札幌発の食文化、地元民おすすめのシメパフェ6選

札幌発の食文化、地元民おすすめのシメパフェ6選

飲んだ後のシメのラーメンならぬシメパフェとは、札幌発の食文化である。

ここ数年は深夜まで営業しているパフェの専門店が増え、飲んだ後はパフェでシメる、という流れが少しずつ拡がりつつある。何故なのか。例えば北海道・札幌のグルメと聞いて、思い浮かぶのはジンギスカン、スープカレー、新鮮な魚介類。

想像してみてほしい。食後や飲んだ後に、シメのラーメンというのは少々重すぎる。ひんやりした、甘いものが食べたい。

そんな時、見た目や味が繊細に計算された美しいパフェは、さらりと軽く食べることができてしまう。

普段のシメは断然ラーメンだけど、たまにはシメパフェというものを食べてみよう、というデートもまた新鮮。

今回は、札幌在住ライターによる独断と偏見でセレクトしたお店をご紹介。

パーラーエノキ

パーラーエノキ パフェ

シメパフェの有名店「パフェ、珈琲、酒、佐藤」プロデュースのお店。

アイスクリームとソルベも手作りの「パフェ 佐藤」のものを使用し、最後まで食べ飽きないようバランスが計算されている。

サッポロファクトリーの2階という店構え、午前中の早い時間帯からの開店、軽食やテイクアウトサンデーがありカフェづかいができるのもポイント。

  • パーラーエノキ
  • 住所:札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー3条館 2F
  • 電話番号: 011-211-1031
  • 営業時間:10:00~20:00 L.O.19:30
  • 定休日:サッポロファクトリー休館日に準ずる
  • アクセス:地下鉄東西線バスセンター前駅より徒歩約3分
  • 平均予算:1000円〜2000円

詳細はこちら

musica hall cafe ムジカホールカフェ

ムジカホールカフェ 季節限定パフェ

音楽ライブ、ギャラリーなどにも使われているカフェ。

コストパフォーマンスのいいランチセットもおすすめだが、季節限定のパフェは仕込みが追いつかなることがあるほどの人気である。

なくなり次第終了することもあるので、気になるメニューはがある場合は早めに足を運んでみてほしい。

  • musica hall cafe ムジカホールカフェ
  • 住所:札幌市中央区南3条西6丁目10-3 長栄ビル3F
  • 電話番号:011-261-1787
  • 営業時間:11:30〜21:00
  • 定休日:月曜 ※月曜祝日の場合は火曜休み
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅より徒歩約5分
  • 平均予算:1000円〜2000円

詳細はこちら

Parfaiteria miL パフェテリア ミル

パフェテリアミル

狸小路アーケード内の地下にあるパフェ専門店。

店内にはカウンター席があり、バーで一杯飲むかのようなスタイルでパフェが食べられる。

旬を大事にしており、基本的に期間限定のメニューで構成されている。夜パフェ専門店ということで、飲んだ後に軽く食べられるよう甘さは控えめ。

  • Parfaiteria miL パフェテリアミル
  • 住所:札幌市中央区南三条西5丁目30 三条美松ビル B1F
  • 電話番号: 011-522-9432
  • 営業時間:日・祝日 15:00~24:00
    月〜木 17:00~24:00
    金 17:00~26:00
    土 15:00~26:00 ※祝前日は26:00まで
  • 定休日:なし
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅より徒歩約4分
  • 平均予算:1000円〜2000円

詳細はこちら

ななかま堂

ななかま堂

先ほど紹介したパフェテリアミルの姉妹店だが、こちらは和のテイストを取り入れたメニュー展開。

カウンター席、テーブル席、小上がりの席がありシーンに合わせて利用できる。

アイスやパーツは全て手作りにこだわっており、オーダーが入ってから組み立てるので、時間には余裕を持って訪れたい。

  • ななかま堂
  • 住所:札幌市中央区南4条西5丁目 第4藤井ビル2F
  • 電話番号:011-596-8607
  • 営業時間:18:00~24:00 L.O. 23:30、金土祝前日 18:00~26:00 L.O. 25:30
  • 定休日:なし
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅より徒歩約3分
  • 平均予算:1000円〜2000円

詳細はこちら

バーラー ペンギン堂

ペンギン堂

「バーラー」とは、バーとパーラーを組み合わせた造語。

シャンパンやワイン、スコッチウイスキー、コーヒー等、ドリンクが約70種と豊富で、自分好みのパフェとお酒のマリアージュを楽しめる。

店内の照明は控えめで、落ち着いた大人の空間が広がっている。

  • バーラー ペンギン堂
  • 住所:札幌市中央区南4条西1丁目6−1
  • 電話番号:011-261-2320
  • 営業時間:19:00〜1:00(L.O. 0:30)
  • 定休日:日曜
  • アクセス:地下鉄東豊線豊水すすきの駅より徒歩約4分
  • 平均予算:1000円〜2000円

詳細はこちら

番外編:ぴーぷるぴーぷ

ぴーぷるぴーぷ

すすきのの片隅にひっそりとある、「パイとケーキ」の看板が掲げられている謎の建物。

シメパフェという言葉ができる遥か以前から存在しているのだが、ここは店主がひとりで切り盛りしているので、とても時間がかかる。

タイミングによってはオーダーから数時間待つこともある。それでもいい、という人だけチャレンジしてほしい。

  • ぴーぷる・ぴーぷ
  • 住所:札幌市中央区南四条西6 1F・B1F
  • 電話番号:011-231-8052
  • 営業時間:19:15~24:00(24時までの入店で注文可)
  • 定休日:日〜火曜
  • アクセス:地下鉄南北線すすきの駅より徒歩約4分
  • 平均予算:1000円

詳細はこちら

楽しい札幌の夜を演出

札幌のシメパフェが食べられる店の多くは、すすきの・大通に集中している。

いずれも飲んだ後に歩いていける好立地なので、一度は試してみてほしい。

この記事のライター

motoyama enishi

北海道在住、旅行と写真が趣味のライター。情報収集を兼ねて食べ歩くのが日々の楽しみの元雑誌編集者。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す