HOT KEYWORDS

カラダづくりの豆知識

WriterQOOL編集部

バランスボールダイエットとは?メリットデメリット、やり方を解説

バランスボールダイエットとは?メリットデメリット、やり方を解説

当記事では「バランスボールダイエット」について解説します。

ゴム製の大きなボール状のトレーニング用品であるバランスボール。値段も安くとても手軽に購入できるため、自宅で利用している人も多くいますが、果たしてダイエットにもなるのでしょうか?

この記事ではバランスボールダイエットの効果やメリット・デメリットについて、プロのパーソナルトレーナー監修のもと解説していきます。

監修・ライタープロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

バランスボールダイエットとは

バランスボールダイエットとは

バランスボールダイエットとは、大きいゴム製のボール状のトレーニング用品である「バランスボール」を利用したダイエット方法。

バランスボールは乗ったり座ったりすることで不安定な状況を作り出せるため、例えば上に座るだけで無意識にバランスをとることになり、腹筋・背筋にアプローチできます。

よって直接的にカロリーを消費するようなエクササイズにはなりませんが、引き締め目的でトレーニングしたい方におすすめのダイエット方法と言えます。

バランスボールダイエットのメリット

バランスボールダイエットのメリット

道具さえあればどこでもできる

バランスボールダイエットは、ボールさえ手元にあれば実施できる手軽さが魅力です。

バランスボールの上に正しい姿勢で座るだけで腹筋や背筋を鍛えられますから、動きやすい服装に着替える必要や、ジムに行ったりする必要がありません。

エクササイズをやる際の「着替え」は意外と面倒くさく、細かい面倒なことがメンタルブロックとなって継続を妨げてしまうこともあります。

バランスボールさえあれば気軽に運動できるのは、バランスボールダイエットの魅力の一つですね。

座っているだけでもOK

バランスボールは、正しい姿勢で座っているだけで腹筋・背筋が普通より強く使われる道具です。

例えばダンベルを使ったトレーニングだと、意外と複雑なフォームを覚える必要があります。その点バランスボールダイエットだと、動きや姿勢がある程度シンプルなのが魅力ですね。

もちろん他のトレーニングに使ったりと応用も効きますが、ただ座っているだけでも鍛えられるのが、バランスボールダイエットのメリットです。

色々なエクササイズが楽しめる

バランスボールは元々リハビリのために開発されたトレーニング用品ですから、用途は座るだけではありません。

例えばボール上で腹筋を行ったり、ストレッチを行ったりと、様々なエクササイズに使えるのが魅力ですね。

毎回同じ動きばかりしていると、どうしても飽きてしまいますので、手軽にさまざまなエクササイズが楽しめるのもバランスボールダイエットのメリットです。

バランスボールダイエットのデメリット

バランスボールダイエットのデメリット

同じ姿勢を維持するのは意外と難しい

バランスボールの上に良い姿勢で座ること自体はできますが、それを維持するのは意外と難易度の高いエクササイズです。

座っているだけで腹筋や背筋にアプローチできますが、反対に言えばずっと筋肉を使い続けることに他なりません。

あまり長く使いすぎると、思ったよりも疲労が溜まってしまう恐れもありますので、できる範囲で続けていきましょう。

バランスボールの収納場所が必要

バランスボールダイエットで利用するボールのサイズは、直径55〜75cm程度が一般的です。つまりそれを収納するスペースが必要になることは覚えておきましょう。

普段使うイスをバランスボールに置き換える方法もありますが、疲労しやすく作業効率が下がる可能性があるため、常に使うのはあまりおすすめしません。たまに椅子と入れ替えてエクササイズをしてあげる程度がおすすめです。

収納場所については、導入前に考えておきましょう。

お尻が蒸れやすい

バランスボールは、ある程度の時間座っている必要があるため、お尻が蒸れやすいのはデメリットかもしれません。

バランスボールの製品の特性上、基本的に全てゴムでできています。そのため長時間利用していると、どうしても蒸れは感じてしまいます。

特に夏場は、お尻まわりのケアも考えておきましょう。

バランスボールダイエットのやり方

バランスボールダイエットのやり方

自分に合ったサイズのバランスボールを買う

バランスボールダイエットを正しく行うためには、自分に合ったサイズのバランスボールを選ぶ必要があります。

座って使う事を考えると、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 太ももが地面と平行になる
  • すねが地面に対して直角になる
  • 足の裏全面が地面に触れる

一般的に普及しているサイズは55〜75cm。目安として身長173cmの筆者がバランスボールをイスにするときは、直径65cmのボールに空気をパンパンにして丁度良い高さでした。

目安として〜170cmの方なら55cm。〜180cmの方は65cm。180cm以上の方なら75cmのものを選ぶと良いでしょう。

正しい姿勢で座る

バランスボールダイエットでは、何より正しい姿勢で座ることが大切です。

以下の条件を満たす座り方が理想です。

  • 太ももが地面と平行になっている
  • すねは地面に対して直角になっている
  • 足の裏全面が地面に触れている
  • 背筋が真っ直ぐ伸びている
  • 腹筋に力が入り固くなっている

上記の姿勢を取れれば、腹筋や背筋にしっかりアプローチできるはずです。

さまざまなエクササイズ・ストレッチを行う

バランスボールは座っている乗っているだけでも筋肉にアプローチできますが、さまざまなエクササイズを行うのもおすすめです。

座っているだけのエクササイズに飽きてきたとき、あるいはもっと強力に鍛えていきたいときなどは、ぜひ他のエクササイズにチャレンジしてみて下さい。

バランスボールダイエットを行う上での注意点

初心者は空気をしっかり入れる

特にバランスボールを使ったことがない方は、使用する際にしっかりと空気を入れるようにしましょう。

空気がパンパンの状態にすることで、ボールが固くなり、比較的安定性が高い状態になります。

エクササイズ上級者は、あえて空気を抜いて不安定な状況を作る場合もありますが、慣れない内はしっかりと空気を入れてバランスボールを利用しましょう。

仕事中のイスとしては、長時間使わないようにする

バランスボールを仕事中のイスとして長時間使うのは、あまりおすすめできません。

率直な意見として、バランスボールをイスとして長時間利用すると、作業効率が下がる傾向にあります。疲労もしますし、不安定になるため、スムーズにキーボードやマウスを使うなどのデスク作業がしにくくなるのです。

たまにイスとボールを入れ変えて、体をほぐすような目的で使う程度がおすすめです。

バランスボールの上に立たない

バランスボールの上で立って行うようなエクササイズはやめておきましょう。

例えばバランスボールの上でスクワットなどを行う方がいますが、かなり難易度が高い割に、ダイエット目的としてはさほど効果が大きくなることはありません。

ダイエット目的の方には、あまりメリットがないことですので、無茶な使い方はしないよう気をつけて下さい。

まとめ

バランスボールダイエットはバランスボール一つで手軽にエクササイズ・ストレッチができるダイエット方法です。

座るだけでエクササイズが行えたり、様々なエクササイズにチャレンジできたりと、日常生活の中に手軽にエクササイズを組み込めるのがメリットです。

あまり難しいトレーニングはしたくないという方は、ぜひバランスボールを利用してダイエットを始めてみて下さい。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。