HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのストレッチ用ポール10選。選び方や導入のメリットも解説

おすすめのストレッチ用ポール10選。選び方や導入のメリットも解説

当記事では整骨院を運営するプロトレーナー監修の元、おすすめのストレッチ用ポールをご紹介します。

ストレッチ用ポールは、寝ているだけで筋肉の緊張を緩和したり、肩こりや腰痛のケアができたりと、運動シーンだけではなく日常的なケアにも役立つエクササイズグッズ。

今回はそんなストレッチ用ポールの選び方やおすすめの商品、注意点や導入のメリットまで、詳しく解説していきます。

監修者プロフィール

監修者 古庄 光祐
整体ダイエットトレーナー監修者 古庄 光祐

2003年に鍼灸国家資格取得後、都内クリニック、整骨院に勤務して施術を経験。2011年に鍼灸整体業にて独立開業。
現在は福岡県で鍼灸院「ナチュラルケア糸島」を営みながら、40代女性向けのオンラインダイエットコーチとして活動中。ボディメイクに精通しており、自身もベストボディジャパン日本大会出場を2度経験している。

SNS

Instagram

監修者ページを詳しく見る

ストレッチ用ポールとは

「ストレッチ用ポール」とは、トレーニング前後やコンディショニングの際、セルフケアに用いられるエクササイズグッズのこと。

株式会社LPNの登録商標である「ストレッチポール」が代表商品となっており、他にも類似の製品がさまざまなメーカーから販売されています。

元々はアスリートの間でLPNの製品が「プロの手を再現できる」と評判を呼んで広まり、フィットネスや医療の界隈でも広く使われるようになったアイテム。

運動前後の一般的なストレッチの補助に使えるほか、こり固まった筋肉をほぐしたい方や、肩こりや腰痛などを自分でケアしたい方にもおすすめの道具です。

一見ただのポールにしか見えないアイテムですが、ポールの上に寝て体を伸ばすと体の緊張が緩和し、自然とリラックスモードに。

アスリートにはもちろん、日常生活を快適に過ごしたい一般人にとっても有用なエクササイズグッズです。

ストレッチ用ポールの選び方

ストレッチポールの選び方

ストレッチ用ポールを選ぶ際に注目しておきたいのは「サイズ」「素材」の2点。

比較すべきポイントについて解説しますので、自分に適したストレッチ用ポールを選んでいきましょう。

サイズの違いで選ぶ

ストレッチ用ポールには、大きく3つのサイズが用意されています。

タイプ 長さ 特徴
ロングタイプ 90cm〜98cm程度 一般的なサイズ
ハーフタイプ 40cm程度。一部ロングもある。 半円状(カマボコ型)になっている
ショートタイプ 30cm〜60cm程度 ロングの半分程度の長さ

ストレッチ用ポールを使って様々なエクササイズを行いたい場合は、一般的なロングタイプを選びましょう。

ストレッチ用ポールは上に寝転がるだけでも体のケアに繋がるアイテムですが、実は「ベーシックセブン」という様々な公式エクササイズもあり、そのエクササイズ内容はロングタイプを使うことを前提として作られています。

しかし運動初心者で安定性を重視したい方にはハーフタイプが。ピンポイントに凝りをほぐすなどの目的だけで使うならショートタイプもおすすめです。

収納場所や目的との兼ね合いで、適したサイズのストレッチ用ポールを選ぶと良いでしょう。

芯材に使われる素材で選ぶ

ストレッチ用ポールの芯材に使われる素材は、その製品によって3種類に分かれます。好みや予算によって選ぶと良いでしょう。

タイプ 特徴
発泡オレフィン系樹脂(EPE) 適度に固く、耐久性の高い良質な素材。
PE(ポリエチレン)素材 ごく一般的に使われれている素材。
EVA素材 柔らかく、比較的安価な素材。

長く使える良質な一本を手に入れたい方は、発砲オレフィン系樹脂(EPE)の製品が適しています。ストレッチ用ポールに使われる素材の中ではもっとも良質なもので、耐久性も高く公式商品が採用している素材です。

また一般的な品質で十分だという方はPE素材のものを。柔らかいストレッチ用ポールが良いという方はEVA素材のものをおすすめします。

予算や好みと照らしながら選んでみて下さい。

おすすめのストレッチ用ポール10選

おすすめのストレッチポール10選

ここからは、プロの目からみて選んだおすすめのストレッチ用ポールをご紹介していきます。

目的や用途、予算に合わせて、自分にあった1本を選んでみて下さい。

LPN ストレッチポール(R)EX

「LPN ストレッチポール(R)EX」はトレーニングジム、医療現場、ヨガスタジオなど幅広い分野で使用されている、ロングストレッチポールの代表的な商品です。

ポールの上に寝たときに、丁度しっくりくる硬さで設計されているのが特徴。硬すぎず、やわらかすぎず丁度よい硬さのため、肩こりや腰痛のケアをしたい人にもおすすめです。

高品質なEPE(発泡オレフィン系樹脂)が芯材として使用され、耐久性にもこだわって作られた一品。カラーバリエーションも豊富で、好きな色を選べるのもポイントです。

ベーシックなロングタイプの公式商品ですので「良いものが1本欲しい」というときは、こちらを選べば間違いないでしょう。

商品名 LPN ストレッチポール(R)EX
サイズ ロングタイプ
長さ98cm×直径15cm
素材 (芯材)発泡オレフィン系樹脂(EPE)
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 700g

LPN ストレッチポール(R)MX

LPN ストレッチポール(R)MX

「LPN ストレッチポール(R)MX」は、発泡オレフィン系樹脂と発砲ウレタンチップが芯材に使用された、適度に柔らかいロングポール

ストレッチ用ポールに対して、主にリラクゼーション効果を期待する方におすすめの商品です。

柔らかい素材で、かつ直径も少し細めですので、女性の方や高齢者の方でも扱いやすいのが特徴。公式商品であり、良質な素材のため耐久性も高いのもポイントです。

柔らかく取り扱いのしやすいロングポールを選ぶなら、こちらの商品がおすすめです。

商品名 LPN ストレッチポール(R)MX
サイズ ロングタイプ
長さ98cm×直径12.5cm
素材 (芯材)発泡オレフィン系樹脂(EPE)、発砲ウレタンチップ
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 900g

PURE RISE(ピュアライズ) ヨガポール

PURE RISE(ピュアライズ) ヨガポール

「PURE RISE(ピュアライズ) ヨガポール」は強度と使いやすさを兼ね備えたロングポール。硬さがあり、強度や耐久性に力をいれて作られた製品です。

安定感もあり変形に強い作りになっていますが、耐荷重は80kg以下となっていますので、大柄な男性が選ぶ際は体重に注意してください。

汚れを簡単に拭き取れる素材で、なおかつ安価ですので、お試しで1本買ってみたい方にもおすすめです。

商品名 PURE RISE(ピュアライズ) ヨガポール
サイズ ロングタイプ
長さ90cm×直径15cm
素材 (芯材)発泡オレフィン
(カバー)合成皮革

GronG(グロング)ストレッチ用ポール

GronG(グロング)ストレッチ用ポール

「GronG(グロング)ストレッチ用ポール」は約650gと軽量なロングポール。

適度な柔軟性を持っていて体にフィットするEVA素材が芯材に使われており、取り回しがしやすいのがポイントです。

汗や汚れが気になるときにも、さっと拭いて簡単にお手入れできるので、家族や複数の方とシェアしたい方にもおすすめ。カラーバリエーションも8色と豊富で、インテリアや好みに合わせて選べます。

公式のLPN製ストレッチポールと比べると安価ですので、まずは1本試したい方や運動初心者の方にもおすすめです。

商品名 GronG(グロング)ストレッチ用ポール
サイズ ロングタイプ
長さ98cm×直径15cm
素材 (芯材)EVA
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 650g

La-VIE(ラヴィ) スリムストレッチローラー

La-VIE(ラヴィ) スリムストレッチローラー

「La-VIE(ラヴィ) スリムストレッチローラー」は、185gとかなり軽量のロングポール。

軽いのと同時に、直径も12cmと通常のストレッチ用ポールと比べてやや小さく、刺激もソフト。その特性的に、小柄な女性の方や背が低い方に向いています。

価格も比較的リーズナブルですので、価格重視でストレッチ用ポールを選びたい人にもおすすめの商品です。

商品名 La-VIE(ラヴィ) スリムストレッチローラー
サイズ ロングタイプ
長さ90cm×直径12cm
素材 PE
重量 185g

LINDSPORTS ストレッチングクッション

LINDSPORTS ストレッチングクッション

「LINDSPORTS ストレッチングクッション」は「かまぼこ型」になっているロングハーフポール。

適度な柔軟性を持っていて、体にフィットする素材(EVA)を使った、安定性を重視したい方におすすめの製品です。

滑り止めも効いているため摩擦に強く、また体重をかけても変形しにくいため、身体を大きく動かすエクササイズにも向いている1品。

コロコロと動かすタイプのエクササイズはできませんが、安定性を重視してストレッチやボディケアに取り組みたい方におすすめです。

商品名 LINDSPORTS ストレッチングクッション ロングハーフ
サイズ ハーフタイプ
長さ98cm×幅15cm×高さ7.5cm(かまぼこ型)
素材 (芯材)EVA
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 585g

LPN ストレッチポール(R)ハーフカット

LPN ストレッチポール(R)ハーフカット

「LPN ストレッチポール(R)ハーフカット」は、かまぼこ型のハーフタイプが2本セットになったストレッチポール。LPN公式商品です。

短くカットされたストレッチ用ポールで、2本並べるとロングポールとしても使える製品。長さもほどよく、全身の筋肉を伸ばす目的にも適しています。

耐水性もバッチリで、汗や水で濡れても問題なく使えるストレッチポール。「ロングポールだと大きすぎる」といった、収納性を重視したい方にもおすすめです。

商品名 LPN ストレッチポール(R)ハーフカット
サイズ ハーフタイプ2本組み
長さ40cm×幅15cm×高さ7.5cm(かまぼこ型)
素材 (芯材)EVA
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 220g/1本

Ms. RAJA ハーフカット ヨガポール

Ms. RAJA ハーフカット ヨガポール

「Ms. RAJA ハーフポール」は、コンパクトなストレッチ用ポールが欲しい方におすすめのハーフポールです。

EVA製のため柔らかく弾力性もあって使用感は上々。衝撃吸収力に優れているため、耐久性にも優れている製品です。

カラーバリエーションも豊富ですので、部屋のインテリアに合ったポールが欲しい方にもおすすめ。

単体か2本セットから選べるようになっていますので「ハーフタイプを探しているけれど2本は必要ない」という方でも利用しやすい製品です。

商品名 Ms. RAJA ハーフカット ヨガポール
サイズ ハーフタイプ
長さ50cm×幅15cm×高さ7cm(かまぼこ型)
素材 (芯材)EVA
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 250g/1本

リセットポール ショート RP-600

リセットポール ショート RP-600

「リセットポール ショート RP-600」は、フィットネスクラブ東急スポーツオアシスが作ったストレッチ用ポールです。

ショートサイズのため取り回しがしやすく、ピンポイントにほぐしたい箇所をエクササイズしたい方向け。軽量なので持ち運びしやすいのも特徴です。

ただ少し硬めの作りではありますので、普段柔らかいポールを使っている方は慣れるまでに少し時間が必要かもしれません。

コンパクトでしっかりした素材のポールを探している方におすすめです。

商品名 東急スポーツオアシス リセットポール ショート RP-600
サイズ ショートタイプ
長さ45cm×直径15cm
素材 (芯材)合成樹脂
(カバー)合成皮革(PVC)
重量 250g

WETCODE 振動ヨガポール ショート

WETCODE 振動ヨガポール ショート

「WETCODE 振動ヨガポール ショート」は、振動機能付きのショートポールです。

振動は4段階までコントロールが可能で、寝そべっているだけでマッサージ効果を期待できる製品。

素材には適度な弾力性のあるEVAが使用されており、また凸凹構造が採用されていることから、使い心地も快適と評判です。

ただどうしても音は出ますので、静かにケアしたいときには不向きかもしれませんが、少し変わったストレッチ用ポールを試したい方はぜひ検討してみて下さい。

商品名 東急スポーツオアシス リセットポール ショート RP-600
サイズ ショートタイプ
長さ31cm×直径15cm
素材 エコEVA
重量 800g

ストレッチ用ポールを使うメリット

ストレッチポールを使うメリット

次に、自体重のストレッチやマッサージではなく、あえて「ストレッチ用ポール」を利用するメリットについてご紹介します。

気軽に筋肉の緊張をやわらげられる

ストレッチ用ポールは、こり固まった筋肉の緊張をやわらげる用途で利用できます。

ストレッチ用ポールを床において仰向けに乗って使用すると、自分の体重が負荷となり、自然と背中・肩・胸などがストレッチされます。

なかなか自分の手が届かない場所もケアできるのが、アスリートからも「プロの手を再現できる」と評判を呼んだ理由の一つです。

リラックススイッチをONに切り替えやすい

ストレッチ用ポールを使うと、あまり自分の力を使わず筋肉や関節をストレッチできます。すると筋肉や関節の緊張がリセットされ、リラックススイッチがONに切り替わりやすくなるというメリットを感じられるでしょう。

また体の緊張がリセットされると自然と呼吸が深くなり、リラクゼーション効果も期待できます。

ぜひストレッチ用ポールの上に寝て、目を閉じてゆっくりとした呼吸をおこなってみて下さい。きっと緊張していた体の力が抜けて、「ほっ」とできるリラックスモードに切り替わるはずです。

猫背・巻き肩などのケアにも

自体重でストレッチをするだけでは難しい「猫背・巻き肩のケアや対策」においても、ストレッチ用ポールは有用です。

姿勢が崩れる要因のひとつに「背中や胸まわりの筋肉が硬くなること」がありますので、ストレッチ用ポールに寝転んで背中・肩・胸をストレッチすることで、自然と姿勢をケアすることにつながります。

猫背や巻き肩は、特に筋力の弱い女性に多いため、気軽にケアできるストレッチ用ポールにはきっとメリットを感じられるでしょう。

ストレッチ用ポールを使う上での注意点

最後に、ストレッチ用ポールを使う上で注意しておきたいことをまとめました。

適当に使うとトラブルにつながる可能性がありますので、適切な用途と使い方を理解したうえで利用していきましょう。

ポールに飛び乗ったりしない

ストレッチ用ポールは丸い形状をしているため、飛び乗るとバランスを崩して転倒する恐れもあります。もちろんポールの上に立ったりするのも危険。

公式エクササイズなどを参考に、正しい使い方をして下さい。

サイズに注意

ストレッチ用ポールは、商品ごとに大きさも様々です。

自分の体型に合わない大きさのストレッチ用ポールを選ぶと、ポールの上に寝たときにグラグラし過ぎて、正しいフォームで行えないことも。

さらにいえば、ロングポールタイプは存在感のあるサイズですので、自宅に迎え入れるときにはサイズ感に注意が必要です。

自分に適したサイズのポールを使うようにしましょう。

正しいフォームで使う

ストレッチ用ポールは初心者でも簡単に利用できるエクササイズアイテムですが、正しく使えるかどうかはまた別の話です

もし難しければジムやオンライントレーニングでプロのトレーナーからレクチャーを受けるなど、プロの手を借りることも検討してみて下さい。

ストレッチ用ポールで、ストレッチをもっと快適に

ストレッチ用ポールは、自宅で気軽に体のメンテナンスを行える便利なエクササイズアイテムです。

自分にあったストレッチ用ポールを選び、正しいフォームを身につけて、ぜひ快適な毎日を過ごしていって下さい。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。