HOME TRAINING

WriterQOOL編集部

自宅筋トレに必要なヨガマットおすすめ10選。厚さ素材の選び方も解説

自宅筋トレに必要なヨガマットおすすめ10選。厚さ素材の選び方も解説

体への負担を減らすためにも、筋トレ初心者が最初に買うべきアイテムと言っても過言ではないのが「ヨガマット」です。これが一つあるだけでヨガに限らず、ストレッチや筋トレなど様々なシーンで重宝するはず。
そこで今回はヨガマットのメリットから選び方のポイント、編集部おすすめのヨガマットをご紹介します。

筋トレにヨガマットが必要な理由

筋トレにヨガマットが必要な理由

ヒップリフトやスクワットを行う際にも役立ちます

筋トレにヨガマットが必要な理由
  • 体の負担や怪我のリスクを軽減
  • 騒音防止
  • 滑り止め効果
  • 筋トレ道具から床を守る

ここでは、筋トレやストレッチ時にヨガマットが必要な理由をお伝えします。

体の負担や怪我のリスクを軽減

固い床の上で筋トレやストレッチを行うと、膝や腰、お尻など、身体の各部位に不要な負担がかかりますが、クッション性のあるヨガマットを敷くことで、体への負担や痛みを軽減できます。

負担が減ることで、地面の上では難しい筋トレを行えるだけでなく、体の痛みを無意識にかばう動作を回避でき、正しいフォームの習得にも繋がります。その結果、怪我の防止にも役立ちます。

ヨガマットがあると良い筋トレメニュー

上半身のメニュー例

下半身のメニュー例

騒音防止

アパートやマンションでトレーニングする際、気を付けなければならないのが隣や下の階への騒音。おすすめの対策は、防音効果のあるヨガマットを敷くことです。
仕事から帰宅した後など、夜遅い時間に筋トレを行う場合の必須アイテムと言っても過言ではありません。

滑り止め効果

ヨガマットには、滑り止め効果も期待できます。マットを使用せず運動すると、滑ってフォームを崩すなど怪我のリスクも上がります。

ヨガマットを取り入れることで、ヨガやストレッチ、体幹トレーニングで正しいポーズをキープしやすくなるばかりか、筋トレの正しいフォーム習得にも役立ちます。トレーニング全般の効果向上に繋がるため、ぜひ取り入れましょう。

筋トレ道具から床を守る

ダンベルやバーベルなどの筋トレ道具を使用したトレーニングは、床を傷つけてしまう可能性があります。

そんなときも、衝撃を吸収してくれるヨガマットを床に敷くことで、そのリスクを軽減できます。

更に、床を傷つけないよう気を配る必要がなくなるため、トレーニングに集中できるようになるという心理的メリットもあります。

ヨガマットの正しい選び方

ヨガマットの正しい選び方

ヨガマットは、初心者向けから上級者向けまで数多くの商品があります。「どれを選べばいいか分からない」という方は、下記3つのポイントに注目してください。

  1. ヨガマットの暑さは5mm以上がおすすめ
  2. サイズは縦170~180cm横60cmが一般的
  3. 素材で選ぶ。おすすめは4種類

1. ヨガマットの厚さは5mm以上がおすすめ

トレーニングマットは3mmの薄いものから、10mm以上の厚手のものまであります。

筋トレのためにヨガマットを購入する場合は、体の負担を減らすためにも5mm以上の厚手のものを選ぶことをおすすめします。

2. サイズは縦170~180cm横60cmが一般的

ヨガマットのサイズは、一般的には縦170~180cm、横60cm程度のものがほとんどで、それほど大きな違いはありません。

身長よりも10cm程度長いヨガマットがおすすめとされていますが、あくまで目安と考えてください。置くスペースなども考えて購入を検討しましょう。

3. 素材で選ぶ。おすすめは4種類

ヨガマットの素材は主に7種類ほどありますが、初心者におすすめなのは下記の4種類です。

素材 価格帯 重量 ニオイ 滑りづらさ 手入れ 耐久性
PVC 安価 普通
EVA 安価 軽い
TPE 普通 軽い
NBR 安価 普通
素材について詳しく見る
PVC(ポリ塩化ビニル)

ヨガマットに使用される最も代表的な素材が、PVCと呼ばれるポリ塩化ビニルです。価格が非常に安いのが特徴ですが、その分デメリットもあります。

PVC素材のヨガマットは水洗いができないため、長く使うにはお手入れがしにくく、汗をかくと滑りやすくなってしまう点が難点。

また、PVC素材独特のプラスチック臭がする製品が多いため、匂いに敏感な人は避けたほうがいいかもしれません。とりあえず試しに1枚欲しい、という人にはおすすめの素材です。

NBR(ニトリルゴム)

PVCと並んで多いのが、NBRを使用したヨガマット。特徴としては、厚みと弾力がありクッション性に優れている点が挙げられます。PVCと比較すると滑りにくく、保温性にも優れています。

EVA(エチレン・ビニル・アセテート)

EVA素材は、ビーチサンダルの靴底にも使用されている、水に強くクッション性の高い素材。比較的熱に強く、変形しにくいのが特徴です。

かなり軽量のため、持ち運びの多い人にもおすすめ。難点は、他の素材と比べて耐久性が低い場合が多いことです。

TPE(サーモ・プラスチック・エラストマー)

ゴムのような性質をもったTPE素材のヨガマットは、上級者からも人気の素材。EVA素材に次いで軽く持ち運びも簡単、水洗いもできるため常に清潔に活用することが可能です。

値段がやや高価ではありますが、初心者、上級者問わず最もおすすめな素材と言えます。

大切に扱えば長く使用できますが、熱に弱いことがデメリット。例えば真夏の車内に放置した場合など、丸まったまま癒着して広げられなくなることもあるため、注意が必要です。

QOOL編集部おすすめヨガマット10選

ここからは「口コミ・コスパ」から総合判断し、QOOL編集部がピックアップしたおすすめのヨガマットをご紹介します。

※型番をクリックすると、ヨガマットの詳細へジャンプします
※スマホの場合はスクロールしてください

メーカー Gruper ヨガマット

Gruper

Manduka(マンドゥカ)ヨガマット
Manduka
suria(スリア)ヨガマット
suria
IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)ヨガマット
IRONMAN CLUB
adidas(アディダス)フィットネスマット

adidas

Reodoeer ヨガマット収納ケース付

Reodoeer

GronG ヨガマット

GronG

ヨガワークス ヨガマット
ヨガワークス
ALINCO(アルインコ)折りたたみエクササイズマット

ALINCO

KaRaDaStyle 重反発 マット
KaRaDaStyle
価格(税込) 3,399円 7,480円 7,480円 3,980円 4,081円 2,980円 2,000円 4,320円 2,736円 7,980円
厚さ 6mm 5mm 6mm 8mm 7mm 10mm 10mm 6mm 6mm 4mm
サイズ 183cm×61cm 173×61cm 183cm×61cm 173cm×61cm 173cm×61cm 183cm×61cm 180cm×60cm 173cm×61cm 179cm×60cm 180cm×90cm
素材 TPE TPE TPE TPE NBR NBR NBR PVC EVA 圧縮ウレタンチップ、PE

※価格は変更になっている場合があります。

Gruper ヨガマット 厚さ6mm

Gruper ヨガマット

Gruperヨガマットの特徴
  • 扱いやすい厚さ6mmのヨガマット
  • 183cm×61cmの大きめサイズ
  • TPE素材、水洗いOK

TPE素材でできた2色のおしゃれなマット。カラーは8種類あり、好きな組み合わせを選べます。

滑り止め能力抜群で、直接水洗いしても問題ないため、清潔に使用・保管ができるのも嬉しいポイント。

口コミと商品概要

色よし、臭い無し、軽くて6mmベスト!
実際使ってみたら、滑らず、程よい弾力で、臭いもなく、値段もこの品質では大満足でした。

筋トレが捗る。クッション性はどうなんだろう?と思いつつも、色合いが決め手となって購入に至りました。
結果、購入して大正解!6ミリでも薄すぎるということはなく、むしろ厚さが無い分、沈みにくくて良かったのかも?

引用:amazon

価格 3,399円
厚さ 6mm
サイズ 183cm×61cm
素材 TPE
重さ 850g

Amazonで買う

Manduka(マンドゥカ)ヨガマット 厚さ5mm

Manduka(マンドゥカ)ヨガマット

Manduka ヨガマットの特徴
  • 厚さ5mm、リバーシブルタイプのヨガマット
  • 173×61cm、正しいポージングがしやすいアシストセンターあり
  • TPE素材、水洗いOK

アメリカの有名ヨガマットメーカー「マンドゥカ」の人気商品。2wayカラーが楽しめるリバーシブルタイプです。

軽量で環境に配慮したエコ素材TPEを使用しており、クッション性はもちろん、表面には滑りどめがしっかりと効いているため、安心して利用できます。

口コミと商品概要

家で使いたいと思い購入しました。適度な厚みやクッション性に加え、滑りにくい感触が使いやすく、値段は高めで悩みましたがとても気に入っています。

すべらす、凹みも無く、使い易いので、とても良いです。迷いに迷い購入しましたが、使用してその良さが分かります。安いのとは全然ちがいます。

引用:amazon

価格 7,480円
厚さ 5mm
サイズ 173×61cm
素材 TPE
重さ 1kg

Amazonで買う

suria(スリア)ヨガマット 厚さ6mm

suria(スリア)ヨガマット

 

suriaヨガマットの特徴
  • 扱いやすい厚さ6mmのヨガマット
  • 183cm×61cmと大きめサイズ
  • TPE素材、水洗いOK

クッション性を重視した厚さ6mmのヨガマット。エコロジー派にうれしい、地球環境にやさしい素材TPEを使用しています。

従来のTPE使用マットにはない、コシのあるしっかりとしたクッション性で、肘や膝をサポートします。

口コミと商品概要

膝も痛くない厚み、滑りにくい素材、もう言う事なしです。
我が家でヨガのレッスンをしていますが友人にも人気です。

なんの問題もなく使えていますし、なにより買うまで分からないゴムの匂いがほとんどしなかったのは嬉しいです。

引用:amazon

価格 7,480円
厚さ 6mm
サイズ 183cm×61cm
素材 TPE
重さ 900g

Amazonで買う

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)ヨガマット 厚さ8mm

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)ヨガマット

IRONMAN CLUB ヨガマットの特徴
  • 2層構造の厚さ8mmのヨガマット
  • 173cm×61cm、収納しやすいゴムバンドとケース付き
  • TPE素材、水洗いOK

上質なエコ素材TPEで作られているヨガマット。滑りにくく、厚さ8mmでクッション性も抜群です。

汗をかいても丸洗いできるためお手入れ簡単、さらっとした肌触りで初心者から上級者まで高評価。丸めて収納でき、専用の収納ケースに片づけられるため、持ち運びにも便利です。

価格 3,980円
厚さ 8mm
サイズ 173cm×61cm
素材 TPE
重さ 1.3kg

Amazonで買う

adidas(アディダス)フィットネスマット

adidasフィットネスマットの特徴
  • 厚さ7mmのリバーシブルマット
  • サイズは173cm×61cm、柔らかい素材で巻きやすい
  • 耐熱性や断熱性にも優れているNBR素材で水洗いOK

ロールアップして収納できるアディダスのトレーニングマット。

厚さは7mmで、クッション性があるため、手や膝などのあたる部分を保護して、快適にトレーニングを行うことができます。 リバーシブルで、持ち運びできるキャリーストラップ付き。

価格 4,081円
厚さ 7mm
サイズ 173cm×61cm
素材 NBR
重さ 850g

Amazonで買う

Reodoeer(リーダル)ヨガマット 厚さ10mm

Reodoeer ヨガマット収納ケース付

Reodoeer ヨガマットの特徴
  • 厚さ10mmでクッション性、安定性ともに優れている
  • 183cm×61cmの大きめサイズ
  • 耐熱性や断熱性にも優れているNBR素材で水洗いOK

ゴムバンド・収納ケース付きのヨガマット。カラフルな色味に女性人気がありますが、男女兼用で大人から子供まで幅広く使うことができます。

防音性、クッション性、耐久性、耐水性に優れており、そのまま水洗いも可能です。

 価格 2,980円
厚さ 10mm
サイズ 183cm×61cm
素材 NBR
重さ 800g

Amazonで買う

GronG(グロング) ヨガマット 厚さ10mm

GronG ヨガマット

GronGヨガマットの特徴
  • クッション性の高い厚さ10mmのヨガマット
  • 180cm×60cmのロングサイズで男性でも扱いやすい
  • 耐熱性や断熱性にも優れているNBR素材で水洗いOK

厚さ10mm、180cm×60cmとヨガマットの中でもやや大きめのサイズでゆったり使用できます。

収納と保管に便利なゴムストラップとメッシュケースが付いており、重量も軽いため持ち運びも簡単。

価格 2,000円
厚さ 10mm
サイズ 180cm×60cm
素材 NBR
重さ 840g

Amazonで買う

ヨガワークス ヨガマット 厚さ6mm

ヨガワークス ヨガマット

ヨガワークスヨガマットの特徴
  • 扱いやすい厚さ6mmのヨガマット
  • 173cm×61cm
  • PVC素材で丸ごと水洗いは不可、水拭きは可

ヨガマットの老舗ブランド「ヨガワークス」のヨガマット。

6mmという厚みがあり、「柔らかくて使い心地がいい」とユーザーからは高評価。自宅でのヨガはもちろん、ヨガスタジオにおいても最も選ばれているマットです。

価格 4,320円
厚さ 6mm
サイズ 173cm×61cm
素材 PVC
重さ 1.3kg

Amazonで買う

ALINCO(アルインコ)折りたたみエクササイズマット 厚さ6mm

ALINCO(アルインコ)折りたたみエクササイズマット

ALINCO エクササイズマットの特徴
  • 扱いやすい厚さ6mmのヨガマット
  • 179cm×60cmと大きめサイズ
  • EVA素材で水洗いOK

長さ179cmのロングマットで、折り畳めば1/6のサイズになる便利なヨガマット。

水に強い、軽い、クッション性が良いEVAを採用。厚みは6mmで、ウォーカーやバイクの下に敷く保護マットとしても使えます。

価格 2,736円
厚さ 6mm
サイズ 179cm×60cm
素材 EVA
重さ 615g

Amazonで買う

KaRaDaStyle 重反発マット 厚さ4mm

KaRaDaStyle 重反発 マット

 

KaRaDaStyle 重反発マットの特徴
  • 厚さは4mmだが、折りたたむなどして厚さ調整が可能
  • 180cm×90cmと縦・横ともに大きめのサイズ
  • カバーは防水性レザーで水拭き可能

ウレタンチップ圧縮素材をEPE素材で挟んだサンドイッチ構造を採用しており、もっちりとした程よい柔らかさと安定性を兼ね備えたマットです。

厚さは4mmですが、状況に応じて、折り畳んだり、複数枚重ねることで厚さを調整可能な優れもの。

価格 7,980円
厚さ 4mm
サイズ 180cm×90cm
素材 中身(圧縮ウレタンチップ、PE)、カバー(PUレザー)
重さ 3.8kg

Amazonで買う

ヨガマットがあれば家トレが変わる。今人気のオンライン筋トレ

ここでは、これから筋トレを始める方はもちろん、普段から自宅でトレーニングしている方にもおすすめの「オンライン筋トレ(サービス)」をご紹介します。

オンライン筋トレとは文字通り、自宅に居ながら筋トレすることを指し、動画を見ながら、あるいはトレーナーと画面越しにトレーニングを行うもの。

利用者は年々増えており、「ジムに通えない」「移動が面倒」「人に見られたくない」という方にぴったりのサービスです。

Dr.トレーニングオンライン│本格的にトレーニングしたい人向け

Dr.トレーニングは、元メジャーリーグのトレーナーが代表を務めるパーソナルジム。科学的で根拠のある指導を売りにした独自メソッドが人気です。

その人気ジムのパーソナルトレーニングを自宅で受けられるサービスが、Dr.トレーニングのオンライントレーニング。

グループレッスンパーソナルレッスンに分かれていますが、筋力アップを目指すならまずはパーソナルレッスンをメインにするのがおすすめ。1回30分3,000円から自宅でプロの個別指導を受けられるという破格のサービスは、このジムならでは。

ジムに通うのは難しいという方は、ぜひDr.トレーニングを利用しながら筋力アップを目指して下さい。

Dr.トレーニングでトレを充実させる

Dr.トレーニング-オンライントレーニングの編集部体験談を見る

プレズ│ゆるく筋トレしたい人向け

週に2回・20分ずつの筋トレと、毎日の食事管理。この一見シンプルに思えるメソッドで、「利用者のダイエット成功率95.7%」という脅威の実績を誇るサービスが、プレズです。

毎日の食事内容をLINEで送ることで、専門家からのアドバイスを受けられるため、自然と低カロリー、かつ栄養バランスを考えた食事を摂れるようになります。

それに加え、定期的なトレーニング指導まで受けられるという内容。「食べながらダイエットしたい」「キツい筋トレはしたくない」という方にぴったりです。

プレズで食事管理+筋トレを学ぶ

自宅筋トレが充実。オンライン筋トレについてもっと見る

ヨガマットと一緒に揃えておきたい筋トレグッズ

ここからは、ヨガマットと同様「あると便利な筋トレグッズ」を3つご紹介します。

ヨガラグ(ヨガタオル)

ヨガワークス ヨガラグ

吸水・速乾に優れた、ワッフル織りのマイクロファイバー素材のヨガラグ

ヨガラグ(ヨガタオル)とは、ヨガマットの上に広げて使用するタオルです。

「ヨガマットの上にさらにタオルが必要なの?」と感じるかもしれませんが、ヨガラグを敷くことにより、

  • ヨガマットが肌に直接触れないため、トレーニング中の汗による汚れや匂いの付着を防ぐ
  • 汗を吸水し、ヨガマットのグリップ力の低下を防ぐ

というメリットがあります。ヨガマットの多くは水洗い可能ですが、汚れるたびにヨガマットを水洗いし、広げて乾かしておくのは手間に感じるもの。

その点、ヨガラグを敷いておけば、ヨガマットが汚れにくくなり、お手入れも楽になります。

トレーニング使用後はヨガラグを回収して洗濯できるため、清潔さも保ちやすく、自宅で家族とヨガマットを共用して使用する場合などにもおすすめのアイテム。

ヨガラグは、ヨガマットより少し大き目のサイズで、裏面に滑り止め加工がされているものを選ぶようにしましょう。

Amazonで買う

ヨガマットスプレー

アロマヨガマットクリーナー

除菌・消臭効果があり、爽やかなレモングラスの香りは男女問わず人気

ヨガマットは、基本的に使用するたびに汚れを落とすのが理想です。ヨガマットの汚れをそのままにしていると、クッション性や滑り止めの効果が低下するなど、劣化が進みやすくなってしまいます。

  • 湿らせたタオルで全体を拭き取った後、乾いたタオルで拭き自然乾燥させる
  • 汗の匂いや汚れが気になってきた場合は、丸ごと水洗いして拭き取り乾かす

というのが主なケア方法ですが、「使用するたびに行うのは大変」と感じるかもしれません。そこでおすすめのグッズが、ヨガマット専用のケアスプレー。

アルコールと水、エッセンシャルオイルで作られているものがほとんどで、スプレーして軽く拭くだけでお手入れが完了するためお手軽です。除菌・消臭に加えて汚れを落とす効果もあるため、清潔にヨガマットを使用できます。

ヨガマットのケアスプレーは大きく分けてマルチに使える種類と、天然ゴム向けのものが販売されています。自分の使用しているヨガマットと合わせて選ぶのが良いでしょう。

アロマのバリエーションも多く、自分の好みの香りに包まれることでリラックスやリフレッシュ効果を高めます。

Amazonで買う

ヨガマットケース

ヨガマットバッグ

耐久性に優れたリサイクルポリエステル素材のヨガマットケース

使用頻度や手入れの頻度によっても期間は異なりますが、ヨガマットは1年程度で買い替えが必要になってくる消耗品です。使用後のケアも必要ですが、見落としがちなのが、自宅での保管方法。

むき出しでそのまま保管していると、上に埃が積み重なり、汚れが落ちにくくなるなど、ヨガマットの劣化を早めてしまいかねません。

そのため、ヨガマットの保管方法として、ヨガマットケースを使用することをおすすめします。

ヨガマットとセットで売っているものも多いため、セットの場合は保管する際必ずケースに入れ、日陰で保管するようにしましょう。ケースに入れることで日光に直接当たるのを避け、変色を防ぐ効果もあります。

Amazonで買う

ヨガマットは筋トレやストレッチに使える万能アイテム

ヨガマットが一つあれば、質の高いトレーニングやストレッチが可能になります。

ヨガマットによりトレーニング環境が快適になると、怪我防止やモチベーションの維持にも繋がり、今までできなかった筋トレにも挑戦しやすくなるなど、メリットばかり。

自分だけのお気に入りを見つけて、筋トレ生活の好スタートを切りましょう。

おすすめマットをもう一度見る

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。