ソロキャンプを趣味にしたい男性必見!初心者におすすめの道具とキャンプ場をご紹介

ソロキャンプを趣味にしたい男性必見!初心者におすすめの道具とキャンプ場をご紹介

ソロキャンプとは、いわゆる一人でキャンプを楽しむという趣味です。
最近では、キャンプ場でもソロキャンプ用のエリアがあるほど、男性も女性も一人でキャンプを楽しむソロキャンプが注目されています。

ソロキャンプは、「休日は少し都会から離れてゆっくりしたい」「日々のストレスから解放され自然と触れ合いたい」と感じている人におすすめしたい休日の過ごし方です。

男性一人でも楽しめる!ソロキャンプの魅力とは

男性一人でも楽しめる!ソロキャンプの魅力とは?

ソロキャンプは、誰にも邪魔されず自分一人で自由に計画を立てることができます。
自然の中で自分の好きなように過ごしたり、料理をしたりお酒を飲んだりと、ソロキャンプの楽しみ方はさまざまです。

非日常を体験できるソロキャンプは、日々のストレスから解放され、自分自身と向き合える時間を作ることができます。

ソロキャンプの魅力

  • 自分の行きたい時に好きな場所でキャンプできる
  • 誰にも邪魔されず自分の好きなことができる
  • 大自然の中で自分を見つめ直すことができる
  • 防災時に必要なサバイバル能力が身に付く

初心者ソロキャンパーに必要な道具

初心者ソロキャンパーはどんな道具を用意するべき?

ソロキャンプをしてみたいけど、どんな道具を購入したらいいのか分からない……道具を揃えるのにお金がかかりそう……と思っている方も多いのではないでしょうか。ソロキャンプにはどんな道具の用意が必要なのか、おすすめの道具をご紹介します!

まず初心者の方が絶対に購入すべきものは「寝袋」だけです。テントやタープなど他の道具はキャンプ場で全てレンタルできる場合が多くあります。

最初から道具を買い揃えて形から入るのも楽しいですが、まずはレンタルで一度体験をしてみることをおすすめします。
その後、もっとソロキャンプを追求したいと感じてから道具を買い揃えても遅くはありません。

本格的にソロキャンプを趣味にしたいという男性は、以下の道具を揃えていきましょう。

【優先順位高め】ソロキャンプのために必要なアイテム

1. バックパック

電車や自転車でソロキャンプに行く人は、いかに荷物を少なくして手軽に行けるかが大切です。
軽量で防水性がありつつ、荷物もたくさん入る機能的なバックパックを選ぶようにしましょう。

2. テント

ソロキャンプ用テントはドーム型のものが主流です。中でも前室が広いテントを選ぶことで、チェアやテーブルも置くことができ、タープ代わりにもなります。
また、ピラミッド型のワンポールテントも通常のテントよりも設営が楽なため、ソロキャンパー に人気です。

3. 寝袋

寝袋はレンタルもありますが、肌が直接触れるものなので、自分用の寝袋を用意したいもの。
寝袋の中綿は、化繊とダウンの2種類があります。化繊タイプの方が安価で、水濡れに強く洗濯機で丸洗いできるため、初心者には扱いやすくおすすめです。

4. マット

寝袋と床の間に敷くマットは、地面が凸凹しているような場所でもマットを敷くことで、直接体に当たることがなく、快適な睡眠をとることができます。

マットは主に銀マット、ウレタンマット、空気注入式マットの3種類がありますが、銀マットやウレタンマットはかさばりやすく、リュックにも入りにくいため、ソロキャンプにはコンパクトにまとまる空気注入式のものを選びましょう。

5. ランタン

ランタンはLED式やガス式、ガソリン式などの種類があります。

キャンプ場の夜は真っ暗になる事が多いので、ランタンは必須アイテム。中でも、簡単に灯りをつけることができて、ヤケドなどの心配もないLED式のランタンがおすすめです。

6. チェア

ソロキャンプでくつろぎのアイテムとして必須のチェアは、風景を眺めながらコーヒーやお酒を嗜んだりすることができます。

ソロキャンパーは軽量で持ち運びやすいアルミ合金を使用したチェアを選ぶのがおすすめ。

【優先順位低め】ソロキャンプにあると便利なアイテム

1. タープ

タープは、テーブルなどの上に雨よけや日よけで立てるためのシートのことで、料理をするソロキャンパーには必須アイテム。

テントとタープが一体型になっているものを購入するのもおすすめです。

2. テーブル

ソロキャンプで調理をしたり、食事をするために必要なテーブルは、一人でも使いやすいものがおすすめです。
軽量でコンパクトかつ、組み立てやすいテーブルを選ぶようにしましょう。

3. 食器・カトラリー

最初は使い捨ての食器でもいいですが、本格的にキャンプを極めるのならば、キャンプ用の食器やカトラリーも必要です。
軽くて壊れにくいものや、重ねて小型収納できるものが便利です。

【関東エリア】初心者ソロキャンパー向けキャンプ場3選

【関東エリア】初心者ソロキャンパー向けキャンプ場3選

「一先ず、キャンプを体験してから道具を揃えたい」というソロキャンプビギナーには、キャンプに必要な道具をレンタルできるキャンプ場がおすすめ!

今回は関東エリアでキャンプ道具をレンタルできるキャンプ場を3つピックアップしました。

1. 北軽井沢スウィートグラス

出典:北軽井沢スウィートグラス公式

「北軽井沢スウィートグラス」は、ソロキャンプ向けのソロサイトがあり、道具がない場合でもソロキャンプセットのレンタルがあります。犬連れ用のドッグランや愛犬と過ごせるフリードッグサイトもあるのが特徴となっています。

料金

ソロサイト 1,000円〜

テント、タープ ※サイト内車不可

レンタル

ソロキャンプセット(テント、寝袋、マット)

設備

売店、トイレ、シャワー、ランドリー、炊事場、薪焚きの湯、ドッグラン、BBQハウス

アクティビティ

アスレチック、トランポリン、アドベンチャーなど

アクセス

群馬県北軽井沢
東京から約3時間

2. オートキャンパーズエリアならまた

出典:オートキャンパーズエリアならまた公式

「オートキャンパーズエリアならまた」のソロキャンプ用シングルサイトは、車一台とテント、タープが設営できる広さがあります。キャンプ場からすぐ近くにある「ならまた湖」は関東屈指のカヌーの聖地でもあるため、アクティビティも楽しみたい人におすすめです。

料金

シングルサイト 1,500円〜

テント、タープ、車一台

レンタル

手ぶらセット(テント、タープ、テーブル、イス、寝袋、ランタンなど)

設備

自販機、トイレ、シャワー、ランドリー、炊事場、足洗い場

アクティビティ

カヌー、釣り、水遊びなど

アクセス

群馬県ならまた湖
東京から約3時間半

3. 白岩渓流園キャンプ場

出典:白岩渓流園キャンプ場公式

「白岩渓流園キャンプ場」は、渓流のせせらぎと森林浴が楽しめるキャンプ場です。とても静かで川のせせらぎだけ聞こえるような環境で、非日常を味わうことができます。

料金

入園料 大人600円
サイト1区画 2,000円
駐車料 1,000円

レンタル

あり(タープ、テーブル、ランタン、寝具など)

設備

トイレ、炊事場、ゴミ置場、シャワー、マス釣り場

アクティビティ

ハイキング、釣り、川遊び

アクセス

埼玉県飯能市
東京から約2時間

ソロキャンパー向けキャンプ場の選び方

ソロキャンパー向けキャンプ場の選び方
ソロキャンプをするためのキャンプ場選びは、初心者向けのキャンプ場であるか、自分の目的に合ったキャンプ場であるかを見極めることが大切です。

初心者向けキャンプ場の選び方

  • 自宅から2〜3時間で行ける近場のキャンプ場
  • 水洗トイレやシャワールーム、温泉施設など設備が充実している
  • 何かあったらすぐ駆けつけてくれるスタッフが常駐している
  • 売店やキャンプ道具のレンタルがある

次に自分の目的に合わせて場所を選ぶ

  • 釣りやラフティングなどのアクティビティを楽しみたいなら川が近いキャンプ場
  • 森林浴やトレッキングを楽しみたいなら山が近いキャンプ場
  • ドライブやツーリングを楽しみたいならオートサイトがあるキャンプ場

キャンプ場は全国にたくさんあるため、初心者ソロキャンパー は上記のような条件で絞ってキャンプ場を探すことをおすすめします。

おわりに

ソロキャンプ初心者におすすめの道具やキャンプ場をご紹介しました。

ソロキャンプは一人で自由気ままに時間を過ごすことが出来るため、大人な男性の趣味として人気を集めています。
「新しい趣味を見つけたい」「仕事や日常を忘れてリフレッシュしたい」という男性は、ぜひ一度ソロキャンプを体験してみてはいかがでしょうか。

<関連記事>おすすめ道具紹介!初心者でも楽しめるキャンプ特集はこちら▽

初心者でも楽しい。仲間と・恋人と・ソロで行くキャンプ特集!おすすめ道具紹介

この記事のライター

yuri

スポーツ観戦やライブ鑑賞が趣味のライター。美容師免許や日本化粧品検定1級の資格を活かし、脱毛・コスメ・ダイエットなど美容全般の情報をメインにお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す