京都は全国有数の酒どころ!人気の酒蔵とその酒造り、おすすめ銘柄をご紹介

京都は全国有数の酒どころ!人気の酒蔵とその酒造り、おすすめ銘柄をご紹介

京都は人気の観光地として定番ですが、「酒造り」でも有名な場所でもあります。京都といえば「京料理」、そしてそれに合う日本酒。グルメには堪えられない組み合わせです。

今回はそんな京都にある酒蔵をその歴史と酒造り、おすすめの銘柄とともにご紹介します。知っていれば「ちょっとイイ格好」ができるお役立ちグルメ情報です。

京都の酒造り

京都は国内でも有数の酒どころで、その生産量は大手酒造メーカーが揃う兵庫県に次いで全国第2位です。さらにその歴史も古く、飛鳥〜奈良時代にはすでに酒造に携わる人たちがいたという説もあります。

特に伏見では、朝鮮から渡来したとされる「秦人(はたびと)」が大陸伝来の技法によって、高品質な酒造りを始めていました。

京都に酒造りの文化をもたらした秦氏は、嵐山南方にある松尾山の神を一族の総氏神として仰ぎ、当地に神殿を建立しまし。これが「松尾大社」で、その後「日本第一酒造神」と仰がれるようになりました。

出典:松尾大社公式サイト

平安京では「酒造司(さけのつかさ)という役所が設けられて酒造りが盛んになり、特に伏見には名門の酒蔵が集まっていました。その後江戸時代には低迷期もありましたが、明治以降はその歴史的な背景や酒造に適した環境から再度伏見の酒造りが勢いを取り戻しています。

伏見は、その名の由来でもある「伏水(ふしみず)」という桃山丘陵から流れる良質な地下水に恵まれているので酒蔵も多く、京都府の酒蔵数の約半分を「伏見」が占めています。その他では「京丹後市やその周辺」などにも比較的多くの酒蔵があります。

 

月桂冠

京都の酒蔵といえば、まずその名があがるブランドは「月桂冠」でしょう。創業は寛永14年(1637年)という400年近い歴史を持ち、かつては日本酒の生産高で全国のトップを走り続けていた人気蔵です(現在は第2位)。

大きな人気を集めた背景には、一年を通して醸造が可能にした「四季醸造蔵」を全国に先駆けて完成させた(昭和36年/1961年)ということがあります。一般的に冬から春にかけて醸造される日本酒を、時期に関係なく製造ができることでその供給力・市場浸透力を高めたわけです。

月桂冠のシェアが高まると、そのブランドがあまりに一般的になり、一時は値段の安い商品が販売の主力になったこともありました。

しかし四季醸造を可能にするほどの技術を持った月桂冠は、高級酒の製造にも力を入れ商品ラインアップを充実させています。その中でも「日本酒本来の魅力を後世に伝えたい」という造り手の想いを込めたお酒が「伝匠(でんしょう)」シリーズです。

酒米は酒造米の王様ともされる「山田錦」、仕込み水は伏見の「伏水(ふしみず)」と原材料にもこだわり、ふくらみがありながらキレの良い味わいが特徴に仕上げています。まさに月桂冠の酒造技術を世に改めて知らしめる逸品です。

  • 会社名:月桂冠株式会社
  • 住所:京都府京都市伏見区南浜町247

詳細はこちら

玉川

今、京都で最も注目されている酒蔵なら「玉川」を醸す木下酒造は外せません。京都といっても京都市からは少し離れた日本海沿いの京丹後市、創業は天保13年(1842年)という老舗です。

注目される理由のひとつが「杜氏が外国人」であること。現杜氏のフィリップ・ハーパー氏はイギリスでオックスフォード大学を卒業後英語教師として来日、その時に日本酒と出会い、南部杜氏資格選考試験を受けて合格。日本での酒造りに関わるようになります。

かつては一般酒が主力であった木下酒造ですが、ハーパー氏が杜氏に就任してからは吟醸酒を含むラインアップを揃えつつ、独特の酒造りを行なっています。氷を入れて飲む「Ice Breaker」や江戸時代の造りを再現した「Time Machine」などはその代表作品といえます。

その他、酵母無添加の生酛造りや熟成酒など、どれにも共通するのが「力強さ」です。酸味と旨味がしっかりしているので、燗上がりのする、温度で味の変化を楽しめるお酒が揃っています。

「純米吟醸 祝」は、京都産の酒米である「祝(いわい)」を酒造米に使い、その名を商品名にしています。一時期その栽培の難しさから姿を消していた「祝」ですが、1990年代に伏見酒造組合などの働きかけにより復活を果たしました。その「祝」のふくらみのある甘みと玉川独特の力強さがよくバランスされた飲みごたえのあるお酒です。

  • 会社名:木下酒造有限会社
  • 住所:京都府京丹後市久美浜町甲山1512

詳細はこちら

月の桂

京都の酒蔵でも古参といえる一軒が「月の桂」を醸す増田徳兵衛商店です。創業は延宝3年(1675年)、「日本酒の特徴はその季節性にある」というコンセプトで、長年の酒造りを行なってきました。そして、この蔵を代表する商品に「にごり酒」があります。

月の桂の「にごり酒」はその「元祖」ともされ、発泡性にこだわった「これぞ季節がそのまま息づく昔ながらの酒」に仕上げます。まさに「米で作ったシャンパン」ともいえる贅沢品です。

もちろん通常酒も人気で、「月の桂 純米吟醸ひやおろし」はひと夏寝かされた落ち着きのある味わいが魅力。京都らしい上品さを持ったお酒です。程よい口当たりは、出汁の利いた京料理にもよく合います。

  • 会社名:株式会社増田徳兵衛商店
  • 住所:京都府京都市伏見区下鳥羽長田町134

詳細はこちら

英勲

伏見の地で元禄時代より呉服商を営んでいた齊藤家は明治28年(1895年)に酒造業に転業、大正天皇の即位の際にそれを記念して、メインブランドを「英勲(えいくん)」と命名しました。

その高品質な酒造りは定評があり、全国新酒鑑評会では14年連続金賞を受賞するという実績を誇ります。さらにここ数年では「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」にも挑戦、本年度の大会においても純米大吟醸酒が「金賞」を受賞しています。

「純米酒 英勲」は食中酒向けに醸され、京都産酒造米の「祝」を使うことで、純米酒ながら重さを感じさせないスッキリとした味わいに仕上げています。温度への対応幅も広いので、料理に合わせて「冷や」でも「燗」でも楽しめます。

  • 会社名:斎藤酒造株式会社
  • 住所:京都府京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105

詳細はこちら

神聖

「山本本家」は、延宝5年(1677年)伏見に創業した老舗酒蔵。当初は味噌・醤油も製造していましたが、明治時代に酒造専業となり、以来「神聖(しんせい)」をメインブランドとして酒造りを続けています。

水質の良いことで知られる伏見で「七名水」とされる中のひとつ「白菊水」は、山本本家の敷地に湧き出ています。この名水と300年以上の酒造技術によって醸される「神聖」の品質は言わずもがな。その人気の秘密になっています。

京都の名居酒屋として知られる「赤垣屋」で提供される日本酒「名誉冠」は、その酒蔵が廃業することになった際、山本本家がその酒造りを引き継いでいます。今なおそのブランドを守り続けていることは、山本本家の酒造りの技術を証明する事実となっています。

  • 会社名:株式会社山本本家
  • 住所:京都府京都市伏見区上油掛町36-1

詳細はこちら

まとめ

京都のおすすめ酒蔵を厳選してご紹介しました。同時に、京都における酒の歴史もお分かりいただけたことと思います。京都には何と「お酒の神様」が祀られていました。

そんな京都でグルメを楽しむなら日本酒は外せません。この記事をスタートに、好みのお酒を見つける旅に出てはいかがでしょうか?

この記事のライター

raita kitano

食べ飲み歩きと写真を撮りながらの街散策が好きな男性ライターです。上場企業の管理職時代に培った飲食店訪問の経験を活かし、老舗の飲食店から流行のちょっとお洒落な店までをご紹介します。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す