HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのトレーニングベンチ10選。選び方や使用時の注意点も解説

おすすめのトレーニングベンチ10選。選び方や使用時の注意点も解説

当記事ではプロトレーナー監修の元、おすすめのトレーニングベンチをご紹介します。

自宅トレーニングに便利なトレーニングベンチは、料金も特徴も商品によって本当に様々。

比較的大型なことから気軽にいくつも試すわけにもいかず、実際に購入するにはなかなか勇気がいるグッズです。

そこで当記事では、トレーニングベンチに関する基礎知識や選び方、おすすめ商品まで、トレーニング初心者の方でもわかるよう整理してまとめました。

ぜひトレーニングベンチの購入を検討する一助にして下さい。

監修者プロフィール

監修者 古庄 光祐
整体ダイエットトレーナー監修者 古庄 光祐

2003年に鍼灸国家資格取得後、都内クリニック、整骨院に勤務して施術を経験。2011年に鍼灸整体業にて独立開業。
現在は福岡県で鍼灸院「ナチュラルケア糸島」を営みながら、40代女性向けのオンラインダイエットコーチとして活動中。ボディメイクに精通しており、自身もベストボディジャパン日本大会出場を2度経験している。

SNS

Instagram

監修者ページを詳しく見る

トレーニングベンチとは

トレーニングベンチとは

トレーニングベンチとは、主にダンベルやバーベルを使って行う筋トレメニューにおいて利用される筋トレグッズ。

一般的なベンチと違い、ダンベルなどのウェイトを使うことを前提とした耐荷重設定になっていたり、トレーニングしやすい幅で作られていたりと、まさに「トレーニング専用」に設計されたアイテムです。

筋肉を鍛える目的で利用するケースが一般的ですが、運動不足解消やダイエットを目的としている女性の方、筋肉を減らさず健康的な生活が送る目的として利用する高齢者まで、幅広く使われているトレーニンググッズでもあります。

そんなトレーニングベンチには大きく分けて2つの種類がありますので、まずはそれらの特徴について解説していきます。

フラットベンチタイプの特徴

比較的シンプルな機構になっているのが「フラットベンチ」と呼ばれるタイプのトレーニングベンチ。床と並行の作りになっており、角度が固定されている製品を指します。

耐荷重200㎏以上と高めのものが多く、大きな負荷をかけるトレーニングに向いているのが特徴。また価格もフラットベンチ以外のものと比べるとリーズナブルな商品が多く、初心者にもおすすめです。

角度調節はできませんが、ダンベルフライやダンベルクランチ、ベンチプレスなど、ダンベルやバーベルを使う一般的なトレーニングには十分対応できます。

折りたたみ収納が可能なものもありますので、部屋の広さによって検討すると良いでしょう。

アジャスタブルベンチタイプの特徴

対して角度調整が可能な機構になっている「アジャスタブルベンチ」と呼ばれるトレーニングベンチもあります。

こちらは付けられる角度ごとに名前がついています。

  • 水平より起こせるタイプ:インクラインベンチ
  • 水平より下げられるタイプ:デクラインベンチ

上記のように名前がついており、どちらにでも角度を付けられるものを、まとめて「アジャスタブルベンチ」と呼んでいます。

価格はフラットベンチと比べると高くなる傾向がありますが、トレーニングの幅が広がることから、初心者から上級者までに人気のタイプ。

折りたたみ可能な商品も多く出ているため、部屋の広さが心もとなくても選びやすいベンチとも言えるでしょう。

トレーニングベンチの選び方

トレーニングベンチの選び方

トレーニングベンチを自宅で使うときは「目的」ありきで、「シート幅」「耐荷重性能」「機能性」の3つを基準として選ぶと良いでしょう。

例えば「全身の筋肉をしっかりつけたい」という方は耐荷重性能角度調整機能を重視すると良いですし、「使い終わったら収納しやすいほうがいい」という女性の方だと、耐荷重性能よりもコンパクトさを重視すべきです。

自分に合ったベンチを選べるよう、まずは「選ぶ基準」を押さえておきましょう。

シートの幅や長さで選ぶ

トレーニングベンチは製品によりシートの幅や長さが変わりますので、ここが一つチェックするポイントになります。

自分の体型に対してサイズが小さ過ぎると、トレーニング中のフォームやバランスが崩れやすくなるため、余裕を持った幅や長さの製品を選ぶと良いでしょう。

一般的なトレーニングベンチの幅は「25㎝~27㎝」程度ですので、特にこれよりも幅が狭いベンチは寝たときの安定感が少なくなるので注意が必要です。

また「寝たときに頭部から殿部までがシートに収まる長さ」が必要になるため、自身の「座高」よりも長いものを選ぶと良いでしょう。

また商品によってはシート部分が滑りやすいものもあり、滑るとフォームの崩れにつながりやすくなりますので、滑りにくいトレーニングベンチを選ぶのもポイントのひとつです。

耐荷重量で選ぶ

トレーニングベンチを選ぶ際は「耐荷重量」も大事なポイントになります。

「耐荷重量」とは、そのベンチがどれくらいの重量にまで耐えられるのかという目安のこと。

一般的なトレーニーングベンチの耐荷重量は「200㎏」程度になっていることが多いため、ここを一つの基準にすると良いでしょう。

耐荷重量が低いベンチで高重量を扱うトレーニングを行うと、横揺れや縦揺れが起こりやすくなり、トレーニングの安全性が低下します。

耐荷重量が200kgあればひとまずは安心ですが、特に重い重量を扱う上級者は「自分の体重+バーベルやダンベルの重さ」が、耐荷重量以内であるかを確認してから購入して下さい。

角度調整や折りたたみに関する機能性で選ぶ

最後に、目的に合わせた機能を持つトレーニングベンチであるか確認することも大切です。

全員が検討しておきたい機能は「折りたたみ」「角度調整」の二つ。

まず部屋の広さやインテリアの問題で、普段ベンチを収納しておきたい方は折りたたみのしやすい製品を選びましょう。

また「角度調整機能」があるアジャスタブルベンチを選ぶと、トレーニングの幅が広がります。例えば大胸筋の上部・下部を別々に鍛えたいレベルのトレーニーなら、角度調整のできるベンチを選ぶと良いでしょう。

しかしアジャスタブルベンチは耐荷重量が低くなる傾向もありますので、そことの兼ね合いも考えながら自分にあったベンチを選んでみて下さい。

おすすめのトレーニングベンチ10選

おすすめのトレーニングベンチ10選

それでは、おすすめのトレーニングベンチをご紹介していきます。

「サイズ」「耐荷重量」「機能性(折りたたみ・角度調整)」がわかるように解説していきますので、ぜひ自分の目的にあったベンチを選んでみて下さい。

MUSCLE FACTORY フラットベンチ

MUSCLE FACTORY フラットベンチ

「MUSCLE FACTORY フラットベンチ」は収納に便利な折りたたみ式のフラットベンチ。

組み立てが不要で気軽に使えますが、耐荷重は「150㎏」と低めのため、軽いダンベルを使用する初心者や女性の方向けの製品です。

また足をしっかり固定できるバンド付きで、腹筋を鍛えるトレーニングにも使いやすいのが特徴。

収納性を重視して、あまり重い重量を扱う予定のない方におすすめです。

製品名 MUSCLE FACTORY フラットベンチ
サイズ 幅27cm×長さ113cm×高さ46cm
(折り畳み時高さ15.5cm)
耐荷重量 150kg
折りたたみ
角度調整 不可

HAIGE フラットベンチ HG-FB101

HAIGE フラットベンチ HG-FB101

「HAIGE フラットベンチ HG-FB101」は、3点支持の脚が採用されており、チェストプレスをする際に踏ん張りやすいフラットベンチ。

耐荷重量が「400㎏」とかなり高いため、高重量を扱いたいトレーニング上級者向けの製品です。

ベンチの脚が邪魔にならないため、踏ん張りやすい位置に両足を置けるのが特徴。このあたりも、フォームにこだわりたい上級者に配慮された設計になっています。

シートサイズの長さが105cmとやや短めなので、身長の高い方は注意して下さい。据え置きで高重量を扱い方におすすめの製品です。

製品名 HAIGE フラットベンチ HG-FB101
サイズ 幅27cm×長さ105cm×高さ41cm
耐荷重量 400kg
折りたたみ 不可
角度調整 不可

WINNOW ウェイトベンチ

WINNOW ウェイトベンチ

「WINNOW ウェイトベンチ」は、シート幅が広く安定性があり、トレーニングしやすいフラットベンチ。

耐荷重量は「136㎏」と軽めですので、初心者や女性の方向けの製品です。

「幅31cm」と一般的なトレーニングベンチよりも幅広のシートはクッション性にも優れており、寝そべって行うトレーニングだけでなく、手や足をついて行うローイング系の種目なども快適にできると評判

他の一般的なトレーニングベンチと比べてリーズナブルに購入できますので、コスパを重視したい初心者におすすめです。

製品名 WINNOW ウェイトベンチ
サイズ 幅31cm×長さ105cm×高さ44cm
耐荷重量 136kg
折りたたみ 不可
角度調整 不可

リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ LE-FFB2

リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ

リーディングエッジのフォールディングフラットベンチは、総合的なコスパの良い製品です。

耐荷重量300kg折りたたみ可でサイズもごくベーシックに作れているため、初心者〜上級者まで対応しているのが特徴。角度調整が不要であれば、総合的なスペックの良い製品です。

またシートが硬めで沈みにくいため、仰向けでダンベルフライを行ったときに肩甲骨の動きを邪魔しにくいのもポイントのひとつ。

トレーニング初心者にはもちろん、「柔らかすぎないシート」が好みの上級トレーニーにもおすすめです。

製品名 リーディングエッジ フォールディング フラットベンチ LE-FFB2
サイズ 幅27cm×長さ112cm×高さ42cm
(折りたたみ時高さ:20cm)
耐荷重量 300kg
折りたたみ
角度調整 不可

FLYBIRD トレーニングベンチ

FLYBIRD トレーニングベンチ アジャスタブル

「FLYBIRD トレーニングベンチ」は機能が豊富で使いやすく、最初の組み立ても不要と良スペックなアジャスタブルベンチです。

耐荷重量は「270㎏」と平均以上のスペックで、角度調整をしてインクラインベンチとして使用可能。シート幅はやや広めの32cmで安定感があり、さらに折りたたんで収納できる製品です。

またレッグカールに足を固定してシットアップなども行えますので、幅広くトレーニングしていきたい初心者〜上級者までにおすすめのベンチです。

製品名 FLYBIRD トレーニングベンチ
サイズ 幅32cm×長さ107cm×高さ90(42)cm
(折りたたみ時:幅32cm×長さ80cm×高さ30cm)
耐荷重量 270kg
折りたたみ
角度調整 可(インクラインのみ)

リーディングエッジ マルチポジションベンチ LE-B80

リーディングエッジ マルチポジションベンチ LE-B80

「リーディングエッジ マルチポジションベンチ LE-B80」は、フラット、インクライン、デクラインの3つの角度に対応しているアジャスタブルベンチ。

耐荷重量も「300㎏」と標準より高く、シート幅や長さもごくベーシックなスペックで作られており、初心者から上級者まで多くの方におすすめできる製品です。

あえて言えば、折りたたんだ際の大きさがそこまで小さくなりきらないのだけが注意点ですが、そこさえクリアできればあまり難点のないベンチ。

ジムに設置してあるベンチにも使用されているようなクッション素材が採用されており、弾力性に優れた作りになっていて品質的にも及第点です。

初心者から上級者まで、様々なトレーニングをしていきたい方におすすめのアジャスタブルベンチです。

製品名 リーディングエッジ マルチポジションベンチ LE-B8
サイズ 幅27cm×長さ125cm×高さ42cm
(折りたたみ時:幅27cm×長さ123cm×高さ24cm)
本体重量 18kg
耐荷重量 300kg
折りたたみ
角度調整 可(インクライン・デクライン)

WASAI(ワサイ)トレーニングベンチ

WASAI(ワサイ)トレーニングベンチ

「WASAIトレーニングベンチ」は、フラットとインクラインの角度で使えるアジャスタブルベンチ。

耐荷重量は「180㎏」と低めですが、商品自体の重量も軽めで、折りたたみ時のサイズもコンパクトですので、あまり力のない女性でも扱いやすい製品です。

それでいてシート角度は4段階(0度-30度-60度-90度)に調節可能で、アジャスタブルベンチとしての機能はしっかり果たしてくれるのが特徴。折りたたみもワンタッチですので、取り回しのしやすさが魅力です。

コンパクトに収納したい方や、あまり力のない女性におすすめのトレーニングベンチです。

製品名 WASAIトレーニングベンチ
サイズ 幅27cm×長さ113cm×高さ95(45)cm
(折りたたみ時:幅33cm×長さ59cm)
本体重量 10kg
耐荷重量 180kg
折りたたみ
角度調整 可(インクライン)

Wout トレーニングベンチ

Wout トレーニングベンチ

「Woutトレーニングベンチ」は、フラット、インクライン、デクラインとして角度をつけて使用できるアジャスタブルベンチ。

耐荷重量は「200㎏」と標準的で、なおかつ軽めでコンパクトということで初心者や女性の方でも取り回ししやすい製品です。

シートの角度が11段階で調整できるので、トレーニングの種類や幅を大きく増やせるのがポイント。また本体を支えるパイプが太く、横揺れや縦揺れがしにくい安定感を重視した作りであることも魅力ですね。

ベーシックなアジャスタブルベンチを一台選びたい方におすすめです。

製品名 Woutトレーニングベンチ
サイズ 幅30cm×長さ114cm×高さ47cm
耐荷重量 200kg
折りたたみ
角度調整 可(インクライン・デクライン)

BARWINGトレーニングベンチ BW-DC04

BARWINGトレーニングベンチ BW-DC04

「BARWINGトレーニングベンチ BW-DC04」は、強度と安定感を追求して設計されたアジャスタブルベンチです。

耐荷重量は「300㎏」と平均より高く、5本のパイプが使われた土台が採用されていて安定感が抜群。またシートの角度調整はワンタッチ式で簡単と、初心者から上級者の方までに評判の製品です。

高級感のあるレザーシート素材が採用された、ごくシンプルなデザインも魅力。またローラー付きで移動もさせやすく、収納性の良さもポイントです。

ベーシックかつ質の良いトレーニングベンチを探している方は、ぜひ検討してみて下さい。

製品名 BARWINGトレーニングベンチ BW-DC04
サイズ 幅26cm×長さ113cm×高さ42cm
(折りたたみ時:幅51cm×113cm×高さ21cm)
耐荷重量 300kg
折りたたみ
角度調整 可(インクライン・デクライン)

Reebok トレーニングベンチ RSBE-10235

Reebok トレーニングベンチ RSBE-10235

「Reebok トレーニングベンチ RSBE-10235」は、有名スポーツメーカー製の高品質なアジャスタブルベンチです。

耐荷重量は「225㎏」と平均以上のスペックで、バックシートはインクライン〜フラットまで7段階に調整が可能。

コンパクトさはそれほどではありませんが、ローラーとハンドルが付いて簡単に移動させられる設計になっているのが魅力です。

また厚みのある高密度クッションが採用されており、見た目もおしゃれで高級感がある有名メーカー製ですので、スペックにこだわりたい方におすすめです。

製品名 Reebok トレーニングベンチ RSBE-10235
サイズ 幅25.4cm×長さ132cm×高さ43cm
耐荷重量 225kg
折りたたみ
角度調整 可(インクライン)

トレーニングベンチを使うメリット

トレーニングベンチを使うメリット

次に、自宅にトレーニングベンチを導入するメリットを解説していきます。

ベンチを使うととにかくトレーニングの幅が広がりますので、本格的に鍛えていきたい方は、ぜひ導入を検討してみて下さい。

自宅で本格的なトレーニングができる

トレーニングベンチを使えば、ジムのフリーウェイトゾーンで行うような本格なトレーニングにチャレンジできます。

例えば「胸の筋肉」を鍛えたい場合、道具がないと「腕立て伏せ」など限られた種目にしか取り組めません。

しかしトレーニングベンチがあれば、仰向けに寝てダンベルを挙げるような「ダンベルベンチ」などのトレーニングができるため、初心者から上級者まで自分の力量に合わせて様々な種目に取り組めます。

自宅でできるトレーニングの幅を増やしたい方は、ぜひトレーニングベンチの導入を検討しましょう。

ダンベルを使ったトレーニングの強度を増やせる

トレーニングベンチを使うことで、ダンベルを使ったトレーニングの強度を増やせます。

トレーニングベンチの角度を変えて「体の可動域を広く取れるポジション」に調整すると、狙った筋肉に刺激を与えやすくなるのがポイント。この点で言えば、強度にこだわりたい方にはアジャスタブルベンチをおすすめします。

例えば腕の筋肉を鍛える「ダンベルカール」は座って行うことが多い種目ですが、背中のシートを少し後ろに倒しておこなうことで、同じ重さのダンベルを使っていても強度が強くなります。

同じ重量で強く効かせられると、安全性も効果も確保できますので、初心者〜上級者までメリットを感じられるでしょう。

鍛えられる部位の幅や種目が増える

トレーニングベンチを使うことで、これまで鍛えにくかった部位も鍛えられる可能性があります。

特にダンベルを使ったトレーニングでは、椅子や床で行うよりもベンチを使った方が種目の種類や幅が広がります。

例えば、胸を鍛えるダンベルプレスなら、床で行うと可動域もせまく、同じ角度でしか鍛えられません。

しかしトレーニングベンチを使えば、インクラインの角度にすれば大胸筋上部や三角筋前部に。デクラインにすれば大胸筋下部にといった具合に、同じ種目でも刺激を変えられます。

もちろんベンチを使わなければ行うこと自体が難しい種目も多くありますので、トレーニングの幅を広げたい方は、ぜひトレーニングベンチの導入を検討してみてください。

トレーニングベンチを使う上での注意点

トレーニングベンチを使う上での注意点

最後に、トレーニングベンチを使ううえで注意しておきたいポイントをご紹介します。

一応目を通していただき、正しく安全に使っていきましょう。

飛び乗ったり、複数で乗らない

家庭用として販売されているトレーニングベンチは、一人で使う前提で設計されているものがほとんどです。

よってトレーニングベンチに飛び乗ったり、複数で乗ったりするのは厳禁。遊んだりするのは避けましょう。

故障につながりやすくなりますし、何より危険ですので、トレーニング時に一人でのみ使うようにして下さい。

設置サイズに注意

特に角度調整ができるアジャスタブルベンチは、フラットベンチに比べると少しサイズが大きくなります。

部屋のスペースにベンチがちゃんと収まるかどうか、設置サイズをしっかりチェックしたうえで購入を検討しましょう。

下にトレーニングマットを敷く

トレーニングベンチを使ってトレーニングを行うと、どうしても床に重さがかかります。

そこで床に負担がかかりすぎると、床に跡がついたり、傷がついてしまう可能性も。また階下への振動も考慮すべきです。

よってトレーニーングベンチの下には、ヨガマットのようなクッション性のあるマットを敷くのがおすすめ。同時に購入しておくと良いでしょう。

まとめ

トレーニングベンチが一台あると、トレーニングの幅がグンと広がります。

部屋のスペースや予算が許す範囲で、ぜひ取り入れてみてください。

自分にあった耐荷重量や機能、サイズのものを選んで、トレーニングライフをさらに充実させていきましょう。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。