HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめの縄跳び10選。選び方や取り入れるメリット、注意点を解説

おすすめの縄跳び10選。選び方や取り入れるメリット、注意点を解説

この記事ではプロトレーナー監修のもと、エクササイズにおすすめの縄跳びをご紹介します。

運動不足解消やダイエット目的で、大人にも人気のトレーニング用品である縄跳び。様々なメーカーから本当に多くの製品が販売されていますので、どれが自分に合っているのかわかりにくい商品の代表格でもあります。

そこでこの記事では、縄跳びに関する基礎知識や選び方、注意点など含めてわかりやすく情報をまとめました。

ぜひこの記事を参考にして、あなたにあった縄跳びを選んでみて下さい。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

縄跳びとは

縄跳びとは

縄跳びとは、ロープ状のエクササイズグッズのこと。屋内でも屋外でも、その場で気軽に有酸素運動を楽しめるアイテムです。

小学校の体育の授業などで多くの方が慣れ親しんだグッズですが、運動不足解消やダイエットに向けたトレーニングにもおすすめのグッズの一つ。

とくに「ジョギングやウォーキングだとなかなか続かない」という方は、一度縄跳びトレーニングを検討してみてください。

縄跳びの選び方

縄跳びの選び方

縄跳びを実際に選ぶ際には「長さ」「素材」「留め金」に注目しましょう。

意外なほど多くの種類の縄跳びが販売されていますので、ぜひ特性の違いを知った上で、自分に合った製品を選んでください。

長さを確認する

縄跳びのロープ全体の長さは「身長+55cm」に調整するのが、一つの目安になっています。

とはいえ現在販売されている縄跳びは、そのほとんどが長さを調整できる機構で作られています。よって上記基準よりも長いものを選び、自分で調整しましょう。

なお、少し短くするとロープを早く回しやすくなるため、二重跳びなどの技にチャレンジしやすくなります。

基本的には長さの調整ができる縄跳びを選び、体格に合わせて調整してみてください。

素材を確認する

縄跳びに使われている代表的な素材として「布」「ビニール」「ビーズロープ」「チューブ」「ワイヤー」「エア」の5つが挙げられます。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、特徴を押さえておいてください。

ロープ部分が布で作られた縄跳びは、体力に自信がない方におすすめの製品です。

空気抵抗によって回る速度がゆっくりになり、余裕を持ってジャンプしやすく、また足に当たってもあまり痛くないのがメリット。

一方、大人向けの商品ラインナップがほとんどなく、さらには二重跳びなどの高度な技を練習するには向きません。

体力のない年配の方や、縄が当たるのを怖がる子ども向けに選ばれる素材です。

ビニール(PVC)素材

ビニールの縄跳びは、もっとも一般的な製品です。

布よりも固く空気抵抗が少ないため、回しやすく様々な技にも挑戦しやすいのがメリット。最も普及しているため、安価で十分な品質の物が多く販売されており、管も簡単で耐久性も十分です。

デメリットは、保管時に放置しすぎるとロープにクセがついて回しにくくなってしまうこと。また布素材の製品よりも早く回せることから、足に当たると痛い……という注意点があります。

とはいえ、ベーシックな縄跳びを選ぶならビニール素材が良いでしょう。

ビーズロープ

ビーズロープ素材の縄跳びは、ナイロン製のひもにビーズを通して作られています。

やや重みがあるためにビニールよりも速く回せて、よりレベルの高い技に挑戦するために向いた素材。縄が接地した際にビーズの音が鳴って、リズムがつかみやすいというメリットもあります。

一方、どうしても音が鳴ってしまうため、騒音が気になる場所では使いにくいのがデメリット。

公園など屋外で思う存分運動できる環境の方におすすめです。

チューブ

チューブタイプの縄跳びは、太くて重量がある「トレーニング向け」の製品です。

重い物になると1kgを超える製品もあるため、縄跳び運動に負荷をかけて体力アップや筋力アップを目指したい方におすすめ。

反面、初心者が扱うのには向いていません。

一般的な縄跳びでは物足りず、よりトレーニング効率を上げたい方向けの素材です。

ワイヤー

ワイヤー素材の縄跳びは、ロープの中に金属のワイヤーが通っている機構の製品。

値段はやや高いのですが、高速回転させるのに向いているため、三重跳びや「はやぶさ」など高度な技に挑戦していきたい人におすすめです。

デメリットとしてはコンクリートの上で利用すると縄が破損してしまう可能性があること。体育館などの屋内運動施設や砂利・人工芝や天然芝の上などでの利用が推奨されます。

色々な技に挑戦していきたい中級者は、ワイヤー素材の縄跳びを検討してみてください。

エア

エア縄跳び向けに、ロープがついていない縄跳びも製品として存在します。

家でもどこでも気軽に使えるのがメリットですが、結局ジャンプした際の振動は出てしまうため、騒音対策としての過度な期待は禁物。

また縄跳びの技を上達させていく楽しさや変化がないため、飽きがきてしまいやすいというデメリットもあります。

床の振動は気にしなくて良い場所で、手軽に運動したい方に向いている商品です。

留め金の種類を確認する

グリップと縄を止めている留め金も、縄跳びの使用感を左右する要素の一つです。

留め金の違いで跳びやすさが変わってきますので、選ぶ際に少し注目してみて下さい。

折り曲げ式

「折り曲げ式」は、もっとも簡易な方式で作られた縄跳び。ビニール素材とビーズ素材の製品に多く見られます。

ロープの端を折り曲げてグリップの中にいれて長さを調整する方式で、小学生のときに使った縄跳びはだいたいこのタイプです。

比較的リーズナブルで、長さの調節もしやすいのですが、ロープのねじれが発生しやすく固定力も弱いのがデメリット。

価格重視で選びたい方は、折り曲げ式を選ぶと良いでしょう。

ストレート式

「ストレート式」は、グリップとロープの端を留め金で止めたシンプルな作りの縄跳び。主に布製の製品で使われています。

シンプルなだけあって固定力が強く、跳んでいる最中にロープがグリップから抜けにくく、捻れることもないため、スムーズに縄を回しやすい作りになっています。

しかし布のロープ自体が少なく、ラインナップが少ないため、あえて選ぼうと思うと難しいかもしれません。

ベアリング式

「ベアリング式」は、グリップの中にベアリングが内蔵されている方式の縄跳び。

スムーズにロープを回せるよう工夫されて作られた方式であるため、特にデメリットもないもっともおすすめの方式です。

ビニール・チューブ・ワイヤーなど多くのタイプの製品でベアリング式の縄跳びがラインナップしているのもポイント。

縄跳びをクオリティ重視で選びたい方は、ベアリング式を選びましょう。

おすすめの縄跳び10選

おすすめの縄跳び10選

ここでは、プロトレーナーが選んだおすすめの縄跳びをご紹介していきます。

ぜひ予算や目的に合った製品を探してみて下さい。

Sunhop なわとび エア縄跳び

Sunhop なわとび エア縄跳び

Sunhopの縄跳びは、もっとも扱いやすいビニール製のロープが採用されており、かつベアリング式でクオリティの高い製品。

付いているカウンターが跳んだ回数や時間、消費カロリーなどを計算してくれる、楽しく運動するのにもってこいな縄跳びです。

また長さ調整も簡単にできるうえに、ロープを外せばエア縄跳びにできるという多機能さも魅力。

細かいことは考えないで全部入り製品を買っておきたいという方は、sunhopの縄跳びをおすすめします。

製品名 sunhop縄跳び
長さ 〜340cm
素材 ビニール
留め具 ベアリング

FEELCAT なわとび

FEELCAT なわとび

FEELCATの縄跳びは、ビニール製でベアリング式のシンプルな縄跳びです。

Sunhopの縄跳びからカウンターとエア縄跳びへの換装機能がなくなったようなスペックですので、より一般的な「縄跳び」が欲しい方におすすめ。

長さも最長300cmと十分で、長さ調節も簡単にできますので、普通にクオリティの高い縄跳びが欲しいという方はFEELCATを検討してみて下さい。

製品名 FEELCAT なわとび
長さ 〜300cm
素材 ビニール
留め具 ベアリング

asicsクリアートビナワ

 

「できるだけリーズナブルに選びたいものの、跳びやすさやクオリティもある程度こだわりたい」という方には「asicsクリアートビナワ」がおすすめです。

ビニール製の折り曲げ式で非常にシンプルな構造の商品になっていますが、さすがのアシックス製品で固定力も強く、捻れにくい構造になっていて跳びやすいと評判です。

値段も他の縄跳びと比べてリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れた商品です。

製品名 asicsクリアートビナワ
長さ 〜310cm
素材 ビニール
留め具 折り曲げ式

クツワ STAD スポーツなわとび

クツワ STAD スポーツなわとび

「とにかく安く済ませたい」という方におすすめの縄跳びが「クツワ STAD なわとび」です。

ビニール素材の折り曲げ式で、適度な重量があり、普通に跳ぶには十分な縄跳び。

一方であまり安定感はなく、捻れやすくなっているとのレビューが散見されましたが、値段を考えると妥当に思います。

まずはとにかくリーズナブルな縄跳びが欲しいという方向けの製品です。

製品名 クツワ STAD スポーツなわとび
長さ 〜270cm
素材 ビニール
留め具 折り曲げ式

FEELCAT 縄跳び ビーズロープ

FEELCAT 縄跳び ビーズロープ

大人が使えるビーズロープの縄跳びを探している方には「FEELCAT」の縄跳びがおすすめです。

適度な重さとビーズの音で、リズムを掴みやすいのがビーズロープの特徴。普通のビニールロープではなかなかうまく飛べないという方にぴったりです。

カラー展開が豊富で、リーズナブルな割に3ヶ月保証もついている、ビーズロープを選ぶならおすすめの縄跳びです。

製品名 FEELCAT 縄跳び ビーズロープ
長さ 〜280cm
素材 ビニール
留め具 折り曲げ式

ハピネット ジュエルMix! なわとび

ハピネット ジュエルMix! なわとび

子供向けのビーズロープを選びたい方には「ハピネット ジュエルMIX」がおすすめです。

音がなってリズムを取りやすいということで、ビーズロープはもともと子どもに向いた縄跳びなのですが、こちらはグリップなども子ども用サイズに調整された製品。

付属の飾りでデコレーション出来るため、女の子に喜ばれるデザインです。

製品名 ハピネット ジュエルMix! なわとび
長さ 〜240cm
素材 ビニール
留め具 折り曲げ式

Naone なわとび

Naone なわとび

ワイヤー製でベアリング式、かつオールインワンの縄跳びを選ぶなら「Naone」がおすすめです。

付いているカウンターには跳んだ回数や時間、消費カロリーなどを表示してくれて、さらにエア縄跳びにも換装できる仕様。

ワイヤーロープということでビニール縄跳びよりもスピーディに回しやすいため、すこし本格的に縄跳びを使っていきたい中級者〜の方におすすめの製品です。

製品名 Naone なわとび
長さ 〜340cm
素材 ワイヤー
留め具 ベアリング

multifun なわとび

multifun なわとび

ワイヤー製でベアリング式のを探している。しかし、エア縄跳び機能はいらないという方には「multifun」の縄跳びがおすすめです。

Naoneの縄跳びからエア縄跳びへ換装させる機能を抜いたようなスペックで、デザインもモノトーンでスマート。

ワイヤー式で探している方は、どちらか好みな方を検討して下さい。

製品名 multifun なわとび
長さ 〜280cm
素材 ワイヤー
留め具 ベアリング

LINDSPORTS ウェイトジャンプロープ

重いチューブタイプの縄跳びで負荷をかけてトレーニングしたい方には「LINDSPORTS」の縄跳びがおすすめです。

0.5kgと1.0kgの二種類の重さがランナップされており、負荷をかけながら縄跳びをして体力をつけたいという方にぴったりな製品。ベアリング式のため、回すのもスムーズです。

デメリットは重さとカラーのバリエーションが少ない点ですが、比較的リーズナブルですので、チューブ縄跳びの入門にはぴったり。

まずは費用をおさえて重い縄跳びを試してみたいという方は、検討してみて下さい。

製品名 LINDSPORTS ウェイトジャンプロープ
長さ 270cm
素材 チューブ
留め具 ベアリング

TOEI LIGHTヘビージャンプロープ

TOEI LIGHT(トーエイライト) ヘビージャンプロープ

より高い負荷をかけてトレーニングしたい方には「TOEI LIGHTヘビージャンプロープ」がおすすめです。

470g・700g・1kg・1,5kgと重量展開が豊富で、さきほどご紹介したLINDSPORTSの縄跳びより重い1.5kgがラインナップされています。

なお紐の長さが調整できないところは難点ですが、長い方がより負荷がかかってトレーニングになりますので、とにかく負荷量重視でなわとびを選びたい方におすすめです。

製品名 TOEI LIGHTヘビージャンプロープ
長さ 270cm
素材 チューブ
留め具 ベアリング

縄跳びを使うメリット

縄跳びを使うメリット

ここからは「縄跳びを買っても本当に使うのかな」と悩んでいる方へ、縄跳びをトレーニングに取り入れるメリットをご紹介していきます。

家の周りで気軽に運動できる

縄跳びは有酸素運動のひとつ。

よってよく比較されるのが「ジョギング」や「ウォーキング」ですが、縄跳びはそれらの運動よりも気軽に実施できるというのがメリットです。

ジョギングやウォーキングを行う場合、ある程度の遠出が必要になりますので、途中で疲れてもすぐにやめられません。

なお夜間だと暗い道を通るのが安全とは言えない場合もあり、人によっては実施が難しい場合も。

しかし縄跳びなら、家の外や近所の公園で動かずトレーニングできます。疲れて体力がなくなればその場でやめられますし、気軽に運動できるという点は縄跳びの大きなメリットだと言えるでしょう。

上達を目指せる

縄跳びには様々な技のバリエーションがあり、上達を目指していけるという楽しさがあります。

一番簡単なところとしては「ケンケン跳び」「走り跳び」。あるいは「あやとび」「交差跳び」「後ろ跳び」など、初心者が挑戦できるだけでも様々なバリエーションの技が楽しめます。

運動不足解消にしろ、ダイエットにしろ最も大切なことは継続ですから、技の上達を目指す楽しさがあるのは縄跳びの良い点だと言えるでしょう。

リーズナブルに始められる

今回ご紹介した縄跳びは、機能全部入りのもっともハイエンドな製品でも2,000円を切っています。

このように、他のトレーニンググッズと比べて全体的にリーズナブルなのも縄跳びのメリット。

収納にも困りませんし、たまに取り出して気分転換でトレーニングすることもできます。

とりあえず買っておいて、気が向いたときに気軽に使えるという点も、縄跳びの大きなメリットです。

縄跳びを使う上での注意点

縄跳びを使う上での注意点

最後に、なわとびを使う上で注意しておきたいことをまとめました。

追い込み過ぎないよう注意

縄跳びはその手軽さに反して、実は関節への負担が大きいエクササイズです。

着地時に足首や膝などに衝撃が入るため、あまり追い込みすぎると思わぬ怪我に繋がることも。

特に最初は無理に追い込むことはせず、気持ち良いと感じるくらいの疲労具合で終えるようにしましょう。

クッション性が高いシューズを選ぶ

衝撃が高い運動ですから、脚に入ってくる衝撃を緩和するためにシューズにはこだわりましょう。

ソールが薄く硬い靴でおこなうと、より関節に負担がかかってしまいます。

特に初心者はランニングシューズなどの底が厚くてクッション性の高い靴を選ぶようにしましょう。

周辺に注意して行う

縄跳びを行うときは、周りに十分なスペースを確保して行いましょう。

十分なスペースがなければ、ふいに歩行者に当たって怪我をさせてしまう恐れもあります。また意図せずとも物を壊してしまうなどしたら、賠償責任問題にもなりえます。

周囲には重々配慮しながら、縄跳びのトレーニングを楽しんでいって下さい。

初心者は、まずはビニールのベアリングタイプがおすすめ

手軽に有酸素運動ができる縄跳びは、運動不足解消やダイエットにぴったりな運動です。

しかし体力がない内にチューブタイプを選んでしまうなど、選ぶアイテムを間違えるとトレーニング効率が良くありません。

どれを買えば良いかわからない初心者は、ビニール製でベアリングタイプのベーシックなものがおすすめ。ハイエンド製品でも2,000円を切るような価格設定ですので、さほど肩肘張らずとも手に入れやすいのが縄跳びの魅力です。

ぜひお気に入りの一本を手に入れて、気軽にトレーニングを始めてみてください。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。