HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめの懸垂マシン10選。選び方やメリット、注意点も解説

おすすめの懸垂マシン10選。選び方やメリット、注意点も解説

当記事ではプロトレーナー監修のもと、おすすめの懸垂マシンをご紹介します。

自宅では鍛えにくい背中を鍛えられることから、多くのトレーニーが導入している懸垂マシンですが、やはり少々大型になるのが難点。

いくつも購入して試せるものではありませんので、ポイントを押さえて自分にあった製品を選びましょう。

今回は懸垂マシンの特徴や選び方、注意点、おすすめ商品などをわかりやすくご紹介していきます。

監修者プロフィール

監修者 古庄 光祐
整体ダイエットトレーナー監修者 古庄 光祐

2003年に鍼灸国家資格取得後、都内クリニック、整骨院に勤務して施術を経験。2011年に鍼灸整体業にて独立開業。
現在は福岡県で鍼灸院「ナチュラルケア糸島」を営みながら、40代女性向けのオンラインダイエットコーチとして活動中。ボディメイクに精通しており、自身もベストボディジャパン日本大会出場を2度経験している。

SNS

Instagram

監修者ページを詳しく見る

懸垂マシンとは

懸垂マシンとは

懸垂マシンは、背中を中心として上半身の筋肉を鍛えられるトレーニンググッズ。チンニングマシンとも呼ばれます。

いわゆる「ぶらさがり健康器」のような形状になっている据え置き型のものがほとんどですが、中にはドアにバーを引っ掛けて使うような簡易なものもあります。

また据え置き型でも、最近ではワンルームの室内にも起きやすいスリムな製品や、女性でも組み立てやすい軽量な製品も増えてきており、幅広い層に人気のグッズ。

そんな懸垂マシンは大きく3つのタイプに分かれますので、まずはそれぞれの特徴の違いをご紹介していきます。

ノーマルタイプ

参考商品:山善

ノーマルタイプの懸垂マシンは、いわゆる「ぶら下がり健康器」の持ち手が懸垂用に使いやすくなったような製品を指します。

ぶら下がって体を伸ばしたい方や、上腕部や背筋を鍛えられれば十分だという方にはノーマルタイプがおすすめ。

比較的スリムな製品も多く、使い方もシンプルですので、トレーニング初心者でも使いやすいタイプです。

マルチタイプ

参考商品:adidas

マルチタイプの懸垂マシンは、通常の懸垂マシンにディップスバーやプッシュアップバーなどの機能もついた、それ一台で様々なトレーニングに応用できる製品です。

背筋や上腕部だけではなく、大胸筋や肩、腹筋なども鍛えられるオプションがついている製品が多いため、幅広く上半身全体を鍛えたい方におすすめ。

懸垂だけでなく、一台で色々なトレーニングを楽しみたい方は、マルチタイプが良いでしょう。

取り付けタイプ

取り付けタイプ

参考商品:one two fit

また「取り付けタイプ」として、ドアや壁に取り付けるタイプの懸垂マシンも存在します。

特にドアに引っ掛けるタイプは使う時にだけ設置できるため、据え置き型の懸垂マシンを置くスペースがない方にぴったり。

ただしドア幅や厚みなどに指定がある場合が多いため、よく選んでから導入する必要があります。

懸垂マシンの選び方

懸垂マシンの選び方

懸垂マシンを選ぶ際には、まずは「ノーマル」「マルチ」「取り付け」の3タイプから好みにあった製品に候補を絞ったうえで、下記の基準をチェックしましょう。

  • 耐荷重性能
  • 高さ・設置面積
  • オプション

それぞれチェックするポイントをご紹介していきます。

耐荷重性能を確認する

懸垂マシンは全体重を預ける器具ですので、選ぶ際には「耐荷重性能」がとても重要です。

耐荷重量は「耐えられる重量」をあらわした指標ですので、体重プラスアルファの耐荷重量が設定された製品を選びましょう。

実際に懸垂マシンでトレーニングする際には、反動をつけたり、場合によってはウェイトをプラスしたりと、思った以上に荷重がかかるものです。

よって体重に対して耐荷重がギリギリの製品を使うと、ガタガタしたり、故障の原因になったりすることも少なくありません。

耐荷重は約90~150㎏程度と、製品ごとにさまざま。安全にトレーニングを行うためにも、耐荷重性能は必ずチェックしてください。

高さと設置面積を確認する

据え置き型の懸垂マシンは、高さや設置面積も気にする必要があります。

設置面積は1畳ほどのスペースがあれば問題ない製品がほとんどですが、念のため設置予定の場所のサイズは測っておきましょう。

なおトレーニング効率を考えると「身長+40cm以上の高さ」に調整できる製品がベターです。

天井の高さとの兼ね合いも考えながら、ご自身にとって良い高さの製品を検討してみてください。

オプションを確認する

またマルチタイプの懸垂マシンを選ぶ際は、アームバーやディップスバーの有無などのオプションも比較して検討しましょう。

ついている機能は製品ごとにさまざまで、例えばクッションの違いや、バーのアームの形状の違いなど、言い出せばキリがないほど違いがあります。

なお肘パッドがあれば腹筋トレーニングに、ディップスバーがあれば胸や腕のトレーニングに応用できます。

まずは「耐荷重性能」や「サイズ」が合う中で、自分の欲しい機能がついた懸垂マシンを選ぶと良いでしょう。

おすすめの懸垂マシン10選

おすすめの懸垂マシン10選

それでは、自宅トレーニングにおすすめの懸垂マシンをご紹介していきます。

シンプルな製品から全部入りのマルチな製品、また有名メーカー製の高級志向な製品など幅広い種類の懸垂マシンを選びましたので、ぜひ導入の参考にしてください。

Ms. RAJA ぶら下がり健康器

Ms. RAJA ぶら下がり健康器

「Ms. RAJA ぶら下がり健康器」は、コスパに優れたマルチタイプの懸垂マシン。

バーの高さは216cmまで6段階で調整でき、耐荷重量は150㎏と十分な数値。さらには比較的コンパクトな設置サイズということもあり、女性から男性までにおすすめの製品です。

また上部のバーが取り外せて、専用のトレーニングチューブと組み合わせれば体幹トレーニングなども楽しめるオプションの豊富さもポイント。

なお説明書は動画でも配信されており、組み立ても簡単だと評判です。

製品名 Ms. RAJA ぶら下がり健康器
タイプ マルチタイプ
耐荷重 150kg
高さ 146m〜216cm(6段階)
設置サイズ 幅62cm×奥行き71cm
オプション ディップスバー、チューブ

BangTong&Li ぶら下がり健康器

BangTong&Li ぶら下がり健康器

「BangTong&Li ぶら下がり健康器」は、実用性の高いマルチタイプの懸垂マシン。

バーは滑り止め性能にこだわって作られており、握力に自信のない方でもトレーニングしやすい仕様になっています。

またアームバーには厚さ40mmのアームクッションが採用され、腹筋トレーニングを行うときに腕にかかる負担が軽減される作りになっているのもポイント。

さらにはディップスバー、プッシュアップバーの機能もついており、様々なトレーニングを楽しめる実用的な懸垂マシンです。

なお耐荷重量は150㎏と十分ですが、高さの調整幅は190cm〜208cmと少々狭いところだけ注意してください。

太いパイプによって支えられた構造になっており、安定性にも定評のある懸垂マシンです。

製品名 BangTong&Li ぶら下がり健康器
タイプ マルチタイプ
耐荷重 150kg
高さ 190cm〜208cm(6段階調整)
設置サイズ 幅65cm×奥行き100cm
オプション アームバー、プッシュアップバー、ディップスバー

SINTEX(シンテックス) ぶら下がり健康器

SINTEX(シンテックス) ぶら下がり健康器

「SINTEX(シンテックス) ぶら下がり健康器」は、安定感を重視した懸垂マシンです。

ツインチューブという素材が使われており「懸垂トレーニングをした際にガタつきがない」とレビューで評判。

高さ218cmで調整がきかず、設置サイズも大きめ、また耐荷重量が100kgと少々低めなところは懸念点ですが、それらが問題ない方にはおすすめできる製品です。

安定性を重視した懸垂マシンを選びたい方は、SINTEXを検討してみてください。

製品名 SINTEX(シンテックス) ぶら下がり健康器 STM056
タイプ マルチタイプ
耐荷重 100kg
高さ 218cm
設置サイズ 幅112cm×奥行き138cm
オプション アームバー、ディップスバー、プッシュアップバー

STEADY(ステディ) 懸垂マシン ST115

STEADY(ステディ) 懸垂マシン

「STEADY(ステディ) 懸垂マシン ST115」は、バー部分がはしご状になっており、懸垂時の手の角度にこだわってトレーニングできる懸垂マシンです。

同じ懸垂でもグリップの違いで使う筋肉が少しずつ変わってくるため、筋肉に毎回違う刺激を入れやすいのはメリット。

また耐荷重150kg高さは7段階で調整可能と、機能性も良い製品です。

最大の高さが185cmとやや低いのは注意点ですが、メーカー保証もついていたりと全体的なコスパの良いマシン。

マルチタイプでディップスバーやアームバーもついているため、「全部入り」の一台を選びたい方は、ぜひSTEADYの懸垂マシンを候補に挙げてみてください。

製品名 STEADY(ステディ) 懸垂マシン ST115
タイプ マルチタイプ
耐荷重 150kg
高さ 150cm〜185cm
設置サイズ 幅68cm×奥行き95cm
オプション アームバー、ディップスバー、プッシュアップバー

アディダス(adidas) パフォーマンス パワータワー

アディダス(adidas) パフォーマンス パワータワー

 

「アディダス(adidas) パフォーマンス パワータワー」は、クオリティを重視した高級志向の懸垂マシン。

他の製品と比べると少々割高ですが、稼働するアームバーアプリと連携できるシステム、またスタイリッシュなデザインで差別化された製品です。

滑り止め付きのゴム足を備えているため、安定性が高いのも特徴。

有名メーカー製のクオリティの高い1台が欲しいという方は、adidasの懸垂マシンを検討してみてください。

製品名 アディダス(adidas) パフォーマンス パワータワー ADBE-10229
タイプ マルチタイプ
耐荷重 135kg
高さ 213cm
設置サイズ 幅115cm×奥行き121cm
オプション アームバー、ディップスバー、プッシュアップバー

山善 ぶらさがり健康器

山善 ぶらさがり健康器

「山善 ぶらさがり健康器」は、リーズナブルさとシンプルさに特化した懸垂マシンです。

耐荷重量は90kgとあまり高くありませんが、横幅56×奥行65cmとかなりコンパクト。また重量も8kgと軽量で、組み立てや移動もさせやすい仕様になっています。

価格を重視して、最低限の機能さえあれば良いという方におすすめのシンプルな懸垂マシンです。

製品名 山善 ぶらさがり健康器 BBK-220
タイプ ノーマルタイプ
耐荷重 90kg
高さ 180cm〜220cm(5段階)
設置サイズ 幅56cm×奥行き65cm
オプション

WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 BS30W

WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器

「WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 BS30W」は、ごくシンプルかつスリムな懸垂マシン。

ホワイト・イエロー・レッドのカラーバリエーションがあり、部屋のインテリアに合わせて選びやすい製品です。

耐荷重は100kg、高さは185cm〜195cmとスペックはほどほどですが、日本企業の製品ということもあって「作りが良い」とレビュー内容の良い懸垂マシンです。

なお滑り止めゴム足がついており、ガタガタと騒音がなるリスクが抑えられているのもポイント。

トレーニング初心者や女性、また静音性を重視したい方におすすめです。

製品名 WASAI(ワサイ) ぶら下がり健康器 BS30W
タイプ マルチタイプ
耐荷重 100kg
高さ 185cm〜195cm(4段階)
設置サイズ 幅68cm×奥行き76cm
オプション ディップスバー

WASAI(ワサイ)懸垂マシンMK301

「WASAI(ワサイ)懸垂マシンMK301」は、安定感を重視して設計されたスリム設計の懸垂マシン。

軽量スチール製かつ太めのポールがつかわれており「特にぐらつきなどの心配がない」とレビュー内容の良い製品です。

耐荷重は120kgとほどほどですが、高さは158cm〜203cmと広く調整できるため、部屋の高さが心配な方でも導入しやすい懸垂マシン。

組み立ても簡単ですので、女性やトレーニング初心者にもおすすめです。

製品名 WASAI(ワサイ)懸垂マシン MK301
タイプ マルチタイプ
耐荷重 120kg
高さ 158cm〜203cm
設置サイズ 幅76cm×奥行き80cm
オプション ディップスバー

OneTwoFit ドアジム 懸垂バー

OneTwoFit ドアジム 懸垂バー

「OneTwoFit ドアジム」は、ネジ不要の突っ張りタイプの懸垂バー。

ドア枠に取り付けることを想定された作りになっていますが、突っ張るだけという特性上、ドア幅さえ65cm〜80cmに合えば「厚み」などは気にせず取り付けられるのがポイントです。

なお耐荷重は150kgの設定になっており、取り付ける高さによって懸垂やストレッチ、プッシュアップ用にも応用できるようになっています。

製品名 OneTwoFit 懸垂バー
タイプ 取り付けタイプ
耐荷重 150kg
高さ
オプション

どこでもマッチョPRO 懸垂バー

どこでもマッチョPRO 懸垂バー

「どこでもマッチョPRO 懸垂バー」は、ドアに引っ掛けるだけで手軽にトレーニングが行える懸垂バー。

安定感や取り付けられる高さの塩梅がよく、他の取り付けタイプの懸垂マシンとくらべて「使いやすい」というレビューも多い製品です。

幅65cm~93cmのドアに対応していますが、ドアの厚みや高さなど諸々確認してから導入するようにだけご注意ください。

製品名 どこでもマッチョPRO 懸垂バー
タイプ 取り付けタイプ
耐荷重 ドアの作りによる
高さ
オプション

懸垂マシンを使うメリット

懸垂マシンを使うメリット

なかなか購入への踏ん切りがつかない方へ、ここでは懸垂マシンを取り入れるメリットをご紹介します。

自宅では鍛えにくい筋肉が鍛えられるよいグッズですので、ぜひ以下項目の参考に、導入を検討してみてください。

自宅でジム同様のトレーニングできる

懸垂マシンを導入する最大のメリットは、自宅でジム同様のトレーニングが行えるようになることです。

従来では「懸垂」はジムや公園でしか行えなかったトレーニングですが、懸垂マシンがその悩みを解消してくれました。

懸垂マシンをダンベルなど他のトレーニンググッズとも併用することで、自宅でもジム同様に全身くまなく鍛えられるようになります。

背中を鍛える種目の幅が広がる

ダンベルで行う背中のトレーニング種目は、刺激の入る部位がピンポイントになり、また動きも単調になりがちです。

そこに「懸垂」を取り入れることで、より広い範囲の筋肉を使ったトレーニングを楽しめるのがメリット。

背中の筋肉へ新しい刺激を与えられ、より効率を重視したトレーニングができるようになります。

正しい姿勢作りへ繋がる

懸垂マシンによって鍛えられる背中の筋肉は、正しい姿勢を保つために必要な部位です。

背中の筋肉が衰えると姿勢が崩れやすく、見た目や健康面の劣化にも影響しやすくなるのはご存知でしょうか。

懸垂マシンを使って背中を鍛え、より美しく、健康的な体を目指していきましょう。

懸垂マシンを使う上で注意したいこと

懸垂マシンを使う上で注意したいこと

最後に、懸垂マシンを使う際に注意しておきたいポイントをまとめました。

こちらのデメリットは理解したうえで導入して、快適にトレーニングしていきましょう。

下半身は鍛えにくい

懸垂マシンでは、基本的に下半身は鍛えられません。

足を地面から浮かすトレーニングが中心になるため、背中や胸、腕など上半身のトレーニング用の製品だと割り切る必要があります。

下半身を重点的に鍛えたい方は、エアロバイクステッパーなど別のトレーニンググッズも検討してください。

トレーニング場所が制限される

特に取り付けタイプの懸垂マシンは、設置できる場所がある程度制限されます。

普段トレーニングしている部屋に設置できないことも考えられますので、事前に設置場所や設置方法は確認してから導入しましょう。

ネジありタイプは賃貸での使用時に注意

取り付けタイプの懸垂マシンのなかには、ネジ止めが必要な製品もあります。

その場合はやはり賃貸だと設置が難しいため、重々確認しておきましょう。

賃貸だとドアに取り付ける簡易なタイプか、据え置き型をおすすめします。

懸垂マシンで、自宅トレーニングを充実させよう

懸垂マシンは「耐荷重」「高さ・設置面積」「オプション」を比較しながら選びましょう。

自宅で懸垂ができるようになると、それだけでトレーニングの幅が広がります。

ぜひ自分の好みや環境にあった懸垂マシンを導入してより快適なトレーニングライフを送っていってください。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。