気が利かないと思われてない⁈ モテ男がやっているデートで気が利く男になる方法

気が利かないと思われてない⁈ モテ男がやっているデートで気が利く男になる方法

友人から女性を紹介されデートをする、アプリで知り合った女性とデートをする。取引先の高根の花女子をデートに誘って食事にいく。

このようにほぼ初対面の女性とのデートで大切なのは、1回目のデートをいかに成功につなげるかです。

2回目のデート成立には「壁」が実は存在しています。

デートをしても中々次に続かないというような経験をしたことはありませんか?

デートはうまくいったと思ったのに、2回目のデートはなんだかんだと理由を付けて断られてしまうこともあります。

気が付けば、次のデートは成立せずに自然消滅をされてしまうという体験をしたことが多い人は改善の余地が自分自身にあるということになります。

このような場合、相手の女性は何がダメだったのか、何が不快に感じたのかという理由をはっきりは言ってくれません。

もしかして、貴方のデートが続かない理由は貴方の無自覚の気の利かなさが原因かもしれません。

気が利く利かないというのはどういうことか

女性からモテる気が利くというのはどういう人か

女性は、デートで感じた男性の「気の利かなさ」に対して、許容を超えた瞬間から恋愛としての興味を抱けなくなる場合があります。

デートの計画段階やデート中に女性が内心「この人、気が利かない」と思うようなことがあると、恋愛パートナーとしての合格ラインをクリアできなくなります。

気が利かない男性に対して、女性は恋愛パートナーとして見られなくなるのです。

一方で、気が利く人に対して女性はとても感動を覚えます。

女性が喜ぶ気が利く人というのはどのような人なのでしょうか?

気が利く男性の特徴6つ

貴方の周りにも女性にモテる男性がいませんか?

そういう男性を観察してみると、実は外見的な魅力以外にも「気が利く」と思われる行動をしている可能性が高いです。

気が利くと女性から思われる男性の特徴はこのような人。

1. まわりを観察しまわりの人のちょっとした変化に気付く

女性がヘアスタイルを変えたら「髪の毛変えた?」とすぐに気が付く男性は気が利くと思われます。

もちろん女性の体形が変わって「太った?」「痩せた?」「妊娠した?」というようなセクハラは除外とします。

2. 困っている人がいると行動に移す

女性の両手が荷物で埋まり、ドアの前で困っているとき貴方はどうしますか?

ぼんやりその姿を見ているだけというのであれば気が利かない男です。

気が利く人は、女性のためにドアを開けてあげたり、相手の状態に気付き行動できることをいいます。

3. デートではプランニングを積極的に提案する

相手の女性が好きな食べ物をリサーチしてレストランを手配したり、相手のために積極的に行動できるのは気が利く証拠。

女性とのデートで「何食べたい?」「なんでもいいから君が好きなレストランでいいよ」というようなタイプの男は、受け身で積極性に欠け、気が利かない男です。

4. 飲み会では常に相手のグラスに気を配る

会社の飲み会などでも、上司や部下のグラスが空になったらサッとお酒の注文ができますか?

飲み会やデートの最中、相手のグラスが空になった時、すぐに気が付けるのが気が利く人です。

相手のグラスが空でも、一切気が付かないような人は「気が利かない」と思われる男となってしまいます。

相手の状態に意識を配り、相手が心地良いようにフォロー出来る人は好かれます。

5. 好き嫌いなど他人の些細なこだわりを知っている

デート相手の好きな食べ物・嫌いな食べ物、アレルギーの有無などあらかじめ確認してレストランで予約できる人は気が利く人。

一方で気が利かない人は「相手にアレルギーがあるかどうか」とうこと自体に意識が向きません。

相手のちょっとした情報を知り、それを知ったうえで行動を先回りできるのが気が利くという人の特徴です。

6. 率先して他人のために何かをする

気が利く人は、言葉で直接依頼をうけなくても率先して他人のために行動ができます。

例えば彼女が口に出していなくても、彼女の誕生日が近ければ誕生日のためにサプライズを用意できるのが気が利くということになります。

他人のために自らが率先して行動を起こし、そして見返りを求めない態度は人から愛される姿です。

気が利くことで得られるメリット

気が利くということは、恋愛でのモテ要素以外にもメリットがあります。

  • 人から感謝される
  • 周りからの評価がよくなる
  • 会社でも上司、部下の評価が良く出世しやすい

「気が利く人」には悪いことはなく、むしろ周りの人からプラスの印象を持ってもらえます。

会社で出世していきたいという野心をお持ちの方は、この機会に気が利く人間になるためにどうすればいいのか気を配ってみましょう。

女性が嫌がる「気が利かない男」とはどういう人か?

一方で気が利かない人というのはどういうことなのか、具体的にご紹介します。

そもそも、なぜ女性は気が利かない男性を嫌うのでしょうか?

それは、気が利かないということは常に受け身の人間に多い行動だからです。言い換えると積極性がないといえます。

デート中あれこれ気を回せないということは、女性に対してのホスト意識が低く、相手をリードし導くことができない状態です。

これらを総じて「気が利かない」と表現します。

長いあいだ友人関係を続けて恋愛に発展したカップルであれば、そのような男性のリード意識が低くても、あらかじめ信頼関係が築けているので恋愛関係は続けられます。

ですが、友人の紹介で出会った相手や、ほぼ初対面の女性の場合は1度のデートで自分の売り込みをしなくてはいけません。

気が利かないということは、受け身でボーっとしている男性であると女性に受け取られてしまうことになります。

女性から見れば、積極性に欠け自分の売り込みもろくにできないのか、と思われてしまうのです。

気が利かない男の5つの特徴

困ったことに気が利かない男性というのは、女性に「気が利かない」と思われていること自体に気が付きません。

客観的に自覚するためにも、気が利かないと女性から思われていないか自分に当てはまる項目をチェックしてみてください。

1. 職場などで直接「気が利かない」と言われた経験がある

気が利かない人は周りの人を苛立たせることが多く、直接気が利かないと言われてしまうような経験があります。

過去の人生で他人から「気が利かない」と言われた経験がある、または「気が利かない」という陰口をたたかれた経験がある場合は気にしてみる必要があります。

2. 仕事や家庭で指示されたことだけやればいいと思っている

気が利く人の場合は、人からあれこれ指示されなくても相手が望んでいることを考えて行動をします。

一方で気が利かない人は、指図されたり言葉で指示されたことだけできればいいと思っています。

女性から直接何かをやってほしいといわれない限り自分で行動を起こさない人は気が利かないと内心で思われています。

3. 自分で先回りして行動するのが苦手

相手が何を求めているのか、先回りして考えられますか?

指示のないと行動できないのであれば、貴方は周りから気が利かないと思われています。

4. 察するという意味が分かっていない

その場の空気を読んだり、相手が望んでいることが何とな分かる人と、言葉に出されないとわからない人が世の中にはいます。

「言語化されないと相手の感情には気付けない」と断言する人は、気が利かないと思われてしまいがち。

5. 飲み会などで空になったグラスに気が付かない

飲み会からいつも自分のグラスは人に注いでもらうのに、相手のグラスが空になっても気が付かないのであれば貴方は気が利きません。

友人同士の飲み会や、上司との飲み会、デートで女性とお酒を飲むとき、どのようなシチュエーションでも相手の状態に気を配れていないのです。

気が利かないことのデメリット

気が利かないまま、自らを省みることがない人にはデメリットがあります。

  • 上司の覚えが悪い
  • 周りからの評価が高くならない
  • 女性からあきれられる
  • 結婚した後女性と問題に発展しやすい

気が利かないというだけで、会社や家庭で貴方が原因で周りの人がストレスを抱えることになります。

特に結婚をした後など、妻からいちいち指示がなければ何もしない夫というのは、妻のストレスが高まり離婚しやすいです。

今後の人生、貴方自身は無自覚で無頓着でも、周りの人が貴方の気の利かなさにうんざりしてしまっては人生はうまくいきません。

気が利かないという現状は、ご自分の努力や意識を変えることで改善できます。

今後ご自分が幸せな生活を会社でも家庭でも送るためには、周りへの気配りについて考えてみてください。

女性が喜ぶ「気が利く男」の行動

それでは具体的に女性に喜ばれる男性の気が利く行動をご紹介いたします。

デート前に「気が利く男」と思われる2つの行動

まずデートの約束の段階で、気が利くと思われるためには以下の2つを意識しましょう。

  • 行先を積極的に提案できる男になる
  • 女性の立場に立って物事を考える

デートプランや食事先など、デートの計画段階から気が利く、気が利かないということを女性は感じます。

気が利くと思われる男性は、積極的にデートのプランを用意し、あとはその中から女性がチョイスすれば決まるというようにお膳立てが出来る人です。

一方で気が利かない人は、女性にプランを丸投げをしたり、デートの約束そのものもダラダラと決まりません。

具体例としてご紹介いたします。

気が利く男のデートの約束の仕方

C男
A子さんってイタリアンお好きですよね。

先日窯焼きピザののおいしいお店見つけました! よかったら休日の○日にデートしませんか?

お店のサイトはこちらです URL:///XXXXXXXXXXXX

A子
素敵!うれしいです、その日あいてます。
C男
じゃぁ12時にランチの予約しておくので11時50分くらいに○駅に待ち合わせしましょう。
A子
わかりました、○駅ですね!そのあとどうしますか?
C男
そのあと丸の内の美術館で○○展やってるから行ってみたいんだけど、どうですか?
A子
当日とっても楽しみです、美術館も行きたかったところなんでぜひ!

このようなメッセージには、

  1. 行く場所の提案
  2. 店の提案
  3. デート日時、待ち合わせの提案

すべてが詰まってます。

また、女性が話題にした「好きな食べ物」もフォローできており、気が利くと思われるメッセージです。

気が利かない男とのメッセージのやりとり

一方で気が利かない人というのはこのようなやり取りになります。

B男
A子さん、今度どこかにいきませんか?
A子
いいですね。どこか行きたいところあるんですか?
B男
僕はどこでもいいです、A子さんが気になる場所にいきましょう
A子
じゃぁ美術館いきましょうか、ちょうどみたい展示があるんです
B男
美術館ですか、いいですね。じゃぁその前に食事もしましょう、何かいい店知りませんか?
A子
うーん、私はイタリアンが好きでよくいきます。B男さんは何が好きですか? イタリアンでもいいですか?
B男
なんでもいいです、A子さんの食べたいもので大丈夫です
A子
わかりました、店を探しておきますね
B男
日程はいつがいいですか?あと待ち合わせは何時がいいですか?
A子
○日なら何時でも大丈夫ですよ
B男
すいません、その日仕事があって。×日なら大丈夫です。×日でいいですか? 何時します?
A子
×日も大丈夫です。待ち合わせは何時でも大丈夫ですよ、B男さんが決めてください
B男
じゃぁ、食事もあるので12時ですかね。待ち合わせはどこがいいですか?僕はどこでもいいので、A子さんが出やすいところにしましょう

このように延々とデートについてのメッセージが続きます。

これをみたとき、女性が感じるのが「気が利かない!」という感情です。

  • 自分から誘ってるのに日時の提案があやふやで最初にない
  • 自分から誘ってるのに店の提案がない
  • 自分から誘ってるのに行先の提案がない

一見して女性の好きなものや好きな場所に付き合うという体裁に見えますが、何一つとして自分で決めていませんし、すべてのプランニングを女性に任せてます。

基本的に最初にデートの誘いをしたほうが、ホストになって積極的にプランニングするのがスムーズです。

この場合はC男から「どこかにいきませんか?」と誘っているので、女性はC男のエスコートを期待しました。

ですが、C男はすべてA子に丸投げになっています。

また、レストランの予約なども、自分でする気はありません。

このように、相手の立場に立って自ら手配をする、相手が承諾しやすいようにプランニングを積極的に提案しない。

このような気遣いができないと、女性から見たら「気が利かない男」になるのです。

もちろん女性からデートをの誘いをした場合は、女性が積極的にあれこれ決定するのもよいですが男性がリードしてあげたほうが男らしさを演出でき、モテるのです。

デート中に「気が利く男」と思われる4つの行動

デート中に気が利くというのは、相手の状態をしっかり観察できているかが重要です。

例えばですが、女性がオシャレをしてきてきれいなワンピースにハイヒールを履いていたとします。

その時貴方は何を気が付くことができますか? 気が利く男性は女性の靴や服装をみて次のことに気が付きます。

  • 自分のためにオシャレをしてきてくれた
  • 高そうなワンピースだから汗をかいたり汚したくないだろう
  • ハイヒールで歩きにくそうだから長く歩くデートはNGだと察する
  • 髪の毛もきれいにセットし時間をかけてデートの準備をしている=セットを崩したくはないだろう

このように女性の外見から、瞬時に相手の立場に立った時に感じることを想像できます。

一方で、気が利かない男性は、女性がワンピースやヒールを履いていることを目で見たとしてもそこからの情報を読み取ることはできません。

ただ今日のデートをどのように進行するか、失敗しないかということだけに集中してしまいます。

気が利く男性は女性の状態を観察し、相手が求めることを想像します。

つまりデート当日、急に雨が降っていて足元や服が汚れそうであれば、当初は表参道のカフェで散歩とデートのプランだったとしても、服が汚れず足元が汚れない映画デートに切り替えたりできます。

ですが気の利かない男性は、最初に決めたデートプランのまま、雨の中女性を歩かせる選択をしてしまうのです。

女性はこのような臨機応変な気遣いをとても喜びます。

デートのコースや当初きめたプランに固執して、プランニング通りに進めようとする男性ほど女性からのウケは悪く気が利かないと思われます。

デートはプラン通り進めれば成功ではありません。

相手の立場に寄り添える気遣いができるかどうかということが大切なのです。

女性からモテる男性になるために、ぜひデート中は女性の状態をよく観察し、女性が求めることを察するということに挑戦してみてください。

まとめ

気が利く人間と気が利かない人間の差は、子供のころの親からの教育である場合が多いといわれています。

親が沢山のほめてくれる、親が気が利くというのはどういう行動なのかについて諭してくれる人は「気が利くこと」で誰かが喜んでくれる成功体験を積んでいます。

一方で気が利かない人は、親もあまり気が利くタイプではない場合や、男の子だからということで細かいことを言われずに育てられたなどの事情があります。

つまり、気が利く、気が利かないというのは持って生まれた遺伝的な要素ではなく、環境に依存するということです。

大人になった今は、自分自身で気配りについて意識することで改善することができるのです。

貴方が今後の人生、周りの人にストレスを与える気が利かない人間にならないために、いつも相手の立場にたってみること、相手の状況を観察することを意識することからはじめてみましょう。

この記事のライター

雪乃

航空会社CAから結婚相談所コンサルタントに転職。婚活男性へのアドバイザーとして、イベント企画などを行っています。得意の恋愛コラムも精力的に執筆中。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す