初心者向け、大手キャリアからSIMフリー乗り換え。今更聞けない格安SIMって?

初心者向け、大手キャリアからSIMフリー乗り換え。今更聞けない格安SIMって?

大手キャリアの価格の改定が行われたというニュースが近頃流れていますが、大手キャリアの携帯料金はさらに複雑化しており、一見して安くなったかのように見えるかもしれませんが早計の場合もあり得ます。

特にdocomoの場合は新プランが複雑なため、状況によっては実質値上げになるケースもあり、複雑な携帯電話の料金形態を理解しておかなければ損をするケースもあります。

今までなんとなく格安SIMのことや、大手キャリア意外の携帯にすると料金が安くなることは知っていたけれど、面倒臭いので今のままでいいやと思っていた人もいらっしゃると思います。

  • 格安SIM携帯切り替えは難しそう
  • なんだかよくわからないけど流行ってるから気になる
  • 本当に安くなるの?

そう思われる方は是非一度、格安SIMについて学んでみましょう!

初心者が格安SIMに乗り換えたいけど、ハードルが高く感じる理由

貯金をしたい方や、もう少し固定費を削りたいという方にとって一番お勧めなのが携帯電話の固定費をいかに安くするかどうかという点です。

そろそろSIMフリー携帯に乗り換えてみてもいいかもしれないという人にとって、やはりネックになっているのがこのような感情ではないでしょうか。

  • 今使えている機能が使えなくなるのでは
  • SIMフリーを理解していないので難しそう
  • 回線が遅くなったり使い勝手が悪くなるのでは?

そんな疑問の声をお持ちの方のために、今更人には聞けない格安SIM携帯についてクローズアップしてみます。

初心者が抱いている、そもそも格安SIMの疑問を解消

SIMとは何?

SIMというのはすべてのスマホの中に入っているICカードの事です。

このICカードの中には電話番号などの個人情報が入っており、スマホで通話をしたり通信を行うために必要なものとなります。

このSIMカードは、同じキャリアやSIMフリーの携帯電話に使用する事ができます。

今までは契約をしている大手キャリアで購入した携帯電話のみの使用でしたが、このSIMフリーのSIMカードを購入する事で、大手キャリアに縛られる事なくスマホを購入して使用する事ができるようになります。

ただし、SIMフリー携帯によっては、大手キャリアの系列のものがあるため、auの端末を使用できるSIMもあれば使えない場合もあります。購入の際にそのあたりの条件などはリサーチする必要があります。

例 auからSIMフリーに乗り換えた。手持ちのauで購入したiPhoneをそのまま使用したい場合など。

購入するSIMによっては、大手キャリアで購入した端末に差し込んで使用できる場合と、できない場合がある。

SIMフリーするとキャリアスマホと違いできなくなる事は?

SIMフリー携帯に乗り換えた時に、大手キャリアと違いできなくなることは、キャリアメールが使えなくなるという点です。

電話番号そのものは、ナンバーポータビリティを利用する事で引き続き使用する事ができます。

そのほかキャリア独自のサービスやキャリア通話ダイキンとまとめての決済サービスなども利用できなくなります。

どのくらいの人がSIMフリー携帯を使用しているか

インターネットや通信に関する消費者動向に関する調査によると、SIMフリー携帯、または格安SIMにへ乗り変えているスマホユーザーは全体のうち12.3%ほどと言われています。

一見して契約が難しそうな点や、大手キャリアと違いあまり名の通っていないSIMフリー会社などに対する不信感、乗り換えた後に携帯が使い辛くなるのでは、通信が遅くなるのではというような不安がまだまだ強いようです。

ですが、じわじわとその普及率は高まってきています。

大手キャリアと大きく違うのは、固定費の安さです。今後税金もあがり、固定費を削り節約をしたいと考えている方は、この機会にキャリアスマホから、格安SIMへの乗り換えを検討してみましょう!

不安を少しでも減らすために、おすすめのSIMフリーをご紹介していきます。

初心者が格安SIMに乗り換える時に気を付ける事とは?

これから初めて格安SIMに乗り換えようと考えている方のために、事前調査しておきたいポイントをご紹介いたします。

通信速度の確認

格安SIM携帯に乗り越えた時に、不満となりやすいのが大手キャリアと比べて使用したときの通信速度が遅いという点です。

多くのクレームや、インターネット上に上がる不満の声などは、この通信速度が悪いというせいで、そのせいでストレスを感じるという点にあります。

しかしながら、通信速度が良い格安SIMも実は多くあり、事前にしっかりとした調査をしないでなんとなく安いだろうという事で適当にサービスを選んでしまった人がこのような不満を抱えています。

初心者の方ほど、最初は慎重に、なるべく通信速度の評判の良いサービスを調査してから契約するようにしましょう。

通話音の質についての確認

格安SIMの中には、通話の音質が悪く、通話をしていても何を言っているのか聞こえないなどのものもあります。

特にスマホで電話をする事が多い人、仕事で格安SIM携帯を使用しようと考えている人は、この通話音の音質についてもチェックが必要です。

インターネット上の口コミサイトなどで、通話音質についてのクレームの多いサービスを避けるなど調査が必要です。

契約がしやすいかどうか

格安SIMサービスの多くは人件費を削減するために、インターネット上のみの申し込みや、サポートがほとんどないものなど千差万別です。

初心者の方や、格安SIMが良くわかっていないけれど料金に惹かれて乗り換えを検討している方には、契約がしやすいかどうかという点も非常に重要なポイントです。

特に実店舗があるSIMサービス会社のものを選ぶようにすれば、サポート体制もしっかりしているので安全です。

お得なキャンペーンがないかの調査

格安SIMはシーズンによっては、非常にお得なキャンペーンなどをやっている場合が多いので、乗り換えのタイミングはぜひとも一度キャンペーンの有無を確認してからにしましょう。

実店舗よりもインターネットからの申し込みでキャッシュバックが発生したり、月額費用がキャンペーン中は割引が適用されたりなど、知っている、知らないとでは大きく得をする、損をするという事もあります。

格安SIM、プラン料金の確認

大手キャリアと違い、格安SIMサービスの多くはシンプルな料金体系を組んでいます。

すべての格安SIMは大手キャリアに比べれば月額費用が安い傾向にありますが、プランによっては様々ですので安易に安いからといって入会する前に、他のサービスと比較検討をしてみることをお勧めいたします。

初心者におすすめ、格安SIMサービス

通信速度が圧倒的。CMでお馴染みのUQモバイル

UQモバイルの特徴としては、通信速度が優秀な点にあります。

格安SIMスマホにしたとたん、通信が遅くなるというようなマイナスな声が確かにありますが、UQモバイルユーザーにはその声はあまりありません。

また多くの格安SIMは混雑する時間帯などになると通信が重くなるというような動きをする場合が多いですが、UQモバイルはそれがないため快適に利用できます。

そのほかのお勧めすべき特徴をご紹介します。

5分以内の通話であれば通話料が無料になる

プランによりますが「おしゃべりプラン」というプランで申し込むと、5分以内の通話ならばかけ放題になります。

最大180分までの通話が無料のぴったりプランというのもありますので、電話をする回数が多いという人にはうれしいプランです。

混雑する場所でも快適に通話、通信が可能

一番通信が重くなるといわれている20時台でも通話や通信に支障がありません。

また都内などの人が多い場所などでも問題なく使用が可能です。

実店舗がありサポートもしっかり

SIMフリー運営会社の中にはインターネット上での申し込みしかできないところが多いですが、UQモバイルの場合は実店舗があるためサポート面でも安心です。

インターネットでの申し込みには不安を感じる人や、良く分からなくて難しく感じるという人でもSIMフリーに乗り換えやすいのがUQモバイルの特徴です。

auユーザーは端末をそのまま使用できる

UQモバイルは実はauの子会社が運営しているサービスのため、auからの乗り換えの場合は、今現在使用しているau端末を使用する事ができます。

新しくスマホを購入し直す必要がないため、月々の通信費のみを削減する事が出来てお得です。

UQモバイルの容量別の料金

容量に応じた3種類のプランがあり、シンプルでわかりやすいです。

3GB 2138円(プランS)
10GB 3218円(プランM)
20GB 5378円(プランL)

ソフトバンク回線で10分会話無料のY!Mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの大きな特徴は、ソフトバングの回線を利用しているために通信速度が安定しているという安心感です。

通話が多い方にうれしいプランがあるという事です。

「10分かけ放題」ができるプランです。普段から携帯での通話が多い方や、ビジネスで利用している方にとってお勧めなのがワイモバイルです。

ワイモバイルの大きな特徴を整理します。

実店舗が多数ある

ワイモバイルの大きな強みの一つとして、実店舗が1000店以上あるという事です。

購入相談や、トラブル相談など気になることがあればすぐに行けるのが安心の秘訣です。

10分かけ放題ができる

ソフトバンク回線を使用しているワイモバイルならでわのサービスとして、通信速度の安定が売りでもあります。
そして電話をする事が多い人にとってうれしいのが10分以内の通話が、何度でもかけ放題というサービスプランです。

大手キャリアと使用感が変わらず、格安SIMにしたとたん通信速度が悪くなるのであという不安を解消してくれます。

ソフトバンクのWi-Fiスポットを無料で使用

またうれしいサービスの一つに、各所にあるソフトバンクのWi-Fiスポットを無料で使用する事ができます。

通信量が重い動画を見たりする際に大手キャリアのWi-Fiがそのまま使えるのは安心です。

キャリアメールが使用できるサービスも

格安SIMに乗り換える際のデメリットとして、キャリアメールが使えなくなるという点があります。

ですが、ワイモバイルの場合はキャリアメールをそのまま利用する事ができるプランがあり、キャリアメールをそのまま利用したい人にはうれしいサービスです。

Y!Mobile(ワイモバイル)の容量別の料金

3GB 2138円(プランS)
10GB 3218円(プランM)
20GB 5378円(プランL)

ワイモバイルは費用はUQモバイルと全く同じです。価格面で選ぶというよりかは、通信速度優先させるか、通話が多いほうを優先させるかなどでUQモバイルとワイモバイルを検討するのがおすすめです。

楽天ポイントもたまる楽天モバイル

おなじみ楽天グループがサービスを提供する、楽天モバイルです。

楽天会員であればポイントがたまり、スーパーポイントをためられるのが最大のメリットです。

そのほかの楽天モバイルの特徴をご紹介いたします。

楽天ポイントが2倍になる

楽天モバイルの最大の利点は、楽天ポイントがたまりやすいという点にあります。

楽天モバイルに入会する事で、通常の楽天市場でのお買い物もポイントが2倍になります。楽天でのお買い物が多い人には嬉しいサービスとなります。

また通信速度でも、不安定さはなく、その理由はdocomo回線とau回線を利用している点にあります。通信速度も不満な点はないため、もともと楽天会員であるという人には抜群にお勧めできるSIMサービスとなります。

ポイントでの料金支払いが可能に

また楽天モバイルは、使用料金の支払いに楽天ポイントが使える点でも有能です。

普段からポイントをためている人や、ポイントがたまりやすいという方は、さらに負担を減らす事ができるため、経済的にお得な面が全面的に強いのが楽天モバイルです。

楽天モバイルの容量別の料金

3.1GB 2646円(楽天電話10分かけ放題)
5GB 3240円(楽天電話10分かけ放題)
10GB  4114円(楽天電話10分かけ放題)
20GB  6048円(楽天電話10分かけ放題)
30GB 7560円(楽天電話10分かけ放題)

楽天モバイルは、上でご紹介した2社よりも費用は若干高めですが、それでも大手キャリアに比べるとだいぶ安くスマホの固定費を抑えることが出来ます。

 

格安SIMスマホは難しそう、何がどう違うのかわからないという方は是非参考にしてみてください。

固定費が削減できれば、貯金もしやすくなります。格安SIMスマホはオススメです!

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す