HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのバーベルプレート10選

おすすめのバーベルプレート10選

この記事ではプロトレーナー監修の元、おすすめのバーベルプレートをご紹介します。

バーベルを用意したいときには、シャフトの他にプレートを選ぶ必要があります。シャフトにも色々な種類がある上に、プレートにもまた多くの種類があり、初心者からするとどれを選べば良いのかわかりません。

そこで今回は、バーベルプレートの種類や選び方などの基礎知識からまとめました。

ぜひプレート選びの参考にしてみて下さい。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

バーベルプレートとは

バーベルプレートとは、バーベルシャフトの左右に取り付ける重りです。

一般的にバーベルシャフトとバーベルプレートは別売りになっており、バーベルを用意する際にはプレートも別途用意する必要があります。

なおバーベルはボディビルダーやパワーリフターなどの上級者が利用するイメージが大きいと思いますが、トレーニング初心者でも利用できる道具です。

自分の体力や筋力にとって適切な重さのバーベルプレートを選ぶことで、上級者でも初心者でもトレーニングの幅が広がります。ぜひ導入を検討してみて下さい。

バーベルプレートの種類

バーベルプレートの種類は、主に4つに分かれています。

  • 通常プレート
  • イージーグリッププレート
  • パワーリフティングプレート
  • バンパープレート

中でも多くの一般的なトレーニーのニーズを満たすのは、「通常プレート」か「イージーグリッププレート」のどちらかです。他の二つは競技に出る方や、とにかく重量にこだわりたい方向けですね。

ここでは4種類のプレートの特徴について、一通り解説していきます。

通常プレート

参考商品:FIELDOOR

通常プレートは正円状の形をした見た目のプレートです。

全ての種類のプレートの中で最も安価な価格帯で販売されており、薄く作られている物が多いのが特徴。
一方でやや持ちにくく、扱いにくいというデメリットがあります。

5kg以下の軽重量の製品が多いため、トレーニング初心者帯の方の候補に上がるプレートです。

イージーグリッププレート

参考商品:ボディーメーカー

プレート内に持ち手の穴が開いており、持ちやすく作られているのがイージーグリッププレート。現在最も出回っており、15kg以上のプレートのほとんどがこのタイプです。

メリットは持ちやすく、プレートの取り外しや持ち運びがしやすいこと。一方で通常プレートに比べるとやや高く、プレートサイズも大きくなりがちなのがデメリット。

基本的には「通常プレート」か「イージーグリッププレート」のどちらかを選ぶと良いでしょう。

パワーリフティングプレート

参考商品:BULL

パワーリフティングプレートは、その名の通りパワーリフティング競技用のプレートです。

特徴は薄く作られており、何枚も重ねて「超高重量」といえる重量でトレーニングできる点。

一方でサイズが大きくなるため広い収納スペースが必要な点や、塗装が剥がれて部屋を汚しやすい点、ゴムコーティングされていないため静音性が低い点などがデメリットです。

パワーリフティング競技をされている方など、通常プレートなどでは重量が足りなくなった方におすすめです。

バンパープレート

参考商品:American barbell

バンパープレートはプレートの外周が分厚いゴムになっており、衝撃吸収性を備えているプレートです。

主にウェイトリフティング競技で利用され、例えば高重量を頭上に挙げたとき、安全にバーベルを落とせるような作りになっています。

※通常の建物で普通に落とすと床が抜けますので注意して下さい。落としても大丈夫な強度の床・落とすためのプラットフォームがあって成り立つ競技です。

その他、アスリートの瞬発的なトレーニングに利用されており、スピードを向上させるトレーニングを行うときにも利用されます。

メリットは落とせること。そしてサイズが大きいため床引きデッドリフトがしやすいことです。デメリットは円周・厚みともに大きめで収納スペースをとることや、一般的に高額になることです。

ウェイトリフティング競技をされている方や、トップレベルのアスリートにのみおすすめできるプレートです。

バーベルプレートの選び方

ここでは実際にバーベルプレートを選んでいく際に確認すべきポイントをまとめました。

まずは4種類のプレートの中からどれにするか検討した上で、以下3つのポイントを確認しつつ候補を絞っていきましょう。

ゴムコーティングの有無を確認する

通常プレートかハンドル付きプレートのみの話ですが、ゴムコーティングの有無は大切です。

ゴムコーティングされているプレートは、何かに触れた際に傷がつきにくいことや、塗装が落ちにくく部屋が汚れにくいこと、さらに静音性が高いことなどがメリットです。

一方でプレート自体が分厚くなってしまうことや、価格が比較的高めになってしまう点はデメリットかもしれません。

部屋が汚れたり傷つけたりするのを避けたい方はゴムコーティング有りのプレートを。できるだけ費用を抑えたいならコーティング無しのプレートを選ぶと良いでしょう。

プレートの穴径を確認する

バーベルシャフトのプレート装着部分の直径は、28mmと50mmの2サイズが一般的です。

よってバーベルプレートの穴径もそれに合わせたサイズの物が販売されており、持っているバーベルシャフトに合わせてプレートを選ぶ必要があります。

かならず自分の使っているバーベルシャフトの直径に適合するプレートを選ぶようにしましょう。

総重量を確認する

購入する商品にめどをつけたら、最後に総重量を検討しましょう。

なんとなく購入してしまうと「とりあえず150kg購入したけど全然使わなかった」「100kgのセットでは、スクワットの時に全然物足りない」などのミスマッチが起こる可能性があります。

後から買い足すことは可能ですが、最初に必要な分をセットで買った方が、一般的には費用を抑えられる傾向にあります。

以下、大まかですがトータル重量の目安をまとめました。

対象 おすすめ重量
・一般女性
・小柄な男性(体重50kg〜60kg程度)
100kg前後のセットがおすすめ。競技大会への出場や大きな増量を予定していなければ、ほとんどの人が100kg前後に収まります。
一般体型の男性(体重60kg〜80kg) 150kg前後がおすすめ。大会などに出ないのであれば多くの人にとって十分な重量で、場合により後から少し買い足せば事足ります。
ウェイトの多い男性(体重80kg〜) 175kg前後がおすすめ。スクワットでギリギリ全て扱えるか少しだけ余らすか、といった程度に収まるはずです。

もちろんパワーリフティングなどの大会に出るような方は、普段からトレーニングしている中で現実的な目標重量を購入すると良いでしょう。挙げきるための、丁度良いモチベーションにも繋がるはずです。

おすすめのバーベルプレート10選

ここではプロトレーナーの視点から厳選した、おすすめのバーベルプレートをご紹介していきます。

4つの種類からそれぞれ評判の良いものや使い勝手の良いもの、コスパの良いものなど様々なプレートを選びました。

ぜひプレート選びの検討材料にしてみてください。

BULL Bumper Plate

「とにかく最高品質のバンパープレートが欲しい」という方には、BULLのBumper Plateをおすすめします。

国際ウェイトリフティング連盟公認商品で、国際大会でも利用される品質の高さが魅力。また公認商品のラインナップの中で、個人でも購入できる現実的な値段の製品がこちらです。

とはいえ一般的な製品と比べると高価ですし、場所は取ります。

しかし個人で良いバンパープレートを揃えたい方は、BULLのBumper Plateが良い選択肢になるでしょう。

American Barbell(アメリカンバーベル) スポーツバンパープレート

できるだけ費用を抑えて高品質のバンパープレートが欲しい方には、アメリカンバーベルクラブのスポーツバンパープレートをおすすめします。

値段は20kgが2枚セットで26,900円と、他のバンパープレートと比較してリーズナブル。とはいえ落下させたときの衝撃は十分に吸収してくれるため、国際大会品質ほどではないものの品質の良いプレートです。

あえて欠点を挙げると、色が全て黒であるためぱっと見で重量を判別しにくい点はデメリットかもしれません。

しかしコスパの良いバンパープレートを選びたいなら、とてもおすすめの製品です。

BULL IPF公認パワーリフティングプレート

自宅に国際大会品質のパワーリフティングプレートが欲しい!という方には、BULLのIPF公認パワーリフティングプレートをおすすめします。

国際パワーリフティング連盟公認の品質は「重量誤差」がとても少なく作られているのが特徴。またパワーリフティングプレート特有の薄さで、バーベルのスリーブに多数つけて高重量にできる製品です。

また価格も、家庭用に購入する分と考えても現実的な範囲です。国際大会品質のプレートを使って自宅トレーニングをしたい方は、このバーベルプレートをおすすめします。

IVANKO(イヴァンコ) CBPP ペイントパワーリフティングプレ–ト

予算を抑えて高品質のパワーリフティングプレートが欲しいというのであればIVANKOのパワーリフティングプレートがおすすめです。

IPF公認はとっていませんが、重量誤差は小さくて十分に薄いため、自宅トレーニングに高重量の負荷を取り入れるには十分です。

カラーリングされているため、パッと見て重量がわかりやすいのも良いポイントです。

リーズナブルに高品質のパワーリフティングプレートが欲しい場合は、こちらの製品をおすすめします。

ボディメーカー(BODYMAKER) オリンピックプレート

できるだけ費用を抑えつつ、十分な品質で50mm径用のイージーグリップのトレーニングプレートを用意したい方には、ボディメーカーのオリンピックプレートがおすすめです。

値段はリーズナブルですが、しっかりとラバーコーティングされており、劣化しにくく長く使える製品。

ある程度の重量誤差が出てしまう可能性がある部分は欠点ですが、値段を考えると十分な品質です。

費用を抑えてコーティングされたイージーグリップのプレートを用意したいなら、こちらの製品をおすすめします。

IVANKO(イヴァンコ)オリンピックラバーイージーグリッププレート

イージーグリップの製品のハイエンド商品といえばIVANKOのオリンピックラバーイージーグリッププレートです。

持ち手の部分は、多数の大きな穴が開いており、どんな持ち方をしても握りやすく扱いやすいのが大きな利点です。
ラバーコーティングも分厚くされており、製品劣化もしにくく、これを買っておけば安心という商品です。

もちろん値段は高いです。しかしメンテナンスをすればずっと使えるため、高品質の物を長く使いたいという方にはおすすめします。

ARUMINオリンピックウエイトプレート

とにかく安く50mm径対応のイージーグリップトレーニングプレートが欲しい方には「ARUMINのオリンピックウエイトプレート」をおすすめします。

2.5kg〜20kgのプレート各二枚がセットで26,580円と、各種プレートの中でもかなりリーズナブルな料金が魅力のプレート。

重量誤差が考えられることと、1.25kgがラインナップされていないのはデメリット。細かい重量調整をするためには別途プレートを購入する必要があります。

まずはとにかく安く50mm径対応のイージーグリッププレートを揃えたい時におすすめの製品です。

IVANKO(イヴァンコ) スタンダードペイントイージーグリッププレート

28mm径で高品質のEZグリッププレートが欲しいなら、IVANKOのスタンダートペイントイージーグリッププレートがおすすめです。

IVANKO製品らしく重量誤差はとても小さく、グリップ部分のサイズも十分で、とても持ちやすい形状になっているのが特徴。

ラバーグリップと比較して塗装は剥がれやすいのですが、とはいえ十分に長持ちする製品です。

値段も高すぎるわけではないため、長く良い商品を自宅で使いたい場合はこちらをおすすめします。

IROTEC(アイロテック) アイアンプレート

28mm径のイージーグリップで比較的リーズナブルな商品が欲しいのであれば、IROTECのアイアンプレートをおすすめします。

多少重量誤差は出てしまうものの、グリップ部分に凹凸があり、握りやすい形状になっているのが魅力。

値段も比較的リーズナブルですから、28mm径対応で必要十分な品質な商品が欲しい場合は、IROTECのアイアンプレートがおすすめです。

FIELDOOR

とにかく安く28mm径が欲しい場合は、FIELDOORのプレートをおすすめします。

20kgで4500円と、とにかくリーズナブルなのがメリット。ただハンドルがついていない通常プレートタイプで持ちにくい点や、重量誤差が出てしまう点はデメリットになります。

「まずは気軽にバーベルトレーニングを始めてみたい」という方におすすめの格安プレートです。

バーベルプレートを扱う上での注意点

バーベルプレートを扱う上での注意点

利用するスペースには、保護マットを敷くなどの対応が必要

バーベルプレートを使用するスペースでは、破損や騒音を防ぐために床にゴムや保護マットを敷くなど工夫して下さい。

特に高重量のプレートだと、少し勢いがついて床に触れただけでも傷がついてしまうほどです。

ちなみにバンパープレートは落としても良い設計で作られていますが、それはあくまで競技専用のスペースでのみ通用する話です。

いくら保護マットを敷いていても、自宅などの一般的なスペースでは落としたりしないよう注意して下さい。

騒音・振動に注意

プレートをバーベルに設置したり、ラックに戻したりするときなどには、思いのほか大きな音と振動が発生します。

特にアパートやマンションなどの集合住宅では、周辺の住人の方も気になってしまうほどの騒音になりかねません。

ゆっくり取り付けたり、床に置く部分に柔らかい素材を敷いたりして、騒音・振動への対策を忘れないようにしましょう。

錆びや塗装剥がれに注意

バーベルプレートは錆びたり塗装が剥がれたりして、部屋を汚してしまう可能性があります。

もちろん錆が発生しにくいように塗装されているのですが、それもいつかは剥がれてきますし、プレートの穴など塗装できない部分ではやはり錆が発生してしまうことがあります。

定期的に錆取りをするなど、メンテナンスを忘れないようにしましょう。

まとめ

バーベルプレートには様々なタイプが存在し、目的によって選ぶ製品が変わってきます。

まずは「通常プレート・イージーグリッププレート・パワーリフティングプレート・バンパープレート」の4つの中から、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

その上でゴムコーティングの有無、穴径、総重量を検討して、実際の製品を選んでみて下さい。

自分のに合ったバーベルを用意して、より良いトレーニングを実現していきましょう。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。