【関東デート情報】ビールを楽しむ、5月6月のビールフェスティバル、イベント

【関東デート情報】ビールを楽しむ、5月6月のビールフェスティバル、イベント

5月に入ってから、寒かったり、暑かったり、なかなか天気が定まりませんが最近では過ごしやすい季節になってきました。

そろそろ暑くなるこの時期から、ビールがおいしい時期に入ってきます。

天気の良い土日に彼女とデートをするときに、ビールが飲めるイベントやフェスティバル、オクトバーフェストに行ってみるのも楽しいのではないでしょうか。

この時期のデート、どこに行こうか迷うのならば、ビールフェスティバルがおすすめです!

デートにもオススメ、5月6月のビールフェスに行ってみよう!

彼女を連れて、天気の良い日に野外でビールを楽しんでみませんか?

【日程】5/9~5/12:10年目の老舗イベント『ベルギービールウィークエンド2019 Yokohama』

画像:公式サイトより引用

なんと150種類以上のビールが楽しめる、ベルギービールウィークエンドが5月9日から始まります。

そのうち40種類はベルギービールで、ドイツベルギーにちなんだフードや食事も様々登場します。

また、ベルギーのトップアーティストが10組以上来日し、ライブステージでライブも聞けるイベントです。

入場は無料。

会場での飲食には専用のコインと、ビールを注ぐためのオリジナルグラスの購入が必要です。

オンラインで事前予約すれば当日よりも安く手に入るので、チケットなどは事前の購入がおすすめです。

会社帰りのデートや休日のデートに彼女と一緒にベルギービールを楽しんでみましょう!

 

ベルギービールウィークエンド2019 Yokohama

イベント会場:山下公園
期間:5月9日(木)〜12日(日)
時間帯:初日 16:00〜21:00 / 金土日 11:00〜21:00
(ラストオーダー終了30分前)
URL:https://belgianbeerweekend.jp/

 

【日程】05/1 ~ 05/19『100円ビールフェス関東 in Kawasaki』

全ビールがなんと100円で飲める最高にコスパの良いイベントです。

川崎競馬場内で行われるイベントのため、競馬デートをしながらビールも楽しめるという二重の楽しみができます。

友達を誘って大人数でワイワイと楽んだり、デートでも楽しめるイベントです。

イベント会場:川崎競馬場

期間:2019/05/17(金) ~ 2019/05/19(日)
時間帯:5月17日(金) 14:00~20:30/5月18日(土)・19日(日) 10:00~16:00
URL:https://www.kawasaki-keiba.jp/event/event-12611/

【日程】5/18~5/19:週末北軽井沢で楽しむ『よなよなエールの超宴2019 in 新緑の北軽井沢』

画像:公式サイトより引用

軽井沢の地ビールで有名なよなよなエールが開催するビールフェスティバルです。

珍しいクラフトビールや、地ビールを楽しむ事ができます。

軽井沢のキャンプ場を利用して、のびのびとした空間の中でビールを楽しめるイベント。

小旅行がてら週末に彼女と軽井沢に一泊して、ビールフェスを楽しんでみる計画はいかがでしょうか?

イベント会場:北軽井沢スウィートグラス 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990−579
期間:2019/5/18〜 2019/5/19
時間帯:10:00~21:00
入場チケット:大人4,747円(ビールチケット4枚とオリジナルグラス1杯つき)
URL:https://yohobrewing.com/cho_utage/index.html

【日程】6/1~6/2:全国のクラフトビールを飲む『ニッポンクラフトビアフェスティバル 2019 in すみだ』

画像:公式サイトより引用

樽生の全国各地のクラフトビールを飲み比べたい!

そういうイベントをお探しながら、浅草で行われるこちらのイベントがおすすめです。

イベント会場:すみだリバーサイドホール 東京都墨田区吾妻橋1-23-20
期間:2019/6/1~2019/6/2
時間帯:11:00~16:00

URL:http://www.craftbeerfestival.org/

【日程】5/29~6/2:日本最大級のクラフトビールの祭典『けやきひろば春のビール祭り 2019』

画像:公式サイトより引用

300種類以上のクラフトビールを楽しめるのがこのイベントの特徴です。

日本最大級規模のビールイベントを楽しみたいのならぜひとも訪れたいお祭りの一つ。

珍しいクラフトビールの中から、自分好みのビールと出会えるかも。

会場は埼玉なので、関東にお住まいの方にはぜひともおすすめです。

イベント会場:さいたまスーパーアリーナ けやき広場
期間;2019/05/29(水) ~ 2019/06/02(日)
時間帯:11:00~21:00

URL:https://www.beerkeyaki.jp/

【日程】6/7 〜 6/17/:『ヒビヤガーデン2019』で世界12か国のビールを楽しむ

画像:公式サイトより引用

こちらのイベントはまだまだ3年目と比較的歴史は浅いものの、ビール好きにはたまらない世界12か国のビールを楽しめるイベントです。

入場無料で、日比谷公園の緑を楽しみながら太陽を浴びてビールを楽しめます。

最高のロケーションでビールが飲めるイベントで、来訪者数は22万人と大人気。

座席数は2000席以上とその規模がうかがえます。

仕事帰りに同僚と行くのも楽しいですが、休日に日比谷や銀座デートのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

イベント会場:日比谷公園 噴水広場
期間;2019/6/7~6/17
時間帯:平日16:00~22:00 土日11:00~22:00
URL:http://hibeer.jp

もっとビールフェスイベントを楽しむために

このようなビールイベントは毎年開催されており、5月や6月のイベントを逃してしまっても10月ぐらいまで毎月のように開催されています。

また9月からは本格的なオクトバーフェストと言われるドイツビールのお祭りも多いので、ぜひともみなさん、今後もビールフェスの情報にアンテナを張ってみてください。

ビールイベントを楽しむコツとしては、ルールを守る事と事前の準備が必要な点です。

事前にホームページで入場券やチケットを購入がお得

多くのビールイベントは、入場が無料ですが、中には入場料をとる場合もあります。

またビールチケットなどを事前にネットから予約購入する事ができます。

その場合現地で入場料を支払ったり、ビールチケットを購入するよりも、あらかじめインターネットで予約をする事でお得な割引価格でビールフェスを楽しめる場合があります。

そのため、気になるビールフェスやオクトバーフェスは事前にインターネットでの情報収集がおすすめ!

特にデートで行く場合は、なるべく事前の予約を心がけましょう!

グラス交換のルールを守る事

このようなビールイベントの多くは、デジポットを支払ってビールグラスをレンタルし、売店に並んで1杯ずつビールを注文するグラス交換制を導入しています。

そのために、ビールグラスをレンタルする際にデジポット料金を1000円程度支払うシステムになっているイベントが多いです。

ビールグラスをレンタルするのに1000円も支払うの?! と思われるかもしれませんがご安心ください。

飲み終えたビールグラスは、最後にグラスを返却する事でこのデジポットが戻ってくるため、必ず返却するようにしましょう。

酔っぱらってこのグラス返却を忘れてしまうと、デジポットはかえってきませんので飲みっぱなしにしてグラスをその辺に放置しないようにしましょう。

このルールを導入する事で、ビールグラスをイベント会場などで汚す事なく回収できるようになっています。

多くのビールフェスは公園などの野外で行われるため、環境美化のためにもビールグラスの返却はマナーの一つです。

もちろんデジポットの回収もお忘れなく!

ビールフェス、オクトバーフェスの平均予算は?

基本的にビールフェスやオクトバーフェスでは1人頭の予算としては5000円程度かかります。

そのうち、グラスのデジポットは返却されますのでご安心を。

ビールグラスデジポット:1000円
ビール:700円~1300円
フード:2000円

フードは高めの金額ですが、多くのフードは大人数で分けることを想定しているボリュームです。

彼女と二人でいくのであれば、二人で1つのフードを分け合って食べるくらいで丁度よいです。

女性をデートに誘う時、ビールフェスのおすすめの服装は?

ビールフェスは野外ステージで行われ、多くの会場ではテーブルや椅子なども用意されています。

ですが人が多くテーブルや椅子に座れないという事も多いため、公園内にレジャーシートを敷いたり、石段などに腰を掛けてビールを楽しむ方も多いです。

また人込みも多いのでビールをこぼしたり、食べ物をこぼしたりというようなトラブルも起こりやすい環境であることを考慮した服装にしましょう。

そのために、女性とデートをする際に汚れることを気にするような服装や、歩きにくい服装の場合は野外を心から楽しむ事ができにくくなります。

女性をサプライズでビールフェスに誘うよりも「ビールフェスに行くから歩きやすい服装で」「汚れてもいい服装で」というように、服装の指定をあらかじめしてあげるほうがスマートです。

サプライズでいきなりこのようなイベントに連れてこられた時、女性が貴方のために目いっぱいおしゃれして、ハイヒールや素敵なワンピースやスカートで装っていた場合、野外のイベントを楽しむ事ができません。

なるべく汚れても良い服装、地べたに座っても気にならないパンツルックなどがおすすめです。

ビールフェスに持っていくと助かるものは?

ビールフェスに参加する際には、以下のものを持っているとさらに祭りを楽しめます。

ウェットテッシュ
ポケットティツシュ
お茶や水などのチェイサー
ゴミ袋
レジャーシート
身分証明書

ビールフェスのイベントによりますが、用意された椅子やテーブルなどが混雑のため埋まってしまって、座る場所がないこともあります。

そのため、レジャーシートOKのところはレジャーシートを持っていく事をお勧めいたします。

イベントによっては、レジャーシートの使用ができないものもありますので、こちらは事前にホームページで確認してください。

またフードなどは手づかみで食べるものが多いため、ウェットテッシュがあると安心です。

フェスのビールではついつい野外という事もあって飲みすぎてしまうため、チェイサーのための水などは事前に用意して持ち込んだほうが安心です。

場合によっては未成年との区別のために身分証の提示を求められる事もあるため、念のため身分証は持参しましょう。

豆知識としてのビールフェスティバル、オクトバーフェストのルーツとは?

ビールフェスティバルは、9月や10月に開催されるものはオクトバーフェストと呼ばれていますが、日本では5月6月くらいから各地でこのようなビールが飲めるフェスティバルが開催されます。

オクトバーフェストの本場はドイツ。1810年の10月に行われたバイエルン王国の王太子の結婚パーティーがルーツと言われています。

多くの参加者がビールで乾杯し、二人を祝福したことから、今では野外でビールを楽しむお祭りになっています。

「Oktoberfest オクトバーフェスト」という言葉は、ドイツ語で、「野外でビールを飲んでパーティーする事」という意味になります。

そのため、多くのビール系のフェスティバルではドイツビールを味わう事ができるようなイベントになっています。

日本での歴史はまだまだ浅く、2003年に日比谷シティで行われたのが始まりです。

其の後日比谷公園で毎年行われるようになり、それに伴い各地で多くのビールフェスが開催されるようになりました。

この記事のライター

雪乃

航空会社のCA経験から、結婚相談所コンサルタントに転職。 その傍ら、得意の恋愛コラムのWEBライターとして精力的に活動。 多くの婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画なども行っている。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す