HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのリストラップ10選。固定力・長さ・耐久性を基準にプロが厳選!

おすすめのリストラップ10選。固定力・長さ・耐久性を基準にプロが厳選!

当記事ではプロトレーナー監修のもと、おすすめのリストラップをご紹介します。

トレーニングの効率や安全性にも関わってくるグッズですから、自分にあった製品を選ぶことが大切。

ぜひ当記事を参考に、自分の体格やトレーニング強度にあったリストラップを選んで下さい。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

リストラップとは

リストラップとは

参考商品:SBD

リストラップとは、手首の安定性を高め、ウエイトトレーニング中の手首の怪我を予防するために用いられるグッズ。

下記画像のように、主にプレス系の種目、特にベンチプレスをするときに手首に巻いて使われることが多いものです。

高重量を扱う方だけではなく、ウェイトトレーニングを始めたばかりの初心者や、各種競技アスリートにも役立つアイテムです。

ウエイトトレーニングの安全性を考慮するなら、ぜひ導入を検討してください。

リストラップを選ぶ際に確認すべきこと

リストラップを選ぶ際に確認すべきこと

それでは、実際にリストラップを選ぶ際に注意してみておきたいポイントを解説します。

以下3つのポイントを確認しながら選んでみて下さい。

固定力

リストラップを選ぶ際、もっとも大事なポイントが固定力です。

固定する力が高いほど、より手首の関節を安定させられます。つまりトレーニング時に関節に受けるダメージを軽減させられるということ。

しかし固定力に関しては、明確な指標がないのが難しいところです。

固定力には「素材」「縫製」「厚さ」「硬さ」「サイズ」などさまざまな要素が関わってきますので、まずは定番商品を中心に、評判も見ながら検討すると良いでしょう。

長さ

リストラップを選ぶ際、「長さ」も大事なポイントです。

リストラップが長いほど、手首に何周もまわせることから、固定力を高めやすくなります。よって固定力を高めたければ長いものを選び、低い物で十分ならば短いものを選ぶと良いでしょう。

一般的には60cm前後の物が最も多く普及されており、短い物では30〜40cm程度の長さのものがあります。高重量を扱う場合には100cmを使う方もいらっしゃいます。

悩む場合は、まずは定番の60cm前後のものから試してみると良いでしょう。

マジックテープの耐久性

リストラップの固定力を確保する上で大切になるが、最後にラップを止めるマジックテープの部分です。

この部分の固定力が弱いと、強く締めてもエクササイズ中に緩んできてしまいかねません。

これも基本的には評判を見ながら選ぶしかありませんが、実店舗で手にとって選べる場合は、マジックテープ部分もよく確認してみて下さい。

おすすめのリストストラップ10選

おすすめのリストストラップ10選

ここではプロトレーナーが選んだ、おすすめのリストラップをご紹介していきます。

固定力や品質の評判が良いもの、実際に使ったことがあっておすすめできるものを選びましたので、ぜひ参考にして下さい。

SBD リストラップ スティッフ

「SBDリストラップ スティッフ(長さ60cm)」は、国際パワーリフティング連盟公認で国際試合にも使える品質のリストラップ。

SBDといえばトップからレクレーションのパワーリフターが広く使用するトップブランド。もちろん固定力も高く、フィット感も良いと評判の商品です。

欠点を挙げるとすれば値段が高いことですが、耐久性も高く、長く使えることを考えれば買って損のない商品だと考えます。

良いリストラップを1本用意したい場合は、まずはSBDを検討してみて下さい。

SBD リストラップ フレキシブル M

SBD リストラップ フレキシブル

「SBD リストラップ フレキシブル Mサイズ(60cm)」は、先ほど紹介したスティッフよりも柔らかい質感になっており、よりフィット感を重視して作られた商品です。

リストラップの素材が硬すぎると、肌に当たったときに痛みが出る場合がありますが、フレキシブルはその心配を持つ方におすすめ。

スティッフを使っていてなかなかしっくりこないという方は、ぜひ試していただきたい製品です。

こちらも国際パワーリフティング連盟公認商品で、国際試合にも使える品質ですから、柔らかめが好みであれば「フレキシブル」を選びましょう。

鬼リストラップIPF公認 60cm 左右セット

鬼リストラップIPF公認 60cm 左右セット

日本製かつ品質の良いリストラップを選びたいなら「鬼リストラップ(60cm)」がおすすめです。

こちらも国際パワーリフティング連盟公認の品質で、十分な固定力がありながら、テープ付着部の耐久性も高く長く使える商品です。

値段もSBDよりもやや安く、手に取りやすい点もメリット。国産にこだわる方だけでなく、少しでも費用を抑えたい方にもおすすめです。

Schiek リストラップ 24インチ

Schiek リストラップ 24インチ

国際連盟品質までは必要ないものの、高品質でしっかり固定できるものを選びたい場合は、Schiek(シーク)のリストラップ24インチ(約60cm)がおすすめです。

シークはアメリカの伝統的なウェイトトレーニングメーカー。そのリストラップは固定力もフィット感も十分で、一般レベルの高重量を扱うのであれば十分すぎるくらいの固定力と耐久性を持つ製品です。

値段も国際連盟公認製品よりも安く、手頃にハイエンドに近い品質でトレーニングができる製品。

費用を抑えながら品質にもこだわりたい方は、シークリストラップ24インチがおすすめです。

ゴールドジム(GOLD`S GYM) ループ付き リストラップ G3511

ゴールドジム(GOLD`S GYM) ループ付き リストラップ G3511

こちらはウエイトトレーニング愛好者にはおなじみの「ゴールドジム」ブランドのリストラップ。長さは約58cmで固定力も耐久性も十分に高く、ジムに行けば上級者も広く使っているのを目にします。

上級者が使っているからといって初心者に向いていないわけでなく、初心者でも安心して使える使いやすさ、フィット感を持つ製品。

シークと同じレベルのリストラップですから、フィット感やデザインの好みで選ぶと良いでしょう。

ALLOUT リストラップ

シークやゴールドジムと比べるとややマイナーですが、十分な品質があるのがALLOUTのリストラップ。60cmと48cmの2種類がラインナップされています。

高い固定力をウリにしていますが、レビューを見てもその通り評判が良く、十分な固定力と耐久性があることが見てとれました。

値段はシークやゴールドジムと比べて少し安いため、手軽に高品質ミドルレンジ商品を購入したい人におすすめです。

FERRY リストラップ

とにかく安くリストラップが欲しいという人には、FERRYのリストラップ(約50cm)がおすすめです。

大会レベルの高重量を扱う際にはやや不安が残るものの、初心者から大会に出ない一般レベルであれば、十分に使用できる品質です。

しかし耐久性については、やはりハイエンドモデルよりも劣るかもしれません。リストラップは巻くときに付属のリング部に親指を通すのですが、そのリング部がマジックテープに触れると簡単にほつれるという評価がいくつか見つかりました。

しかし値段を考えると高い耐久性を求めるのは酷というもの。一般トレーニーであれば必要十分なスペックを持つ製品です。

できるだけコストをかけたくない方や、初心者が最初に選ぶ一本におすすめです。

ZAIDAS リストラップ

ZAIDASのリストラップ(約55cm)もコストパフォーマンスが高く、初心者から大会に出ない一般レベルの方におすすめできる商品です。

十分な固定力があり、一般的にジムで扱う高重量であれば、使用に問題はありません。またカラーバリエーションも多く、自分の好みの物を選びやすい点もメリットです。

一方で「堅め」だとする意見が多く、ミドルエンド製品と比べるとフィット感も弱めで、硬い割には固定力が弱い可能性があります。またほつれやすく、耐久性に不安があるという声も見つかりました。

とはいえ値段を考えると十分な機能を備えているため、まずは手軽に一本持っておきたいという方におすすめです。

SBD リストラップ フレキシブル Sサイズ

SBDリストラップフレキシブルのSサイズは、さほど強く固定する必要のない方におすすめです。

長さ40cmと、Mサイズに比べると2/3程度になっており、分厚く巻くことは出来ません。しかしフィット感は抜群で、SBDブランドならではの固定力でしっかりと手首を固定できる製品です。

そこまで強い固定力は必要はないものの、1本使いやすいリストラップを持っておきたいという方は「SBD リストラップ フレキシブル」のSサイズを選ぶと良いでしょう。

Schiek(シーク)リストラップ 12インチ

シークリストラップ12インチ(約30cm)も、短めのリストラップを探している方におすすめの1本です。

SBDリストラップフレキシブルと比較すると、やや堅めの素材が使われているのが特徴。しかし手首にはフィットしやすく、使い心地に関する評判も上々です。

国際パワーリフティング連盟公認商品ではありませんが、高い品質があるのがシークのリストラップです。

手頃に使える高品質の商品が欲しい方は、シークリストラップ12インチを検討してみて下さい。

リストラップを使う2つのメリット

リストラップを導入するメリットは、主に「怪我の防止」と「療養中のトレーニングのサポート」に繋がること。

少し詳しく解説していきます。

怪我の防止につながる

リストラップの役割は、手首を適切に圧迫して関節を安定させることで、手首周辺の怪我の発生率を下げることです。

ベンチプレスなど、ある程度の重量を扱うプレス系種目を実施していると、手首にダメージが蓄積してきます。その結果として怪我に繋がってしまう事があるのですが、そのリスクを軽減してくれるということ。

手首を怪我すると、回復まで本当に時間がかかります。筆者もウエイトリフティングにおいて何度か手首の怪我を経験しました。

怪我をしている期間は、ベンチプレス以外でもジャークやダンベルベンチプレスなどのプレス系種目で、満足に負荷をかけられなくなります。

一般的に、トレーニング初心者は筋力が弱く、関節を安定させる力も弱い方が多い傾向にあります。怪我をしやすい身体状況とも言えますから、上級者だけでなく、初心者にもメリットのあるグッズです。

手首に不安があるときでも、トレーニングしやすくなる

※あくまでも医師から「ラップ・サポーターをつけて痛みがなければエクササイズをして良い」と許可を得られた場合の話です。

リストラップは怪我の予防になるだけでなく、いざダメージを受けたあとのサポートにも有効な場合があります。もちろん加減は必要ですが、何のサポートがない状態よりも高重量を取り扱いやすくなるでしょう。

ベンチプレスを専門にしている方以外でも、練習・競技中に手首にダメージを受けて不安があるアスリートも、リストラップを利用することがあります。

繰り返しますが、怪我をしている際はかならず医師と相談しながらトレーニングを行って下さい。自己判断で行うとさらに怪我を悪化させる可能性があります。

リストラップを扱う上での注意点

リストラップは便利なグッズですが、導入を検討する際や取り扱う上で、いくつか注意しておきたいことがあります。

3つにまとめてご紹介しますので、ぜひ目を通しておいて下さい。

トレーニング中に荷物になる

リストラップは、少々大きくて荷物になるのがデメリットです。

持ち運びの荷物になりますし、トレーニング中に広がってしまった場合、たたむのも面倒に感じることが多いのが難点。

必要なエクササイズが終わったら鞄にしまうのがベストですが、それも手間がかかってしまいます。

仕方ないことですが、リストラップを導入する際には多少の手間が必要になることは知っておいて下さい。

付けっぱなしにすべきではない

リストラップは、例えばジムにいる間ずっとつけっぱなしにするようなグッズではありません。

手首を強めに圧迫して関節を保護してくれますが、それと同時に血流もある程度制限することになります。

リストラップが必要なエクササイズを行うとき以外は緩めるか、基本的には外しておきましょう。

怪我をしないわけではない

リストラップをつければ絶対に怪我をしないかといえば、もちろんそんなことはありません。

どんなエクササイズを行っても、多少なりとも関節へのダメージは入ってきます。それはリストラップ・サポーターをしていても同じです。

もちろんオーバーワークになると痛めてしまいますし、痛みがある状態の時に医師の許可なくトレーニングを行うと悪化させる可能性があります。

リストラップを過信せず、身体のコンディションを管理しながらトレーニングして下さい。

まとめ

リストラップを利用することで、トレーニング時の手首の安定性を高められます。

最大限にリストラップの恩恵を得るためにも、ぜひ自分の取り扱う重量や目的にあった製品を選んで下さい。

良いリストラップを1本用意したい場合、あまりに悩むようであれば、SBDの製品がおすすめです。一度試してみて下さい。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。