夏の積丹は絶景と美味スポットがいっぱい!札幌から巡るドライブコースをご紹介

夏の積丹は絶景と美味スポットがいっぱい!札幌から巡るドライブコースをご紹介

北海道の雪が解け、春の暖かさを感じると夏はもうそこ。北海道には、夏ならではのグルメがあります。「積丹のうに」です。

ここでは積丹の「うに」を食べに、札幌から日帰りで出かけるドライブコースをご紹介します。積丹ブルーの海を眺め、海と山、大自然の恵みを享受する、そんな北海道の夏を満喫できるプチツアープランです。

積丹ってどんなところ?

「積丹(しゃこたん)ってよく耳にするけど、行ったことない。どんなところ?」そんな質問がよくあります。確かに交通の便は良いとはいえず、電車での訪問はまず不可能。ならば車で行くしかない、というちょっと離れた場所ですが、日本海に面して魚介が豊富に獲れるグルメスポットでもあります。

積丹は北海道の西部、積丹半島にある土地の名で、小樽から海岸線を車で一時間ほどの場所になります。小樽からは余市〜古平町を経由して「積丹郡」に入りますが、最近は後志自動車道の小樽〜余市IC間が開通して少し便利になりました。途中はトンネルがたくさんありますが、トンネルを抜けた最初の街が「美国町」です。

ここから積丹「美国町」

余市から古平郡古平町を過ぎると「美国町(びくにちょう)」に入ります。美国町はかつて独立した町として存在していましたが、現在は周囲の町と合併して「積丹町」に入り、美国町は積丹町の行政区画(字)としてのみ残っています。

この美国町からが正式な「積丹」ということになります。

美国港

美国町は美国港を持ち、鮭釣りやソイ、ホッケ、アイナメなど魚種が豊富な釣りスポットとして知られています。近くには「黄金岬」などの景勝地もあり、観光船「ニューしゃこたん号」が出航する場所としても知られます。

「ニューしゃこたん号」は、北海道で唯一「海中公園」に指定されている地区である積丹の「海の中を、船内から見ることができる」ユニークな観光船です。海の中の海藻や岩、泳いでいる魚、そして「うに」までも眺めることができます。

詳細はこちら

美国観光ハウス

美国はグルメの名所でもあります。「美国観光ハウス」は「ミシュランガイド北海道」で2回連続で星を獲得した名店。宿泊施設ですが、食事のみの利用も可能です(8,000円税別〜、4名以上)。地元名産の「ウニ」を中心とした海鮮の会席料理は、北海道の美食を満喫できるコースになっています。

朝食の「2色丼」

  • 店名:美国観光ハウス
  • 住所:北海道積丹郡積丹町美国町船潤49
  • 電話番号:0135-44-2100
  • 営業時間:15:00~(食事のみは18:00~)
  • 定休日:無休
  • アクセス:小樽から車で約1時間
  • 平均予算:一泊夕食17,000〜、詳細は公式サイトで確認ください

詳細はこちら

積丹ブルーと「うに」

積丹の海は「積丹ブルー」と呼ばれる青く輝く海に奇岩が浮かび、断崖絶壁の海岸線とともに、その景観は見事なものです。美国からさらに海沿いを進み、途中道道913号を海岸方面に折れてさらに進むと「島武意海岸」があります。

島武意海岸

島武意海岸(しまむいかいがん)は「日本の渚100選」にも選ばれたほどの景観で人気のスポットです。その駐車場から展望台まではトンネルを抜け、浜辺には階段で降ります。そこには、まさに積丹ならではの断崖絶壁に囲まれたわずかな浜辺の前に、真っ青で透明な海が広がっています。

うに膳屋

島武意海岸からすぐ近くには、うに料理の名店「うに膳屋」があります。元々は旅館として営業していましたが、現在はうに漁のある6月〜8月の土日祝日だけ「うに丼」を中心とした食事処として営業しています(GWも営業の場合あり)。

うに丼は時価になりますが、「むらさきうに丼(うに110g)」が3,000円弱、「ばふんうに丼(110g)」が5,000円弱、両方楽しめる「うにうに丼」が4,ooo円くらいです。それぞれに汁と小鉢がついた「膳」がプラス300円(お得です)で用意されています。丼の値段を見てビックリかもしれませんが、これが本物の「うに」の値段です。

基本は事前予約制なので、前日までに電話連絡が必要です。なお、本年の営業は詳細未定のため、公式サイトか電話での確認をおすすめします。

  • 店名:うに膳屋
  • 住所:北海道積丹郡積丹町入舸町16-1
  • 電話番号:011-221-2242
  • 営業時間:11:00~16:00、日・祝日は15:00まで、売り切れ次第終了
  • 定休日:月〜金曜日
  • アクセス:小樽から車で約90分
  • 平均予算:3~5,000円

詳細はこちら

ムラサキウニとバフンウニ

ムラサキウニ

積丹の名物でもある「うに」ですが、一般的にはムラサキウニとバフンウニが流通しています(その他のものもあります)。積丹では「キタムラサキウニ」と「エゾバフンウニ」が捕獲されます。白っぽい色で個体に眺めの棘があるのが「キタムラサキウニ」、濃いオレンジ色で束子のような馬糞状の形をしているものが「エゾバフンウニ」になります。

バフンウニ

積丹で獲れるうにの8割がキタムラサキウニで、エゾバフンウニは漁獲高が少ないので、値段も高くなっています。うに漁の解禁期間は毎年6月〜8月です。

神威岬

島武意海岸の先にある観光名所としては「神威岬(かむいみさき)」が有名です。積丹半島から日本海に突き出した岬で、半島側の駐車場からは1km近い長さの遊歩道(「チャレンカの道」)があり、20分ほど歩いて向かいます。

遊歩道の先端部は断崖絶壁、その先には神威岩という岩礁があります。ここからは周囲約300度が見渡せ、水平線は地球が円いことを感じさせてくれます。

神威岬は積丹半島の最先端に位置するので、帰りはそのまま積丹半島の付け根の位置にある岩内町から倶知安町、羊蹄山の麓を回り込み京極町から喜茂別町、そして中山峠経由で札幌へ戻るというドライブコースになります。

京極ふきだし公園

神威岬から国道229号で岩内町へ、さらに276号を苫小牧方面に進むと1時間30分〜2時間で京極町にある「ふきだし公園」に到着します。

羊蹄山の麓にある京極町の「ふきだし公園」は、「羊蹄のふきだし湧水」として「名水百選」に選ばれているほどの名水で、1日約8万トンという国内でも最大級の湧水量を誇っています。滝のように流れ出る吹き出し口の横には取水場所があり、自由に水を飲んだり持ち帰ることができます。

道の駅も併設され、名水を使ったコーヒーやコーヒーゼリーが名物として人気になっています。

詳細はこちら

羊蹄山

ふきだし公園の自然の恵みを与えてくれているのが、別名「蝦夷富士」とも呼ばれる「羊蹄山」です。標高1898mの単独峰の成層火山で、その別名通り富士山を思わせる景観は見事なものですが、雲がかかりやすく、その美しい全体の姿はなかなか見ることができません。

岩内町から国道276号に入ると、喜茂別を過ぎるまでその勇姿を眺めることができるので、「羊蹄山が見えるか見えないか」は、このドライブでの楽しみのひとつになるでしょう。

中山峠

喜茂別からは国道230号で山越での札幌帰還です。その山の上にある名所が「中山峠」で、国道230号の最高地点になります。峠の頂上には道の駅「望洋中山」があり、ここからは再び羊蹄山を眺めることができます。

道の駅「望洋中山」のレストランでは「いももち」や「あげいも」が名物グルメとして人気になっています。

中山峠からは札幌中心部まで車で約80分。「いももち」で腹ごしらえ、最後のひと頑張りで無事に帰りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

北海道の自然の恵みを満喫できる夏の観光スポットである「積丹」への日帰りグルメツアーのプランをご紹介しました。

海は積丹ブルーの景観とともに、最高の美味をも提供してくれます。特に「うに丼」はその美味を贅沢に味わえるグルメです。そして羊蹄山から湧き出る名水は最高の「お土産」にもなります。

この贅沢ができるのは、6月から8月までの夏の間だけです。時期を逃すことのないよう、しっかりスケジュールとプランを立ててください。

この記事のライター

raita kitano

食べ飲み歩きと写真を撮りながらの街散策が好きな男性ライターです。上場企業の管理職時代に培った飲食店訪問の経験を活かし、老舗の飲食店から流行のちょっとお洒落な店までをご紹介します。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す