今すぐ結婚したいのに、何故NOなのか。彼女と結婚のタイミングが合わなくて悩む時

今すぐ結婚したいのに、何故NOなのか。彼女と結婚のタイミングが合わなくて悩む時

最近では、女性にとって結婚の価値観が大きく変わってきていることをご存じでしょうか。

一昔前のステレオタイプの結婚像を、抱いたままではいませんか?

昔のように「女性が抱いているであろう結婚のイメージ」のままで男性が結婚やプロポーズについて考えていると、彼女にプロポーズしたときにタイミング悪い、ということも大いにありえます。

世の中には、結婚のタイミングが双方合わずに別れてしまうというようなカップルもいます。

そのため、結婚のタイミングが彼女と合わずに悩む男性も多くいます。

彼女にプロポーズする前に、自分と相手との結婚のタイミングにズレがないか、相手はどう言うタイミングで結婚を意識するのか、最近の結婚事情やトレンドを知ってからでもプロポーズは遅くありません。

どうせなら彼女と同じようなタイミングで結婚を意識したほうが、双方にとって傷つくことなく、幸せな結果になるのです。

プロポーズを決意したのに、彼女から振られてしまう事がある

プロポーズは必ずしも成功するものではありません。

どんなに彼女との仲が順調でも、結婚と恋愛の大きな違いは「決意」のタイミングによってズレが生じる事があるのが現実です。

いま現在、貴方自身も彼女との結婚やプロポーズのことで悩んでいませんか?

  • 結婚を決意し、彼女に結婚生活の夢を語ったのに、彼女のテンションが低い。
  • 彼女にプロポーズをしたのに、何故だか今ひとつ煮え切らない。
  • プロポーズをもう少し待って欲しいと言われてしまった
  • 彼女にプロポーズを断られたくない

世の中、上記のようなことで悩んでいる男性がじつはとても多いのです。

男性が結婚を決意した時に、女性ならプロポーズをすれば、すぐにYESというものだと思い込んでいませんか?

実際は多くのカップルが、自分が結婚を決意したときに彼女との温度差で悩んでいるというような事があります。

このような彼女との温度差の多くは、貴方自身が感じている結婚のタイミングと、彼女が感じている結婚のタイミングが合わない事が問題です。

つまり、女性へのプロポーズは、彼女のタイミングと貴方のタイミングが合っているかどうか確認した上で、実行に移さないと100パーセントの成功は保証できないことを知る必要があります。

貴方の気分や盛り上がりだけで、彼女もまた貴方と結婚したがっていると思い込むのは早計です。

その理由は、現代の女性の考え方の変化によります。

 

最近の女性の結婚についての価値観の変化とは?

近年では女性の社会進出が進んできており、昔のような結婚に対する価値観も女性の中では変化しつつあります。

一昔前は女性にとって結婚というのは、女として絶対にすべきものであり、結婚をしないということは、家族や周りが放っておきませんでした。

人によっては、女性としての価値観を失ったと感じたり、周りから言われて辛い立場に立たされるなど、「結婚できない」ことや「婚期が遅れる」ことは、特に女性にとって人生における重大な問題でした。

しかし女性が社会に進出することで、女性としての価値観が「結婚」以外でも表現できるようになったことから、結婚への意識も変わり、また女性は自由に自分の人生を選択できるようになりました。

今の時代「結婚」は必ずしもしなくても良い風潮になりつつあります。

それに伴い、女性も結婚をしたいと考えている人もいれば、結婚に興味を持たないという人もいれば、できればしたいけどしなくてもいい、と考える人もいます。

貴方の彼女がどのタイプかはわかりませんが、彼女たちにも仕事があり、結婚のタイミングというものについて意思表示をする時代になってきています。

男性が「女性は結婚したがっているから、男からプロポーズをすればいつでも喜んで同意する」と、もし考えているのであれば、それは早計かもしれません。

女性の結婚観、「仕事は腰掛け」の時代は終わった

1980年以降から、共働き世帯はふえつつあり、女性が働く事が当たり前になっています。

1997年ごろから、結婚して専業主婦になる女性よりも女性が働く共働き世帯が大きく上回っていきました。

いまや1980年代とくらべて世帯数の多くが共働きになっています。

今の男性たちの母親、父親世代はこの「専業主婦」スタイルの過程が多いため、男性の中では漠然と家事は女性がするもの、女性は結婚したがるもの、という意識が根付いています。

しかしながら、現実的には「結婚イコール家庭に女性が入り男性や子供に尽くす」という古き専業主婦の価値観は廃れています。

女性の結婚平均年齢が24歳はもう古い

女性をクリスマスケーキに例える風潮は昔はありました。

いわゆるところの24歳までに結婚しないと、25歳以降はもうクリスマスケーキのように投げ売りされてしまう、というような価値観です。

2015年の調査によると、女性の平均結婚年齢は29.4歳と言われています。(厚生労働省:人口動態調査より)

また年々女性の結婚平均年齢は後ろに伸びてきており、若くして早く結婚したいという願望よりも、働いてしばらくして落ち着いてからと考えるようになりました。

女性も入社してすぐの24歳ころよりも、自分のキャリアをある程度形成してから結婚したいというように、男性と同じような仕事をベースにした結婚タイミングを考える女性が増えてきています。

幸せイコール結婚の価値観が女性の中で薄れてきている

今の時代は情報社会です。ライフスタイルが多様化し、仕事を楽しいと感じる女性もいれば、早く専業主婦になりたいと考えている女性もいます。

また一人でも楽しめるような時代になっており、金銭面でも女性一人で生きていく事ができるような時代になっています。

もはや結婚をする事だけが女性の幸せのカタチではなくなってきており、多くの選択肢が女性にはあります。そのため結婚をすることだけが幸せになることだと感じない女性が増えてきています。

結婚を選ばれてするのではなく、自分から選ぶ意思を持つ女性が増えている事から、結婚をしなくてはいけないという意識や価値観がいまの女性の中から薄れてきているのです。

なぜ彼女と結婚の意識やタイミングが合わないのか

このように上記で説明下通り、女性の中で結婚に対する人生の重要度がかなり下がりつつあるのが現代の結婚観です。

もちろん結婚をしたい、幸せなお嫁さんになりたいと感じる女性も多いですが、働いている女性とお付き合いしている男性の多くは彼女と結婚のタイミングが合わないと感じるときがあります。

なぜ自分の気分が盛り上がっているときに、彼女は貴方との結婚を考えていないのでしょうか?

またはプロポーズをしたのに、女性からプロポーズを断られてしまうのでしょうか。

それにはこのような理由が挙げられます。

プロポーズ失敗の背景:自分の年齢が若いのでもっと遊びたいと思っている

24歳という年齢や20代前半などは、昔であれば結婚適齢期の年齢ですが、いまの時代では平均結婚年齢が29.4歳ということから伺える通り、20代前半では、まだ結婚は早いと感じる女性は多いです。

仕事も始めたばかりですので、結婚したら周りに迷惑がかかると感じたり、もっと遊びたいと感じていたり、せっかく働き始めて自由にお金が使えるようになったのだから自由でいたいという感覚が強くあります。

また同じくらいの年代の友人などがまだ結婚しておらず、結婚についてあまり意識しない頃でもあります。

もちろん早く結婚したいと考える女性もいますが、プロポーズのタイミングとして新社会人成り立てなどは、女性側の立場も考えて相談し合う必要があります。

プロポーズ失敗の背景:仕事でのタイミングが悪すぎるから

先ほども書きましたが、仕事上でのタイミングが悪い事から結婚をまだ考えられないという女性もいます。

  • 新入社員として働きはじめ、仕事に集中したい
  • 転職をしたばかり
  • 仕事の関係上、結婚してすぐ妊娠したくない

このように、仕事に集中したいという理由から結婚をまだ考えられないという状況があります。

また、女性の場合は男性よりもより結婚に慎重になる理由として、妊娠という面が非常に大きい点もあげられます。

結婚をするという事はその先にある妊娠、出産を意識する事でもあります。

つまり男性側が「結婚」を考えて女性にプロポーズしたとき、女性は出産や妊娠などのその先のことを考えた上で、職場などの環境の兼ね合いからまだ結婚は早いと断る場合があるのです。

それは男性のことが嫌いとか好きとかいう以前の、ライフプランの問題です。

彼女からプロポーズを断られたときに、妊娠や出産についてタイミングが悪いから結婚できないという判断であれば、結婚してもしばらくは子供を作らずに、仕事が落ち着くまでまとうというような提案も考慮してみてください。

ライフプランについてどうお互いに考えているのか話し合いをすれば、彼女の不安を取り除けることも可能です。

彼女と結婚のタイミングを合わせるためにどうすればいいのか

それではプロポーズを成功させ、彼女と同じタイミングで結婚を意識できるようにするにはどう言う点を男性は考慮すればいいのでしょうか?

プロポーズ成功には:自分の気持ちだけでプロポーズをしないこと

彼女と結婚のタイミングが合わないと感じるとき、果たして相手のことをちゃんと考えていますか?

自分の気持ちや、自分のタイミングだけを考えていませんか?

男性の場合は仕事が落ち着き、周りが結婚しだすと「そろそろ自分も」と考えますが、自分の仕事が落ち着いたときに彼女の都合を考慮せずにプロポーズをしてしまうと、彼女と結婚に対してのタイミングを合わせることはできません。

プロポーズ成功には:彼女の仕事の状況を考慮すること

彼女が転職をしたばかり、彼女が働きはじめたばかり、このようなタイミングでの結婚はよほど彼女側が結婚願望が強いタイプではないかぎり、中々承諾が難しいタイミングです。

プロポーズの際には彼女の仕事の都合や状況について、考慮をしておく必要があります。

プロポーズ成功には:出産のタイミングなど考えているか確認すること

女性に取って出産というのは、人生のタイミングで最も重要視することです。

特に共働きが当たり前の今の時代、結婚して妊娠した場合会社をやめて専業主婦になるという選択肢は少なく、産休や育休を取って会社を続ける選択となります。

そのためには、あらかじめ産休が取りやすいタイミングや、周りの同僚や上司に迷惑をかけないタイミングなどを考慮する必要もあることから、働いている女性は出産については慎重な考えを持っています。

彼女に取って出産が喜ばしいことではないタイミングもあり、そのことを考慮せずに一方的に結婚の話をしても、女性側が難色を示すことはよくある話です。

人生のライフプランや、子供を産むならどのようなタイミングを考えているかなど、付き合っているうちから話し合っておくことで、自ずと彼女とタイミングを合わせて考えられるようになっていきます。

彼女と結婚のタイミングが合わない、別れるべきかの判断について

それでは自分が結婚したいと思ったタイミングに、彼女が同じように結婚をしたいタイミングに合わなかった場合どうすればいいのでしょうか?

選択肢は二つあります。

今すぐ別れて、婚活前提の出会いを求める。

今の彼女が結婚したくなるタイミングまで相手を待つ。

冷静に考えてみれば、道筋はこの2つしかありません。物事はシンプルに考える事が大切です。

今すぐ別れて、婚活前提の出会いを求める

ご自分の結婚したいという感情を優先させるのであれば、この道を選ぶほかありません。

結婚のタイミングが合わないということは、彼女と縁がなかった、ということになるのです。

そのため、結婚がしたいという思いを成就させるためには、早く彼女と別れて、結婚前提のお見合いなどで相手を探すほうが有効です。

自然恋愛を求めている方は多いですが、自然恋愛ではいまの彼女と同じように、「結婚のタイミング」が合わない場合もあるため、あらかじめ双方が結婚という照準に視線を合わせている「結婚前提のお見合い」というのは目的に合った出会い方なのです。

彼女と別れるという選択は辛いものかもしれませんが、彼女が結婚したいという気分になるころまで待てない、自分の時間を浪費しているように感じてしまうのであれば、きっぱりと別れるという選択がお互いのためです。

今の彼女が結婚したくなるタイミングまで相手を待つ

男性の場合は女性と違い「出産」のタイムリミットなどはないため、女性ほど結婚に対する期限やタイムリミットを深刻考える必要はありません。

そのため、根気よくいまの彼女の結婚できる、したいと思う年齢まで待つという選択を選ぶ方法です。

女性の平均結婚年齢は29.4歳ですが、この年齢のタイミングで結婚したいと考える女性の多くは「30歳までに結婚しないと出産リスクが高くなる」というような面や、この年齢になると周りの友人たちも結婚する人が増え、結婚に意識が向きやすいタイミングとも言えます。

彼女にプロポーズをして断られたことのある男性の多くは、女性側のタイミングや気持ちは考慮していなかったケースが多いと思われます。

女性が仕事で独り立ちし、周りに迷惑をかけずに仕事をコントロールできるようになるのもこの頃です。落ち着いたタイミングで結婚をしたい、仕事に慣れたタイミングで結婚したいと考える女性にとっては嬉しいタイミングかもしれません。

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す