彼女と結婚したい。プロポーズ成功に必要なのはタイミング!

彼女と結婚したい。プロポーズ成功に必要なのはタイミング!

いま、彼女との結婚やプロポーズのことで悩んでいませんか?
男性が結婚を決意したとき、女性ならプロポーズをすればすぐにYESというものだと思い込んでいませんか?

彼女へのプロポーズは、どんなに彼女との仲が順調でも必ず成功するとは限りません。
彼女から「YES」をもらうには、結婚を決意するタイミングがとても重要です。
そこで今回は、プロポーズを避けたほうがいい時期や、プロポーズのベストタイミングをご紹介します。

プロポーズ成功のポイントはタイミング

プロポーズ成功のポイントはタイミング

男性が結婚を決意したとき、女性にプロポーズをすればすぐに”YES”の返事が帰ってくると思っていませんか?
実際は、男女間に温度差が生まれていることも少なくありません。

つまり、女性へのプロポーズはお互いのタイミングが合っているか確認した上で実行に移さない限り、100パーセントの成功は保証されないということなのです。

あなたの気分や盛り上がりだけで「彼女も結婚したいはず」と思い込むのは、早すぎます。

【なぜNOなのか】彼女と結婚のタイミングが合わない理由

【なぜNOなのか】彼女と結婚のタイミングが合わない理由

では、どうして男女間で結婚を意識するタイミングに差が出てしまうのでしょうか。それは、以下の点に原因があります。

現代女性の価値観の変化
  1. 仕事が腰掛けではなくなった
  2. ” 幸せ=結婚 ” ではなくなった
  3. 結婚平均年齢の上昇

近年、女性の社会進出が進んだことにより、結婚に対する価値観も女性の中で変化しています。

女性が社会に進出することで、女性としての価値観が「結婚」以外でも表現できるようになったことから、結婚への意識も変わり、自由に自分の人生を選択できるようになりました。

また、女性にも仕事があり結婚のタイミングについても女性が意思表示をする時代になっています。全ての決定権は女性にあるといっても過言ではありません。

彼女と結婚のタイミングを合わせる方法

彼女と結婚のタイミングを合わせる方法

彼女にプロポーズする際に「タイミングを合わせないと100パーセントの成功はありえない」とご紹介しましたが、では実際にどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

彼女との結婚のタイミングを見極めるには

彼女との結婚のタイミングを見極めるには、これからご紹介するポイントを抑えつつ彼女の様子をチェックするとプロポーズの成功率がグッと上昇します。

プロポーズを成功させるポイント
  1. 自分の気持ちだけでプロポーズしない
  2. 彼女の状況を考慮する
  3. お互いの人生設計を確認する

彼女の都合を考慮せずにプロポーズをしてしまうと、彼女のタイミングを合わせることはできません。プロポーズの際には彼女の仕事の都合や状況について十分考慮しておく必要があります。

また、ライフプランや子どもをもうけるタイミングなど、交際している間に話し合っておくことで、おのずと彼女とのタイミングを合わせられるようになります。

プロポーズのベストタイミング

1. 彼女の仕事が安定した時

彼女が仕事である程度の地位になった時や、年収が安定した時など将来への見通しが明るくなった時がペストタイミングです。彼からのプロポーズも前向きに検討してくれるでしょう。

2. 付き合って3年ほど経過した時

結婚に到るまでの交際期間は人によってさまざま。
結婚に踏み切るタイミングはあくまで人それぞれですが、3年以内に結婚を意識しないまたはできないのであれば、その交際の将来に結婚の選択肢は無いかもしれません。

ちなみに、女性は交際開始から3か月でその彼が将来を共にする伴侶か見極めるといいます。

3. 金銭的に余裕ができた時

男性は結婚を理性で考えますが、女性は子どもを産み育てることが本能に組み込まれているため、結婚に関して現実的に考えている傾向が強いです。

金銭感覚がしっかりしている女性なら「結婚までの目標貯金額」も決めているでしょう。
お互いの貯金額を面と向かって話す機会は少ないかもしれませんが、結婚のタイミングを見極めるには良いポイントになります。

4. 彼女からのシグナルを感じた時

「私と一緒にいたら……」や「子どもを産みたい。育てたい。」などの言葉が彼女の口から出てきたら、プロポーズを催促しているシグナルです。経済的に安定している時期ならば、プロポーズの準備をしましょう。

5. お互いの親と打ち解けた時

結婚は、親の承諾があってこそ成り立つもの。
双方の親と良い関係を築けていたなら、自然と「いつ籍を入れるの?」「式の予定は?」という会話も出てくるでしょうし、彼女も結婚を意識し始めます。

彼女の父親と2人でお酒を酌み交わせる程度になったら、最適なタイミングと言えます。

プロポーズを避けたほうが良いタイミング

プロポーズにベストなタイミングがあるように、避けたほうが良いタイミングもあります。
彼女が以下のような状態にある時は、彼女から結婚の話を切り出されたとしてもプロポーズするのは少し待ちましょう。

1. 彼女の周囲が結婚ラッシュ

「みんなは結婚しているのに、このままだと取り残される」と彼女が焦っているときに「じゃあ結婚する?」というのは良くありません。

焦りは一時的な感情のため、この時点で結婚を決めてしまうのは時期尚早です。「勢いで結婚すると大変だよ? これから先の計画を見つめ直して、納得できた時に結婚しよう」とフォローしてあげましょう。

2. 仕事の愚痴が多い

彼女がもし「仕事辞めたい……」「家庭に入って専業主婦になりたい」と何度も口にしているのなら、それは単なる現実逃避です。

本気で結婚を考えているわけではありません。仕事から逃げるために結婚するというのは、あまりにも打算的すぎます。

3. 結婚に夢見がち

「新婚旅行は絶対ここ!」や「ドレスは◯◯がいい!」と話しているうちは、彼女は結婚に憧れしか抱いていない状態です。実際の結婚生活や子育てなどを全く想像できていないでしょう。

結婚は人生のゴールではありません。プロポーズするのは、彼女がもう少し将来を見据えた考えができるようになるまで待ったほうが無難です。

彼女と結婚のタイミングが合わなかったとき

それでは自分が結婚したいと思ったタイミングに彼女がそうではなかった場合、どうすればいいのでしょうか? 物事はシンプルに考える事が大切です。

今すぐ別れて婚活前提の出会いを求める

「結婚したい」という感情を優先させるのであれば、この道を選ぶほかありません。その希望を成就させるために、早く彼女と別れ、結婚前提の相手を探したほうが良いでしょう。

彼女と別れるのは辛いかもしれません。
ですが、彼女が結婚したくなるまで待てないのであれば、きっぱりと別れるのがお互いのためです。

結婚前提のお見合いをする

何かの機会に女性と出会い、自然に恋愛へ発展することを求める方は多いですが、それではいまの彼女と同じように「結婚のタイミング」が合わない可能性も高いです。
あらかじめ双方が結婚に照準を合わせる「結婚前提のお見合い」であれば、結婚への道のりは縮まります。

彼女が結婚したくなるタイミングまで相手を待つ

男性の場合は女性と違い「出産」のタイムリミットがありません。女性ほど結婚に対するリミットを深刻に考える必要も無いでしょう。

そのため、彼女が「結婚できる」「結婚したい」と思うタイミングまで、根気よく待つという選択もあります。

現代女性の結婚適齢期は28〜29歳
女性は出産できるタイムリミットや仕事が安定しだすタイミング、そして周囲に既婚者が増え出すこのくらいの年齢で結婚を強く意識し始めます。落ち着いたタイミングで結婚をしたい、仕事に慣れたタイミングで結婚をと考えている女性にとって、このくらいの年齢でプロポーズされるのは絶好のタイミングかもしれません。

プロポーズはタイミングの見極めが重要

現代の女性は、結婚に対する重要度が下がりつつあります。
男性がいくら「結婚したい」と思っていても女性は結婚する必要性を感じていないこともあり、2人の結婚に踏み切るタイミングが揃っていないと、一世一代のプロポーズでさえも断られてしまう可能性が極めて高いです。

結婚は1人でできるものではありません。
彼女とどうしても結婚したいのであれば、彼女の気持ちや環境が整うまで待つ気持ちの余裕も大切です。

プロポーズを成功させるには、彼女のタイミングが何より重要。その点をしっかり見極めたうえで、結婚への歩みを進めくださいね!

<関連記事>プロポーズするなら!パティスリーフラワーのフラワーギフトがおすすめです▽

【プロポーズ】パティスリーフラワーでサプライズ!店舗情報とおすすめギフト

<関連記事>「ガラスの靴」でプロポーズを演出。メリアルームメンも人気です▽

【プロポーズ】指輪なしでも想いが伝わるメリアルームメンのガラスの靴

この記事のライター

shugano

中学生と小学生の子を持つママライターです。趣味はハンドメイド。趣味にも仕事にもコーヒーとチョコは欠かせません。恋愛系の記事を多く執筆してきた経験を活かしたアドバイスやお役立ち情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す