何もしない贅沢を。おこもりデートにおすすめの温泉宿9選

何もしない贅沢を。おこもりデートにおすすめの温泉宿9選

皆さんは ” おこもり旅 ” や ” おこもりデート ” という言葉をご存知ですか?

今や、旅行業界だけではなくSNSなどでも注目を集めているこの言葉ですが、一体どのような旅を指すのでしょうか。

今回は、おこもり旅とはどのようなものか、おこもり旅の楽しみ方、おこもり旅におすすめの温泉やリゾートをご紹介します。

おこもりデート・おこもり旅とは

おこもりデート・おこもり旅とは

観光をほとんどしない旅行スタイルを「おこもり旅」といいます。

おこもり族は、宿にチェックインしてから翌朝のチェックアウトまで、宿から一歩も出ません。
のんびりと温泉を楽しみ、宿泊施設のなかでほとんどの時間を過ごします。

おこもりデート・おこもり旅をおすすめしたい人

おこもりデート・おこもり旅をおすすめしたい人

日常に疲れ癒しを求めている人

多くの情報に晒され、心も体も疲れてしまった人には、デジタルな世界と切り離して過ごすおこもり温泉旅をおすすめします。

忙しい現代社会に生きるすべての人は「暇(いとま)」をあえて楽しむという時間の使い方を知りません。

そういう方にこそ、一度体験していただきたい旅行のスタイルです。

ひとり旅でリフレッシュしたい人

非日常を体験したいひとり旅にもおすすめできます。

ひとり旅をしてみたいけれど、旅先での食や観光に悩む人は多いでしょう。

多くのおこもり旅館では、部屋食やルームサービスなどもあり、ひとり旅向けの旅行プランも組まれています。

温泉につかり、美味しい食に舌鼓をうち、自由に一人の時間をとことん楽しめます。

読書をしたり、風景をみてのんびりしたり、自分のためだけに贅沢な時間を過ごしてみましょう。

2人の時間を楽しみたいカップル

忙しい大人のカップルには、週末2人の時間をあわせて近場の温泉宿に、おこもり温泉旅行をするというデートプランが人気です。

雑誌や旅行サイトでもカップルのおこもりデートを取り上げており、大人デートならではのゆったりとした贅沢な時間を二人で堪能できます。

彼女と過ごす週末をさらに特別な時間にしてくれること間違いなし。

あくせくとした日常から離れ、温泉旅館に泊まり、二人の語らいの時間をゆっくりと楽しんでみるのもいいですね。

おこもりデート・おこもり旅の楽しみ方

おこもりデート・おこもり旅の楽しみ方

「おこもり旅行と言われても、実際、旅先で観光をしないなんて楽しくないのでは? 」と思われるかもしれませんが、おこもり旅でもっとも大切なのは、宿の選定です。

しっかりとしたグレードの温泉宿であれば、一歩も観光に出歩かなくても十分に楽しむことができます。

温泉を楽しむ

おこもり旅の醍醐味の一つは「温泉」を楽しむことです。

1日のうちに何度も温泉につかってみたり、露天風呂から見える風景を楽しんだり、温泉そのものを楽しみましょう。

おこもり旅で温泉を楽しむことを旅のメインにするのであれば、宿の温泉施設がどのようなものかをこと前に調べることが大切です。

温泉施設が充実している宿や、露天風呂の景色の良い温泉旅館などを探してみましょう。

温泉にゆっくりつかり、日常の疲れを癒し、くつろぎの時間を過ごせば、あれこれと観光の予定を詰め込まずとも十分に旅を堪能することができます。

食を楽しむ

おこもり温泉旅行を計画する際は、ぜひとも食ことの評判の良い宿を選びましょう。

おこもり旅行の楽しみの一つは、宿で提供される海の幸や、旅先の名産品などの食を堪能することです。

口コミなどで料理の評判の高い宿泊施設を選ぶと、旅先での満足度を上げてくれます。

上げ膳据え膳のサービスで、ゆっくりとくつろぎながら食事をとる贅沢は何よりの幸せな時間でしょう。

自分では作れないプロの料理を心ゆくまで楽しんでください。

リラクゼーションを楽しむ

旅先でスパを楽しんだり、マッサージを楽しむのも楽しみ方の一つです。

エステやスパ、マッサージのサービスを提供している宿も多くあります。

温泉をゆっくり楽しんだ後は、エステを予約して心ゆくまでリラクゼーションサービスを受けててみましょう。

旅先でのスパやエステは男性でも申し込みしやすく、彼女と一緒にエステやマッサージを楽しむことができます。

自分へのご褒美に、体のメンテナンスと癒しの時間に充ててみませんか?

何もしない時間を楽しむ

旅先であえて何もせず、のんびりと過ごすという時間の使い方はとても贅沢な時間です。

本来おこもり温泉旅行では、何をすればいいのだろうと、時間の使い方について考える必要はありません。

心のおもむくまま、ぼんやりと窓からの景色を楽しんでも良いですし、眠くなったら畳の上に寝転がって何もせずに眠気を感じるだけでも良いのです。

川のせせらぎや、山の風の音を聞いて、ゆったりと流れる時間をただ体験するだけで心がゆっくりとほぐれていくことを感じてください。

あえて何もしないことを楽しむ。それが大人の贅沢な時間の使い方の一つなのです。

おこもりデート・おこもり旅におすすめの温泉宿9選

ここらは、おこもりデート・おこもり旅に最適な、非日常を楽しむことができる宿泊施設をご紹介します。

1. 豪華さを楽しむ大人のおこもり「KANAYA RESORT HAKONE」

豪華さを楽しむ大人のおこもり「KANAYA RESORT HAKONE」

出典:一休com

箱根仙石原の広大な敷地の中にあるリゾートホテル「金谷リゾート箱根」。

美しい森の中にたった14室という贅沢な空間の使い方に、極上のおもてなしを体感できます。

窓からの景色は絵画のように美しく、日常では見ることの出来ない自然と触れ合うことができる魅力的な宿。

金谷リゾートホテル 箸で食べるフレンチ

出典:一休.com

和のテイストが織り交ぜられた「箸で食べるフランス料理」も人気で、温泉と美食を楽しむ、まさに「おこもり」を堪能できる宿と言えます。

彼女との特別な時間や記念日に、おこもりデート旅として一度は宿泊してみたい宿です。

KANAYA RESORT HAKONEの施設情報

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251−16
  • 電話番号:0460-84-0888
  • アクセス: 箱根登山鉄道・「強羅駅」より無料送迎あり
  • 送迎:有り(ホテルー強羅駅間 要事前予約)

詳細はこちら

2. スパと源泉かけ流しの温泉を堪能「熱海 ふふ」

スパと源泉かけ流しの温泉を堪能「熱海 ふふ」

出典:一休.com

「熱海ふふ」は、贅沢な空間の中で ”あえて何もしない”を楽しめる、おすすめのおこもり宿です。

客室にある開放感のある露天風呂のほか、大浴場やドライサウナ、施設内にはラグジュアリーなスパもあり、エステやマッサージを堪能できるため、彼女もきっと喜んでくれるはず。

熱海 ふふ コンフォートスウィート

出典:一休.com

夜には満点の星空を眺めながら、暖炉に当たることができるデイベットがあるなど、自然の風景を堪能することもできます。

熱海ふふの施設情報

  • 住所:静岡県熱海市水口町11-48
  • 電話番号:0557-86-3646
  • アクセス:「熱海駅」より伊東線伊豆下田行き「来宮駅」下車、タクシー1分
  • 送迎:有り(来宮駅または熱海駅まで 要事前予約)

詳細はこちら

3. 風光明媚な景色を楽しむ「和歌の浦温泉 萬波」

和歌の浦温泉萬波 客室

出典:一休.com

「和歌の浦温泉 萬波」は、露天風呂から海岸線を眺め、潮騒の音を堪能し、夜には漁火を眺めることもできる和歌山の温泉宿です。

貸し切りができるプライベートバスもあり、彼女とのデート旅行におすすめです。

オプションで「憧れのバラ風呂」を予約することもできるため、彼女のためのサプライズにもなります。

和歌の浦温泉萬波 露天風呂

出典:一休.com

海が見られる温泉で、潮風にあたってゆっくりしてみませんか?

和歌の浦温泉 萬波の施設情報

  • 住所:和歌山県和歌山市新和歌浦2-10
  • 電話番号:073-444-1161
  • アクセス:南海和歌山市駅またはJR和歌山駅からバスで30分
  • 送迎:有り(JR和歌山駅、南海和歌山市駅より 要事前予約)

詳細はこちら

4. ホテル内アクティビティを楽しむ「星野リゾート 青森屋」

ホテル内アクティビティを楽しむ「星野リゾート 青森屋」

出典:一休.com

「星野リゾート青森屋」には、ぬくもりある雰囲気と和モダンが融合した、ゆったりとくつろげる空間が用意されています。

敷地内で南部裂織(なんぶさきおり)体験ができたり、青森の芸能文化が鑑賞できる「じゃわめぐショー」など、月ごとに入れ替わる様々なイベントにも力を入れています。

星野リゾート青森屋 春のイベント 花見こたつ

出典:一休.com

観光も楽しいですが、おこもりにぴったりの星野リゾートで、彼女と一緒にぜひ思い出をしてみてください。

星野リゾート 青森屋の施設情報

  • 住所:青森県三沢市字古間木山56番地
  • 電話番号:0570–073–022
  • アクセス:JR八戸駅から電車で20分。JR八戸駅から無料送迎バスで約40分。三沢空港から車で約20分
  • 送迎:有り(八戸駅、三沢駅、青森空港、三沢空港 要事前予約)

詳細はこちら

5. 富士を眺めるおこもり旅「ラビスタ富士河口湖」

富士を眺めるおこもり旅「ラビスタ富士河口湖」

出典:一休.com

温泉旅館といえば、しっとりした和風テイストが素敵ですが、「ラビスタ富士河口湖」のような南仏のプロヴァンスの香りがする西洋風の温泉ホテルもおすすめです。

地元の素材を使用したフレンチやコース料理を堪能でき、天然温泉や貸し切り風呂もあります。

ラヴィスタ富士河口湖 富士山の見える露天風呂

出典:一休.com

河口湖を眺めおろす立地に、目の前にそびえる富士山を眺める……なんとも贅沢なひと時がそこにあります。

ラビスタ富士河口湖の施設情報

  • 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町河口2395
  • 電話番号:0555-76-5220
  • アクセス: 新宿駅、東京駅、三島駅よりバスあり
  • 送迎:有り(富士急行線「河口湖駅」より 要事前予約)

詳細はこちら

6. 美食を目当てに滞在する「arcana izu(アルカナイズ)」

アルカナイズ 客室

出典:一休.com

「宿泊先では、食事に一番こだわりたい」という方におすすめなのが「arçana izu(アルカナイズ)」です。

この宿では、フランス国家最優秀職人章をもつファビアン・ルフェーブルのもとで活躍した名物シェフが料理長を務めています。

アルカナイズ 伊豆鹿とセロリラブ

出典:一休.com

「日帰りで、ディナーだけを食べたい」という人もいるこちらのリゾートステイでは、温泉はもちろんのこと、こだわりの食事を心ゆくまで堪能することが可能です。

arcana izu(アルカナイズ)の施設情報

  • 住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1662
  • 電話番号:0558-85-2700
  • アクセス: 三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺駅下車、修善寺駅より車で約20分
  • 送迎:なし

詳細はこちら

7. 自然との調和がこだわり「こころをなでる静寂 みやこ」

自然との調和がこだわり「こころをなでる静寂 みやこ」

出典:一休.com

「こころをなでる静寂 みやこ」は、日本三名泉のひとつである下呂温泉を楽しみながら、美食と自然の癒しの中で、日常の疲れを癒したい方におすすめの温泉宿です。

隠れ家のような雰囲気の中、彼女と二人で静かな大人の時間を楽しめる、大人のための宿です。

みやこ 夕食 イメージ

出典:一休.com

自然と調和するというコンセプトのもと、民芸調の離れに滞在し、四季の移ろいや自然の空気を感じられます。

こころをなでる静寂 みやこの施設情報

  • 住所:岐阜県下呂市森2505
  • 電話番号:0576-25-3181
  • アクセス: 名古屋駅より下呂温泉直行バスで約2時間30分
  • 送迎:あり(要事前予約)

詳細はこちら

8. 静寂を楽しむ大人の宿「奥湯河原 結唯-YUI-」

静寂を楽しむ大人の宿「奥湯河原 結唯-YUI-」

出典:一休.com

「奥湯河原 結唯-YUI-」は、落ち着いた大人のための贅沢なおこもり宿です。

柔らかな天然温泉につかりながら、極上のサービスを受ける……窓の外から眺める、美しい風景に、ぼーっと何も考えない贅沢な感動を堪能する……。

お料理を楽しみ、エステでリラックスし、心も体もゆったりとほどけていきます。

奥湯河原 結唯 夕食

出典:一休.com

チェックインをしてから外に出ることなく、贅沢な空間の中でしっとりと流れる時間を存分に楽しむことができます。

東京都心から一時間半の奥湯河原で、心身ともにリフレッシュしてください。

奥湯河原 結唯-YUI-の施設情報

  • 住所:神奈川県 足柄下郡 湯河原町 宮上 683-25
  • 電話番号:0465-63-6643
  • アクセス: JR東海道本線「湯河原」駅下車、タクシーで約10分
  • 送迎:なし

詳細はこちら

9. プライベートな時を楽しむ「湯乃谷 千慶」

プライベートな時を楽しむ「湯乃谷 千慶」

出典:一休.com

「湯乃谷 千慶」の客室は九棟のみ。すべて別棟離れ作りの贅沢な宿です。

客室ごとに完全プライベートの露天風呂があり、広々としたプライベートな空間を独り占めできるのが魅力。

湯乃谷 千慶  信楽焼露天風呂

出典:一休.com

季節ごとの食材を使った和食をいただけるほか、本格的なワインセラーを有したバーもあり、大人のための空間が広がっています。

湯乃谷 千慶の施設情報

  • 住所:奈良県吉野郡十津川村武蔵714-2
  • 電話番号:0746-62-0888
  • アクセス: 近鉄 大和八木駅(奈良県)、JR新宮駅(和歌山県)から路線バスに乗車、「十津川村役場」で下車
  • 送迎:あり(「十津川村役場」から 要事前予約)

詳細はこちら

おわりに

忙しい現代社会に生きるすべての人は「暇(いとま)」をあえて楽しむという時間の使い方を知りません。

そこで注目を集めているのがおこもりデート、おこもり旅なのです。

おこもりデート、おこもり旅は、せわしない日常からの離脱や、癒しを目的としており、宿の滞在をじっくり楽しむことに焦点を当て、旅をしても宿にこもり敢えて何もしないという、贅沢な時間の使い方に価値を見出しています。

彼女との記念日などに、いつもの旅行より質の高い贅沢な宿に泊まり、何もしない贅沢な時間を彼女とのんびり楽しんでみませんか?

<関連記事>温泉ソムリエ監修の東京近郊日帰り温泉特集も人気です▽

【温泉ソムリエ監修】大人デートにおすすめの東京近郊日帰り温泉12選

この記事のライター

shugano

中学生と小学生の子を持つママライターです。趣味はハンドメイド。趣味にも仕事にもコーヒーとチョコは欠かせません。恋愛系の記事を多く執筆してきた経験を活かしたアドバイスやお役立ち情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す