HOT KEYWORDS

筋トレグッズ

WriterQOOL編集部

おすすめのウォーターバッグ10選

おすすめのウォーターバッグ10選

この記事ではプロトレーナー監修の元、おすすめのウォーターバッグをご紹介します。

ウォーターバッグは主に「バランストレーニング」に用いられるトレーニンググッズですが、各製品ごとにサイズや容量の細かい違いがあります。

今回はそもそもウォーターバッグを利用するメリットから、選ぶ際に比較すべき製品ごとの違い、また実際にトレーニングで扱う際の注意点までまとめました。

ぜひウォーターバッグを選ぶ際にご参考ください。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

ウォーターバッグとは

ウォーターバッグとは筒状かボール状の容器に水が入っているトレーニング用品です。

バーベルのように利用して筋トレができるほか、容器内の水の揺れを利用したバランストレーニングなども可能で応用の効くアイテム。

そのためサッカーやバスケットボール、テニスなどの選手が、動きの安定性(スタビリティ)を高めるトレーニングに用いることも多いグッズです。

具体的なトレーニング方法は「スタビリティ」について解説した記事で触れていますので、併せてご参考ください。

ウォーターバッグを使うメリット

ウォーターバッグを使うメリット

出典:Amazon,POYEL

ウォーターバッグの魅力は、やはり「水」を利用するところにあります。水の揺れを利用したトレーニングができ、安全に使えて、また携帯性も抜群です。

ここではウォーターバッグを使う具体的なメリットを、3つに分けて解説していきます。

体幹など安定性を高めるトレーニングに使える

ウォーターバックを利用すれば、体幹や肩・股関節などの安定性を高めるためのトレーニングができます。

容器内に入っているのが水であるため、バッグ内で揺れて体の安定性を崩そうとします。その揺れから体を安定させるために力を発揮して動作を行うことで、関節の安定性を高めるトレーニングになります。

バランスボールや半球状のボスボールもバランスを鍛えるために用いられますが、足下が安定していない点や、移動を伴ったエクササイズが行いにくい点がデメリットになります。

一方でウォーターバックでは、安定した足下を確保し、実際に競技動作や移動を伴う動作に不安定性をもたらせる点がメリット。

そういった意味で、競技中に行う動作に不安定な負荷をかけてバランストレーニングが行えるという利点があります。

他のバランストレーニンググッズより安全性が高い

ウォーターバッグは、他のバランストレーニング用具よりトレーニングの安全性が高いのも特徴です。

一般的なバランストレーニング用品、例えばバランスボールなどは、足下の安定性を崩して負荷をかけます。するとやはり転倒するリスクがあり、例えば手首をついてしまってケガに繋がる可能性も考えられます。

しかしウォーターバッグでは足下の安定性が確保されているため、その心配がありません。また頭上から落としそうな場合は、ハンドルから手を離して逃げてしまえばいいだけです。

中身は水ですから、仮にやぶけても水を掃いて乾燥させるだけで済みますね。

そのため、他のバランストレーニング用品よりも安全にトレーニングしやすいグッズだと言えます。

携帯性が高い

ウォーターバッグは携帯性が高く、遠征先などに持って行きやすいのもメリットです。

遠征先ではウェイトトレーニング機材などが限られることが多く、しばしばコンディション調整に苦労します。

しかしウォーターバッグであれば、水と空気を抜くことで小さく折りたため、持ち運びも簡単にできます。

限度はありますが重量負荷をかけることができますし、簡易的なウェイトトレーニングも行えるため、遠征先・合宿中のコンディション調整に役立つでしょう。

ウォーターバッグを選ぶポイント

ウォーターバッグを選ぶ際には、主に「形状・容量・サイズ」を確認する必要があります。

自分の行いたいトレーニングや、自分の体力に応じて選んで下さい。

以下、選ぶ際に確認しておきたい具体的なポイントについて解説していきます。

形状

ウォーターバッグは「筒タイプ」「ボールタイプ」の2種類の形状がありますので、用途によって選びましょう。

筒タイプは細長い筒の中に水が入っている形状の製品。市場に出ているほとんどが筒タイプのウォーターバッグです。
多量の水を入れられて高重量の負荷をかけられることや、横に長いために横に揺れる負荷を強くかけられるのが特徴です。

ボールタイプは、ボールの中に水が入っている形状のウォーターバッグで、どちらかといえばマイナーです。
特徴はスイング動作がしやすいことや、横揺れ負荷が小さくなるため体力に自信がない人でも扱いやすいこと。しかし水を多く入れられないため、あまり重量負荷をかけられない点はデメリットになるかもしれません。

基本的に筒状タイプを買っておけば問題ありませんが、スイング動作を重点的に行いたい方や、体力に自信がないと方はボールタイプの購入を検討しましょう。

容量

形状を検討した次に、ウォーターバック内に入る容量も検討しましょう。

最も標準的なスペックは、35ℓ前後の製品です。35ℓ帯は標準的な体格の成人男性が扱いやすい容量で、商品ラインナップが多くなっています。

35ℓで物足りなくなったら、より大きな40ℓ以上のサイズに挑戦してみると良いかもしれません。

一方で女性や体格が小さめの方、体力に自信のない方は20〜30ℓ程度のウォーターバッグを選ぶと良いでしょう。

※ちなみに1ℓ=1kgですから、製品情報では大体「○kg」の表記になっています。

細かい重量は水の入れ方で調整できますので、まずは上記を目安に1本用意しておき、入れる水の量で負荷を調整して下さい。

横幅

これは筒タイプのみの確認事項になりますが、ウォーターバッグは横幅の広さも考慮する必要があります。

横幅が広いほど、大きな横揺れの負荷をかけられ、負荷レベルを上げられます。一方で狭い方が、横揺れ負荷を小さくできます。

標準的なサイズが750mm前後。長めだと800mm前後で、短めだと620mm程度の製品があります。

特にバスケットボールやサッカー選手など、横に大きく動く競技や、横から強く押されるのにこらえる必要がある競技のトレーニングには、長いものを購入すると良いでしょう。

ウォーターバッグおすすめ10選

それでは、プロトレーナーおすすめのウォーターバッグをご紹介していきます。

さまざまなサイズや容量のおすすめグッズをまとめましたので、自分の用途に合ったウォーターバッグを探してみて下さい。

Soomloom ウォーターバッグ

Soomloomのウォーターバッグは、ウォーターバッグのスタンダードとも言える製品です。

36kgと必要十分な重量設定で、750mmと適度な横幅、しかも水量が一目で確認できる目盛り付き。値段も5000円を切っており、特に文句をつけるところがありません。

標準的な体格の成人男性は、まずはこのウォーターバッグを買っておけば間違いありません。特別に横幅や容量にこだわりがある方以外は、まずはこちらを検討してみて下さい。

Muscle Works ウォーターバッグ トレーニング

標準的なサイズをできるだけ安く手に入れたい方には、Muscle Worksのウォーターバッグがおすすめです。

基本的な機能はSOOMLOOMと差がありませんが、値段がやや安めでコストパフォーマンスが良い製品。
しかし水量目盛りが付いていませんので水量が一目で確認できないところはデメリットかもしれません。

目盛りが無いのが気にならず、またできるだけ費用を抑えたいのであれば、Muscle Worksのウォーターバッグがおすすめです。

BodyMakerウォーターバッグ40kg

横幅が広く、高重量のウォーターバッグが欲しい場合は「Body Makerのウォーターバッグ40kgエアーポンプセット」がおすすめです。

MAX35kgの容量に設定されているウォーターバッグが多い中で、本製品は40kgまで重量設定ができます。しかも横幅も790mmと広く、これはBody Makerの製品ならでは。

より大きな横揺れ負荷を取り入れたい方には、Body Makerのウォーターバッグがおすすめです。

GOLDAXE ウォーターバッグ

重量は40kgまでいらないけど、横幅が広いタイプが欲しいのであればGOLDAXEのウォーターバッグがおすすめです。

最大重量は35kgですが横幅は800mmもあり、大きな横揺れ負荷をかけられるスペック。価格も比較的リーズナブルでコスパの良い製品です。

「エアが目一杯入らないから少し扱いずらい」とするレビューもありましたが、実利用にはほぼ問題はないように思います。

重量負荷は標準程度でよく、横揺れ負荷を強くかけたい方におすすめです。

FIELDOOR コアトレーニングタンク

もう少し横揺れ負荷が欲しいと思うのならFIELDOORのコアトレーニングタンクがおすすめです。

重量は30kg(参考)と少し低めですが、横幅が840mmとスタンダードなタイプより90mmも広く、強い横揺れ負荷をかけられる製品。

大きな横揺れ負荷をコントロールする力をトレーニングしたい場合は、FIELDOORのコアトレーニングタンクをおすすめします。

EASY CHANGE ウォーターバッグ

極端な横揺れ負荷をかけたいのであればEasy Cahngeのウォーターバッグがおすすめです。

40kgサイズで、なんと横幅1,100mm。一般的な用途では長すぎるかもしれませんが、とにかく大きな横揺れ負荷をかけられる製品です。

一方で長すぎてスペースをとることや、高重量でトレーニングを行うのが難しいことがデメリットになります。デザインでも好き嫌いが出るかもしれません。

かなりニッチな製品ですが、とにかく横揺れ負荷を強くかけたい方におすすめのウォーターバッグです。

poyleウォーターバッグ

小さいサイズで横幅が広いタイプのウォーターバッグなら、Poyleのウォーターバッグがおすすめです。

MAX重量は15kgと軽めですが、横幅は780mm程度と長め。軽量ですから素早く動かすトレーニングも行いやすく、高速度で水の移動をコントロールする力を鍛えられる製品です。

軽めの負荷でトレーニングしたい女性や、素早い動きをコントロールする用途で検討している方には、poyleのウォーターバッグがおすすめです。

【SPINTA】ウォーターバッグ

軽量かつ横幅が狭いウォーターバッグなら、SPINTAのウォーターバッグがおすすめです。

横幅は620mmと今回紹介する商品の中では最も狭く、重量も15kgまでと、かなりコンパクトな製品。小柄な女性や子ども、体力に自信のない方でも扱いやすいウォーターバッグです。

重量を扱う自信がない、横の揺れをコントロールする自信がないという方は、まずこの商品から利用してみることをおすすめします。

FIELDOOR コアトレーニングタンク

ベーシックなボールタイプのウォーターバッグなら、FIELDOORのコアトレーニングタンクがおすすめです。

直径30cmとバスケットボールよりも少し大きいサイズで、スイング動作のトレーニングをするにもちょうど良い大きさ。また重量も最大15kgと、ボールタイプとしては標準的な重量です。

ボールタイプのため横揺れ負荷が小さいため、初心者にもおすすめ。

球技やスイング動作のためのトレーニングをしたい場合は、FIELDOORのコアトレーニングタンクを選ぶと良いでしょう。

エバニュー ウォーターメディシンボール

ボールタイプのウォーターバッグを投げてトレーニングしたい場合は、エバニューのウォーターメディシンボール一択です。

取っ手はありませんが、滑り止め加工された固い表面になっているため、放り投げて叩きつけても使えます。

重量は1〜6kgまでのラインナップで、投げられるボールタイプのウォーターバッグは市場にこのシリーズのみ。(※執筆時点)

投げるトレーニングにウォーターバッグを活用したい方には、エバニューのウォーターメディシンボールをおすすめします。

ウォーターバッグを扱う上での注意点

最後に、ウォーターバッグを扱う上で注意しておきたいことをご紹介しておきます。

筋肥大トレーニングには向かない

ウォーターバッグは、筋肉を大きくするトレーニングや、筋出力を上げるトレーニングには向いていません。

メインの用途となるのは、あくまでも体の安定性を高めるトレーニングです。バランスを取るために力を発揮するため、そこに同時に高重量の負荷は掛けられないということです。

筋肥大や筋出力アップを目指したトレーニングをしたい場合には、高重量の負荷をかけられる別の用具(ダンベルやバーベルなど)を検討しましょう。

水を入れるのが手間ではある

標準的なウォーターバッグは、35ℓ前後の水量をいれて使用します。それだけの水を入れるのには、それなりの手間が掛かることには注意しておいて下さい。

実際の手順としては、まずホースを用意して、お風呂場や屋外など水が多少こぼれても良い場所で水をいれて、利用する場所まで運ぶ必要があります。
それがチーム分ともなると、多数のバッグを運ばなければなりません。

とはいえ「面倒だから」といって水を入れたまま据え置きにすると、かなり収納にスペースを使います。この辺りの「手間」は考慮した上で、購入するようにしましょう。

基本的に投げてはいけない

スイング動作のトレーニングに利用できるボール型のウォーターバッグも、投げるのはNGです。

基本的にポリ塩化ビニール素材でできているため、固い地面やとがったものなどに勢いよくあたると、破けて破損してしまいます。

今回ご紹介した中では「エバニュー ウォーターメディシンボール」だけは投げる用途で利用できますが、一般的な素材のものは投げないように注意して下さい。

まとめ

ウォーターバックは体の安定性を高めるトレーニングに利用できるグッズです。

特にサッカーやバスケットボール、テニスなどの競技向けのトレーニングに有効で、遠征時の持ち運びもしやすいアイテムです。

選ぶ際には形状と容量、横幅に注意して、自分達の用途に合ったウォーターバッグを選んで下さいね。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。