000円

詳細はこちら

⒏銀座ROCK FISH(ロックフィッシュ)

出典:公式サイト

銀座で、いや東京で、中には日本で一番「この店のハイボールがうまい!」という人がいるほどの名店、それが「銀座ROCK FISH(ロックフィッシュ)」です。

店は、カジュアル色の強いスタンドバー(何席かのテーブルもあります)で常連比率も高め、そのため初めての時は少し戸惑います。

席に着くとお通しの「落花生」が出されます。ほとんどのお客さんがハイボールを注文するので、彼女と2人ならば「2つ!」というだけでOK。

氷の入らない、キリッと冷えたコップで出てきたハイボールは、まさにウイスキーの甘みと旨みの極地ともいえるもの。

名物の「スコッチエッグ」や「大納言チーズ」など、おつまみが美味しいのもこの店の売りです。

どこで(銀座・東京・日本)「一番」かはお任せですが、誘い文句は「一番美味しいハイボールを飲みに行こう!」で決まりです。

  • 店名:銀座ROCK FISH(ロックフィッシュ)
  • 住所:東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル7F
  • 電話番号:03-5537-6900
  • 営業時間:15:00~22:30(土・日・祝日は14:00~17:30)
  • 定休日:不定休
  • アクセス:東京メトロ銀座駅・JR新橋駅徒歩約5分
  • 予算:2~3,000円

詳細はこちら

⒐銀座 水響亭

出典:公式サイト

銀座で「水」をテーマにしたラグジュアリーな空間を演出する店が「水響亭(すいきょうてい)」。幻想的な雰囲気の中でユニークな「バー使い」のできる店としてご紹介します。

店内には魚の泳ぐ水槽があり、ガラスの床の下には水が流れています。アクアブルーの照明も雰囲気たっぷりの演出です。

デートにはBARカウンターがおすすめ。日本初の有機ELによる照明で碧く輝くカウンターは、テレビドラマや映画にも使われているので、彼女も見たことがあるかもしれません。水槽が真横にあって魚を眺めながらの食事ができる「L字型ソファ席」も人気です。

「水響亭レモンサワー」など旬のフレッシュフルーツを使ったカクテルやワインなどを楽しみながら、店自慢の「ビーフシチュー」を味わってみてはいかがでしょうか。

  • 店名:銀座 水響亭
  • 住所:東京都中央区銀座7-5-4 毛利ビルB2F
  • 電話番号:0800-170-1688
  • 営業時間:18:00~翌3:00(土曜日は23:00まで)
  • 定休日:日・祝日
  • アクセス:東京メトロ銀座駅 徒歩5分
  • 予算:6~7,000円

詳細はこちら

⒑ブルガリ イル・バール

出典:公式サイト

最後に、とても銀座らしいデート向きのバーをご紹介します。

銀座といえば、今や「ブランドストリート」と呼ばれるほど高級ブランドのお店が並んでいます。その中にある「ブルガリ」には何ともお洒落なバーがあります。

銀座通りの2丁目にそびえ立つ「銀座ブルガリタワー」、その10階にあるバーが「ブルガリ イル・バール」です。

昼から夜までの通し営業なので、ランチやアフタヌーンティーを楽しめます。

そして夜はバーとして、比較的リーズナブルな値段(コース12,000円程度)でお酒と料理を味わうことができます。

高層階にあるので、夜は銀座の夜景が綺麗なデート向きのお洒落なバーです。

  • 店名:ブルガリ イル・バール
  • 住所:東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー10F
  • 電話番号:03-6362-0555
  • 営業時間:12:00~23:30(日・祝日・連休最終日は12:00~18:00)
  • 定休日:無休
  • アクセス:東京メトロ銀座駅 徒歩5分
  • 予算:3,000~15,000円

詳細はこちら

まとめ

銀座でデートに使えるおすすめのバーをご紹介しました。

銀座は老舗高級バーのメッカ、敷居の高い店も多くあります。今回選んだ店はちょっとお洒落で、彼女と2人でも使いやすいバーばかりです。

おすすめの名物(酒・料理)も紹介しているので、それを目当てに誘ってみるのも良いでしょう。

銀座に一軒、行きつけのバーを持つことで男が数段上がること請け合いです、

この記事のライター

raita kitano

食べ飲み歩きと写真を撮りながらの街散策が好きな男性ライターです。上場企業の管理職時代に培った飲食店訪問の経験を活かし、老舗の飲食店から流行のちょっとお洒落な店までをご紹介します。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す