同郷だったんだ♡ 出身地が同じ女性にアプローチする方法とは?

同郷だったんだ♡ 出身地が同じ女性にアプローチする方法とは?

親しくなった女性が同郷だったとわかったら、お互い親近感が持てますよね。親近感から恋愛感情につながることもあるでしょう。同郷だからこそ、積極的なアプローチが効果的♡ ここでは、都道府県が一緒の出身地が同じ女性にアプローチする方法をご紹介します。気になる女性と同郷だった男性のみなさん、アプローチするチャンスです。

男女のケンミンショー! 出身地が同じ女性へのアプローチ方法

これぞまさに男女のケンミンショー。都道府県が一緒というだけで、出身地が同じというだけで、親近感が持てるのは当然のこと。なぜなら、地元を離れていたとしても共通のバックグラウンドがあるから。故郷が落ち着くのはみんな一緒です。ここでは、出身地が同じ女性への効果的なアプローチ方法をご紹介します。

やっぱりこれ! 県民あるあるネタで盛り上がろう

同郷発覚後はしばらく県民あるあるネタだけで乗り切れるのではないでしょうか。それくらい県民あるあるネタは盛り上がります。くだらない地元ネタだったとしても、ふたりで盛り上がれるでしょう。「バイトしていてゴミを投げるっていったらおどろかれて」「おにぎりが俵形じゃないのにびっくりで」なんて話題が尽きないはずです。

やっぱり方言でしゃべるのがラクチン

東京で生活してから、両親と電話するときくらいしか方言でしゃべらないという地方出身者がたくさんいます。なんとなく標準語に合わせてしまうんですよね。他に同じ方言の知り合いがいないとどんどん標準語になってしまいます。会話に方言を盛り込みながらしゃべると、お互いにしゃべるのがラクチンだと感じるはず。方言でしゃべるだけで距離感が縮まります。

胃袋は覚えている! 地元の名物を語り合う

地元のおいしいものは胃袋が覚えています。地元の名物を語り合ったらきりがありません。「やきべんのスープはあえてとっておいて雑炊にするといい」だとか、「名城の瓦そばは冷凍してストックしておくべきだよね」だとか……どちらかが帰省したときは、おみやげに地元グルメを買ってきて一緒に食べるのもいいかもしれませんね。

ご当地有名人がいたら盛り上がるかも

地元民しか知らないようなご当地有名人っていますよね。地方テレビ局の名物アナウンサーだとか、最近はどこにでもいるご当地アイドルだとか。「◯◯テレビの△△アナウンサーって10年前と変わらないよね」なんて、同郷の人間にしかわからないですよね。ますます親近感がアップするはずです。

たまには都会って疲れるよね…と言って地元の良さを語り合う

都会って賑やかだけど、たまに疲れるよね。これは地方出身者の誰もが思っていること。たまにはそんな弱音をこぼして、ふたりで地元の良さを語り合うのもいいでしょう。都会でストレスがあったら、そんな会話だけでもストレス発散につながります。

都会で地元グルメが楽しめる飲食店に誘ってみる

食事デートのハードルは同郷だとぐっと下がります。「◯◯に△△ってところがあって。ここの店主が同郷だから、地元グルメが楽しめるんだ。今度いかない?」だけでいいのです。つまり、地元グルメが楽しめる飲食店にさりげなく誘って食事デートを実現させてしまうのです。気になる女性に食事デートのお誘いができない男性は、ぜひ積極的に誘ってみてください。

「将来は地元で暮らしたいんだよね」は共感できるかも

いわゆるUターンです。将来は地元で暮らしたいんだよねは共感できます。心のどこかで帰りたいな……と思っている女性ならなおさら。ですが、地元以外での出会いは、だいたい同郷ではありません。20代後半にもなると「もしこのひとと結婚したら、もっと地元から遠ざかるのかな」と考えてしまうもの。同郷の男性だったら、一緒に帰るのもいいかな……なんて思えるかもしれません。

とはいうものの、女性が都会でバリバリがんばりたいと思っている可能性もあるので、女性がどのような価値観を持っているのか知ってからの発言にしておくといいでしょう。

なにかあったら相談してよ、同郷なんだから! で連絡先交換

なにかあったら相談してよ、同郷なんだから。連絡先交換しておこう。 で連絡先交換ができてしまいます。なかなかLINEが交換できない……なんてやきもきできません。だいたいのことは同郷なんだからの一言でごまかせます。あまり下心丸出しにしないで、連絡先交換を提案できますよ。

同郷女性は落としやすい♡ 積極的にアプローチして!

同郷女性は落としやすいですよ。気になるんだったら、積極的にアプローしていきましょう。同郷というだけで、打ち解けやすい状況ができあがっています。アプローチすればすぐにいい関係になれるはずです。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身(20代後半)趣味で恋愛小説を執筆する恋愛体質なフリーライター。男性のためになる女性視点の恋愛記事を心掛けています。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す