職場で気遣いができない男はモテないだけじゃなく出世だってできない! 気遣いができない男性の特徴とは?

職場で気遣いができない男はモテないだけじゃなく出世だってできない! 気遣いができない男性の特徴とは?

女子会でカシオレをあおりながら愚痴られる、職場で気遣いができない男たち……女性たちからモテないのはいうまでもありません。さらに、職場で気遣いができない男性はなかなか出世ができないといいます。

人並みの気遣いができている……ほんとうですか? 気遣いができないレッテル、貼られているかもしれませんよ。もしかしたら、女性社員たちから避けられて、出世レースに乗り遅れてしまうかも……今回は、職場で気遣いができない男性の特徴をご紹介します。

気遣いができない男性の特徴を知って、気遣いができる男性になりましょう。

職場で気遣いができない男性はどうしてモテない?

 

職場で気遣いができない男性はまずモテません。「どうしてこんなに気遣いできないの?」。ただただ腹立たしいだけです。恋愛対象になるわけがありません。

付き合ったところで、気遣いができないところにイライラするのがわかりきっていますから。

どんなにイケメンでもちょっと無理……でしょう。オフィスで1日中いるのですから、気遣いができるのかできないのかは、しばらくしたらわかってくることです。

会社の飲み会でも、ただ飲みながら取り分けてもらったものを食べているだけではいけませんよ。

職場で気遣いができない男性はどうして出世できない?

 

職場で気遣いができない男性が出世できない理由、みなさんはおわかりですか? どんなに仕事ができていたとしてもです。

気遣いができないということは、チームワークに欠けるということ。社内・社外の人間が関わるプロジェクトでは、むしろ足手まといでしかありません。もちろん、上司にも気遣いができないのですから、仕事ができても中間職どまりです。新入社員の指導も任せられないですよね。

職場で気遣いができない男性の特徴

 

職場で気遣いができない男性の特徴とは……男性のみなさん、もしかしたらあてはまっていませんか? さっそくその特徴をみていきましょう。

業務以外のことはいたしません 雑務は女性にやらせる

現在の日本では男性と女性が平等な立ち位置で働いています。女性社員は「お茶汲み」ではありません。

それなのに、業務以外のことはいたしませんとばかり、雑務は女性にやらせてスマホばかりいじっている、気遣いができない男性がいます。

こっちだって、やることいっぱいあるんだけど、なんであんなやつより安月給なわけ! と女性たちから思われているに違いありません。

男性だって女性だって、会社の一員なんです。お茶汲みOL扱いしないで、率先して雑務にあたるようにしてください。

 

やってもらってあたりまえなわけ? ありがとうがいえない

気遣いができる女性たちは、気が付いたときにさりげなく、色々なことをやってくれています。「やってやってる」なんて気持ちではなかったとしても、気が付いたのなら「ありがとう」くらいいってもらいたいもの。女性だってしてもらったらありがとうというのですから。

たった一言、ありがとうがいえないなんて。やってもらってあたりまえなわけ? と反感を買っていることでしょう。

それがどんなに些細なことであったとしても、ありがとうをいうように心がけてください。それだけで、女性たちが笑顔になるはずです。

自分さえよければいいの? 同僚・部下に無関心

責任感がある男性は自分の業務だけではなく、同僚・部下の業務にも責任を持とうとします。

どのくらい業務ができているか、なにか困っていることはないか、いつも状況を気にかけます。場合によっては、業務を巻き取ったり、アドバイスをしたりします。同僚からは「デキるやつ」、部下からは「頼りになる」と思われるでしょう。

同僚・部下に無関心なサイコパスは、なにかあったとしても同僚・部下から助けてもらえません。どんな状況でも無関心だったのですから、それは都合がよすぎますよね。孤立無援になったとしても文句はいえません。

冷房の温度を下げたり、暖房の電源を切ったりする

 真夏のオフィスほど冷えるものはありません。真夏日なのにブランケットを愛用している女性、たくさんいますよね? クーラーで冷えてしまっているんです。

気遣いができる男性は、女性たちの様子から寒いのかな? と気が付きます。ですが、気遣いができない男性は「今日、暑いよね」と勝手に冷房の温度を下げます。寒いからやめて! なんて女性だっていえません。

クーラーの温度設定を変えたいときは、女性の様子をみたり聞いたりするようにしましょう。暖房だって温まってきたからといって、勝手に切ってはいけません。意外と足元は冷えているもの。風量・風向の調節をして、男性にとっても女性にとっても快適なオフィスにしましょう。

素直に褒めることができる

素直に褒めることができる男性って、あんまりいないですよね。男性特有のプライドが邪魔しているのでしょうか。女性であったとしてもすごいと思ったのなら、素直に「すごい」と褒めるべきです。

他人のいいところをみつけられる男性は、女性からみて人間的に魅力があります。このひとのことをもっと知りたいと思ってもらえるでしょう。当然、恋愛対象になります。

また、素直に褒めることができる男性は、上司からも高評価です。人の悪口をいうどころか、いいところばかりいうのですから。

まとめ

職場で気遣いができる男性は、モテるだけではありません。出世できるんです。自分のことばかりでなく、周囲に目を向けてみるようにしてみてください。今までみえなかったものがみえてくるはずです。意識していればおのずと気遣いができるようになります。そうすれば女性からモテるようになりますし、いずれは出世もできるでしょう。

この記事のライター

muramoto mutsumi

北海道札幌市出身〈20代後半〉趣味で恋愛小説も執筆する恋愛体質なフリーライター 男性のためになる女性視点の恋愛記事を心がけています

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す