HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのバーベル10選。トレーナーが選ぶバーベルシャフト特集

おすすめのバーベル10選。トレーナーが選ぶバーベルシャフト特集

この記事ではプロトレーナー監修の元、おすすめのバーベルをご紹介します。

従来は家でウエイトトレーニングをするとなると「ダンベル」が選ばれることがほとんどで、バーベルはなかなか選択肢に入りませんでした。

しかし販売メーカーが増えてきたこともあり、最近ではホームジムを作るためにバーベルを検討する方が増えてきています

とはいえダンベルより高価になることが多く選ぶ際のポイント取り扱いの注意点も変わってくるため、自分にあった製品を選ぶのは一苦労です。

そこで今回は「おすすめのバーベル」をご紹介するだけでなく、バーベルの選び方や導入メリット、扱う際の注意点まで、トレーナー視点で詳しくまとめました。

自宅トレーニングを充実させるために、ぜひ当記事を参考にバーベルの購入を検討してみて下さい。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

バーベルとは

バーベルとは

バーベルとは、鉄で出来たバー状のトレーニング器具のこと。

担いでスクワットを行ったり、ベンチに仰向けになって持ち上げることでトレーニングしたりと、いわゆるウエイトトレーニングに用いられます。

必要なだけのプレート(重り)をつけて、一人ひとりの体力レベルや目的に合わせてトレーニングできることから、特にフィットネスジムでは広く用いられる器具です。

自宅に用意できれば、かなり本格的なホームジムに近づけるでしょう。

バーベルの選び方

バーベルの選び方

ここでは、バーベルを選ぶ際に確認すべきことをご紹介していきます。

  • バーの形状
  • バーの長さ
  • スリーブ径

上記3点で比較して、自分にあったバーベルを選んでいきましょう。

バーの形状を確認する

バーの形状は主に「ストレート」「EZバー」「ヘックス」と三種類あります。

基本的にはストレートを選べば良いのですが、鍛えたい部位や行いたいエクササイズによっては、他の形状のバーも視野に入れると良いでしょう

ストレートバー

参考製品:BULL セラミックシャフト

まっすぐな形をした、誰もがイメージする最も標準的な形状のバーが「ストレートバー」です。

基本的に最初の一本はこれを買っておけば問題はありません。

欠点はサイズが大きく収納スペースをとることですが、立てて保管できるスタンドがあれば問題なく収納できるでしょう

EZバー

参考製品:IROTECオリンピックWバー

「EZバー」は、持ち手が湾曲した特殊な形状をしているバーです。

形状的に上半身の「引く」という動作や、腕を曲げる動作を行いやすいため、例えばベントオーバーロウなどのエクササイズで可動域を大きくとりやすいというメリットがあります。

欠点は特殊な形をしているため、担ぎにくくバックスクワットなどには不向きなこと。

湾曲した持ち手に適したエクササイズを重点的に行いたい場合は、EZバーを選ぶと良いでしょう。

ヘックスバー

参考製品:アメリカンバーベルデュアルハイトヘックスバー

「ヘックスバー」とは、主にデッドリフトを行いやすくするために利用される、円の端に重りを付けるスリーブがある特殊な形状のバーを指します。

デッドリフトなどを行うとき、持つ位置がバーよりも体の中心の近くになるため、エクササイズの動作が行いやすい点が特徴です。

欠点としてはその特殊な形状ゆえに行えるエクササイズが限定されること。

トレーニング上級者向けのバーベルです。

バーの長さを確認する

バーベルを選ぶ際は、利用する部屋のスペースを考慮し、バー全体の長さも確認しましょう。

例えば「オリンピックバー」と呼ばれる標準的な仕様のバーは、長さ220cm、重さ20kg程度で作られています。

そこから左右にスペースを空けることを考えると、おおよそ周囲3mほどのスペースが必要になるでしょう。

トレーニングルームのサイズによっては、もう少し小さくて軽いバーベルを選ぶ必要もあるため、バーの長さと部屋のスペースは重々確認しておいて下さい。

スリーブ径を確認する

スリーブ径とは「バーにプレートをはめ込む部分のサイズ」のことを指しますが、サイズとしては主に50mm径28mm径が流通しています。

50mm径はバー全体のサイズが大きく、耐荷重が高いために将来的には高い重量を扱えます。家でバーベルトレーニングを全て完了させるつもりの方は50mm径を検討しましょう。

一方で28mm径は全体的にサイズが小さめで耐荷重も低い傾向にあります。そこまで本格的に鍛える事は考えていない方や、省スペースで鍛えたい方は28mm径を選ぶのが良いでしょう。

将来的にどの程度の重量を扱うようになるかも考えながら、自分にあったバーベルを選ぶようにしましょう。

おすすめのバーベル10選

おすすめのバーベル10選

それでは、プロトレーナーが選んだ「おすすめのバーベル」をご紹介していきます。

形状や長さ、シャフト径などを比較して、自分の目的や環境にあったバーベルを探してみて下さい。

BULL セラミックシャフト

BULL セラミックシャフト

「最初から品質にこだわっていく。本気で良いホームジムを作るんだ!」という意気込みがある方にはBULLのセラミックシャフトをおすすめします。

国際パワーリフティング協会公認使用で国際大会に利用されるレベルのバーベルで、耐荷重も500kgと十分すぎるくらいのスペック。

値段も国際大会規格の商品の中ではリーズナブル(※とはいえ77,000円します)で、入手しやすいのもポイントです。

本気でトレーニングをしていきたい方、品質にこだわりたい方の入り口として、文句なくおすすめできる製品がBULLのセラミックシャフトです。

製品名 BULL セラミックシャフト
バーの形状 ストレート
バーの長さ 220cm
バーの重さ 20kg
スリーブ径 29mm、50mm
耐荷重量 500kg

アメリカンバーベル エントリートレーニングバー

アメリカンバーベル エントリートレーニングバー

ある程度費用をおさえつつ、しかしハイエンドレベルの高品質なバーベルを選びたい方には「アメリカンバーベル」のエントリートレーニングバーをおすすめします。

バーの強さを示す引張強度という指標がありますが、こちらの商品は19万PSIと最高峰。通常利用している範囲では半永久的に使える強度で、高重量をかけても問題ありません。

(※参考:『オリンピクシャフトの耐荷重量について』

価格もBULLの半額程度と手を出しやすいため「国際大会規格でトレーニングする必要はないものの、ハイエンドレベルでトレーニングを行いたい」という方は、ぜひアメリカンバーベルのエントリートレーニングバーを検討してみて下さい。

製品名 アメリカンバーベル エントリートレーニングバー
バーの形状 ストレート
バーの長さ 220cm
バーの重さ 20kg
スリーブ径 28mm

フィットエリート オリンピック・バーベルシャフト

フィットエリート オリンピック・バーベルシャフト

「スペックは多少低くなっても良いから、もう少しリーズナブルな50mm径バーベルを選びたい」という方には「フィットエリート」のオリンピック・バーベルシャフトがおすすめです。

耐荷重がハイエンドモデルと比べると少し下がって340kgの設定ですが、ほとんどの人にとって十分すぎるスペックではあります。

しかし25,000円ほどで購入できる価格設定になっており、コスパの面でかなり良好。

「やや滑り止めのローレットの加工があらめ」というレビューはありましたが、この価格でこのスペックであれば、お釣りがくるくらいだと感じます。

コスパを重視した実用的なバーベルを選びたい方は、フィットエリートのオリンピック・バーベルシャフトを検討してみて下さい。

製品名 フィットエリート オリンピック・バーベルシャフト
バーの形状 ストレート
バーの長さ 220cm
バーの重さ 20kg
スリーブ径 50mm
耐荷重量 340kg

アメリカンバーベル 15kgエントリートレーニングバー

アメリカンバーベル 15kgエントリートレーニングバー

アメリカンバーベルの15kgエントリートレーニングバーは、女性をはじめとした体格の小さい方におすすめのバーベルです。

小柄な方だと、20kgの50mm径バーだと大きすぎたり、重すぎたりする事があります。

そういったときに選びたいのが「短め・軽め」のバーですが、特にアメリカンバーベルの15kgエントリートレーニングバーは20kgの物と変わらない品質が担保されている良い製品。

「将来的にはハードに鍛えていくことを考えているが、20kgバーだと少々合わない」という方には、アメリカンバーベルの15kgエントリートレーニングバーをおすすめします。

製品名 アメリカンバーベル 15kgエントリートレーニングバー
バーの形状 ストレート
バーの長さ 201cm
バーの重さ 15kg
スリーブ径 50mm

IROTEC レギュラーバーベルシャフト

IROTEC レギュラーバーベルシャフト

「IROTEC レギュラーバーベルシャフト」は、スリーブ径が28mmのバーベル。

大会までは目指さない方、50mm径のサイズ感がトレーニングルームに合わないという方におすすめの製品です。

耐荷重は200kgで、これから家でトレーニング重量を伸ばしていく方には十分なスペック。なおかつ1万円を切る価格設定になっており、ハイエンドモデルと比べて手を出しやすいのがポイントです。

「まずは手軽に一本欲しい」という方には「IROTEC レギュラーバーベルシャフト」をおすすめします。

製品名 IROTEC レギュラーバーベルシャフト
バーの形状 ストレート
バーの長さ 180cm
バーの重さ 9kg
スリーブ径 28mm
耐荷重量 200kg

Motionsバーベルシャフト

Motionsバーベルシャフト

28mm径で高品質なバーベルを探しているのであれば、Motionsのバーベルシャフトもおすすめです。

IROTECよりも少しだけ値段は上がりますが、握る部分の滑り止めの範囲が広く、より安定感を重視した作りになっています。

耐荷重も200kgと十分で、これから重量を伸ばしていくという方にピッタリのバーベル。

コンパクトで少し作りにこだわったバーベルを用意しておきたいという方には、Motionsのバーベルシャフトをおすすめします。

製品名 Motionsバーベルシャフト
バーの形状 ストレート
バーの長さ 180cm
バーの重さ 9kg
スリーブ径 28mm

リーディングエッジ バーベルシャフト

リーディングエッジ バーベルシャフト

とにかく安価にバーベルを用意したいという方には「リーディングエッジ」の製品をおすすめします。

180cmサイズの他製品と比較した場合、半額とまでは言わずともかなりリーズナブルに入手できるのがメリット。

一方でスリーブの部分が小さく、あまり重りを付けられなかったり、カラーがスクリュー式で取り外しが面倒であったりと、扱う上で手間がかかるケースは考えられます。

しかし価格を重視して、ある程度のサイズや重量も確保したいという方には、リーディングエッジのバーベルをおすすめします。

製品名 リーディングエッジ バーベルシャフト
バーの形状 ストレート
バーの長さ 180cm
バーの重さ 9kg
スリーブ径 28mm

FIELDOORバーベルシャフト

FIELDOORバーベルシャフト

とにかくコンパクトなバーベルが欲しいという方には、FIELDOORのバーベルシャフトがおすすめです。

全長120cmと一般的なバーベルと比べてかなり短めで、あまり広いトレーニングスペースを確保できない方でも導入しやすい製品。しかも料金も抑えめです。

デメリットは小さいためプレート枚数をあまりつけられないことと、カラーがスクリュー式になっておりプレートの取り外しの手間がかかってしまうこと。

しかしコンパクトさを重視してバーベルを選びたい方は、FIELDOORのバーベルシャフトを検討してみて下さい。

製品名 FIELDOORバーベルシャフト
バーの形状 ストレート
バーの長さ 120cm
バーの重さ 5.6kg
スリーブ径 28mm

IROTEC(アイロテック) オリンピックWバー

IROTEC(アイロテック) オリンピックWバー

EZバーで強度の高い物が欲しいという方は、IROTECのオリンピックWバーがおすすめです。

スリーブ径は50mmサイズと他のバーベルとも互換性があり、さらに値段も一般的なバーベルと比べて高くありません。

よってストレートバーを持っている方が、特定のエクササイズ向けにサブとして持っておく1本としてもおすすめです。

EZバーを探している方は、IROTECのオリンピックWバーを検討してみて下さい。

製品名 IROTEC(アイロテック) オリンピックWバー
バーの形状 EZバー
バーの長さ 120cm
バーの重さ 9.7kg
スリーブ径 50mm

アメリカンバーベルデュアルハイトヘックスバー

アメリカンバーベルデュアルハイトヘックスバー

ヘックスバーを探している方は、かなりトレーニングに慣れた上級者だと思いますので、ハイエンド商品を一つだけ紹介します。

おすすめするのは、アメリカンバーベルのデュアルハイトヘックスバーヘックスバー。50mm径で強度が高く、高重量を扱える製品です。

しかも値段も3万円台と入手しやすいため、頑丈な物を一本買っておくという意味でとてもおすすめできるヘックスバー。

デッドリフト種目のクオリティにこだわりたい方は、アメリカンバーベルのデュアルハイトヘックスバーヘックスバーを検討してみて下さい。

製品名 アメリカンバーベルデュアルハイトヘックスバー
バーの形状 ヘックスバー
バーの長さ 216cm
バーの重さ 19kg
スリーブ径 50mm

バーベルを自宅に購入するメリット

なかなかバーベルの購入に踏み切れない方のために、ここではバーベルを購入するメリットをまとめました。

参考にしてみて下さい。

効果の高い様々なエクササイズができる

バーベルを利用することで、自重エクササイズでは出来なかった負荷の高いトレーニングメニューを実施でき、効率や効果を重視して運動していけるようになります。

例えばBIG3と呼ばれる「ベンチプレス・スクワット・デッドリフト」のトレーニング種目は、ダンベルやチューブを利用しても可能ですが、扱う重量・負荷の大きさではバーベルにはかないません。

ですから自宅の筋トレ効率にこだわりたいのであれば、バーベルを最初に検討するべきです。

体力に合わせて重量を加えられる

バーベルはそれ一本で使うわけではなく、体力やエクササイズに応じてプレートを加算していき、重量を上げることができます。

つまり体力に合わせて負荷を細かく決められるため、自分のレベルにあったトレーニングが可能になるのです。

つまりバーベルは、一本持っておけば広い範囲のトレーニングに利用できるというメリットがあります。

ジムに行かずにすむ

自宅に十分なバーベルセットを購入した場合、それだけで一般的なフィットネスジムと同じレベルの負荷をかけることが可能になります。

もちろんジムにはバーベル以外にも多くのマシンが設置してあるものですが、基礎的なトレーニングならバーベルとベンチがあればこなせてしまいます。

ベーシックなトレーニングの負荷量という観点では、自宅にバーベルがあればジムに行く必要がなくなるというメリットがあります。

バーベルを扱う上での注意点

バーベルを自宅に用意する場合、いくつか注意しておきたいことがあります。

一通り目を通していただき、後顧の憂いはなくしておいて下さい。

スペースが必要

どんなに小さいバーベルでもそれなりのサイズがあるため、バーベルを購入する場合は十分なスペースが必要です。

NSCAのトレーニング施設作成のガイドラインでは、緩衝幅として「機材から壁まで前後左右に90cm程」を空けることが推奨されています。

自宅ジムでそこまで広いスペースは必要ありませんが、バーベルへのプレート着脱を考えると機材から壁まで四方60cmずつ程度はとった方がよいでしょう。

よって220cmのバーを使うのであれば、340cm四方ほどのスペースは必要になるということです。

付帯して必要な物が多い

バーベルは、それ単体バーベルだけでは機能しません。行いたいエクササイズにもよりますが、プレートやパワーラック・トレーニング用のベンチまで必要になります。

自宅にどの程度の設備を求めるかによって変わってきますが、上記の点も考えて購入しましょう。

特に「バーベルプレート」はマストですので、今回紹介したバーとセットで用意して下さい。

騒音・振動対策が必要

バーベルを床に置いたり、ラックに置いたりする際には、思っている以上に音や振動が出ます。

ですから特にマンションやアパートで仕様する場合は、防音や振動対策にも気を遣ってトレーニングを行いましょう。

トレーニングマットを敷いたり、壁にクッション材を貼り付けたりするなど、できる範囲でケアすることをおすすめします。

まとめ

バーベルを自宅に導入することによって、ジムに近い環境でトレーニングできるようになります。

その一方で、バーベルの特性上、扱う際の注意点も非常に多くなります。

上手に選ぶと圧倒的に高いトレーニング効果を出してくれるバーベルですから、ぜひ今回の記事を参考にして、ピッタリの一本を見つけ出してください。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

W/Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額9,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。