男の節約術・光熱費をお得にするには?光熱費のセットプランとは

男の節約術・光熱費をお得にするには?光熱費のセットプランとは

一人暮らしを始めてみたものの、家賃に、食費に光熱費と、実家暮らしの学生時代よりもあまり自由になるお金が無いように感じてしまう事はありませんか。

何とかして、飲み代をもう少し増やしたい。貯金を増やしたい!

そんな思いの独身一人暮らし男性は、ぜひとも固定費の見直しをしてみましょう!

男性が苦手な、ちりも積もれば山となる節約

女性向けの雑誌などでは、節約術や、貯金術のような記事が多いです。

ですが、男性向けの雑誌にはあまり節約についての記事が少ない事から、昔から男性はあまり節約をするよりも、お金を稼いでくればいいという考え方になる場合が多いのかもしれません。

もちろん節約をせずとも、お給料を上げる事ができるのであればその考え方は間違っていません。

しかしながら、そうは言ってもなかなか景気の実感ができないこのご時世です。

また消費税がさらに上がる事も決定しており、お給料を上げるよりも節約意識をもって生活する事にも注目が必要なご時世です。

給料を1万円アップする事と、無駄を省いて1万円節約する事で、得られる1万円は実は同じ価値なのです。

男性は、ちまちまと少額の節約をするのは面倒に感じるかもしれませんが、ちりも積もれば山となるという意識で、節約についての知識を得てみませんか?

節約が苦手な男性には、固定費の削減が一番簡単な節約方法

それでは実際にどのように節約意識を持てばいいかというと、一番お勧めなのが固定費の削減です。

固定費というのは、毎月絶対に支払う事が確定している金額で、光熱費、家賃、携帯代など上げられます。

この固定費が数百円でも安くなれば、年間を通して大きな節約となるのです。

その中でも、今回は光熱費にメスを入れてみましょう。

光熱費削減・ガスと電気、別会社で支払ってませんか?

一人暮らしを始めて、なんとなくガスと電気は適当に選んだ会社と契約している人は、光熱費を節約するチャンスがあります。

それは、電気とガスを同じ会社にまとめてしまうセットプランを活用するという方法です。

東京電力、関東電力のセットプランを知る

電気とガスが自由化された事はご存知ですか?

自由化って何?と思われる方のために簡単に説明すると、今まで電力会社やガス会社は地域が独占しており、新規参入できない仕組みになっていました。

ですが、自由化されたことで市場独占が解除され、様々な企業が参入できるようになったのです。

そのため、今までガスはガス会社に、電気は電気会社と契約していたものが、ガスと電気会社を同じ会社にまとめてセットで申し込み、割引を受ける事ができるようになったのです。

会社をひとまとめにする事で、最大1年間で1万年も節約できるプランなどもあり、固定費の削減に非常に重要な選択と言えます。

東京ガス「ずっともプラン」

東京ガスのポイントサービスパッチョポイントがつき、ポイントも加算される。Tポイントやnanaco、ポンタポイントなどに変更も可能です。

お得なポイント:1000円ごとにポイントが付く

年間の電気・ガス代:プランによっては1万円近く安くなる

申し込み:https://home.tokyo-gas.co.jp/power/special/feature.html

関西電力「なっトクパック」

こちらもプランにとってはガスとのおまとめで、年間1万も節約が可能。

お得なポイント:料金単価が安くお得、無料キャンペーンも多くタイミングを狙ってさらにお得に

年間の電気・ガス代:プランによっては1万円近く安くなる

申し込み:https://kepco.jp/ryokin/nattokupack/

 

この先一生支払っていかなくてはいけない光熱費です。生きている限り絶対にかかってくるこの費用、年間で1万円も節約できる事の大きさをぜひとも意識してみてください。

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す