HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのプッシュアップバー10選。サイズや耐荷重、素材で徹底比較

おすすめのプッシュアップバー10選。サイズや耐荷重、素材で徹底比較

当記事ではプロトレーナー監修のもと、おすすめのプッシュアップバーをご紹介します。

プッシュアップバーは手軽に入手できるコスパの良い製品ですが、似たような形のグッズが多くて選び方が難しくもあります。

今回は選び方や製品ごとの違いも詳しく比較しながらご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

監修者プロフィール

監修者 古庄 光祐
整体ダイエットトレーナー監修者 古庄 光祐

2003年に鍼灸国家資格取得後、都内クリニック、整骨院に勤務して施術を経験。2011年に鍼灸整体業にて独立開業。
現在は福岡県で鍼灸院「ナチュラルケア糸島」を営みながら、40代女性向けのオンラインダイエットコーチとして活動中。ボディメイクに精通しており、自身もベストボディジャパン日本大会出場を2度経験している。

SNS

Instagram

監修者ページを詳しく見る

プッシュアップバーとは

プッシュアップバーとは

プッシュアップバーは、プッシュアップ(=腕立て伏せ)をするときに使うトレーニンググッズです。

プッシュアップ時に使用すると、胸や肩、腕まわりの筋肉の可動域をより広く取れるのがメリット。また手首を保護する役割も担ってくれる、一石二鳥のアイテムです。

トレーニングにプッシュアップを取り入れるなら、ぜひ導入しておきたいグッズの一つです。

プッシュアップバーの選び方

プッシュアップバーを選ぶときには、主に「安定性」「素材」「サイズ」「オプション機能」を確認することをおすすめします。

現在はとても多くのプッシュアップバーが販売されていますので、自分にあった製品を選んで利用してください。

安定性を確認する

プッシュアップバーを使う際には、安定性が大切です。

安定性の観点では、主に「耐荷重」「滑り止め性能」を確認すると良いでしょう。

耐荷重性能は、自体重以上のものを選んでおけば基本的には問題ありません。しかし腕だけで全体重を支えるようなトレーニングを行う場合は、体重+αの耐荷重の製品を選んでおくと良いでしょう。

またフローリングなどで使う際、万が一にでも滑ってしまうと大変です。基本的に、滑り止めの機構がついている製品を選んで下さい。

素材を確認する

プッシュアップバーの多くは「プラスチック」「金属」「木材」の3種類いずれかの素材で作られています。

「プラスチック」のプッシュアップバーは、軽くて持ち運びが楽ですが、耐荷重量が低めな製品が多い傾向にあります。

「金属」のプッシュアップバーは、一般的にプラスチックの製品よりも重く、耐荷重が強い傾向にあります。持ち運びには少々不便ですが、分解できる製品もありますので、重量が苦にならなければもっともおすすめです。

「木材」のプッシュアップバーは少々珍しいのですが、かなり頑丈な作りになっているのが特徴。見た目に温かみがあり、インテリアにも馴染むため、自宅用におすすめです。

サイズを確認する

プッシュアップバーは、各製品ごとに地面からの高さや、その他サイズが変わります。

地面からの高さが変わると、プッシュアップ時に体を沈み込ませられる範囲(可動域)が変わるため、負荷に影響します。一般的に、高さが高いほどより負荷の高いトレーニングが可能になります。

また持ち運びしたい場合は「コンパクトさ」も選ぶ指標になってきますから、全体的なサイズ感も確認しておきましょう。

オプション機能を確認する

プッシュアップバーには、その他さまざまな機能がついた製品が存在します。

例えば持ち手が回転するものや、ローラータイプになっているもの、あるいはコンパクトに分解できる製品など、それぞれ特徴が異なります。

自分の目的や好みにあったプッシュアップバーを選ぶと良いでしょう。

おすすめのプッシュアップバー10選

おすすめのプッシュアップバー10選

ここからは、プロトレーナーが選んだおすすめのプッシュアップバーをご紹介していきます。

素材や耐荷重、サイズなどを比較しながら選んでみて下さい。

ToBeBoldプッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:300kg
  • サイズ: 長さ24cm ×幅14cm ×高さ13cm
  • 素材:金属
  • オプション機能:固定用の吸盤付き

軽くて安定感のあるプッシュアップバーを選びたいなら、ToBeBoldの製品がおすすめです。

吸盤で床に固定できるようになっており、なおかつプラスチック製なのに耐荷重量が500kgに設定してある1本。小さく分解できるので持ち運びや収納がしやすいのも特徴です。

レビューも内容も良く、またコスパも良いため、おすすめできるプッシュアップバーです。

ACTIVE WINNERプッシュアップバー

ACTIVE WINNERプッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:100kg
  • サイズ:長さ23.5cm ×幅14.5cm ×高さ13.5cm
  • 素材:プラスチック
  • オプション機能:分解可

ACTIVE WINNERプッシュアップバーは、軽くて耐久性に優れるポリプロピレン製の1本。

持ち手の部分に肉厚のスポンジが巻いてあるので、握りやすく吸汗性にも期待できる製品です。またバーの前方が低くなっているため、より深く体を沈めやすい作りになっているのも特徴。

滑り止め性能についても比較的評判が良いため、シンプルな作りのプッシュアップバーを1本用意しておきたい方におすすめです。

鉄人倶楽部プッシュアップバー

鉄人倶楽部プッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:80kg
  • サイズ:長さ20.5cm ×幅11cm ×高さ11cm
  • 素材:プラスチック
  • オプション機能:特になし

鉄人倶楽部のプッシュアップバーは、コンパクトかつ軽量な1本です。

アイロン型でバランスが良く、また底面には滑り止め加工も施されているため、レビューでも「安定性」に定評がありました。

一方で耐荷重量は80kgと少々低めですので、主に女性のトレーニングにおすすめしたいプッシュアップバーです。

Reodoeerプッシュアップバー

Reodoeerプッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:100kg
  • サイズ:長さ22cm ×幅14cm ×高さ12cm
  • 素材:プラスチック
  • オプション機能:分解可

Reodoeerプッシュアップバーは、分解してコンパクトにまとめられる1本です。

耐荷重量も100kgとそれなりに確保されており、またEVAスポンジの滑り止め機構の効きにも特に不満の声が見当たりません。また元々価格帯の低いプッシュアップバーの中でも比較的リーズナブルで、コスパの良い製品です。

リーズナブルかつコンパクトに収納できるプッシュアップバーを探している方におすすめの1本です。

GronG(グロング)プッシュアップバー Hn3720

GronG(グロング)プッシュアップバー Hn3720

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:150kg
  • サイズ:長さ27cm ×幅16cm ×高さ11cm
  • 素材:プラスチック
  • オプション機能:分解可

グロングのプッシュアップバーは、幅が27cmもあるワイドタイプの1本。高さも比較的低めの11cmとなっており、安定性を重視して作られたプッシュアップバーです。

また手が痛くなりにくいようグリップも太めに設計されており、さらには設置面もゴムで摩擦力が高く、とにかくトレーニング時の安定感を重視した1本。

シンプルかつ安定性を重視してプッシュアップバーを選びたい方におすすめです。

adidas プッシュアップバー ADAC-12231 BLK

adidas プッシュアップバー ADAC-12231 BLK

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:250kg
  • サイズ:長さ19.5cm ×幅15cm ×高さ11.5cm
  • 素材:金属
  • オプション機能:特になし

アディダスのプッシュアップバーは、少々特殊な形をしたデザイン性の高い1本です。

375gと軽量な割に耐荷重が250kgに設定されている頑丈さが特徴。プッシュアップバーの中では少々高めではあるものの、それでも3,000円もしない金額で入手できます。

特に海外ユーザーから「頑丈でお気に入りだ」とする声が多いプッシュアップバー。デザインや頑丈さを重視して選びたい方におすすめの1本です。

TEAFOR 木製プッシュアップバー

TEAFOR 木製プッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:300kg
  • サイズ:長さ30cm ×幅14cm ×高さ11cm
  • 素材:木材
  • オプション機能:特になし

TEAFORのプッシュアップバーは、木材でつくられた珍しい製品。木製ということもあり耐荷重量は300kgと、かなり頑丈に作られたプッシュアップバーです。

一見すると「硬くて手が痛くなりそう」と思ってしまいますが、プラスチック製のものと違って手がめり込まない分、むしろ快適に使えるという声も多い製品。

プッシュアップだけでなくプランシェの練習に使う方も多く、とにかく頑丈で長く使えるプッシュアップバーを選びたい方におすすめの1本です。

Cretee プッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • サイズ:長さ64cm ×幅20cm ×高さ11cm
  • 素材:プラスチック
  • オプション機能:角度調整

Creteeのプッシュアップバーは、台座のついた特殊な製品です。

台座の示す通りにハンドルを差し込むと、鍛えたい部位に適した角度に設定され、効かせる筋肉部位をコントロールできるというもの。

プッシュアップバーというよりも「プレート」のような形なので、場所を取るのはデメリットですが、家に据え置きしておく分には問題ないでしょう。

鍛え方のバリエーションを変えながらプッシュアップを楽しみたい方におすすめのプッシュアップバーです。

Withgear 折りたたみ式 デュアルプッシュアップバー

Withgear 折りたたみ式 デュアルプッシュアップバー

詳細スペックを見る

  • 耐荷重量:300kg
  • サイズ:長さ96.5cm ×63.5幅cm ×高さ21cm
  • 素材:金属
  • オプション機能:折り畳み可

Withgearの折りたたみ式プッシュアップバーは、少々大型デザインの製品。通常サイズのプッシュアップバーの高さは12cm前後のところ、この製品は21cmの高さが確保されています。

一般的なプッシュアップトレーニングをするだけなら別の製品で十分かもしれませんが、プランシェなど別のエクササイズに活用する際に検討したい1本。

折り畳みができて持ち運び用バッグもつくため、屋外で使用する用途で検討する方も多いプッシュアップバーです。

La-VIE(ラ・ヴィ)Wモンスターマンローラー

詳細スペックを見る

  • サイズ:長さ19cm ×幅12cm ×高さ11cm
  • 素材:金属
  • オプション機能:ローラー付き

La-VIE(ラ・ヴィ)Wモンスターマンローラーは、一般的なプッシュアップバーに飽きた上級者向けの1本です。

土台がローラーになっており、転がしながら胸筋を鍛える用途で使えますが、ある程度の筋力がなければ満足なトレーニングにならないかもしれません。

ストッパーを使えば一般的なプッシュアップバーとして利用できますが、基本的には一定の筋力があるトレーニーにおすすめの製品です。

プッシュアップバーを使うメリット

次に、プッシュアップバーを使うメリットをご紹介します。

筋肉に強い負荷を与えることができる

プッシュアップバーを使うことで、通常のプッシュアップよりも体を深く沈ませられ、トレーニングの負荷を上げられます。

通常のプッシュアップよりも胸や肩、腕まわりの広い範囲の筋肉を使うことになり、通常のプッシュアップでは鍛えられないような細かい筋肉にもアプローチできるのがメリットです。

手首への負担を軽減できる

プッシュアップバーを使うと、手首を立たせた状態でプッシュアップを行えます。

床に直接手をついてプッシュアップを行うと、どうしても手首に負担が掛かりますが、それが軽減できるというわけです。

プッシュアップ時の手首への負担は無視できませんから、手首保護の観点でもメリットがあります。

コストパフォーマンスがいい

数あるトレーニンググッズの中でも、プッシュアップバーは1本1,000円台から入手できて比較的リーズナブルです。

トレーニングを始めたいと思ったとき、あるいは買い替えを検討するときなどに、手軽に選べるコストパフォーマンスの良さはメリットと言えるでしょう。

プッシュアップバーを使う上での注意点

最後に、実際にプッシュアップバーを使用する上で注意しておきたいことをまとめました。

滑りやすい場所で使わない

今回は滑り止め機構がついているプッシュアップバーのみをご紹介しましたが、それでも床の状態によっては滑ってしまう可能性があります。

一般的なフローリングの上であれば問題ない場合がほとんどですが、場合によってはトレーニングマットを敷いてさらに摩擦を強くするなど、工夫することも検討してください。

正しいフォームで行う

プッシュアップバーを使用すると、一般的なプッシュアップよりも筋肉への負荷を上げられます。

しかしその分、フォームが崩れてしまっては元も子もありません。妙なフォームになってしまい、かえって手首に負担がかかってしまったりすれば本末転倒です。

あくまで正しいフォームで使い、適切にトレーニングを行なっていきましょう。

床が弱い場合は、傷の防止にも配慮を

特に金属製のプッシュアップバーなどは、場合や状況により傷をつけてしまう可能性もあります。

マットと併用する、金属部で擦ってしまわないよう注意するなど、床へのダメージにも配慮して使用しましょう。

まとめ

プッシュアップバーは、1,000円台から購入できるコスパの良い筋トレグッズです。

手首を守りながら筋肉への負荷をアップできるため、プッシュアップをよく取り入れる方はぜひ持っておきたいグッズ。

ぜひ好みに合うプッシュアップバーを選んで、活用してみて下さい。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。