3回目のデートで告白が成功する! 3回目のデートで告白が成功する理由とコツをご紹介

3回目のデートで告白が成功する! 3回目のデートで告白が成功する理由とコツをご紹介

3回目のデートで告白すると、1回目のデートよりも2回目のデートよりも成功しやすいといわれます。3回目のデートで告白すると成功するのか成功しないのか、真偽のほどはさておき、一度や二度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、気になる3回目のデートで告白すると成功しやすいのかどうか、そして3回目のデートで告白して成功させるためのコツをくわしくご紹介します。

3回目のデートで告白すると成功しやすいのはなぜか?

3回目のデートで告白すると成功しやすいといわれるのには、そういわれるだけの理由があるようです。ここでは3回目のデートで告白すると成功しやすいという理由について取り上げます。

2回目には付き合ってもいいと思っているから3回目で成功する

男性心理からみていきましょう。気になる女性をデートに誘いました。1回目のデートではなんとなくお互いのことがわかってくるといったところ。1回目のデートで付き合うのがありなのかなしなのかは判断しないでしょう。2回目になるとさらに女性のことがわかってきます。この女性となら付き合いたいとはっきり意識するようになるのもこの頃。男性自身の気持ちが固まるタイミングでもあります。

女性側はどうでしょうか。デートに誘われて応じている時点で、付き合うのもありくらいの好意はあるはずです。1回目のデートで「ないな……」と思ったら、2回目のデートは断るでしょう。2回目のデートに応じてくれたのなら脈ありです。だからこそ、3回目のデートで告白するのはベストタイミングになります。

3回目のデートで告白しなかったら、「もしかしたら、付き合いたいって気持ちないのかな?」と女性が判断してしまうこともあります。3回目で告白するのは、男性にとって付き合うチャンスを逃さないことでもあるのです。

3回目のデートで告白を成功させるコツ

デートして付き合いたいという気持ちになったら、3回目のデートで告白を成功させて付き合いたいですよね。ここでは3回目のデートで告白の成功率をアップするコツについてくわしく説明していきます。

3回目の告白、成功のカギは好感度

3回目の告白、その成功のカギは「好感度」にあります。恋愛シミュレーションゲームではありませんが、できるだけ好感度をアップしておくことが大切です。

1回目のデートでの好感度はそこそこだったのに、2回目から3回目にかけてダウンしてしまったら、告白しても成功しないですよね。

ここでは3回目のデートまでに好感度をアップするにはどうすればいいのか、女性目線からおすすめの方法を提案します。

清潔感があるのは絶対条件

どの恋愛コラムをみても、絶対条件としてあげられるのが「清潔感」です。清潔感がない男性ほどモテないものはありません。近くでみたら清潔感がなかった……たったそれだけで、恋愛対象外になってしまうのです。デートでは徹底的に清潔感を意識しましょう。

TPOを意識したファッションができている

大人の男性なのにTPOを意識したファッションができないのは致命的です。フレンチレストランでの食事なのにダメージジーンズだったら、女性だっておどろいてしまうでしょう。一緒にいるのが恥ずかしいとさえ思われます。デートのプランニングと同時に、どんなファッションで行くべきなのか、きちんと考えておくようにするといいでしょう。

3回目のデートでは迎えに行くといい

1回目、2回目のデートでは待ち合わせになるでしょう。迎えに行くような関係ではないと思われることもあるはずです。1回目のデート、2回目のデートで打ち解けているのなら、3回目のデートで迎えに行ってもおかしくありません。そろそろ、そういう関係になるのかな? と女性に意識してもらうきっかけにもなります。

飲食店の従業員やショップスタッフには丁寧な対応を心がける

デートでは様々なところに立ち寄りますよね? 飲食店はもちろんのこと、ふたりでショッピングをしたり、コーヒーショップでコーヒーブレイクしたり、コンビニで飲み物を購入したりするでしょう。飲食店の従業員やショップスタッフへの対応は、男性が想像する以上にみられています。偉そうな態度をしたり、横暴な振る舞いをしたりしてはいけません。「本当はこういう人なんだ……」と幻滅されます。

女性とのやりとりを面倒がらない

女性のとりとめのないおしゃべり、なかなか決められないメニュー、あれこれ悩んでしまうショッピング……男性にしたら面倒かもしれません。ですが、イライラしたり面倒だと思ったりしてはいけません。男性に求められるのは、女性に付き合える「マメさ」です。マメさがあってはじめて、一緒にいて楽しいと思ってもらえます。

しゃべりがうまいだけではない? 大切なのは会話

好感度の決定打は「会話」です。どうして女性ってこんなにおしゃべりなんだろう……と思ったことはありませんか? 男性と比較すると女性はおしゃべりです。だからこそ、会話がそのまま好感度につながるんです。

お笑い芸人のようにしゃべりがうまいというだけではいけません。「スムーズに会話できているか」が重要視されます。男性が一方的にしゃべるわけでも、女性が一方的にしゃべるわけでも、途中で会話が途切れるわけでもない。会話のキャッチボールができていて、それなりに盛り上がればいいのです。

男性が一方的にしゃべってしまっては、おしゃべりな女性にとっては退屈です。男性のしゃべりがおもしろくなければ、女性が一方的にしゃべるしかなくなってしまいますよね。だからこそ、途中で会話が途切れてしまうなんてことも……ここで、男性に知っておいてほしい会話のコツをご紹介します。

1.女性との会話に結論はいらない

男性にありがちなのが、オチのない会話はしたくないというもの。女性は違います。オチがあってもなくてもいいんです。どんな会話をしたのか、経過のほうが大切なんです。つまり、結論ありきではないということ。男性にはまずこの男女の違いを知ってほしいのです。

どんな人柄なのか、どんな価値観を持っているのか、どんな人生経験を積んできたのか、どんな趣味があるのか、様々な会話をすることでみえてくるはずです。女性にとって、会話の経過で得られた情報そのものが、男性に対しての判断材料になります。

2.どちらかというと男性は聞き上手になったほうがいい

間違えないでほしいのは、聞き上手=しゃべらないではないということ。女性の会話からどれだけ情報を引き出せるかが聞き上手です。女性の会話から得られた情報は、そのまま話題にできます。言い換えれば、どれだけ気持ちよく女性にしゃべらせられるかが大切だということです。男性がだまったままでは、話題に困った女性は闇雲にしゃべり続けるだけになってしまいます。

ただし、会話に真剣になりすぎて、会話そのものが楽しめないのはよくありません。女性がいったことを聞き逃してしまったり、話題を振られているのに気が付かなかったりしてしまいます。そうなると、会話したくないんだな、おもしろくないんだなと思われかねません。

3.女性にとって会話が途切れる=会話がおもしろくない

キャッチボールが楽しくてしかたがなかったという男性、多いのではないでしょうか。思い出してみてください。キャッチボールが続けば続くほどおもしろくありませんでしたか? キャッチボールが途切れたらおもしろくないですよね。女性との会話も一緒です。会話が途切れる=会話がおもしろくないということ。

よくあるのが、女性から振られた話題を男性がうまく返せないというものです。「旅行番組が大好きで好きなんです。◯◯さんは旅行に興味ありますか?」といわれたとき、旅行に興味がないからといって、「旅行には興味がありません」と言い切ってしまっていませんか? 「そうですか……」で会話が途切れてしまいます。

事実でないことをいう必要はありません。「あんまり旅行はしないんですけど……◯◯さんは旅行するんですか? それとも旅行番組をみるだけですか?」と、さらに話題を振るようにしましょう。これで会話が途切れません。

4.自分自身の情報を提供するのも会話

好感度アップには自分のことを知ってもらわなければなりません。会話しているうち、女性ばかりがしゃべっているということもありえます。男性は必要に応じて自分自身の情報を提供する必要があります。

会話の端々に、自分自身のこと、自分が好きなこと、自分が思っていることを付け加えるだけでいいのです。情報の積み重ねは、女性にとって興味につながります。女性から質問されることも増えるでしょう。それこそが、お互いを知るためのきっかけなのです。

5.しゃべるだけではなく相手を気遣う

男性側からの会話が一方的にあることもあります。気になる女性だからこそ、しゃべりたい気持ちが先走ってしまうのでしょう。また、男性は主張しがちなところがあります。自分の思考・思想・価値観を押し付けていることがあるのです。だからこそ、自分ばかりしゃべりすぎていないか、自分ばかり主張してしまっていないか、女性の主張を否定してしまっていないか、会話しながら見直すことをおすすめします。

3回目のデートまでにあせってはいけないこと

3回目のデートで告白を目標にしている男性もいるでしょう。だからといってあせった言動・行動は逆効果です。あせってはいけないことを胸に刻んでくださいね。

ボディタッチ

3回目のデートまでにボディタッチをするのはハイリスクです。ボディタッチされるほど親しいわけではないと女性が思っている場合、体目的だと思われても仕方がありません。恋人候補になんてできるはずがないでしょう。

強引すぎる

まだまだ一緒にいたい。気になる女性だったら、そう思うのは当然でしょう。ですが、だからといって「もう1杯飲もう」と強引に引き止めてはいけません。むしろ、デートプランどおりにするのがベストです。終電を逃すまで引き止める、つまり体目的だと疑いかねません。付き合っているわけではない。遊び相手というわけではない。だったら、告白するまでは紳士的な行動を心がけるべきです。

自分アピールは逆効果

好感度アップをあせるばかり、自分アピールをする男性がいます。男性からの自分アピールは、ただのナルシスト、あるいは自己主張の激しい性格だと思われてしまいます。そもそも、自分のいいところを自分でいうことほど信憑生がありません。日本人らしく、謙虚でいるくらいが好印象です。

3回目のデート前にフラれてしまう……その理由とは?

そもそも、3回目のデート前にフラれてしまうという男性の皆さん、その理由について考えてみたことはありますか? ここでは3回目のデートにまでこぎつけない男性に共通する理由を取り上げてみます。

1回目・2回目のデートで失敗をしてしまった

1回目・2回目のデートでは、どうしても緊張してしまいますよね。1回目のデートで緊張してしまうのは、女性だってわかっています。だから、1回目のデートがあまりおもしろくなかったとしても、緊張していたから会話がはずまなかったのかもと納得できます。2回目のデートには応じてくれるかもしれません。

ですが、2回目のデートで失敗したら取り返しがつきません。2回目のデートまでおもしろくなかったら、付き合ってもおもしろくないと思われてしまいます。もちろん、3回目のデートはありません。

脈ナシなのに告白してしまった

脈ナシなのに告白してしまったという致命傷もあるようです。3回目のデートで告白……したのに振られてしまう。脈ナシの女性への告白ですから、玉砕するのも当然です。

ですが、この場合4回目・5回目のデートで告白したとしても、成功するとはいえないえしょう。3回目のデートではある程度、男性に対しての気持ちができあがっています。デートに応じてくれているのは生理的に無理ではないから、食事くらいならいいだろうという気持ちからです。

告白がよくなかった

告白がよくなかったから、気持ちは傾きつつあったけどフッた……なんてこともあるようです。3回目のデートで告白するのはいいけれど、そのタイミングがよくなかった。あるいは告白の方法が不満だった。だから付き合いたくなくなったのです。告白のタイミング、告白の方法はよく検討するべきでしょう。

3回目のデートで告白を成功させるポイント

3回目のデートまで到達できた男性のみなさん、ついに最終決戦・告白ですね。ここでは、3回目のデートで告白を成功させるポイントをご紹介します。

告白は無理にしない

告白は無理にしないということを覚えておいてください。3回目のデートだからといって、無理に告白する必要なないんです。告白に踏み切るとき、どれだけふたりの距離が縮まっているのか、きちんと見極めてください。受け入れられているといえるくらい距離感が縮まっているのであれば告白するべきです。

脈ナシの段階で告白しれはいけません。脈ありであれば、2回目でもいいわけです。4回目、5回目、6回目とデートしているうちに、脈アリに変わることだってあります。告白したら後戻りはできません。告白することで恋愛対象として意識してもらえることはないと思ったほうがいいでしょう。

3回目はふたりの距離が近づきやすいタイミングというだけ。3回目という言葉に固執するのはよくありません。

告白に相応しい雰囲気づくり

告白するときは、雰囲気づくりを心がけてください。3回目のデートの告白だからというわけではありません。告白するときの雰囲気によって成功するのかしないのか変わってきます。どんな告白の雰囲気づくりをするのか、女子たちは男子力をみています。

おしゃれな飲食店だとか、夜景がみえるビュースポットだとか、ロマンティックな水族館だとか、告白する場所にはこだわりましょう。

LINEで告白なんてNG! 告白の方法は重要ポイント

まさか、LINEで告白なんてしないですよね? 3回目のデートからすぐにLINEで告白……これでは断られて然るべきです。もちろん、電話だって同じですよ。告白するときは、言うまでもありませんが女性に直接、きちんと目をみて言うべきです。だからこそ、男性の「本気度」が伝わるんです。LINEでの告白なんて雑もいいところ。それまでの感情だったといわれても、言い返せないですよね。

3回目のデートで告白して恋人に♡

恋人になりたければ3回目のデートで告白する。成功するといわれるのには理由がありました。とはいえ、成功させるためには男性の努力が必要なのも事実です。そして、3回目のデートの告白にこだわってあせるのは逆効果です。無理な告白は失敗のもと。あくまで3回目はふたりの距離が縮まる、告白成功の可能性がアップするタイミングだととらえておきましょう。

この記事のライター

asatsuki anna

福岡在住の25歳です。たくさんの男性たちと出会ってきたことで、人間的に成長できただけでなく、経済的にもたすけられてきました。今度は、男性たちが女性と出会えるよう、微力ながらお力添えしていきたいと思います。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す