怒りの管理ちゃんとしてる?アンガーマネジメントを知る

怒りの管理ちゃんとしてる?アンガーマネジメントを知る

もともと怒りっぽさを自覚している人や、学生時代は怒りっぽくなかったのに、仕事を初めてからいろいろとイライラが増えてしまったという方などご自分の感情の中でも、特に「怒り」に対して持て余し、なんでいる方はいらっしゃいませんか?

人間にとって「怒り」のコントロールは重要な課題です。

感情のままに相手を怒鳴りつけたり、イライラに振り回されて人間関係を壊してしまう人も居ます。

人間にとって感情の制御というのは永遠のテーマかもしれませんが、特にこの怒りについては、自分のみならず回りに悪影響を及ぼしてしまう感情です。

その感情をどのようにコントロールしていくかという事が、「アンガーコントロール」「アンガーマネジメント」と言われています。

アンガーマネジメントについて学ぶべき人は現在このような不安を感じられている方にこそおすすめいたします。

  • パワハラを自分がしているのではないかと不安な人
  • 妻と家庭内でいつもうまくいかず、怒鳴りつける自分を抑えられない人
  • 人間関係でつまづきが多く、自分の感情のままに人に当たってしまう事がある人
  • 自分の周りでうつ病になる部下が多い人

 

アンガーコントロールは、職場、家庭内における全ての人間関係で、「怒り」をコントロールできない事により、人間関係に悩んでいる方にこそ考えて欲しいテーマとなります。

そもそもアンガーマネジメントとは?

アンガーコントロールや、アンガーマネジメントという言葉は日本人にはあまり耳馴染みのある言葉ではないかもしれませんが、ビジネスパーソンの間ではすでにこの概念は定着しつつあります。

もともとは1970年代にアメリカから生まれが考え方で、怒りという感情を自らがコントロールし、人と建設に付き合っていくため、怒りの表現を変化させるための手法や考え方などの心理教育の事を言います。

怒りのまま感情を爆発させ、人に当たり散らしている人が、アンガーマネジメントを学ぶ事で、自信の感情を他人にぶつけることなく、消化できるようになったり、怒る必要のない場面で怒りをコントロールできなかった人がコントロールできるようになります。

アンガーマネジメントは、本や講演などで学ぶほかには「日本アンガーマネジメント協会」にて行われる受講を受けることでも学ぶ事ができます。

企業などでも研修にこのアンガーマネジメントについて導入しているところも増えており、日本でも着々とこの考え方は浸透していっています。

日本アンガーマネジメント協会
https://www.angermanagement.co.jp/

アンガーコントロールが社会生活の上で必要な理由

会社での人間関係はうまくいっていますか?

  • イライラして部下を怒鳴りつける
  • イライラを部下に見せてしまう
  • イライラしている時に話しかけられると態度に出す
  • 部下がいう事を聞かないと怒りを爆発させる

このように自分の怒りという感情を、部下などの立場の弱い人にぶつける事はパワハラとなります。

パワーハラスメントをする人物の多くは、自分のイライラや、怒りをうまくコントロールできないアンガーマネジメントができていない状態になっています。

また怒りと正しく付き合うコントロール方法を自分で理解していないのが原因でもあります。

職場で、イライラを自制できない人や、部下に対して当たってしまい、しばらくしてから反省をしてしまう方もいるかもしれません。

でも反省をしてもなかなか改善につながらないということは、アンガーマネジメントについて学ぶ必要があるということです。

またアンガーマネジメントは会社の中だけの話ではありません、家庭内でも家族に対してイライラした感情のままに当たってしまうという方は、アンガーコントロールの方法を学ぶことで解消につながります。

アンガーマネジメントでまずは怒りについて知る

まず最初に怒りの感情について理解を深めることが大切です。アンガーマネジメントではこの怒りという感情について分析し、感情を「第1次感情」「第2次感情」と分類しています。

アンガーマネジメントの第1次感情とは?

第1次感情というのは、このような感情です。

不安を感じる
恐怖を感じる
辛いと感じる
疲れたと感じる
悲しいと感じる
寂しいと感じる
ストレスを感じる

共通して言えることはネガティブな感情であり、普通の人間であれば誰しもが経験したことのある感情となります。

アンガーマネジメントの第2次感情とは?

続いて、第2次感情というのはこれらの第1次感情が蓄積されたことによって許容範囲を超えることを言います。

例えば、不安をずっと感じていた人がその許容範囲を超えた時に爆発する感情などです。

つまり怒りの感情というのは、この第2次感情に当てはまり、第1次感情が蓄積された結果により、自分の中での許容範囲を超えたことで生じる感情となるのです。

怒りは悪い感情ではありません。人間として正しい感情であり、怒りそのものを否定するのはいけないことです。

まずは怒りという感情を持つことに罪悪感を感じたり、自分を責める必要はないのです。

怒りには種類があることをまずは知る

続いてこの怒りには実は様々な種類があることを知ることで、今後自分がどのように対応すべきかを整理することができます。

一口に怒りの感情といっても、その性質は違います。

過去の思い出による怒り

持続性のある怒りのことを言い、過去経験したことを何度も思い出し、そのたびに怒りの感情がわくことです。

持続性があり、長期的な怒りの感情となります。今起きていない過去の出来事に対する怒りです。

爆発的な強度のある怒り

あからさまな怒りのことで、表現が激しく、自分でコントロールのできない怒りです。

感情に飲み込まれることもあり客観的に自分を見れない状態です。

日常的に頻度が高い怒り

怒りに対してのハードルが低くなっている状態で、日常のちょっとしたことに反応してしまい頻繁に出てくる怒りです。

イライラすることなどはこれに当たります。

攻撃的な怒り

壁を殴ったり、物を投げたり、暴言を吐いたりするような、人に迷惑をかける怒りです。モノ、人に当たる状態を言います。

このように怒りは大まかに4種類に分けることができます。自分にとっていつも感じる怒りはどれなのか、または複数当てはまっているなど、自分の中にある怒りの感情を突き詰めてみることが大切です。

怒りに支配されることのデメリットを知る事から始まる

怒りというのは人間関係を複雑にします。

特に先ほど紹介した怒りの種類のうち、「爆発的な強度のある怒り」「日常的に頻度が高い怒り」
「攻撃的な怒り」は職場などでの人間関係を悪くする傾向にあるからです。

貴方の周りでも実際にこのような同僚や上司がいませんか?

  • いつもイライラして文句が多く、周りの空気を悪くする人
  • 部下を攻撃的な口調で叱り飛ばす人
  • 机をたたいたり、物にあたって威圧的な空気を作る人

このような人が職場に1人でもいると、周りの生産性がおち、職場そのものが嫌な空気になります。

それが貴方自身であればなおさら、職場での人間関係に軋轢を作ることになりますので、ご自分でも感情のコントロール方法を学ぶことをお勧めいたします。

怒りに支配されるということは、それだけ貴方の人生にマイナスなデメリットをもたらせます。

怒りをコントロールできないことで生じる問題とは?

周りの人間に対して悪影響を与え、自分の存在が誰かにとっての「害」となる

周りの人間をストレスで追いやる(パワハラ、モラハラなどが発生)

コミュニケーションがうまくいかず、人から嫌われる

自分自身が人間関係につまずき、ストレスとなり生きにくくなる

アンガーコントロールをする事で得られるメリットとは?

それでは、怒りをうまくコントロールできるようになることで、自分にとってどのようなメリットが生じるかについても考えてみましょう。

  • 人間関係が円滑になる
  • パワハラ、モラハラのような問題を起こさなくなる
  • 他人に迷惑をかけなくなる
  • 職場で部下との適切なコミュニケーションが取れるようになる

アンガーコントロールの方法を学ぶ事で、自らが原因となって周りに迷惑をかけたりする事はなくなります。

また、自分自身も人間関係で思い悩む事もなくなり、ストレスから開放されます。

アンガーコントロールの方法

それでは実際に、怒りをコントロールする方法を学びましょう。

まずはお勧めしたいのが、自分の怒りがどのようなものかを冷静になって振り返ることです。

持続的な怒りなのか、瞬発的な怒りなのか、他者に向く暴力的な怒りなのか、怒りという感情が発生した時にその怒りがどういう感情を基にしているのかも気にしてみることが大切です。

多くの怒りは「第1次感情」が元になっています。不満が募りそれが蓄積していることによって生じる怒りであれば、不満のもとを解消することが怒りへの対策となります。

また、悲しみからくる怒りなども、その悲しいという感情と向かい合うことが重要になるのです。

怒りはその根本的な第1次感情について考えないと、表面的な怒りという感情だけを感じているだけでは、対策が取れません。

自分が怒っていることを自覚した後、その怒りの感情が何が原因になっているのかを考えることで、瞬間的に怒りを表現したり、相手に対してぶつける前に冷静になることができます。

アンガーコントロールの方法 6秒ルールで衝動を抑える

一つの怒りの対策として、怒りを感じた瞬間に、まずは6秒数字を数えるという方法があります。

6秒の理由としては、怒りはアドレナリンによって生じるもので、アドレナリンが体内に巡るために6秒かかるからと言われています。

つまり6秒我慢すれば、爆発的な怒りを外に出すことなくコントロールできるようになるという方法です。

怒りを感じた時に、6秒数える事に意識を集中させ、怒りの感情そのものに意識を向けないということも大切となります。

怒りの段階を点数で判断してみる

怒りを感じた時に、その怒りがどのくらいの段階であるかという怒りの段階について考えることで、意識をそらす方法も有効です。

10点中この怒りは3点だ。

このように考えることで、3点程度なら怒りの態度を出して周りに当たり散らすのも馬鹿らしい、と客観的に自分を見ることができるようになります。

小手先のアンガーコントロールではコントロールできないならセミナーを受けてみる

日本アンガーマネジメント協会では、それぞれのタイプ診断を行った上で、自分にあったアンガーコントロールの方法を教えてくれます。

上記で紹介したアンガーコントロールの方法はあくまでも一般的な一例でしかありません。

人によっては「そもそも6秒数えることができずに感情に飲まれるから、怒りのコントロールができないんだ」という人もいらっしゃると思います。

そういう方のためにも、一度日本アンガーマネジメント協会で行っているタイプ別診断を受け、自分にあうアンガーコントロールの方法を勉強してみることをおすすめいたします。

日本アンガーマネジメント協会は、企業、個人、資格取得を目指す人に向けて定期的な講座を開いています。

アンガーマネジメント診断
https://www.angermanagement.co.jp/test

アンガーマネジメントについてまずは知りたい人向け講座

まずは自分の中の怒りのタイプなどを分析し、向き合うための講座です。

自分の中にある怒りがどの種類なのかわからない、自分はどう言うタイプなのかを知りたいという人にはおすすめです。

アンガーマネジメント診断講座

https://www.angermanagement.co.jp/seminar?seminar_type=3

受講料金:25000円(税別)

受講時間:5時間

 

アンガーマネジメント、アンガーコントロールに関する漫画・書籍で学ぶ


キレる私をやめたい

著者:田房永子

こちらは主婦の著者が夫に対してキレる自分を反省し、どのようにしてアンガーコントロールができるようになっていったかの実録エッセイ漫画です。

著者はキレ方が尋常ではなく、自分の感情がコントロールできず、日常の些細な事でも爆発的に怒りを感じてしまい、またそれを暴力として家族に向けていましたが、自分の中の第1次感情と向き合うことで冷静に怒りをコントロールしていきます。

漫画ということもあり読みやすいため、自分が日常的にキレてしまう。怒りを我慢できない。尋常じゃないほど怒りの感情に飲み込まれてしまうことで悩んでいる方などは一読してみてください。


「怒り」を上手にコントロールする技術 アンガーマネジメント実践講座

著者:安藤 俊介

いらっとした時に6秒を数える。本記事でも紹介したアンガーマネジメントの具体的な手法について説明している実用書です。実際に怒りについてどのように対処したらいいのか、セミナーを受けたり、講座を受けに行く時間がない方にはまずは実践書としてお勧めできる一冊です。

[図解] アンガーマネジメント超入門 怒りが消える心のトレーニング

著者:安藤 俊介

こちらも同じ著者によるアンガーマネジメントの入門編です。

最初にアンガーマネジメントにつて勉強をしたい、漫画もあり読み進めやすい内容となっています。実際に怒りに支配されないための実践内容や、そもそも上手に怒るためにはどうすればよいのかという怒りの感情について詳しく紹介しています。

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す