HOT KEYWORDS

カラダづくりの豆知識

WriterQOOL編集部

水泳ダイエットとは?メリットデメリットと始め方を解説

水泳ダイエットとは?メリットデメリットと始め方を解説

当記事ではプロトレーナー監修の元「水泳ダイエット」について解説します。

水泳ダイエットは、体力に自信のない方でも始めやすいエクササイズです。陸上で行うトレーニングと比べて、体への負担をおさえて全身運動をしやすいため、これまであまり運動をしたことがない方にもおすすめです。

水泳ダイエットのメリットやデメリット、始め方について、わかりやすく解説していきます。

ライター・監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

水泳ダイエットとは

水泳ダイエットとは

水泳ダイエットとは、水泳を行ってカロリー消費や筋力アップを目指すダイエット方法。水の抵抗で自然と体に負荷がかかるため、泳ぐだけで体全体にアプローチできるのが特徴です。

基本的にはクロールや平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライなどでエクササイズを行っていきますが、はじめから上手に泳げる必要はありません。

まずは水中ウォーキングから始めても有酸素運動になりますから、運動初心者でも手軽に行えるのが「水泳ダイエット」の魅力です。

水泳ダイエットのメリット

水泳ダイエットのメリット

ひざ・腰に対する負担が小さい

水泳ダイエットは水中で行うために、浮力が働きます。そのため地上で行う多くのエクササイズと比べて、膝や腰に対する負担が小さくなるのが特徴です。

例えばウォーキングやジョギングなどは、接地するごとに膝や腰に衝撃が入り、ダメージが蓄積されます。運動になれていないと早い段階で痛みがでる可能性があるため、慎重に進めなければいけません。

しかし水泳なら、浮力によって体にかかる負担が小さいため、初心者でも思い切って運動できるのがメリットです。

全身を使って運動できる

水泳ダイエットは、どこかの部位だけ鍛えるというよりも「全身運動」がしやすいのもメリットです。

仮に陸上でウォーキングを行った場合、上半身にほとんど負荷はかかりません。しかし、水中であれば水の抵抗で上半身や体幹に負荷がかかり、意識せずに全身運動になります。

水泳では自然と全身を動かしますし、水中ウォーキングだけでも全身運動になりますから、初心者でも自然と全身を使った運動ができるのがメリットです。

筋力と持久力を同時に鍛えられる

水泳では水の抵抗がかかるため、陸上で動作するよりも自然と筋肉を強く使います。

また長時間継続してトレーニングしやすいのも水泳ダイエットの特徴。長時間水の抵抗を受けながら泳ぐことで、心肺機能が鍛えられ、持久力アップにも繋がるでしょう。

陸上でウォーキングや自体重での筋トレを行うよりも、同時にさまざまなトレーニングができるのも水泳のメリットです。

水泳ダイエットのデメリット

水泳ダイエットのデメリット

プールに通う必要がある

水泳ダイエットを始めるには、当然ではありますがプールの利用が必要です。

よって一般的な筋トレなどのエクササイズと比べて、始めるまでのハードルが少々高いことはデメリットかもしれません。

肝心のプールですが、市営プールや大きめのフィットネスクラブ内のプールを利用するのが一般的です。

まずは近所にプールがあるのか調べ、継続して通いやすいのかチェックするところから始めましょう。

お化粧などを落とさなければいけない

プールに入る際には、お化粧や整髪料を落とさなければいけません。

すっぴんを見られたくない場合は前後にお化粧をする手間がかかりますから、人によってはこの点がデメリットになりそうです。

また髪を乾かす必要もあったりと、陸上で行う一般的なエクササイズと比べて少々手間がかかるのはデメリットかもしれません。

お金がかかる

水泳ダイエットはプールが必要なため、施設利用料がかかります。どこでも始められるようなトレーニングやエクササイズと比べて、費用面でもデメリットを感じるかもしれません。

例えばフィットネスクラブのプールのみ会員で、月額7,000〜8,000円(税込)/月程度はかかります。一方で公営の施設であれば値段は安くなり、1回数百円程度で利用できますが、サービス内容は最低限になります。

どちらにせよコストや手間がかかってしまうため、思いついてすぐに手軽に始めることが難しいのがデメリットと言えるでしょう。

水泳ダイエットの始め方

水泳ダイエットの始め方

必要な用具を購入する

水泳ダイエットを始める場合、まず必要な用具を購入する必要があります。

基本的には「水着」「スイムキャップ」「ゴーグル」「小銭入れ」「プールバッグ」を準備しておくと良いでしょう。

中でもかならず必要になるのが「水着」と「スイムキャップ」です。

ウォーキングや軽く泳ぐ程度のつもりであれば一般的な水着で良いと思いますが、快適に泳ぎたいのであれば、競泳用水着を購入すると良いでしょう。スイムキャップもほとんどのプールで着用必須ですから、気が乗らなくても準備しておきましょう。

(プール利用の詳細ルールに関しては、契約した施設にお問い合わせください。)

「ゴーグル」は必須ではありませんが、泳ぐ際にあると便利です。その他、小物を入れるためのプールバッグや飲み物などを買うための小銭入れがあると便利でしょう。

最初はウォーキングでもOK。少しずつ行う

「水泳ダイエット」とは言いますが、体力に自信のない内は、無理に泳がず水中でウォーキングをするだけでもエクササイズになります。

自身の体力にあわせて、泳ぐだけでなく水中ウォーキングから始めるのも検討しましょう。

多くのプールでは「ウォーキング専用のコース」が用意されており、多くの人が利用しています。無理に泳ぐよりも、まずはそこから慣らして体力をつけるのが良いかもしれません。

無理をしないことが継続のカギです。水泳はある程度技術が必要なため、泳ぐのが大変であれば、最初は水中ウォーキングから体力をつけていくようにしましょう。

泳法のグループレッスンに参加してみる

プールがある施設の多くでは、初心者向けの泳法グループレッスンが用意されています。プールに慣れてきたら、ここに参加して泳ぎ方をマスターするのがおすすめです。

水中だといくら体にかかる負担が少ないといっても、がむしゃらに泳ぐのはおすすめできません。

正しい泳ぎ方を覚えると、泳ぐことがどんどん楽しくなってきますし、体に無理な負担をかけずに運動を続けやすくなります。

楽しく水泳ダイエットを行うためには、専門のインストラクターに泳ぎ方を教えてもらうと良いでしょう。

水泳ダイエットの注意点

プール監視員の指示に必ず従う

プールを利用する際は、監視員の指示に必ず従うようにしましょう。

プールは一歩間違えると致命的な事故が起こりかねません。事故を防ぐためには監視員の指示に必ず従い、安全な行動をとるようにしましょう。

休憩を必ず取る

水泳ダイエットをする際には、必ず休憩を細かく取りましょう。

水泳は自分が思っているよりも疲労が溜まりやすいため、意識して休憩するのが大切。疲労しきる前にこまめに休憩を取りながら、楽しく水泳ダイエットを続けていきましょう。

食事にも気をつかう

水泳ダイエットで効果を出すためには、食事にも気をつかいましょう。

仮に水泳でエネルギーを消費しても、それ以上に食べ過ぎてしまっては体重の増加につながってしまいます。

特に水泳後は気持ちがスッキリして「ちょっと食べてもいいかな?」と気が緩みがちです。

ぜひ食事にも気をつけながら、水泳ダイエットを続けていって下さい。

まとめ

水泳ダイエットは、プールを利用するのにコストや手間がかかってしまうのが欠点ですが、体力に自信のない人でも始めやすいダイエット方法です。

全身運動ができますし、筋トレなどと比べると体への負担も少なくできるトレーニング。

この記事を参考に、ぜひ楽しく水泳ダイエットを始めてみて下さい

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。