HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめの可変式ダンベル10選。選び方や注意点までプロ視点で解説

おすすめの可変式ダンベル10選。選び方や注意点までプロ視点で解説

この記事ではプロトレーナー監修のもと、おすすめの可変式ダンベルをご紹介します。

自宅でのトレーニングでより大きな効果を得るために効果的な可変式ダンベルですが、沢山の商品がある上に、他のトレーニング用品と比較して高価なため、何を選べばいいのかは非常に迷うところです。

そこでこの記事では、自宅でのトレーニングをより充実させるための可変式ダンベルの基礎知識や用途別の選び方、おすすめ商品まで、トレーニング初心者でもわかるようにまとめました。

ぜひ可変式ダンベル購入の参考にしてください。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

可変式ダンベルとは

可変式ダンベルとは

可変式ダンベルとは、その名の通り重量を変更できるダンベルのこと。

シャフトと呼ばれる握る部分に、重りになるプレートを付けたり外したりして、自分の体力や目的にあうよう重量を増減させられる機構になっています。

例えばフィットネスジムでは、小さいダンベルから50kgを超えるような大きなダンベルまでがズラッと並んでいます。しかし自宅でトレーニングをする場合、多くのダンベルを置くのは現実的ではありません。

そこで可変式ダンベルが1本あれば、沢山のダンベルが置かれているジムの設備を気軽に再現できるというわけです。

沢山のダンベルを並べる必要がなく、省スペースで設置できるのが、可変式ダンベルの特徴であり、大きなメリットです。

そんな可変式ダンベルには大きく3つの種類がありますので、詳しくご紹介していきます。

カラータイプの可変式ダンベルの特徴

カラータイプの可変式ダンベルの特徴

参考商品:IROTEC

「カラータイプ」は、シャフトに重量プレートを付け足していって、最後に留め金でおもりを止めるタイプの可変式ダンベル。市販商品としては一般的なタイプです。

可変式ダンベルのなかでは最も安価で耐久性も高く、高重量も付けられます。さらにスクリュー方式ならば、留め金の固定力も強く安定感がありますので、初心者でも使いやすいでしょう。

一方で重量変更に手間がかかることや、プレートを別で置くスペースが必要になる点には注意が必要です。メッキも剥がれやすく、少々部屋が汚れやすい商品もありますので、トレーニングマットを敷くなど対策すると良いでしょう。

ピンタイプの可変式ダンベルの特徴

ピンタイプの可変式ダンベルの特徴

参考商品:POWER BLOCK

「ピンタイプ」は、使用する重量にピンを刺して重量を固定する方式の可変式ダンベル。

重量変更の手間がなく、手早く重量を変更できて、高重量の商品も多く取りそろえられているため、様々な部位を細かくトレーニングしていきたい上級者まで使いやすいタイプです。

またおもりが足りなくなった場合は重量を追加購入できる製品もあるため、将来を見越してそのような拡張性のある製品を選べるのもメリットです。

形状にバリエーションがないことと、ピンが正確に刺さっているのかわかりにくところがデメリットになりますが、ここは好みや慣れの問題になります。

ダイヤルタイプの可変式ダンベルの特徴

ダイヤルタイプの可変式ダンベルの特徴

参考商品:NUOBELL FLEXBELL

「ダイヤルタイプ」はダンベルにダイヤルがついており、それを使用する重量まで回して調節するタイプの可変式ダンベル。

見た目にいわゆる「ダンベルっぽさ」があり、スタイリッシュに作られたデザインの物も多く、実用性とデザイン性を両立できているのがメリットです。

しかし高重量商品の物が少ないことや、重量の追加ができないことには注意。ある程度軽めの負荷でも十分な方が選ぶと良いでしょう。

可変式ダンベルの選び方

可変式ダンベルの選び方

可変式ダンベルを選ぶ際は、大きく分けて三段階で絞っていくと良いでしょう。

自分にあった可変式ダンベルを選ぶコツについて、詳しく解説していきます。

総重量で選ぶ

可変式ダンベルを選ぶうえでは、まず自分に必要な重量を決めることが大切です。

可変式ダンベルは、総重量が片側20〜40kg程度と、商品によって大きく差があります。

上級者は片方のダンベルが20kgでは十分なトレーニング効果を出すことが難しい場面が多いため、基本的にできるだけ高重量の物を選ぶと良いでしょう。しかし自宅で補助エクササイズに使ったり、軽く刺激を入れたいだけだったりするのであれば、20kg程度の物でも問題ありません。

一方でまだまだウェイトトレーニングをはじめたばかりの初中級者や女性であれば20kg程度の物であれば十分な効果を期待できます。

「今は20kg程度で十分だけど、今後も自宅でトレーニングをしたい」という方であれば、最初にピンタイプを購入して、後からおもりを追加購入するという方法もおすすめです。

重量の刻み幅で絞る

重量を5kgずつ変えられるもの、2.5kgずつ変えられるものなど、その可変式ダンベルによって重量の刻み幅が変わるため、ここにも注意を向けましょう。

一般的には高価な可変式ダンベルほど重量設定の刻み幅が細かく設定でき、安価な物ほど刻み幅が大きくなります。

特に上級者になるほど細かい設定が求められることが増えますので、刻みの細かい物を選ぶと良いでしょう。またあまり筋力のない女性に関しても、細かい設定が出来た方がスムーズにトレーニングを行えます。

一方で男性の初中級者は刻み幅が大きくてもあまり問題ないことが多いため、最初は刻み幅が大きい物を買って、必要になった段階で細かい物を選ぶのも選択肢の一つです。

好みにあった機構を選ぶ

総重量や刻み幅を検討したうえで、あとは自分の予算や好みにあった機構のものを選ぶと良いでしょう。

前項でご紹介したとおり、可変式ダンベルは大きく3種類の機構のものに分けられます。

  • カラータイプ
  • ピンタイプ
  • ダイヤルタイプ

できるだけ安価に揃えたいならカラータイプを。トレーニングの質にこだわりたいならピンタイプを。控えめな重量で良い場合はダイヤルタイプが適しています。

目的や予算に応じて、候補を絞ってみて下さい。

おすすめの可変式ダンベル10選

おすすめの可変式ダンベル10選

それでは、おすすめの可変式ダンベルをご紹介していきます。

プロトレーナーの視点で、実際に使ったことがある商品や、商品スペックとコストのバランスが良い商品、またレビューが良い商品を中心に選びました。

ぜひ可変式ダンベルを選ぶ際の参考にしてください。

THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック) SP EXP 90LB

THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック) SP EXP 90LB

藤本さん

プロとして率直な意見を言わせていただくと、どの可変式ダンベルよりもこちらがおすすめです。予算が許すなら、POWER BLOCKを買っておけば間違いありません。

POWER BLOCKはピンタイプの可変式ダンベルの普及に最も貢献したと言われる商品ですが、扱ってみるとそれには十分納得できる出来る理由があると感じます。

耐久性や安定性・扱いやすさは群を抜いていますし、重量の刻みも2.26kg(5パウンド)刻みと細かく設定でき、初心者から上級者までの細かいニーズに応えることが可能。買った後から細かい悩みを持つ必要がありません。

ネックになるのは価格ですが、これを買っておけば後は不要と思えるくらい便利な商品です。また重量が「キログラム」ではなく「パウンド」表示なところには、慣れが必要ではあります。

もちろん予算の兼ね合いはあると思いますが、本格的にトレーニングを続けたいと思っている方はぜひ「THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック) SP EXP 90LB」を検討してみて下さい。

商品名 THINKフィットネス POWER BLOCK(パワーブロック) SP EXP 90LB
種類 ピンタイプ
重量 片方2.3kg〜41kg
重量可変幅 2.26kg(5パウンド)刻み。全27段階
サイズ 39.5cm×19cm×18cm

FIELDOOR 可変式クイックダンベル

FIELDOOR 可変式クイックダンベル

藤本さん

「ダンベルに10万円は払えない。もうちょっと安く済ませたい。しかもできるだけ高重量の物が欲しい」という方は、こちらの商品がおすすめです。

「FIELDOOR 可変式クイックダンベル」は、最大で40.5kgまで扱えて安定性もしっかりしているため、かなり安心して使える商品です。

パワーブロックと違ってパウンドでなくキロ表示なところも、わかりやすくて嬉しいポイントですね。

一方「重量の刻み」は4.5kgずつと大きめで、細かい重量設定が出来ない点がデメリットになります。

とてもコスパの良い商品ですので、細かい重量設定が必要ない方は、ぜひ「FIELDOOR 可変式クイックダンベル」を検討してみて下さい。

商品名 FIELDOOR 可変式クイックダンベル
種類 ピンタイプ
重量 片方4kg〜40.5kg
重量可変幅 4.5kg刻み(27段階)
サイズ 37cm×21.5cm×20cm

MRG 可変式ダンベル

MRG 可変式ダンベル

藤本さん

「そこまで高重量は必要ない。ただ安い値段で細かい重量設定ができるものが欲しい」という方には、「MRG 可変式ダンベル」をおすすめします。

重量の刻み幅は2〜3kgで、FIELDOORの商品よりも細かい設定が可能。また重量も片手26kgまであり、比較的安い価格で重めの重量まで扱うことが出来ます。

デメリットとしては追加購入分は販売されていないことと、独特の匂いがあるというレビューがいくつか見られたことです。

26kg以上扱う予定がない方や、匂いはあまり気にしないという方におすすめできる、コスパの良い商品です。

商品名 MRG 可変式ダンベル
種類 ピンタイプ
重量 片方2kg〜26kg
重量可変幅 2〜3kg刻み
サイズ 33cm×20cm×19cm

MOJEER 可変式ダンベル

MOJEER 可変式ダンベル

「MOJEER 可変式ダンベル」は、とりあえず手軽にピンタイプの商品を購入したいという方におすすめの可変式ダンベルです。

他のピンタイプの製品と比べてリーズナブルで、取り扱いにおいても特に問題はありません。また後から重量を追加購入できるため「とりあえずほどほどの重量で買っておいて、必要になったら後から追加する」という運用が可能なのが魅力ですね。

デメリットは重量の刻み幅が4.5kg幅と大きく、細かい調整が出来ない点です。

「将来的にも細かい重量設定はしなくていい。エクササイズを変えて効果を出していく」と考えていて、できるだけ費用を抑えたい方におすすめしたい商品です。

商品名 MOJEER 可変式ダンベル
種類 ピンタイプ
重量 片方4kg〜40.5kg
重量可変幅 4.5kg刻み(15段階)

NUOBELL FLEXBELL

NUOBELL FLEXBELL

「NUOBELL FLEXBELL」は、ダイヤルタイプの可変式ダンベルの中でもっともおすすめしたい商品。シャフト部分がダイヤルになっており、回すだけでスムーズに重量を変更できるシステムになっています。

重量が2kg〜32kgまで設定でき、ダイヤルタイプの可変式ダンベルの中では比較的高重量まで設定できるのがポイント。また重量を2kg刻みで細かく変更できる点も魅力的です。

他のダイヤル式商品に比べると少し高価ですが、ピンタイプで最高峰の「パワーブロック」と比較すると半額程度ですので、そう考えるとコスパも悪くありません。

「細かい重量設定ができて、また重量調整も簡単にできる高品質な可変式ダンベルが欲しい」という方に強くおすすめできる商品です。

商品名 NUOBELL FLEXBELL
種類 ダイヤルタイプ
重量 片方2kg〜32kg
重量可変幅 2kg刻み(16段階)
サイズ 48cm×19cm×18cm

Wout可変式ダンベル

「ある程度高重量は必要だけど、コスパが良いダイアルタイプを選びたい」という方には「Wout」がおすすめです。

3kgから32kgまで幅広い重量に対応しており、安定感もあるうえにFLEXBELLよりもリーズナブルな値段で購入できる商品。コストパフォーマンスの面で優れたダンベルです。

一方で重量刻みは5段階のみと、かなり大きめの刻み幅になっており、細かい重量設定が出来ない点がデメリット。

ダイヤルタイプを購入したいものの予算がない方、細かい重量設定が出来なくても問題は無いという方におすすめの可変式ダンベルです。

商品名 Woutダンベル
種類 ダイヤルタイプ
重量 片方2kg〜32kg
重量可変幅 5段階

ATIVAFIT 可変式ダンベル

ATIVAFIT 可変式ダンベル

「ATIVAFIT 可変式ダンベル」は「あまり高重量は必要ないものの、細かく重量設定しながら使いたい」という方におすすめのダイアルタイプ可変式ダンベルです。

2.5kgから25kgまでの重量に対応しており、刻み幅も2.5kgずつと細かく変更出来るため「重たすぎるかも……」と心配な方にぴったり。

値段も一般的なダイアルタイプの可変式ダンベルと比べるとリーズナブルですので、トレーニング初心者や女性にピッタリの商品です。

ただ購入時はダンベル1個(0.5セット)ずつの販売になっていますので、1セットが欲しい方は2個購入するようにだけ気をつけてください。

商品名 ATIVAFIT 可変式ダンベル
種類 ダイヤルタイプ
重量 片方2kg〜25kg
重量可変幅 2.5kg刻み(10段階)
サイズ 42.5cm×19.5cm×20.5cm

SelectTech Dumbbell

SelectTech Dumbbell

「SelectTech」は、費用は度外視して高重量なダイアルタイプ可変式ダンベルを選びたい方におすすめの商品。

4〜41kgまで変更できて、変更の刻みは2〜3kgと細かく設定できる点も大きなメリット。ピンよりも簡単に重量を変更できるため、細かい重量変更にわずらわしさも無く、スムーズにエクササイズを行えます。

ダイヤルタイプですので、重量の追加ができないのはデメリットになりますが、一般的なエクササイズにおいては十分な重量が確保されています。

ダイヤルタイプで40kg以上の可変式ダンベルが欲しい方は「SelectTech Dumbbell」一択です。

商品名 SelectTech Dumbbell
種類 ダイヤルタイプ
重量 片方4kg〜41kg
重量可変幅 2〜3kg刻み(17段階)
サイズ 68.6cm×45.7cm×45.7cm

IROTEC(アイロテック)ラバーダンベル

IROTEC(アイロテック)ラバーダンベル

ピン方式でもダイヤル方式でもなく、カラー方式で高品質で高重量の物が欲しいという方は、IROTECの可変式ダンベルを選べば間違いありません。

片方30kg・両方で60kgのダンベルセットで負荷を変えられる上に、同じ2.8mm径のプレートを購入すればさらに重量を追加することも可能。カラーやグリップの安定性も抜群の性能で、品質も安定した利用しやすいダンベルです。

デメリットは、おもりを付けたり外したりする重量調整に手間がかかること。しかしこれは「カラー式」の可変式ダンベルすべてに共通して言える欠点になりますので、それが問題ない方にはこれほどコスパのよいダンベルはなかなかありません。

できるだけリーズナブルに高重量の可変式ダンベルが欲しいという方は、まずIROTECを検討してみてください。

商品名 ATIVAFIT 可変式ダンベル
種類 カラータイプ
重量 片方2.5kg〜30kg
重量可変幅 2.5〜5kg刻み(10段階)
サイズ 45cm×22.5cm×22.5cm

PROIRON ダンベル

PROIRON ダンベル

とにかく安く可変式ダンベルを購入したい方には「PROIRON ダンベル」がおすすめ。片手15kg、合計30kgのセットが1万円を割る値段で販売されています。

カラーもスクリュータイプでしっかり固定でき、グリップの部分も握りやすい形状のため安定感は抜群。また延長バーがついており、ダンベル同士をつなげてバーベルにすることもできる仕様になっています。

デメリットは延長バーが場所を取ってしまうことと、ラバーコーティングされていないため床などを傷つけやすいこと。またシャフトの口径が25mmと一般的でなく、他社製のプレートと互換性が低いことです。

しかし値段はリーズナブルですので、まず手軽にトレーニングをはじめるにはピッタリの可変式ダンベルです。

商品名 PROIRON 可変式ダンベル
種類 カラータイプ
重量 片方2.5kg〜15kg
重量可変幅 1〜5kg刻み

可変式ダンベルを自宅に導入するメリット

可変式ダンベルを自宅に導入するメリット

なかなか購入に踏み切れない方へ、可変式ダンベルを自宅に購入してトレーニングに活用するメリットについて解説します。

部屋のスペースや予算が豊富にある方はその限りではありませんが、一般的なホームジムの構築や自宅トレーニング目的であれば、可変式ダンベルを選んでおけば間違い無いでしょう。

省スペースで安価

可変式ダンベルを導入する大きなメリットは、比較的省スペースかつ安価にトレーニング設備を揃えられること。

例えば一般的なジムにある重量固定式のダンベルを1kg〜40kgまで揃えようとすると、かなり大きなスペースが要求されます。また費用についても、もしも最高級品を揃えようとすると100万円近くかかることはザラ。

一方で可変式ダンベルなら、最高級品を利用したとしても120,000円程度で済み、設置するスペースもダンベル二個分で済みます。

自宅で本格的なトレーニングをしたい人や、ホームジムを作りあげたい人には、重量固定式よりも可変式ダンベルがおすすめです。

様々なエクササイズが可能に

自体重だけでは、行えるエクササイズ数に限界があります。

特に広背筋などの背中側の筋肉を鍛えにくかったり、フライやアームカールなどの補助エクササイズが行えなかったりするなど、いろいろと制限が出てきます。

そこで可変式ダンベルを買えば、自重では出来なかったエクササイズができるようになり、鍛えにくかった箇所のトレーニングも存分に楽しめます。

現在自重トレーニングを中心におこなっており、かつ効率を重視する方には、可変式ダンベルの導入をおすすめします。

トレーニング強度を調整しやすい

トレーニング負荷が低いと、筋肉を大きくするために非常に多い回数を実施しなければいけません。

その場合、効果を出すために余計な疲労を溜めこむことに繋がったり、トレーニング時間がかかりすぎて行いたいエクササイズを全て完了することが難しくなったりと弊害がでてきます。

しかしダンベルを使えば狙った強度で負荷をかけられるため、単純に時短になります。特に可変式ダンベルなら、鍛えたい部位にあわせて気軽に重量を変化させられるため、より効率を重視したトレーニングに取り組めるでしょう。

可変式ダンベルを取り扱う上での注意点

可変式ダンベルを取り扱う上での注意点

最後に、可変式ダンベルを取り扱う際の注意点もお伝えしておきます。

以下参考にしていただき、ぜひ快適にダンベルを取り扱っていって下さい。

部屋を傷つけないよう注意

可変式ダンベルは金属で作られており、重量も40kgを超える物があります。

そのため何も準備をせず設置してトレーニングを行うと、部屋を傷つけてしまうことも少なくありません。

特に設置場所やトレーニング場所では、ゴムマットやカバーを敷くなどして、傷を付けないよう工夫してください。

ヨガマットなどが一枚あるとトレーニングにも便利ですので、あわせて揃えておきましょう。

落下による事故に注意

可変式ダンベルは硬く高重量であるため、落としたときに足の指などを怪我をしてしまう可能性があります。

可変式ダンベルは重量固定式と違い、シャフトにおもりがくっついている形状であるため、おもりの固定が甘いとおもりだけが落ちてくることも考えられます。

可変式ダンベルを取り扱うときは、おもりが確実に固定されているか毎回確認してからトレーニングに入りましょう。

設置スペースに注意

固定式ダンベルよりも省スペースだといっても、他のトレーニング用品と比べると、一定の場所を取る器具ではあります。

トレーニング時に部屋や家具を傷つけないためにも十分なスペースが必要になるため、実際問題としてスペースは多く必要になります。

設置場所と実際のトレーニングでの使用スペースを含めて、畳二畳分程度はみておくと良いでしょう。

騒音問題にも注意

またダンベルを扱うときに気をつけなければいけないことが、意外な音の大きさです。

例えば可変式ダンベルをラックに戻す時には、ある程度の音がしてしまいます。あるいはダンベルベンチプレスなどをしているときに、ダンベル同士が接触して大きな音がすることもあります。

使い終わりも床にドスッと置かない、ダンベル同士を当てないようコントロールするなど、丁寧に扱える範囲の重量を選ぶことも大切です。

まとめ

可変式ダンベルは、自宅でのトレーニング効果向上を目指す方におすすめの筋トレグッズです。

しかし選び方や取り扱い方を間違えると、思ったようなトレーニング効果が出なかったり、部屋や自分を傷つけてしまったりする可能性もある、取り扱いに注意が必要な器具であることは覚えておきましょう。

自分の目的に合った可変式ダンベルを選び、充実した自宅トレーニングをおこなっていきましょう。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。