HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのメディシンボール10選。プロトレーナーが選んだ実用的な製品を紹介

おすすめのメディシンボール10選。プロトレーナーが選んだ実用的な製品を紹介

当記事ではプロトレーナー監修のもと、おすすめのメディシンボールをご紹介します。

メディシンボールは一見どれも同じような製品に見えてしまいますが、実は細かく重量が分かれていたり、少しずつ形状も違ったりと、選ぶ際に押さえておくべきポイントが色々とあります。

そこで今回はおすすめの商品だけでなく、形状ごとの特徴選び方使ううえでの注意点なども総合的にまとめました。

ぜひメディシンボール選びの参考にして下さい。

なお当記事の執筆・監修を担当した藤本トレーナーのイチオシは「NISHI」のネモメディシンボールです。

NISHI ネモメディシンボール

「クオリティ重視でメディシンボールを揃えたい方はNISHIのネモで間違いない!」と太鼓判を押す製品ですので、ぜひ検討してみて下さい。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

メディシンボールとは

メディシンボールとは

メディシンボールとは、製品により直径15cm〜35cm程度のサイズで作られた、数kg〜の重量があるエクササイズ用ボールです。

ボクサーが腹筋にボールを落としてトレーニングしている映像をご覧になったことがあるかと思いますが、そこで使われているのがメディシンボール。

もちろんボクシングだけでなく、球技をはじめとした様々なスポーツのパフォーマンス向上や、リハビリ、また子どもの体力向上エクササイズといった様々な用途で使われています。

そんなメディシンボールには大きく3つの形状の製品がありますので、まずはそれらの違いからご紹介します。

ボールタイプの特徴

NISHI ネモメディシンボール

参考商品:NISHI ネモメディシンボール

最もベーシックなメディシンボールが、通常のボールタイプの製品です。

一般的なボールの形をしており、投げる・捕る・持ち上げる・ひねるなど様々なエクササイズに応用でき、幅広いシーンで使われています。

一方でつかむ場所がないためにグリップが悪く、エクササイズ中にどこかに飛んでいってしまうことがあるのがデメリットです。

しかしベーシックなものを選びたい場合には、まずはボールタイプを検討すると良いでしょう。

ハンドルタイプの特徴

AGYH メディシンボール

参考商品:AGYHメディシンボール

「ハンドルタイプ」は、ボールの両端に握るハンドルがついているタイプのメディシンボールです。

ハンドルがついていることで握りやすく、手を滑らせてボールを放り投げてしまうリスクが少ないことがメリット。

一方、その形状から通常のボールと比べてキャッチしにくいのがデメリットです。

キャッチする用途で使わない場合は、ハンドルタイプのメディシンボールが良い選択肢になります。

ロープ付きタイプの特徴

NISHI(ニシ・スポーツ) スウィングメディシンボール

参考商品:NISHIスウィンギメディシンボール

ボールにロープが付属したタイプのメディシンボールもあります。

ロープをつかんでハンマー投げのように回して遠心力を活用したトレーニングができるため、投げる動作を本格的に鍛えたい方向け。

一方でボールを掴むときにロープが邪魔になるため、キャッチするエクササイズや通常のエクササイズをするには不向きです。

投げる動作のパフォーマンス向上に特化したメディシンボールと言えるでしょう。

メディシンボールの選び方

メディシンボールの選び方

次に、メディシンボールの選び方を解説します。

まずは自分の目的に適した形状の中から候補を絞ったあとは、下記3つのポイントを比較しながら選んでみてください。

  • ボールのサイズ
  • 表面の硬さ
  • ボールの重量

サイズを確認する

メディシンボールには様々なサイズのボールがあるため、エクササイズをする上でとても重要になるのがサイズ選びです。

例えばバスケットボールのチェストパスやサッカーのスローインのように両手で放り投げるためには、少し大きめのボールの方が行いやすいでしょう。

一方、片手で投げるようなエクササイズを行いたい場合は、小さく片手に収まる程度のサイズの商品を選ぶと良いでしょう。

ご自身の手のサイズや競技に合わせて、サイズを選択してください。

表面の硬さを確認する

次に表面の硬さの違いも確認しておきましょう。

ボールを壁や地面に弾ませて使う場合は、硬くやや弾力があるタイプの物が適しています。

一方で安全性を優先したり、キャッチを多くするのであればソフトタイプをおすすめします。

重量を確認する

最後に、体力や狙ったエクササイズを実施できる重量を選ぶと良いでしょう。

最初に選ぶ物としては、行いたいエクササイズを行うのに適した形状とサイズのボールのなかで最も軽い製品を検討してください。

レベルが上がっていくに従って、より重い物を揃えていくと良いでしょう。

おすすめのメディシンボール10選

おすすめのメディシンボール10選

それでは、プロトレーナー選んだ「おすすめのメディシンボール」をご紹介していきます。

ハードタイプからソフトタイプ、また形状や重量展開もさまざまな製品をチョイスしていますので、ぜひ目的や予算にあわせて選んでみて下さい。

NISHI ネモメディシンボール3kg〜

NISHI ネモメディシンボール

藤本トレーナー

過去に数え切れないくらいメディシンボールを利用しましたが、文句なくNo1と言えるのが「NISHI」の製品です。使いやすさの面で、他の追随を許しません。

「NISHI ネモメディシンボール」は適度な表面の硬さとサイズ感によって滑りにくく扱いやすく作られている、ハードタイプのメディシンボールです。

また適度な弾力性もあるため、ボールをたたき付けるエクササイズも行いやすいのも特徴。

メディシンボールで想定されているエクササイズは、これ一つでほぼ全て行えるため、扱いやすさも抜群です。

欠点は他のメディシンボールと比べて高いことですが、耐久性も十分ですので「良い製品が欲しい」と考えるなら「NISHI」を揃えておけば間違いありません。

予算が許すなら、ぜひ「NISHI ネモメディシンボール」を試してみてください。

製品名 NISHI(ニシ・スポーツ) ネモメディシンボール
形状 ボールタイプ
サイズ 24cm〜29cm
硬さ ハード
重量 3kg〜6kg

Amazonベーシック メディシンボール

Amazonベーシック メディシンボール

圧倒的なコストパフォーマンスを誇るのが、amazonベーシックのメディシンボール。NISHIの1/3以下で購入できるため、費用を抑えたい方におすすめの製品です。

表面はNISHIよりやや硬く、弾ませてもバウンドしにくいのが特徴。しかし表面は滑り止め加工がしてあり、十分に扱いやすい製品です。

値段を考えるとコストパフォーマンスが良いため「そこまで予算が割けない」「跳ね返りを利用したエクササイズは行わない」という場合に検討して下さい。

製品名 Amazonベーシック メディシンボール
形状 ボールタイプ
サイズ 19.3cm〜27.94cm
硬さ ハード
重量 1.8kg〜9.1kg

NISHI(ニシ・スポーツ) メガソフトメディシンボール

NISHI(ニシ・スポーツ) メガソフトメディシンボール

ソフトタイプで通常サイズのメディシンボールが欲しい場合は「NISHI メガソフトメディシンボール」がおすすめ。

ソフトタイプになると縫い目が多くなり、強度の点ではハードよりも劣ってしまう傾向にあるのですが、こちらの製品は縫い目が非常に強く、耐久性にも定評のあるメディシンボールです。

ハードタイプと違って弾ませることはできませんが、屋内や狭いスペースで使いたい場合におすすめ。

ソフトタイプで高品質なメディシンボールが欲しい場合は、NISHIのメガソフトメディシンボールを選んで下さい。

製品名 NISHI(ニシ・スポーツ) メガソフトメディシンボール
形状 ボールタイプ
サイズ 35cm
硬さ ソフト
重量 2kg〜5kg

LINDSPORTS ソフトメディシンボール

LINDSPORTS ソフトメディシンボール

ソフトメディシンボールを高重量まで揃えたい場合は、LINDSPORTSのソフトメディシンボールがおすすめ。コストパフォーマンスにも優れている製品です。

値段がNISHIと比べて2/3程度と購入しやすく、メディシンボールとしての質は十分。一方で縫い目がやや弱いというレビューが散見されましたので、耐久性の面ではNISHIにやや劣ると考えられます。

「ソフトタイプで高重量が欲しいが、そこまで費用を割きたくない」という人は、LINDSPORTSのソフトメディシンボールを選ぶと良いでしょう。

製品名 LINDSPORTS ソフトメディシンボール
形状 ボール
サイズ 35cm
硬さ ソフト
重量 1kg〜10kg

NISHI ネモメディシンボール1kg〜

NISHI ネモメディシンボール

小さいサイズでハードタイプのメディシンボールを探している場合、特に「NISHIのネモメディシンボール」の軽い重量の製品がおすすめです。

※先ほど3kg〜とご紹介したNISHIのネモと同じシリーズです。

小さいサイズのメディシンボールは片手で扱うことが多いのですが、NISHIのネモの1kg〜の製品は成人男性の手に収まる程度のサイズ感。

またこのサイズのボールは壁に向かって投げるエクササイズが多いのですが、弾力性もあって壁に投げたときにきちんと戻ってきてくれる点も優秀なポイントです。

耐久性も高く、長期間にわたって利用できるため、小さいサイズの良質なメディシンボールを検討している方には、NISHIのネモをおすすめします。

製品名 NISHI ネモメディシンボール
形状 ボールタイプ
サイズ 19cm〜
硬さ ハード
重量 1kg〜

FIELDOOR ソフトメディシンボール

FIELDOOR ソフトメディシンボール

より小さいサイズでソフトタイプを探している方には「FIELDOOR ソフトメディシンボール」がおすすめです。

表面はポリ塩化ビニルで作られていて非常にソフトで、サイズも12〜14.5cmと女性・子どもでも片手で扱いやすいサイズで展開されています。

価格的にも手頃で気軽に購入しやすく、落としても何かを傷つけることがないため安心して利用できるのがポイント。

欠点は弾力性がなく、跳ね返りがないこと。

壁に投げたりバウンドさせたりする用途で使わない場合は、FIELDOORのソフトメディシンボールがおすすめです。

製品名 FIELDOOR ソフトメディシンボール
形状 ボールタイプ
サイズ 12cm〜14.5cm
硬さ ソフト
重量 1kg〜3kg

ボディメーカー(BODYMAKER) メディシンボール

ボディメーカー(BODYMAKER) メディシンボール

小さいサイズのハードタイプで弾力性があるボールを「コスパ重視」で選びたい場合、ボディメーカーの3kgボールがおすすめです。

直径は17cmと小ぶりで扱いやすく、弾力性があるため壁に投げてもしっかり跳ね返ってきてくれます。

しかしこのサイズでは3kgしか展開がないことで、重さの調整が難しいのが欠点。

コスパを重視して、弾力性のある小さいボールを一つ用意したいという方には、ボディメーカーの3kgボールをおすすめします。

製品名 ボディメーカー(BODYMAKER) メディシンボール
形状 ボールタイプ
サイズ 17cm
硬さ ハード
重量 3kg

AGYH メディシンボール

AGYH メディシンボール

ハンドル付きのメディシンボールを探している方には「AGYH メディシンボール」がおすすめです。

3〜10kgの範囲で1kg刻みで重量がラインナップされているため、自分の体力や目的に合わせて選べるところが良い点。

なお素材はハードで弾力性がないことから、投げるのに適してはいませんが、そもそも握って使うタイプの製品ですので投げることは想定した作りになっていません。

ボールを保持してスイング動作のトレーニングなどを行う目的の方におすすめのメディシンボールです。

製品名 AGYH メディシンボール
形状 ハンドルタイプ
サイズ 22cm〜27.5cm
硬さ ハード
重量 3kg〜10kg

秦運動具工業 ソフトメディシングリップボール

秦運動具工業 ソフトメディシングリップボール

小さいハンドルタイプの製品を探している方には「秦運動具工業」のソフトメディシンボールがおすすめです。

ハンドルが一カ所だけについているため、普通のボールタイプと似た感覚でエクササイズを行いやすいという点が特徴。

サイズも小さく重量も軽いため、体格が小さい子どもや女性にもおすすめです。

しかし2kgのみの重量展開になっているため、体力に合わせて重量を変えられない点がデメリット。

しかし小さくて軽いハンドル付きのメディシンボールを探している方にはぴったりな製品です。

製品名 秦運動具工業 ソフトメディシングリップボール
形状 ハンドルタイプ
サイズ 15cm
硬さ ソフト
重量 2kg

NISHI(ニシ・スポーツ) スウィングメディシンボール

NISHI(ニシ・スポーツ) スウィングメディシンボール

ロープ付きのメディシンボールが欲しい方は、NISHIのスウィングメディシンボールがおすすめです。

重量物を回してエクササイズを行う関係上、ひもの強度や固定力はとても強力である必要があります。

そのため安価で実績のないメーカーのものを購入するのではなく、最高峰メーカーであるNISHIの製品をおすすめしたいところ。

重量も2kg〜6kgから選べて、替えのロープも販売されているため長く使える製品です。

費用は少々高くなりますが、ロープ付きメディシンボールを探している方は、ぜひNISHIのスウィングメディシンボールを検討してみて下さい。

製品名 NISHI(ニシ・スポーツ) スウィングメディシンボール
形状 ロープ付き
サイズ 20cm〜29cm
硬さ ハード
重量 2kg〜6kg

メディシンボールを使うメリット

メディシンボールを使うメリット

メディシンボールの購入を検討している方へ、ここではメディシンボールをエクササイズに取り入れるメリットをご紹介していきます。

スイングスポーツのパフォーマンスアップに効果的

メディシンボールの特性が最大限に活きるのは、野球やテニス・ゴルフや卓球などの「スイングスポーツ」のパフォーマンスアップに向けたトレーニングです。

ボールを持ってスイング動作を素早く行うことで、スイング速度の向上などを狙えます。

もちろん投げるエクササイズにも活用できますし、競技のパフォーマンスアップを目指したい方には最適なトレーニンググッズだと言えるでしょう。

投げたりキャッチしたり出来る

メディシンボールの大きな特徴の一つとして、投げたりキャッチしたりできる重量物だということが挙げられます。

例えばダンベルを投げることはできません。しかし十分なスペースを確保した場合、メディシンボールは放り投げるトレーニングを安全に行えるというのがメリットです。

そのため、ピッチャーのトレーニングやバスケットボールのパスのトレーニングなどに効果的なのです。

藤本トレーナー

過去に車いすバスケットボール選手のトレーニング指導を担当していたときは、様々な投げ方で活用していました。

腹筋のプライオメトリクスが出来る

メディシンボールを使うと、腹筋のプライオメトリクスが可能です。

プライオメトリクスとはスピードを上げるために行われるトレーニング方法のこと。筋肉が急激に引き延ばされた場合、その弾性によって通常よりも強い力を発揮し、筋肉を縮めようとする性質を利用するものです。

実は腹筋のプライオメトリクスは、エクササイズのバリエーションが少なく、負荷も高くなりすぎる傾向にあるためにあまり行われません。

しかしメディシンボールを利用することで、腹筋に対してもプライオメトリクスが可能になるため、腹筋エクササイズのバリエーションを増やしたい方にもおすすめのグッズです。

メディシンボールを使う上での注意点

メディシンボールを使う上での注意点

次に、メディシンボールを購入して使用するうえで注意しておきたいことをまとめました。

重量が変更できない

メディシンボールを使っていく際には、ボールの重量をあとから変更できない点に注意して下さい。

様々なエクササイズが行えるメディシンボールですが、レベルが上がるほどに重量アップが必要になることがあります。

しかしメディシンボールは可変式ダンベルのように重量を変更できないため、新しいボールを購入する必要が出てくることは覚えておきましょう。

よってトレーニングが進むにつれ、複数のボールを購入していくことになります。

収納場所が必要

重量を変更できないという特性上、メディシンボールを使う場合にはある程度の収納スペースが必要になる点にも注意が必要です。

もちろん最初は一つあれば問題ありませんが、色々と揃えていくと直径15cm〜35cm程度のボールを複数収納する必要がでてきます。

最終的な収納スペースもイメージしながら、サイズや重量を選択していくと良いでしょう。

利用するときにスペースが必要

なお実際のエクササイズに使用する際にも、ボールを投げる投げないに関わらず、ある程度のスペースが必要になる点にも注意して下さい。

どんなにグリップの良いメディシンボールでも、ついつい手が滑ってしまう事があります。その場合、壁や物が近いと何かを壊してしまう可能性もありますよね。

ですからメディシンボールを利用する際には、当てても問題ない壁に囲まれた場所や、ある程度広いスペースを用意して行うようにしましょう。

メディシンボールは、競技パフォーマンスアップにおすすめ

メディシンボールは、スウィングスポーツのパフォーマンスアップや、その他ボール競技のトレーニングにおすすめの筋トレグッズです。

  • 形状
  • サイズ
  • 表面の硬さ
  • 重量

上記のポイントを比較しながら、自分の目的や体力にあったメディシンボールを選んで活用していって下さい。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。