インスタ映え! デートにもおすすめの札幌のおしゃれカフェ

インスタ映え! デートにもおすすめの札幌のおしゃれカフェ

カフェが日々増えている北海道の中心地・札幌。カフェデートをするカップルも多いのではないでしょうか。

せっかくデートをするなら、おしゃれで美味しいお店に行きたいもの。お店選びは重要ですが、それほどカフェを知らない、どこに行けばいいのかわからない、ということはありませんか?

そこで今回は、インスタ映えするデートにも使えるカフェをご紹介。次の休日に連れて行けば、女性が喜ぶこと間違いなし。ぜひコースに加えてみて下さい。

【SAPPORO FLOWER &CAFE サッポロフラワー&カフェ】

サッポロフラワーアンドカフェ 店内

円山公園駅から歩いてすぐそばにある、50年以上続く老舗のフラワーショップ併設のカフェ。

店内には季節に合わせて色とりどりの花がディスプレイされており、日々の喧騒から離れたゆったりした空気が流れています。

フロマージュルージュパフェ

メニューはどれも華やかで、目でも舌でも満足する内容。

写真は新メニューの「フロマージュ ルージュパフェ」(750円)。日高フロマージュを使用した甘酸っぱいベリーソースがアクセントになって、サラッと食べられる一品。

他にもスパイスカレーなどのフードメニューが充実しているので、ランチ使いも可能です。

駐車場はないので、コインパーキングか円山公園駅から徒歩で向かうのがおすすめ。円山エリアはカフェやスイーツが充実しているので、これからの暖かい季節、散策がてら訪れてみてください。

  • 店名:SAPPORO FLOWER &CAFE サッポロフラワーアンドカフェ
  • 住所:札幌市中央区南1条西24丁目1-23 ネオアージュ裏参道1F
  • 電話番号:011-621-0201
  • 営業時間:フラワーショップ 8:00~18:00  カフェ 11:00~17:00(L.O. 16:30)
  • 定休日:フラワーショップ  12月31日〜1月3日、 カフェ 火曜
  • アクセス:地下鉄東西線「円山公園駅」より徒歩約3分
  • 平均予算:1,000円〜2,000円

詳細はこちら

【cafe オリーブと鳩】

東区のマンションの一室にひっそりとある隠れ家カフェ。

マンションの2階に上がって扉を開けると、センスよくまとめられたアンティークなインテリアの空間が広がります。

cafeオリーブと鳩 カフェメニュー

ドリンクメニューは有機豆乳を使ったラテ、オーガニックの珈琲と紅茶があります。

スイーツは日によってメニューが変わるようなので、行くたびに違う味に出会えそう。

写真は「ピーカンナッツのタルト」(500円)と「ほうじ茶キャラメル豆乳ラテ」(650円)。タルトは牛乳・卵・バター不使用で、大きめのナッツの食感が印象的。ほんのり甘さ控えめの豆乳ラテと一緒に頂きました。

店主が少しずつ集めた小物が店内の至るところに配されていて、どこを切り取ってもフォトジェニック。

休日にゆっくりとした時間を過ごしたい時にぜひ訪れて。

  • 店名:cafe オリーブと鳩
  • 住所:札幌市東区北24条東16丁目1-21 FC元町ビル3F 302号室
  • 電話番号:080-6545-5826
  • 営業時間:12:00~22:00
  • 定休日:月曜
  • アクセス:地下鉄東豊線元町駅より徒歩約3分
  • 平均予算:1,000円〜2,000円

詳細はこちら

【35stock サンゴストック】

雑炊セット

麻生駅が最寄り、住宅街の中にオープンして以来すぐに人気店になった「雑炊カフェ」。

道産食材を使っており、料理もデザートも全て手作りのこだわりを感じるカフェです。

「雑炊セット」は出汁と具をそれぞれ3種類から選べ、味によって1,250円と1,300円のセットがあります。浦臼町産「ふっくりんこ」使用の雑炊に、旬の野菜のサラダと小鉢もついてかなりのボリューム。+100円で大盛りにできるので、男性でも満足できます。

和のサンデー

雑炊はもちろんですが、デサートの「和のサンデー」(730円)もおすすめ。

函館大沼にある山川牧場の牛乳を使用した濃厚かつ滑らかなソフトクリームに、和のトッピングがマッチします。写真は季節限定「桜のモンブラン」。

35stock

スタイリッシュで洗練された雰囲気。2階席もあります。貸切もできるので、お店に問い合わせてみて。

駐車場は店の前に3台、裏の通りに7台の計10台分あります。キッズスペース、キッズメニューもあるので子連れでも安心してくつろげるのも魅力的。

  • 店名:35stock サンゴストック
  • 住所:札幌市北区北35条西8丁目1-2
  • 電話番号:011-776-6709
  • 営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:30)
  • 定休日:不定休
  • アクセス:地下鉄南北線麻生駅より徒歩約6分
  • 平均予算:1,250円〜2,000円

詳細はこちら

【no rain,no rainbow】

no rain,no rainbowソフトクリーム

イタリア製のソフトクリームマシーンでフォームしたソフトクリームが味わえる専門カフェ。

ソフトクリームのフレーバーは定期的に変わるスタイル。トッピングも選べます。今回はミルクにホワイトバルサミコ、ヘーゼルナッツにオリーブオイルでオーダー。ソフトクリームは滑らかで、口の中でスッと溶ける感触。お酢とソフトクリームという意外な組み合わせですが、お互いの味を引き立て合っています。

no rain, no raibowイートインスペース

テイクアウトも出来ますが、2階におしゃれなイートインスペースがあるのでここで食べていくのが断然おすすめ。オーナーが東京や札幌のヴィンテージショップで古物を集めて作った店内だそう。

おじさまの隣に座って写真を撮れるフォトスポットもあります。遊び心を感じる一角。


駐車場はないので近隣のコインパーキング利用か、美園駅から少し歩きましょう。お店はニトリ美園店のすぐ隣。黄色い自転車の看板が目印です。

  • 店名:no rain,no rainbow
  • 住所:札幌市豊平区美園3条4丁目3−1
  • 電話番号:非公開
  • 営業時間:13:00〜21:00
  • 定休日:水曜
  • アクセス:地下鉄東豊線美園駅より徒歩約10分
  • 平均予算:800円

詳細はこちら

【ナガヤマレスト】

サッポロファクトリーに隣接している永山記念公園の敷地内には、旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮という歴史的建造物があります。平成30年6月にリニューアルし、旧三菱鉱業寮1Fには新たにカフェ「ナガヤマレスト」がオープンしました。

旧三菱鉱業寮

このカフェは、旧永山邸と旧三菱鉱業寮と同じく和洋折衷をテーマにしています。施設の中にカフェがあるので、靴を脱いで裸足で上がります。メニューはカレーやビーフシチューなど、馴染みのある洋食が中心。

ナガヤマレスト 季節のパフェ
どこかレトロで可愛らしい見た目のパフェやソフトクリームなどのスイーツも豊富にあります。思わず写真を撮ってSNSにアップしたくなると話題に。季節限定のものもあり、どの時期に行っても楽しめそうです。

旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮は繋がっており、施設内の見学が無料でできます。2Fに上がると札幌の歴史や炭鉱に関する本が置かれた図書室や、貸室使用料を払えば会議や講座・イベントなどに利用可能な3つの和室が。貸室の場合、ナガヤマレストのテイクアウトメニューの持ち込みも可能です。

モダンなデザインが随所に取り入れられており、文化史的価値も高い建物になっています。札幌の街中探索の途中に立ち寄るのにもぴったりなスポットです。

  • 店名:ナガヤマレスト
  • 住所:札幌市中央区北2条東6丁目2 永山記念公園内
  • 電話番号:011−215−1559
  • 営業時間:11:00〜22:00
  • 定休日:第2水曜
  • アクセス:地下鉄東西線バスセンター前駅より徒歩約8分
  • 平均予算:1,000円〜2,000円

詳細はこちら

札幌のおしゃれカフェまとめ

いかがでしたか? 今回は札幌のカフェの中でも地下鉄や車で気軽に行ける、SNS映えするお店を中心に紹介しました。カフェデートではお店選びに重点を置き、穏やかな時間を一緒に楽しみましょう。

この記事のライター

motoyama enishi

北海道在住、旅行と写真が趣味のライター。情報収集を兼ねて食べ歩くのが日々の楽しみの元雑誌編集者。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す