HOT KEYWORDS

ストレッチ

WriterQOOL編集部

【決定版】おすすめのストレッチアプリ6選。運動不足解消やダイエットに

【決定版】おすすめのストレッチアプリ6選。運動不足解消やダイエットに

「ストレッチを始めたいけれど、どんなアプリを選べば良い?」と悩んでいるあなたへ、目的別の選び方とおすすめアプリをご紹介します。
ストレッチはどんな方にも効果的なエクササイズですが、その目的によって重視したいポイントは様々。自分の目的に合ったストレッチを取り入れられるように、アプリ選びにもこだわっていきましょう。
今回はストレッチと相性の良い「運動不足解消」と「ダイエット」の目的に絞り、おすすめアプリをご紹介していきます。

アプリを使って目的に合ったストレッチを始めよう

アプリを使って目的に合ったストレッチを始めよう

ストレッチを始めるなら、あなたの目的にあったメニューを選び、効果の出るタイミングで取り入れられるのがベスト。自分の目的に合った種目を選ばなければ、かえって逆効果になってしまう場合もあります。

つまりアプリを利用するときも「自分にとって必要なストレッチ」を教えてくれるものを選んで利用すると良いでしょう。

おおきく2種類の目的に分けて、自分にぴったりなアプリを選んでストレッチを始めていきましょう。

運動不足解消には、症状から逆引きできるアプリを

こんな人におすすめ
  • 肩や背中がこっているのを解消したい
  • 最近運動不足を感じて、なんとなく体がだるい

なんとなく体が重かったり、肩こりがつらかったりと運動不足を感じる人は、症状にあったストレッチを逆引きできるアプリを選ぶと良いでしょう。

基本的には筋肉を大きく動かすようなストレッチで全身の運動不足を解消していけると良いですが、つらい箇所をピンポイントでほぐす運動も大切。自分の症状にあったストレッチを探せるアプリがベストです。

今回紹介するなかでは、例えばストレッチエクササイズがおすすめ。症状別や部位別のストレッチメニューが選べて不調の解消にピッタリです。

ダイエットを始めたい人は、体の状態を記録できるアプリを

こんな人におすすめ
  • 食事だけのダイエットを始めようとしている
  • 筋トレなどの運動はつらいが、ストレッチならできそう

ダイエットにストレッチを組み合わせていきたい方は、日々の記録を取れるストレッチアプリを選ぶと良いでしょう。

基本的には「むくみ」をとる目的でストレッチを取り入れると効果的ですが、それには「継続」が大切。ストレッチを日々続けていくことで、ただ食事を抜くだけのダイエットをするよりスッキリとしたスタイルを目指せます

今回ご紹介するアプリのなかでは「FINC(フィンク)」などの記録を取っていけるアプリがおすすめ。日々の体重、行ったメニューなどを記録していくことで、日々モチベーションを保ってストレッチを続けていきましょう。

QOOLおすすめの宅トレアプリ6選

QOOLおすすめの宅トレアプリ6選

それではさっそく、おすすめのストレッチアプリをご紹介していきます。

選び方でお伝えしてきたとおり「不調の解消・ダイエット」の大きく2つのタイプに分けてまとめました。自分の目的にぴったりなアプリを選んで使ってみてください。

アプリ名 用途 機能•特徴


ストレッチエクササイズ

運動不足解消

ビデオ解説あり
音声解説あり寝る前におすすめ


からだセイバー
運動不足解消
体分析機能あり

ストレッチ1.2.3
運動不足解消
症状別検索機能あり

タイマー機能あり

12.Keep パーソナルホームトレイナー

KEEP

ダイエット 運動履歴確認可能
摂取カロリー確認システムあり

FiNC


ダイエット
食事管理機能あり

Beatfit
ダイエット 音声ガイドあり

動画でのエクササイズ解説あり

ストレッチエクササイズ│運動不足解消におすすめ

ストレッチエクササイズ│運動不足解消におすすめ

  • 料金:無料
  • ダウンロード:iOS/Android
良い点
  • ポーズ説明が丁寧、動画と音声でわかりやすい
  • 各部位に絞ったストレッチメニューが豊富
悪い点
  • BGMを切るとガイド音声も消える

ストレッチエクササイズは、体の部位ごとにストレッチメニューを選べるアプリです。

肩や首、腰といった部位からメニューを逆引きできるため、不調の解消にピッタリ。音声や動画を利用して解説してくれるため、まったくの初心者でも簡単に使えます。

他にも「朝のウォームアップにぴったりなストレッチ」を教えてくれたり、必要であれば体重の記録ができたりと高機能。ストレッチを日々の習慣にしていくのに役立つアプリです。

からだセイバー│運動不足解消におすすめ

からだセイバー│運動不足解消におすすめ

  • 料金:無料
  • ダウンロード:iOS/Android
良い点
  • 自分の体の状態に合ったメニューを教えてくれる
  • ストレッチだけでなくマッサージ方法も紹介してくれる
悪い点
  • スマホ初心者には使いづらいかもしれない操作性はマイナスポイント

からだセイバーは、もともとプロの治療家向けに開発された「E.F.A.S(イーファス)」という施術システムの簡易版として公開されているストレッチアプリ。

聞かれたとおりに今の体の状態を入力していくと、その症状にあったストレッチメニューを教えてくれるという優秀な機能がついています。

日々感じる体の不調を解消していきたい方は、ぜひ一度使ってみてください。

ストレッチ1.2.3│運動不足解消におすすめ

ストレッチ1.2.3│運動不足解消におすすめ

  • 料金:無料
  • ダウンロード:iOS/Android
良い点
  • 自分の解消したい悩みからメニューを逆引きできる
  • 機能がシンプルでわかりやすい
悪い点
  • 動画案内がない

ストレッチ1.2.3は、自分の感じる不調から逆引きできる「辞書」のようなストレッチアプリ。例えば「肩こり」「腰痛」「便秘」「冷え性」など、ピンポイントの不調を解消できるストレッチメニューがたくさん掲載されています。

このアプリをいれておけば、少し体を伸ばしたいときやリフレッシュしたいときにもすぐに正しいメニューを確認できて安心。

慢性的な運動不足に悩まされている方は、このアプリをつかって効果的なストレッチを取り入れていきましょう。

Keep│ダイエットにおすすめ

Keep│ダイエットにおすすめ

  • 料金:無料
  • ダウンロード:iOS/Android
良い点
  • 部位ごとのストレッチを選べる
  • 自分の運動履歴を記録できる
悪い点
  • 日本語の翻訳があやしい
  • 無料ではあまり多くのレッスンを視聴できない

keepは筋トレやエクササイズ、ストレッチなどのメニューを総合的に学べるアプリです。

ストレッチの項目では「上半身・下半身」といった部位別のほか「ランニング後・モーニング」というタイミング別のメニューが用意されており、ダイエットとストレッチを上手く組み合わせたい人にピッタリ。

日々のトレーニング記録をつけていけるため、1つのアプリで毎日のダイエット記録をつけていきたい方におすすめです。

FiNC(フィンク)│ダイエットにおすすめ

FiNC(フィンク)│ダイエットにおすすめ

  • 料金:無料
  • ダウンロード:iOS/Android
良い点
  • ダイエットに必要な記録を一通り管理できる
  • ストレッチメニューだけでなく、食事やトレーニングも総合的に学べる
悪い点
  • アプリが重たい
  • アプリの操作が複雑

「FiNC」はダイエットに関する一通りの機能がついているアプリです。ストレッチメニューの解説動画も多く掲載されており、ダイエットとストレッチを組み合わせていきたい方にピッタリ。

AIを利用したアプリになっているため、日々の記録をもとにおすすめのメニューを紹介してくれたりと、どんどん自分好みのアプリになっていきます。

Beatfit│ダイエットにおすすめ

Beatfit│ダイエットにおすすめ

  • 料金:無料(アプリ内課金あり)
  • ダウンロード:iOSのみ
良い点
  • ストレッチ以外にもヨガや筋トレなどコンテンツが豊富
  • 1日3分からの時短プログラム
悪い点
  • 検索機能やログ機能が使いづらい

「Beatfit」は、オリジナルの音声ガイドで、いつでもどこでも楽しく運動ができるアプリ。

ストレッチだけでなく、ヨガや筋トレなど、12個のジャンルに650以上のクラスを公開、毎週更新しています。

ストレッチだけでなく、運動を続けたい、毎日の運動習慣をつけたいという人には特におすすめのアプリです。

ストレッチの効果をあげる3つのコツ

ストレッチの効果をあげる3つのコツ

せっかくアプリを利用してストレッチを始めるなら、できるだけ効果が高くなるよう取り入れていきましょう。タイミングや呼吸法ひとつで、ストレッチ効果が大きく変わってくることもあります。

例えばストレッチ中の呼吸に気をつけるだけで筋肉が伸びやすくなったり、お風呂あがりだとより効果があがったりと、少し気をつけるだけで効果的に。

ここではストレッチの効果をあげるためのコツを3つご紹介していきます。

  • 入浴後・就寝前が効果的
  • 体を伸ばしながら息を吐き、戻るときに吸う
  • 少しでも良いので毎日やることが肝心

入浴後・就寝前が効果的

ストレッチを取り入れるタイミングは、入浴後の体が温まったタイミングがおすすめ。特に就寝前にはピッタリです。

体が温まった状態だといつもよりも体がほぐれやすく、柔軟性アップに効果的。またストレッチのようなゆったりとしたエクササイズは「副交感神経」を優位にして、リラックス効果も抜群です。

体を伸ばしながら息を吐き、戻るときに吸う

ストレッチの際の基本的な呼吸タイミングは「吐きながら伸ばし、戻りながら吸う」のが正解。息を吐いているときの方が筋肉がやわらかくなり、より伸ばしやすきなります。

しかし長時間伸ばすときは、もちろん自然呼吸で構いません。呼吸のタイミングがつかめないときは意識してみてください。

少しでも良いので毎日やることが肝心

エクササイズは、とにかく毎日つづけることが大切です。ストレッチも例にもれず、たまに長時間おこなうよりも毎日1分でも続けた方が効果的。

「ぜったいに毎日30分やろう」と高い目標を立ててしまうと、達成できなかったときにモチベーションが下がってしまいます。「毎日1メニューでいいから、必ず体を伸ばす」というような達成しやすい目標を設定していくことで、無理なく続けていきましょう。

ストレッチアプリで運動不足解消へ

運動不足を感じている方や、あまり運動せずにダイエットをしたい方にはストレッチアプリがピッタリです。

さっそく自分にあったアプリを使って、健康的な運動習慣を作っていってください。

しかし「ちょっとくらい筋トレもしてみようかな」という方のために、その他のトレーニングをまとめた記事もご用意しています。あわせてご覧いただき、自分のペースで運動を続けてみてください。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。

あと5キロ痩せたい。パーソナルトレーニングとは?を徹底解説