HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのバランスボール10選。選び方や使うメリット、注意点も解説

おすすめのバランスボール10選。選び方や使うメリット、注意点も解説

当記事ではプロトレーナー監修のもと、自宅エクササイズにおすすめのバランスボールをご紹介します。

バランスボールには一般的な球体の製品をはじめとして、椅子として使えるタイプや、固定リング付きの商品など、さまざまな種類のものが存在します。

その反面あまり見た目に違いが無いことから、何を基準に選んでいいか悩んでしまうグッズの代表格でもあります。

今回はそんなバランスボールの違いや選び方、おすすめの商品を、わかりやすくご紹介していきます。

監修者プロフィール

監修者 古庄 光祐
整体ダイエットトレーナー監修者 古庄 光祐

2003年に鍼灸国家資格取得後、都内クリニック、整骨院に勤務して施術を経験。2011年に鍼灸整体業にて独立開業。
現在は福岡県で鍼灸院「ナチュラルケア糸島」を営みながら、40代女性向けのオンラインダイエットコーチとして活動中。ボディメイクに精通しており、自身もベストボディジャパン日本大会出場を2度経験している。

SNS

Instagram

監修者ページを詳しく見る

バランスボールとは

バランスボールとは、空気をいれて使用する球体のエクササイズグッズのこと。「座っているだけで体幹のトレーニングになる」ということもあり、筋トレ時だけでなく普段使いでも人気のグッズです。

また自宅だけでなく、多くのトレーニングジムでも使われているアイテムで、初心者から経験者まで「運動不足解消」「姿勢改善」「ダイエット」などの目的で利用されています。

バランスボールの上に座って姿勢を正すことで、姿勢を保つために作用する「インナーマッスル」に刺激を与えらるのは知られるところ。

他にも床に仰向けになって両足でバランスボールを挟むことで「腹筋運動」に活用するなど、幅広いエクササイズに利用できるグッズです。

バランスボールの選び方

バランスボールは体を直接乗せて利用するグッズであることから、自分の体型に合ったサイズのものを選び、さらには丈夫さなどにも着目して選ぶ必要があります。

ここでは自分に合ったバランスボールを選ぶときに押さえておきたいポイントを、3つに整理してご紹介していきます。

身長に合ったサイズの物を選ぶ

バランスボールは、一般的に55cm・65cm・75cmの3サイズに分かれています。

まずは利用者の体格に合ったサイズのものを選ぶと良いでしょう。身長に合わせて、以下の基準を目安にサイズを選んでください。

利用者の身長 適したバランスボールの直径
150cm未満 45cm〜55cm
150cm〜170cm 55cm〜65cm
170cm〜180cm 65cm〜75cm
181cm以上 75cm〜85cm

耐荷重量に余裕がある商品を選ぶ

バランスボールには商品ごとに「耐荷重量」という、耐えられる重さの限界が決められています。

エクササイズや動き方によっては体重以上の重さがかかる場合があることも考え、耐荷重量に余裕のあるバランスボールを選びましょう。

例えばダンベルエクササイズを行う場合、両手に10kgずつ持つとそれだけで20kgも重くなります。

まず体重を支えられるのは当然として、プラスαの耐荷重量の商品を選ぶのがベターです。

「ノンバーストタイプ」を選ぶ

バランスボールのエクササイズに安全性を重視する場合は「ノンバーストタイプ」と呼ばれるタイプの素材になっている商品がおすすめです。

このタイプは「万が一穴があいたときもゆっくりとしぼむ」という素材や構造で作られており、もしエクササイズ中に穴が空いた場合でも事故のリスクが低くなります。

もちろんバランスボールは簡単に穴が開くような構造にはなっていませんが、万が一のために「ノンバーストタイプ」を選んでおくことをおすすめします。

おすすめのバランスボール10選

ここからは、プロトレーナーが選んだ自宅エクササイズにおすすめのバランスボールをご紹介していきます。

サイズも素材も形もそれぞれ少しずつ違っていますので、ぜひご自身の目的や体型にあったバランスボールを選んでみて下さい。

アディダス(adidas) ジムボール

アディダス(adidas) ジムボール

「アディダス(adidas) ジムボール」は、ごくベーシックな作りのバランスボール。

有名スポーツメーカーが制作しているということもあり、デザインブランドを重視する方に選ばれることの多い商品です。

ノンバースト素材が使われていて、サイズも55cmと65cmから選べますので、多くの方にマッチするはず。

シックなデザインのベーシックなバランスボールなら、アディダスがおすすめです。

商品名 アディダス(adidas) ジムボール
サイズ 55cm、65cm
耐荷重 110kg
素材 耐バースト素材

アルインコ(ALINCO) バランスボール

アルインコ(ALINCO) バランスボール

こちらはフィットネスマシンなどを手がける総合メーカーである「アルインコ」のバランスボール。

耐荷重300kgと丈夫に作られているため、ダンベルなどを用いた比較的ハードなトレーニングにも使いやすい商品です。

またバランスボールは商品によってゴムの臭いに差があるのですが、この商品は特に「臭いが気にならない」というレビューが多いのも特徴のひとつ。また簡単に空気を入れられるエアーポンプも付属しており、手軽に使えるのもポイントです。

ベーシックかつ丈夫なバランスボールを選びたい方には、アルインコがおすすめです。

商品名 アルインコ(ALINCO) バランスボール
サイズ 65cm
耐荷重 300kg
素材 ノンバースト素材

東急スポーツオアシス バランスボール

東急スポーツオアシス バランスボール

こちらは首都圏を中心に広く展開しているスポーツジム「東急スポーツオアシス」オリジナルのバランスボールです。

耐荷重は300kg。サイズは「55cm」「65cm」「75cm」の三種類と、多くの方のトレーニングスタイルに馴染む展開になっています。

また固定リングやポンプなど必要なものが付属しているにも関わらず、比較的リーズナブルなのも嬉しいところ。素材も「ノンバーストタイプ」で死角がありません。

実用性を重視して選びたい方は、東急スポーツオアシスのバランスボールがおすすめです。

商品名 東急スポーツオアシス バランスボール
サイズ 65cm
耐荷重 300kg
素材 ノンバースト素材、リング付き

La-VIE(ラヴィ) リング付ジムボール

La-VIE(ラヴィ) リング付ジムボール

こちらは主に通販などで健康器具、エクササイズ用品の販売を手がける「ラ・ヴィ」のバランスボール。

固定リングやエアポンプがセットになっている割にリーズナブルですので、費用を抑えたい方におすすめです。

またカラー展開が豊富で、部屋のインテリアにこだわっている方でも選びやすいのがポイント。台座リングがついており、椅子としても使いやすい商品です。

インテリアに合うリーズナブルなバランスボールを選びたい方は、ラヴィを検討してみて下さい。

商品名 La-VIE(ラヴィ) リング付ジムボール
サイズ 55cm
耐荷重 300kg
素材 ノンバースト素材、リング付き

プリマソーレ(primasole)フィットネスボール

プリマソーレ(primasole)フィットネスボール

「プリソマーレ フィットネスボール」は、サイズ展開が豊富に用意されているバランスボールです。

「45cm」「55cm」「65cm」「75cm」の4サイズ展開になっており、さらにカラーも5種類から選べるバリエーションの豊富さが魅力。

ノンバースト素材、耐荷重300kgとスペックも上々です。

なかなか体格に合うバランスボールが見つからない方は、プリソマーレを検討してみて下さい。

商品名 プリマソーレ(primasole)フィットネスボール
サイズ 45〜75cm
耐荷重 300kg
素材 ノンバースト素材

Reebok ジムボール

こちらは有名スポーツブランド「Reebok」のバランスボールです。

サイズは55cmのみで、耐荷重は120kgと控えめ。椅子として使うことが多い方や、軽い運動をしたい女性にマッチした商品です。

また「ゴム臭が少なく、しっかりした作り」とするレビューが多いのも特徴のひとつ。モノトーン+ロゴのスタイリッシュなデザインもおすすめポイントです。

そこまで本格的なトレーニングに使うわけではなく、見た目やブランドにこだわりたい方は、Reebokを検討してみて下さい。

商品名 Reebok ジムボール
サイズ 55cm
耐荷重 120kg
素材 ノンバースト素材

MAROOMS(マルームズ)バランスボールチェア

MAROOMS(マルームズ)バランスボールチェア

MAROOMSバランスボールチェアは、椅子としての機能に特化したバランスボールです。

転がらない形状のバランスボールなので、椅子として使いやすい製品。公式サイトでは「500kgの耐荷重テストを行って確認している」と公表されており、その丈夫さもポイントの一つです。

おしゃれなデザインですので、自宅だけでなくオフィスの椅子などにも選ばれているバランスボール。

椅子として使えるおしゃれなバランスボールを探している方には、MAROOMSがおすすめです。

商品名 MAROOMS(マルームズ)バランスボールチェア
サイズ 高さ56cm、直径52cm
耐荷重 500kg

山善 バランスボール

山善 バランスボール

服飾も取り扱うメーカー山善が出すバランスボールは、その特徴を生かした「カバー付き」の商品。

カバーに取っ手が付いていて持ち運びもしやすく、また固定リングが付属しており、椅子としてもトレーニング時にも使いやすい仕様になっています。

ただ耐荷重は80kgと控えめですので、インテリア重視の椅子として使いたい女性におすすめのバランスボールです。

商品名 山善 バランスボール
サイズ 55cm
耐荷重 80kg

Ejospoバランスボール

Ejospoバランスボール

Ejospoバランスボールは、耐荷重が500kgと丈夫に作られている、ベーシックなバランスボールです。

ダンベルなどを用いたハードなトレーニングを行う方にも適した耐荷重性能になっていますので、なかなか満足いく性能のボールが見つからない方におすすめ。

もちろんアンチバースト素材が使われていますので、トレーニング中に万が一破損した際にも事故のリスクが少ない商品です。

トレーニング用の実用的なバランスボールが欲しい方は、Ejospoを検討してみて下さい。

商品名 Ejospo バランスボール
サイズ 55cm
耐荷重 500kg

バランスボールを使うメリット

ここでは、日常生活やトレーニング時にバランスボールを取り入れるメリットをご紹介していきます。

なかなか購入への踏ん切りがつかない方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

体幹のインナーマッスルを刺激できる

バランスボールは、座っているだけで体幹のインナーマッスルを刺激できるエクササイズグッズです。

つまりいつも座っている椅子をバランスボールに代えるだけで、普段使われていなかった体の内側の筋肉に刺激が入るということ。

バランスボールを導入すれば、オフィスでも自宅でも、日常的に気軽にエクササイズを楽しめます。

手軽に姿勢のケアができる

バランスボールに正しい姿勢で座ると、鍛えれば姿勢改善につながる筋肉を刺激できます。

現代人は普段から長時間同じ姿勢で座っていたり、偏った体の使い方をしてしまったりする方が多く、体が歪む条件が揃ってしまっています。

しかしバランスボールに座ることで、自ずと背筋が伸びて良い姿勢を維持するサポートになるのがメリット。

悪い姿勢に悩んでいる方は、日常的にバランスボールを利用してみると良いかもしれません。

ダイエット効果にも期待できる

まったく運動していなかった方がバランスボールに座ると、今まで使われなかったお腹や背中の筋肉が刺激され、自然と筋肉量の改善を目指せます。

すると代謝がアップしやすくなり、人によってはそれだけでダイエット効果を感じられることも。

座っているだけで筋肉に刺激を入れられるのは、バランスボールならではのメリットです。

バランスボールを使う上での注意点

最後に、バランスボールを使う上で注意しておきたいポイントをまとめました。

こちらも参考にしていただき、安全に配慮しながら使用していきましょう。

転倒には重々注意

バランスボールは誰でも気軽に利用できるグッズですが、そのエクササイズにはバランス感覚を必要とします。

特にバランスをとるのが苦手な人は、エクササイズ中に転倒するリスクを考え、滑り止めマットを利用するなどして安全に配慮しましょう。

固定リング付きの商品を選ぶのもおすすめです。

ある程度のスペースが必要

バランスボールを使ってエクササイズをする際は、周囲にある程度のスペースが必要です。

周りに角の尖った家具を置いていたり、床に物を放置したままでは、いざというときに事故につながる可能性が考えられます。

エクササイズをする際は、まわりに物がない状態で行いましょう。

妊娠中は避けるのが無難

妊娠中はお腹が大きくなることで、妊娠前とは体のバランスが変わり、バランス感覚が崩れやすくなります。

気軽に使えるエクササイズグッズではありますが、妊娠中は無理に取り入れず、バランス感覚を必要としない軽い運動をおすすめします。

もし使用する場合は、重々安全に配慮してエクササイズを楽しんで下さい。

バランスボールは自宅エクササイズにおすすめ

バランスボールには形、サイズ、素材などに多くの種類があります。

安全にエクササイズを楽しむためにも、目的や体型にあったバランスボールを選んで使用しましょう。

運動不足解消やダイエットなど、さまざまな目的で使えるグッズですので、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。