HOME TRAINING

WriterQOOL

【家トレ】ルームランナーの失敗しない選び方と初心者向けおすすめ8選

【家トレ】ルームランナーの失敗しない選び方と初心者向けおすすめ8選

「室内でウォーキングやジョギングをしたい」。そう思って調べているあなたに、おすすめのルームランナーを厳選してご紹介します。

ルームランナーは、天候を気にせず自分のペースで運動ができる便利な道具ではありますが、トレーニング器具の中でも高価な部類に入るため、「どれにすればいいのか分からない」という人は少なくありません。

「安い買い物ではないので、失敗したくない」「ルームランナーのおすすめはどれ?」と困ったあなたへ、ルームランナーの選び方や、QOOL編集部おすすめ商品、その他ルームランナーについての知識をまとめました。

この記事を見ながら、ぜひあなたにピッタリのルームランナーを見つけてください。

ルームランナーのメリットデメリット

ルームランナーのメリットデメリット

ルームランナーのメリット
  • 天候を問わず使える
  • 中断しやすい
  • 足腰の負担が少ない
  • 計測機能があり、目標を立てやすい
  • テレビや映画を見ながらできる
ルームランナーのデメリット
  • 景色が変わらず飽きやすい
  • 設置スペースが必要

気軽にできる運動と言えば、真っ先に思い浮かぶのがウォーキングやジョギング。ただし、屋外でのウォーキングやジョギングは、天候に左右されることも多いです。

その点、ルームランナーであれば、空調の整った室内で運動できるため、季節や天候、時間帯を選ばず運動が可能です。

また、屋外でのジョギングは、アスファルトなどの硬い地面で足腰に負担がかかりやすいですが、ルームランナーは、足腰に不安のある方も安心して運動ができます。

テレビや映画を見ながらの「ながら運動」が可能なため、隙間時間を有効活用できるのも大きなメリット。

ただし、デメリットとしては、景色が変わらないため飽きやすく、設置するにはある程度のスペースが必要という点が挙げられます。

ルームランナーの選び方

ルームランナーの選び方

ルームランナーは、初心者向けのものから本格的なランニング用のものまで幅広く商品展開されており、スペックや価格もさまざま。

「ルームランナーが欲しいけれど、どれを買えば良いのか分からない」と迷ってしまう人も少なくありません。そんなときは、ルームランナーを選ぶ基準として、下記の6点をチェックしてください。

  1. 目的ごとの価格帯
  2. 本体のサイズ
  3. 設定できる速度
  4. 折りたたみ機能の有無
  5. 角度調整機能の有無
  6. メーカー保証あり

1. 目的ごとの価格帯

ルームランナーは、10,000円程度の安いものから、100,000円を超える多機能なものまで、価格帯に開きがあります。

運動不足解消やダイエット目的で選ぶのであれば、50,000円程度が一つの目安。

普段から長距離マラソンを走っている人など、本格的なトレーニングを目的として購入するのであれば、100,000円以上のものを選ぶようにしましょう。

2. 本体のサイズ

ルームランナー購入の際、注意が必要なのは本体のサイズです。

「確認せずに買ってしまい、置く予定だったスペースに置けなかった」ということを防ぐためにも、事前にサイズを確認しておきましょう。

その際、ルームランナーの前後左右、各1メートル程度の余裕を確保するのがおすすめです。

また、集合住宅にお住まいの方は、階段やエレベーターで運べる大きさかどうかも重要。搬入できるかどうかも事前にチェックしてください。

3. 設定できる速度

普段、全く走ったことのない人が無理なスピードで走ると、体に負担がかかり怪我のリスクが高まります。最初は6~8km/hくらいの速度を目安にしましょう。

初心者向けであれば、1km~10km/h程度までの速度が設定できるルームランナーがおすすめです。

本格的なランニングに使用したい場合は、15km/h以上に設定できるものを選びましょう。

4. 折りたたみ機能の有無

ルームランナーはトレーニング器具の中でもサイズが大きいため、スペースが必要ですが、折りたたみ機能のあるものを選べば、使用後は収納することも可能です。

一人暮らしやスペースに不安のある方は、折りたたみ機能とキャスター機能の有無をチェックしましょう。

5. 角度調節機能の有無

ルームランナーは、ベルトコンベアーの上を走って使用しますが、機種によってはベルトコンベアーの傾斜角度を調整することができます。

2段階、3段階、と段階式に切り替えられるものもあれば、0~10%まで0.5%単位で微調整が可能なものまでさまざま。

傾斜を調整してアップダウンを生み出すことで、運動量の調整ができるだけでなく、平地では鍛えられない筋肉を鍛えることも可能です。

「運動不足解消だけでなく、筋力も鍛えたい」と考えている人は、角度調整ができるかどうかも確認しておく必要があります。

6. メーカー保証あり

ルームランナーの多くは、1年間のメーカー保証が付いているものが多いです。

故障や部品交換もメーカーが対応してくれるため、保証期間が極端に短いもの(例えば90日間や180日間)は、避けたほうが無難。

決して安い値段ではないトレーニング機器のため、安心して利用したいのであれば、保証期間もしっかりチェックしましょう。

ルームランナーのおすすめメーカー

ルームランナーおすすめメーカー

ここでは、ルームランナー購入にあたり、おすすめのメーカー4社をご紹介します。

アルインコ

アルインコ

出典:Amazon

「アルインコ」は、エアロバイクなどでも有名なフィットネス器具のトップメーカー。本格的なトレーニングに対応したモデルはもちろん、年配のユーザーや初心者に配慮した入門モデルも用意しています。

アルインコのおすすめルームランナーを見る

ホライズン

ホライゾン

出典:Amazon

「ホライズン」は、耐久性に優れ、故障しにくさに定評のあるフィットネスマシン専門メーカーです。価格はやや高めのモデルが多いですが、家庭用ながらも業務用マシンに負けない快適な使用感が特徴。

ホライゾンのおすすめルームランナーを見る

ダイコー

ダイコー

出典:Amazon

「ダイコー」は、軽量モデルや折り畳みが楽な油圧シリンダー採用モデルなど、使いやすさを重視した製品が多いです。高価なルームランナーが多い中、比較的リーズナブルな価格も魅力。

ダイコーのおすすめルームランナーを見る

フジモリ

フジモリ

出典:Amazon

「フジモリ」は、自転車やフィットネス機器を幅広く展開している大手メーカー。さまざまなトレーニングに対応する高機能モデルが豊富です。家庭用・業務用ともに販売しており、アフターサポートの手厚さにも定評があります。

フジモリのおすすめルームランナーを見る

QOOL編集部おすすめのルームランナー8選

全アイテム比較一覧表

この記事では、「ECサイトなどの口コミ」「コスパ」から総合的に判断し、QOOL編集部がピックアップしたおすすめのルームランナーをご紹介します。

※メーカーをクリックすると、詳細へジャンプします
※スマホの場合はスクロールしてください

メーカー AFR1115ALINCO BTM

BTM

Horizon

Horizon

DAIKO

DAIKO

フジモリ

フジモリ

ALINCO(アルインコ) NEWスタイルジョグ

ALINCO

BARWING(バーウィング) 電動 ルームランナー

BARWING

Horizon

Horizon

価格(税込) 44,858円 35,800円 108,900円 60,500円 152,000円 84,524円 29,800円 176,000円
速度 1.0~10.0km/h 0.8~16km/h 0.8~15㎞/h 0.8~16.0km/h 1.0〜16.0km/h 1.0~12.0km/h 1.0~12.0km/h 0.8~18㎞/h
サイズ(cm 幅64×奥行140×高さ110 幅68.5×奥行138×高さ108.5 幅71×奥行171×高さ132 幅70×奥行154×高さ124 幅75×奥行162×高さ132 幅76×奥行146×高さ101cm 幅61×奥行139×高さ107 幅89×奥行182×高さ138

※価格は変更になっている場合があります。

ALINCO(アルインコ) ルームランナー  AFR1115

ALINCO(アルインコ) ルームランナー  AFR1115

ALINCO ルームランナーの特徴
  • 走行板の下にはクッションラバーを設置
  • 折りたたみ機能、キャスター付きで収納が便利
  • 音声ガイド付で操作が簡単

創業80年を超えるフィットネス器具の老舗ブランド「アルインコ」のルームランナーです。

「音が静かで、リビングなどで使用しても気にならない」「この値段でこの機能であれば満足」という口コミ多数。

最高時速10km、傾斜角度調整可能、音声アナウンス付きで、初心者でも扱いやすい点もおすすめです。

組み立て不要のため、箱から出せばすぐに使用可能なのもお手軽。

ただし、連続走行時間が30分と短いところがネック。しかしながら、実際に運動する場面を考えると、一人で使用するなら30分で十分とも言えます。

「家で一人だけが使い、ランニング目的でルームランナーを買う」という方は、この商品を選んで間違いありません。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
44,858円 1.0~10.0km 0度、1.5度、3度(手動調整)
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
30分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
90kg 幅64×奥行140×高さ110 34kg

Amazonで買う

BTM 電動ルームランナー

BTM 電動ルームランナー

BTM 電動ルームランナーの特徴
  • 0.8km/h~16km/hまで幅広く楽しめる
  • 5層ベルトで関節への負担を軽減
  • 傾斜角度は調整不可

健康維持から体力づくりまで、幅広い目的で利用できる電動ルームランナー。

傾斜角度は調整できませんが、ショートカットキーで好みの速度に変更可能です。心拍数計測機能付なのも嬉しいポイント。

「この価格でこれだけの機能があれば満足」というユーザーからも評判。「多くの機能は要らないから、価格を重視したい」という方は、このルームランナーがおすすめです。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
35,800円 0.8km/h~16km なし
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
非公表
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
100kg 幅68.5×奥行138×高さ108.5 39kg

Amazonで買う

Horizon(ホライズン)ルームランナー

Horizon(ホライズン) ルームランナー

Horizon ルームランナーの特徴
  • 0.8km/h~15km/hまで幅広く楽しめる
  • 傾斜と速度をボタンワンタッチで調整可能
  • 99分連続利用可能

このルームランナーは、膝や腰への負担を軽減させるクッションシステムが採用されており、快適なランニングをサポートします。

走行中でも速度と傾斜はそれぞれ3つのショートカットボタンで、ワンタッチで簡単に素早く変更可能です。

折りたたみ可能、キャスター付きで移動も安心。

上記二つと比較すると価格は上がりますが、角度調整や最高速度、耐荷重性能、連続走行時間すべて優秀です。筋肉質な方、本格的にトレーニングしたい方はこれを選びましょう。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
108,900円 0.8~15㎞/h 0~10%(0.5%単位)
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
99分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
115kg 幅71×奥行171×高さ132 58kg

Amazonで買う

ダイコー(DAIKOU)ランニングマシン

ダイコー(DAIKOU) ランニングマシン DK-240T

ダイコー ランニングマシンの特徴
  • 0.8km/h~16.0km/hまで速度調整可
  • 傾斜角度は手動で3段階調整
  • 足腰への衝撃を和らげるクッションをベルト部分に採用

こちらのモデルは、低速0.8km/hから時速16km/hまで幅広い速度をカバーしており、初心者から上級者まで幅広く使用可能です。

傾斜角度は手動で3段階に切り替え可能、運動中でもモニターにワンタッチで速度の調整ができ、快適にトレーニングができる工夫がされています。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
60,500円 0.8km~16.0km/h 約0・2・3度
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
60分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
100kg 幅70×奥行154×高さ124 44kg

Amazonで買う

フジモリ FT-022

フジモリ  FT-022

フジモリ FT-022の特徴
  • 0.8km/h~16.0km/hまで速度調整可
  • 傾斜角度は手動で3段階調整
  • 足腰への衝撃を和らげるクッションをベルト部分に採用

自転車やフィットネス用品の老舗メーカー「フジモリ」の、エントリーモデルのルームランナー。油圧シリンダーによる折り畳み補助機能と4輪キャスターの採用で、女性や高齢者など力の弱い方でもラクに平行移動が可能です。

速度、傾斜が手元のワンタッチボタンにより楽にできます。

価格は高くなりますが、初心者から上級者まで対応できる機能が盛り込まれており、体力がついてきても買い直す必要がなく、結果的にお得。

1年後も2年後も、本格的に運動を続けていきたい方におすすめできる商品です。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
152,000円 1.0〜16.0km/h 0〜16Level(1Level単位)(角度1〜5°)
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
60分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
110kg 幅75×奥行162×高さ132 60kg

Amazonで買う

ALINCO(アルインコ) NEWスタイルジョグ

ALINCO(アルインコ) NEWスタイルジョグ

ALINCO NEWスタイルジョグの特徴
  • 1.0~12.0km/hまで速度調整可
  • 運動プログラムを4コース搭載
  • 組み立て不要で、届いたその日から使用可能

アルミを使用したフラットタイプで、収納時のコンパクトさも人気の商品。

時速は最大12kmまで設定でき、ゆっくりとしたウォーキングからジョギング、ランニングまで対応しています。

床から走行面までの高さが約9cmと低めのため、乗り降りがスムーズにでき、運動に不慣れな方から体力レベルの高い方まで、幅広い方におすすめなランニングマシン。

連続走行時間も長く、家族が順番に使うような場合におすすめしたい商品です。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
84,524円 1.0~12.0km/h なし
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
90分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
100kg 幅76×奥行146×高さ101 42kg

Amazonで買う

BARWING(バーウィング) 電動 ルームランナー

BARWING(バーウィング) 電動 ルームランナー

BARWING 電動 ルームランナーの特徴
  • 1.0~12.0km/hまで速度調整可
  • 収納しやすく圧迫感が出にくいスリムタイプ
  • 自動計測機能付でトレーニングの管理も楽

速度は1km/h単位で設定できるため、ゆったりウォーキングからランニングまで幅広く楽しめるルームランナー。

走行時間・走行距離・消費カロリーを自動で計測してくれるので、トレーニングの目安にすることができます。

設定した時間内で速度が自動的に切り替わるプログラムモードを搭載しており、どんな設定をしたら良いのかわからない方でも楽しめる便利な機能付き。

とにかく本体が軽くてリーズナブルなところが特徴で、「ルームランナーは初めて買うから、試してみたい」という方におすすめです。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
29,800円 1.0〜12km/h なし
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
45分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
130kg 幅61×奥行139×高さ107 30kg

Amazonで買う

Horizon(ホライズン) 本格的ルームランナー  Adventure1

Horizon(ホライズン) 本格的ルームランナー  Adventure1

Horizon Adventure1の特徴
  • 1.0~18.0km/hまで速度調整可
  • 収納しやすく圧迫感が出にくいスリムタイプ
  • 自動計測機能付でトレーニングの管理も楽

最高速度18km/hと本格的なランニングにも対応しているルームランナー。ショートカットキーで、運動中でも好みの速度や傾斜に即変更可能な高機能が魅力。

値段はやや高価ではありますが、その分高スペックなため、「自宅で本格的にランニングがしたい」という人におすすめです。

料金 速度(km/h) 傾斜角度調整
176,000円 0.8~18㎞/h 0~10%(0.5%単位)
連続走行時間(分) 折りたたみ キャスター
99分
耐荷重(kg) サイズ(cm) 重量(kg)
125kg 幅89×奥行182×高さ138 81kg

Amazonで買う

ルームランナーによくある質問

Q. スポーツジムにある業務用ルームランナーと家庭用ルームランナーの違いは?

スポーツジムにある業務用ルームランナーと、家庭用ルームランナーの違いは何ですか?

業務用と家庭用では、モーターの構造に大きな違いがあります。

スポーツジムなどで使われる業務用タイプは、不特定多数による連続使用を前提に作られています。

そのため、長時間使用してもモーターが熱をもちにくい「ACモーター」と呼ばれるモーターを採用しています。ACモーターは耐久性に優れ、長時間の運転に向いていますが、モーターが大きく、家庭で使用するには不向き。

一方、家庭用ルームランナーはDCモーターと呼ばれるモーターを使用しており、コンパクトではありますが、長時間の運転には不向きという特徴を持っています。

Q. ルームランナーはどこに設置すればいいですか?

ルームランナーは、どこに設置すればいいですか?

室内の平坦な場所に設置してください。

浴室などの高音多湿になる場所、ベランダなどの半屋外、平坦でない場所の設置は、故障の原因になるので避けましょう。

Q. 下の階に振動が伝わりませんか?

下の階に振動が伝わりませんか?

建物の構造や床の素材によって異なりますが、フローリングに直接置いて使用した場合、振動や共鳴音は大きくなります。

フロアマットがセットになっているルームランナーもありますが、「薄くて防音の効果をあまり感じないので、追加でヨガマットやトレーニングマットを購入して下に敷いている」というユーザーが多いです。

持っていると何かと重宝するため、ヨガマットを一枚購入することをおすすめします。

<関連記事>おすすめのヨガマットを詳しく見る

Q. メンテナンスは自分でもできますか?

ルームランナーのメンテナンスは自分でもできますか?

はい、可能です。使用後は必ず汗をタオルで全て拭き取り、定期的にメンテナンスしましょう。

毎回使用後の拭き取りに加えて、下記のメンテナンスを行うことで、ゴム部分の劣化やサビを防ぐことができ、ルームランナーが長持ちします。

週に1回:製品下の床面にたまったホコリを掃除
月に1回:市販のシリコンスプレーでランニングデッキにシリコン塗布

Q. シリコンスプレーとは何ですか?

シリコンスプレーとは何ですか?

シリコンスプレーとは、シリコンオイルから作られたスプレーです。物質の表面にシリコン被膜を作るため、塗布することで部品の滑りをスムーズにし、錆を防いでくれます。

シリコンスプレーは、ホームセンターやネットでも購入可能です。価格は高くても1,000円程度のため、ルームランナーと一緒の購入をおすすめします。

トレーニングマシン専用シリコンスプレー

トレーニングマシン専用のシリコンオイル。ノズルが長いため扱いやすく、ベルトの動きを滑らかにするルームランナーのお手入れには必須のアイテムです。

Amazonで買う

Q. ルームランナーと一緒に買っておくべきものはありますか?

ルームランナーと一緒に買っておきべきものはありますか?

ランニングシューズがおすすめです。足腰への負担を軽減するだけでなく、足を保護し、怪我のリスクを軽減します。

始めは安価なランニングシューズでも問題ありません。ルームランナーを使った運動の楽しさを実感できるようになったら、靴選びにもこだわってみましょう。

[アシックス] ランニングシューズ GT-2000 NEW YORK 6 (旧モデル) メンズ

クッション性に優れたアシックスのランニングシューズ。

軽量で通気性もよく、フルマラソンランナーも愛用する人気モデルです。

Amazonで買う

おすすめのルームランナーまとめ

おすすめのルームランナーまとめ

ジムに行く必要がなく、いつでも自分のタイミングで運動ができるなど、「わざわざ外に出て運動するのが面倒くさい」という人にこそ、ルームランナーはおすすめです。

計測機能があるルームランナーも多いため、自分のトレーニングの目標や、モチベーションの維持にも役立つのもメリットの一つ。

テレワークの普及が求められている現在、自宅での運動不足解消や体力強化のためにも、長く使えるお気に入りを見つけて生活の中に運動を取り入れてみましょう。

自宅でのトレーニングは、いつでもどこでも始められるという利点がありますが、それゆえに飽きてしまい使わなくなるという人が少なくありません。

運動習慣を身に付けたいときは、ルームランナーでのトレーニングだけではなく、筋トレやストレッチなど、様々な種目を組み合わせて行うようにすれば、飽きずに継続することができます。

つまり、せっかくの買い物を失敗しないためには、あなたの生活スタイルに運動習慣をつけることが大切。

「あまり運動に自信がない」「楽しく運動をしたい」という人には、オンラインフィットネスがおすすめです。

自宅で、好きな時間にプログラムを選んでトレーニングやフィットネスが楽しめるオンラインフィットネスは、現在人気急上昇中のサービス。1ヶ月1,000円程度から始められるうえ、無料期間のあるものが殆どです。

ルームランナーを使いながら自宅でフィットネスしたい方には、例えばストレッチや体幹トレーニング、ビリーズブートキャンプなどを定額で楽しめるLEAN BODYがおすすめ。今なら2週間無料です。

ジムに通うよりリーズナブルなため、気軽に始められます。ストレスの多い今こそ、適度に体を動かし、心身ともに健康的な生活を送りましょう。

また、本格的にダイエットしたい方にはマンツーマンレッスンのあるサービスもおすすめです。食事を見直したい方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。

QOOL
QOOL公式アカウント。クールなカラダを作るためのモチベーションアップをお手伝いします。