【家トレ】腹筋ローラーで腹を割る!初心者向けおすすめ8選

【家トレ】腹筋ローラーで腹を割る!初心者向けおすすめ8選

「室内で本格的な筋トレがしたい」「腹筋を割りたい」という人におすすめな筋トレ道具が、腹筋ローラーです。「アブホイール」や「アブローラー」と呼ばれることもあります。

そんな腹筋ローラー、実は似た商品が多く「数が多すぎてどれがいいのか分からない」と悩む人がとても多い商品でもあります。

そこで今回は、腹筋ローラーについての基礎知識と選ぶ基準、QOOL編集部おすすめの腹筋ローラーをご紹介します。ぜひ、自分にあった腹筋ローラー選びに役立てて下さい。

\ おすすめ腹筋ローラー8選 /
この記事では、さまざまな腹筋ローラーの特徴を分かりやすくまとめています。
▷腹筋ローラーの比較表を見る

QOOLイチオシ

Soomloom アブホイール
Soomloom アブホイール
急いでいる方や、いつも迷って決められない方にはこちら。
全体的なスペックや静音性が高く、初心者〜上級者まで使える商品です。
▷商品レビューを見る

腹筋ローラーのメリットデメリット

腹筋ローラーのメリット・デメリット

腹筋ローラーのメリット
  • 腹筋を効率よく鍛えることができる
  • 筋トレ道具の中では安価
  • 省スペース
腹筋ローラーのデメリット
  • ある程度の筋力が必要
  • 腰痛になりやすい

腹筋ローラーは、自重トレーニングよりも高い負荷をかけられるため、効率よく腹筋を鍛えられる筋トレ道具です。

価格は、1,000円〜3,000円程度と筋トレ用の道具の中でも安価で、サイズもコンパクトなため収納場所に困る、ということもありません。

しかし、腹筋ローラーを使う際は最低限の筋肉が必要です。

そのため、筋トレ初心者におすすめしたい方法は、ローラーを無理に引き戻さず、伸ばした場所でキープする方法。自分がギリギリ耐えられる距離で壁に当たって止まるような位置で行えると安全です。

また、腹筋ローラーを利用したトレーニングは腰に負担がかかりやすいため、絶対に腰を反らないことが大切。

距離を伸ばしすぎて腰に無理な負担をかけないためにも、最初は壁に向かってトレーニングすることをおすすめします。

正しいフォームや自分にあった負荷で行うべき道具であることを念頭に置いて使いましょう。

腹筋ローラーの選び方

腹筋ローラー選び方

腹筋ローラーの種類は数多くあり、「どれを買えば良いのか分からない」ということも少なくありません。そんなときは、腹筋ローラーを選ぶ基準として下記の5点をチェックしてください。

  1. ホイールの数
  2. ホイールの大きさ
  3. 静音性
  4. 耐荷重
  5. グリップの性能

ホイールの数

安全性を重視するのであれば、ホイールが2つ以上ある腹筋ローラーを選びましょう。

腹筋ローラーはバランスを取るのが難しい筋トレ道具のため、動作中にバランスを崩すと怪我につながる恐れがあります。ホイールが1つのものより、2つ以上のもののほうが安定してトレーニングを行うことが可能です。

もちろん、不安定なほうが体幹トレーニングになって刺激は強いのですが、初心者に無理は禁物です。ホイールの幅についても、細いものより太いものを選ぶことで、より安定性がアップします。

ホイールの大きさ

次に注目したいのがホイールの大きさ。ホイールは、小さいほど負荷がアップします。

初めて腹筋ローラーを使うのであれば、ホイールが大きいものがおすすめ。初心者は15cm以上、上級者は直径15cm以下を目安にしてください。

トレーニングに慣れてきたら、サイズの小さなものに買い替えて、負荷を大きくしていきましょう。

静音性

腹筋ローラーは、床にローラーを転がすトレーニングのため、音が響きやすいという特徴があります。

マンションなどの集合住宅の場合、下の人への騒音が気になりトレーニングに集中できなくなってしまいます。

家トレで使用する点を考慮すると、静音設計の腹筋ローラーを選ぶのがおすすめです。

耐荷重

全体重を預けて何往復も動かす腹筋ローラーは、耐久性を考慮して作られています。

とはいえど、「こなせる回数を増やしていきたい」「トレーニングをする頻度を増やしていきたい」と考えているのであれば、耐荷重が明記され、その数値が高い腹筋ローラーを選ぶのも重要なポイント。

腹筋ローラーの多くは80kg~200kg程度に設定されています。体格の良い男性は、選ぶ際に耐荷重もしっかりチェックしましょう。

グリップの性能

腹筋ローラーは、グリップを握ってトレーニングを行うため、握りやすさや滑りにくさも重要視すべきポイント。特に男性の場合は、ある程度太さや長さのあるグリップを選ぶべきでしょう。

QOOL編集部おすすめの腹筋ローラー8選

全アイテム比較一覧表

この記事では、「ECサイトなどの口コミ」「コスパ」から総合的に判断し、QOOL編集部がピックアップしたおすすめの腹筋ローラーをご紹介します。

※メーカー名をクリックすると、詳細へジャンプします
※スマホの場合はスクロールしてください

メーカー Soomloom アブホイール

soomloom

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナー

XYSTUS

ALINCO(アルインコ) エクササイズホイール EXG229A

ALINCO

Wolfyok 腹筋ローラー

wolfyok

AUOPLUS 腹筋ローラー

AUOPLUS

Reodoeer 腹筋ローラー

Reodoeer

adidas(アディダス) hardware アブホイール

adidas

NAKO 腹筋ローラー

NAKO

価格(税込) 2,570円 1,437円 1,408円 2,009円 1,580円 1,680円 2,373円 2,300円
ホイールサイズ 15cm 15cm 14.5cm 16.5cm 15.3cm 16cm 18cm 18cm
ホイールの数 2 2 2 2 1 2 1 1
耐荷重 200kg 80kg 90kg 非公表 100kg 200kg 80kg 156kg

※価格は変更になっている場合があります。

Soomloom アブホイール

Soomloom アブホイール

Soomloom アブホイールの特徴
  • 音が出にくい静音設計
  • 高品質の発泡スポンジハンドルで握りやすい
  • 膝サポーターマット付

「音がほとんどしない」と口コミの多い腹筋ローラー。音と振動が少なく、マンションなどに住んでいる方場合も気兼ねなくトレーニングが可能です。

二輪はポリウレタン素材を採用、グリップは高密度発泡スポンジで握りやすいという声も多い人気の商品。非常にベーシックで、全体的なスペックの高いアブホイールです。

「どれを買えば良いか分からない」と迷ったときは、この商品を選べば間違いありません。

価格 2,570円
ホイール 15cm、ダブルホイール
耐荷重 200kg
静音設計

詳細はこちら

 XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナー

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナー

ジスタススリムトレーナーの特徴
  • 音が出にくい静音設計
  • 組み立て不要で届いたらすぐ使用可能
  • ローラーは滑りにくい硬質樹脂製

フローリングの上で転がしても音が出にくく、すべりにくい軟質樹脂製のローラーを採用した腹筋ローラー。 グリップは握りやすい形状で、安定してトレーニングが可能なダブルホイールタイプです。

耐荷重は低めですが、できるだけ安くすませたい方におすすめできます。

価格 1,437円
ホイール 15cm、ダブルホイール
耐荷重 80kg
静音設計

詳細はこちら

ALINCO(アルインコ) エクササイズホイール EXG229A

ALINCO(アルインコ) エクササイズホイール EXG229A

アルインコ エクササイズホイールの特徴
  • ホイールが小さめ
  • 保護マット付き
  • 組み立て不要

ホイールが小さめのため、「腹直筋に効かせたい中〜上級者」におすすめできる商品。安定性が高い為、インナーマッスルに負荷が逃げづらく、腹直筋を強烈に刺激できるでしょう。

しっかり手になじむハードグリップは滑りにくく、安心してトレーニングが可能です。組み立てが不要なところも高ポイント。

価格 1,408円
ホイール 14.5cm、ダブルホイール
耐荷重 90kg
静音設計

詳細はこちら

Wolfyok 腹筋ローラー

Wolfyok 腹筋ローラー

Wolfyok 腹筋ローラーの特徴
  • 幅の広いダブルホイールで安定性あり
  • ステンレス鋼パイプで耐久性も安心
  • 膝マット付き

しっかりとした厚みのあるダブルホイールは、高品質のTPR素材を採用。ローラーに凹凸があり、滑りにくく、床を傷つけにくい親切設計です。

ホイールの幅も広めに作られているため、ぐらつくことがなく、スムーズな使用感だと評判。ホイール径も大きく、初心者にもおすすめです。

価格 2,009円
ホイール 16.5cm、ダブルホイール
耐荷重 非公表
静音設計

詳細はこちら

AUOPLUS 腹筋ローラー

AUOPLUS 腹筋ローラー

AUOPLUS 腹筋ローラーの特徴
  • 幅の広いシングルホイールタイプ
  • 柔らかいスポンジのグリップで握りやすい
  • 膝マット付き

シンプルで組み立てやすいシングルホイールタイプの腹筋ローラー。使用中の音も静かなため、マンションなどの集合住宅でも気兼ねなく利用可能です。

「ローラー部分がしっかりしていて、安心して使用できる」という口コミも多数あります。

価格 1,580円
ホイール 15.3cm、シングルホイール
耐荷重 100kg
静音設計

詳細はこちら

Reodoeer 腹筋ローラー

Reodoeer 腹筋ローラー

Reodoeer 腹筋ローラーの特徴
  • 大きめのダブルホイール
  • 高い静音性
  • 膝マット付き

大きめのダブルホイールでバランスが取りやすい腹筋ローラーです。「この値段でマット付き、耐久性があり回転もスムーズで満足」という口コミ多数。

組み立ても簡単で、収納や持ち運びがしやすいのもポイントです。

価格 1,680円
ホイール 16cm、ダブルホイール
耐荷重 200kg
静音設計

詳細はこちら

adidas(アディダス) hardware アブホイール

adidas(アディダス) hardware アブホイール

adidas アブホイールの特徴
  • 18cmと大きめのシングルホイール
  • 手が痛くならないソフトグリップハンドル
  • 引き締めたい方はコレ

シンプルかつ高級感のあるデザインの腹筋ローラー。

18cmと大きめのシングルホイールで、ローラーの接地面が平らではなく、ややバランスを保ちにくくなっているため、腹直筋と同時に体幹も鍛えたい方におすすめです。

ホイールが大きいので負荷自体は低く、回数をこなしても手が痛くならいソフトグリップハンドルを採用。腹筋を肥大化させるというよりも、高回数トレーニングで腹筋や体幹を引き締めたい方におすすめです。

価格 2,373円
ホイール 18cm、シングルホイール
耐荷重 80kg
静音設計

詳細はこちら

NAKO 腹筋ローラー

NAKO 腹筋ローラー

NAKO 腹筋ローラーの特徴
  • アシスト機能付きで女性にもおすすめ
  • 握りやすい形状のグリップ
  • 膝マット付き

バネを内蔵したアシスト機能付きの腹筋ローラー。

上限に達すると自動的にブレーキがかかり、筋力が弱くても元の姿勢に簡単に戻ることができます。

初心者や子供、女性も安全にトレーニングできますが、その分負荷は弱く、筋肥大させたい方や中〜上級者向けではありません。

ローラーの素材にはゴムを採用しているため、耐久性に優れ、自宅の床を傷つけにくいという点も安心。ハンドルに滑り止め加工も施されており、握りやすく力を入れやすい独特の形状が特徴です。

価格 2,300円
ホイール 18cm、シングルホイール
耐荷重 156kg
静音設計

詳細はこちら

腹筋ローラーによくある質問

Q. 腹筋ローラーと一緒に買っておくべきものはありますか?

腹筋ローラーと一緒に買っておくべきものはありますか?
腹筋ローラーと一緒に購入するのであれば、ヨガマットがおすすめです。

腹筋ローラーは、膝をついて行う「膝コロ」のトレーニングがメイン。膝の保護のためにも、クッション性のあるヨガマットを敷いて行いましょう。

膝を保護するマットがセットになっている商品も多いですが、「薄くてあまり保護にならない」ということも起こりがち。

ヨガマットはストレッチや他の筋トレにも活用できるため、「これから本格的に筋トレを始めたい」という人は一つ買っておきましょう。

<関連記事>ヨガマットのおすすめを見る

Q. 腰痛持ちですが腹筋ローラーを使っても大丈夫?

腰痛なのですが、腹筋ローラーを使って鍛えても大丈夫ですか?
現在、腰痛の症状がある人は無理に腹筋ローラーを使ったトレーニングを行うのは避けてください。腰痛が悪化する可能性があります。

不安な人は医療機関に相談のうえ、症状が落ち着いているときに少しずつ筋トレを行うようにしましょう。筋トレ道具を使用する前に、ストレッチや自重トレーニングで腹筋や背筋を鍛えることをおすすめします。

<関連記事>腰痛を改善する筋トレとストレッチメニューについて詳しく見る

Q. 腹筋ローラーで鍛えることができる筋肉は?

腹筋ローラーを使うことで鍛えられる筋肉はどこですか?
腹筋ローラーで鍛えられる筋肉は、主に腹部に位置する「腹直筋」と「腹斜筋」、「腹横筋」という筋肉。

腹直筋は、いわゆるシックスパックと呼ばれている部分です。

また、腹筋ローラーを使用したトレーニングは、腹筋だけでなく、二の腕や背中の筋肉も鍛えることができます。

<関連記事>腹直筋の初心者向け筋トレ方法を詳しく見る

Q. 1日にどれくらいやれば腹筋が割れますか?

腹筋ローラーを1日にどれくらいやれば腹筋が割れますか?
QOOL編集部では、腹筋を割るためには「きつくなってから2~3回プラスした回数×3セットを2~3日に1度行う」ことを推奨しています。

腹筋を割るために重要なのは、1日に行う回数ではなく「脂肪を落とし、適切な頻度で正しい刺激を腹部に与える」ことです。

有酸素運動を取り入れて脂肪燃焼をしつつ、腹筋ローラーを使用したトレーニングを継続することで、割れた腹筋を手に入れることができます。

<関連記事>腹筋ローラーで腹筋を割るための頻度について詳しく見る

おすすめの腹筋ローラーまとめ

腹筋ローラーは、筋トレ道具の中でもコンパクトで場所を取らないため、初心者でも手に取りやすいアイテムの一つです。

商品によっては1,000円程度で購入できるというコストパフォーマンスに優れている点も大きな魅力。

「最近、運動不足でお腹が気になってきた」という人はぜひ腹筋ローラーで家トレを始めてみましょう。

\もう一度おすすめの腹筋ローラーを見る/
▷おすすめ腹筋ローラー比較表

しかし、思いついた時に筋トレ道具を買って「道具だけは増えていくけれどなかなか続かない」という方も多いですよね。

また、「一人だと挫折してしまう」「自宅で本格的なエクササイズをしたい」「ジムに通うのは面倒くさい」こんな方にもおすすめしたいサービスが「オンラインフィットネス」です。

オンラインフィットネスは、ジムに通わず、自宅で好みのエクササイズを受けられるため、現在人気急上昇中のサービス。

動画配信型や、グループでのライブレッスン、ライブでのマンツーマントレーニングなど、自分のライフスタイルやニーズに合ったオンラインレッスンを選ぶことができるため、継続してフィットネスに取り組むことが可能です。

オンラインフィットネスでは、無料体験レッスンを提供しているサービスも多いため、気になるサービスがあれば気軽に申し込んでみましょう。

<関連記事>自宅がジムになる! オンラインフィットネスのおすすめを見る

<関連記事>マンツーマンでのトレーニングはパーソナルオンラインがおすすめ

この記事のライター

qool

QOOL公式アカウントです。モテる男の恋愛テクニック、美しく健康な体を作るボディメイク、スタイリッシュなデートスポットなど、同性からも異性からも一目置かれるクールな大人になるための情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す