HOT KEYWORDS

カラダづくりの豆知識

WriterQOOL編集部

ボルダリングダイエットとは?効果やメリット・デメリットを解説

ボルダリングダイエットとは?効果やメリット・デメリットを解説

色とりどりの突起を上るスポーツのボルダリングですが、その話題性から最近はダイエット目的でも行われるようになりました。

この記事ではボルダリングダイエットの効果やメリット・デメリットについて、プロのパーソナルトレーナーがわかりやすく解説していきます。

監修者プロフィール

監修者 藤本 千晶
パーソナルトレーナー監修者 藤本 千晶

2010年に仙台大学大学院修了後、車いすバスケットボール日本代表選手や高校バスケットボールチーム・大学男子ラクロスのストレングスコーチとして活動。
2016年からは活動拠点を栃木県宇都宮市に移し、パーソナルジムにて一般利用者を対象にした健康増進・体型改善のトレーニング指導を経験する。
現在はフリーランストレーナーとして、女性の体型改善専門のパーソナルトレーナー・オンラインダイエットコーチとして活動中。

 

SNS

Twitter
Instagram

監修者ページを詳しく見る

ボルダリングダイエットとは

ボルダリングダイエットとは

ボルダリングとは、壁を登るクライミングの一種。命綱のようなロープをつけずに行い、落ちても安全な高さで、かつ床に衝撃を吸収するマットを敷いて行うのが特徴です。

ボルダリングはオリンピックでも競技として採用されたため、ご覧になったことがあるかもしれません。反り立つ壁に、ロープなしで挑んでいく選手の姿には驚かされますよね。

そう考えると、初心者には難しそうなイメージがつきますが、実は運動初心者でも体力に合わせて始められるスポーツなのです。そのような背景から、フィットネス目的でボルダリングを行う人も増えてきました。

ボルダリングダイエットのメリット

ボルダリングダイエットのメリット

ここではボルダリングダイエットを行うメリットについて解説します。

上半身の筋力をつけるのにぴったり

ボルダリングは、上半身の筋力をつけて引き締めたい方にピッタリ。特に背中をきたえたい場合におすすめです。

ボルダリングは壁についている突起物「ホールド」を掴みながら上るスポーツ。体を引っ張り上げて登るときに、背中の大きな筋肉である広背筋が強く使われます。

広背筋は背中の輪郭を作っている筋肉ですので、鍛えることでシャープな逆三角に近づいていきます。

特に自重トレーニングで引く運動はなかなか行えないため、背中を鍛えたい方にはおすすめの方法です。

レベルによってルートを変えられる

難しいイメージがつきまとうボルダリングですが、初心者向けのルートが用意されているため、初めてでも楽しみやすいスポーツです。

初心者向けのルートには手が届きやすい位置に、しっかりとつかみやすい形状のホールドが設置されているなど、簡単にクリアできるようなものも。

あるコースがクリアできなくても、より簡単な他のコースを選択できるため、自分のレベルに合わせて無理なく取り組みやすいのがボルダリングダイエットの魅力です。

様々なルートがあるため飽きにくい

ボルダリングジムには様々なルートが用意されているため、飽きにくい点も大きなメリットです。

初心者用の難易度の低いルートも多数用意されているジムも多く、レベルアップしていけばまた新たな課題が待っています。

たとえばレベルが上がると、ホールドの位置が遠くなったり、掴みづらい形状のホールドが設置されたりなど、一筋縄では行かない課題もあるのです。

行き詰まったときにはコースの難易度を下げて気分転換するなど、自分が登りたいルートに取り組めます。

ボルダリングダイエットのデメリット

ボルダリングダイエットのデメリット

続いてはボルダリングダイエットのデメリットを紹介します。

初心者は筋肉痛が大きくなる

ボルダリングを始めたばかりの初心者は、たくさんの筋肉を使います。そのため翌日以降、激しい筋肉痛に襲われるかもしれません。

壁に登る動作は、いうなれば懸垂と同じ動作。脚の補助があるとはいえ、初心者にとっては強度が高めの運動ですから、疲労は大きいと言えます。

特に背中の筋肉は日常で使う機会が少ないため、ボルダリングによって刺激が入ることで、余計に筋肉痛に繋がりやすいのです。

慣れてしまえば徐々に和らいでいくはずですが、始めたての頃はつらいかもしれません。

行える場所が限られる

ボルダリングを行える施設はまだまだ限られているため、希望のエリアでは行えない可能性があるのもデメリットの一つ。ジムに通うのに、時間がかかってしまう可能性があります。

ボルダリングをダイエット目的で行うために大切なのは継続。通うこと自体がおっくうになってしまえば、なかなか継続も難しいはずです。

可能な限り通いやすい位置でジムを探すようにしましょう。

ある程度お金がかかってしまう

ある程度お金がかかってしまうのも、ボルダリングのデメリット。筆者が住む栃木県宇都宮市だと、単発利用の相場は2時間で大人1,200円前後です。

週に一回通うとしても月に5,000円程度かかってしまいます。継続するとなると年間5万円以上の出費につながってしまうため、お金をかけずに手軽にダイエットを行いたい方には向いていない方法です。

楽しみながら上半身を引き締めたい方におすすめ

メリット・デメリットをまとめると、ボルダリングは楽しみながら上半身を引き締めたい方におすすめのダイエット方法です。

ボルダリングではレベルや気分に合わせてルートを変えられるため、楽しみながら自然と上半身、特に背中の筋肉が鍛えられます。

通える範囲にボルダリングジムがあり、出費の問題もクリアしている方にはとてもおすすめできるダイエット方法です。

ボルダリングダイエットの正しいやり方

ボルダリングダイエットの正しいやり方

では続いて、ボルダリングダイエットの正しいやり方について解説します。

本章を参考に、あなたに合った方法で始めてみてください。

最初は登り方をインストラクターに教えてもらう

初めてボルダリングに挑戦するのなら、インストラクターに登り方を教えてもらいましょう。安全な登り方を覚えると、ボルダリングがより楽しめるはずです。

上達するのはとても楽しく、なんといってもなかなかクリアできなかった課題をクリアしたときの達成感は言葉で表せないほど爽快です。

しかし安全かつ正しく登れなければ、上手く登れないばかりか、疲労がたまるだけで面白くありません。

ジムによっては初回のオリエンテーションが設けられているジムもありますので、しっかりと登り方を学んでから取り組むようにしましょう。

試行錯誤しながら行う

人間は飽きる生き物。毎回同じルートを同じ方法で登っていては、すぐに飽きてしまいます。

しかし重心の位置を変えてみたり、よりレベルが高いルートに挑戦したりなど工夫することで、次第に上達していきます。

上手くなっていく過程で、思うように動かなかった体が動くようになり、次第に体が引き締まってくることを実感できるはず。

ですからただただロボットのように登るのではなく、レベルアップに励むように楽しみましょう。

張り切りすぎない。最初は週に一回程度から

初心者は張り切りすぎず、週に一回程度を目安に行いましょう。最初から張り切りすぎると疲労で継続が難しくなりますし、怪我の原因にもなります。

特にボルダリングでは、普段あまり使わない背中の筋肉を強く使います。そのため疲労も溜まりやすく、最悪の場合日常生活に支障が出るかもしれません。

ボルダリングの楽しさに魅了されてしまっても、まずは週一回程度から始めていきましょう。

ボルダリングダイエットの注意点

ボルダリングダイエットの注意点

最後に、ボルダリングダイエットを行う際の注意点について解説します。

実際にボルダリングを始める前に、以下の項目に必ず目を通すようにしてくださいね。

施設のスケジュールをチェックしておく

ボルダリングジムへ行く前に、施設のスケジュールをチェックしておきましょう。時間帯によっては、使えない可能性があるからです。

多くのボルダリングジムでは子ども向けのスクールを開催しており、その時間での一般利用は不可となっているケースもあります。ですから施設に行く前には必ずスケジュールをチェックして、利用できる時間にいくようにしましょう。

インストラクターの注意を厳守する

ボルダリングをする際は、インストラクターの指示を厳守しましょう。落ちても問題がない高さで行うボルダリングですが、落ち方によっては怪我のリスクはゼロではありません。

自分の体力に合わせて行うことはもちろんですが、インストラクターから指示・注意されたことを厳守して行うようにしましょう。

他の利用者にも配慮を忘れない

他の利用者と同じ壁を登る際は、コースが被らないか注意しましょう。コース途中で鉢合ってしまえばそこでセッションを中断せざるを得ないばかりか、気づかずに接触する可能性もあります。

その人がチャレンジ中のコースを全体的にチェックし、自分が登ろうとしているコースと少しでも被りそうであれば、登り終わるまで待つべきです。

また他の利用者が登ろうとしているなら、「コースかぶるかもしれません」と一声かけるなどコミュニケーションを取りながら、利用者全員が気持ちよく利用できるように心がけましょう。

まとめ

ボルダリングダイエットは、楽しく上半身を鍛えながら行えるダイエット方法です。登り方も豊富にあり、レベルに合わせて楽しく継続しやすいため、単調な運動が苦手な方やレベルアップしている感覚が好きな方に向いています。

しかし無理に行うことで疲労が溜まったり怪我をしてしまったり、継続が困難になります。

この記事を参考に、楽しみながらボルダリングダイエットを行ってください。

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

運動しなきゃとは思うけど、ジムに通うほどのモチベーションは無い。

そんな方にはオンラインフィットネスがピッタリです。

スマホやタブレットを利用して自宅でフィットネスレッスンが受けられるサービスなら、ちょっとした隙間時間や休日の空き時間に楽しく体を動かせます。

無料体験ができるサービスを3つご紹介しますので、気軽に試してみてください。

リーンボディ

LEAN BODY

リーンボディは2週間無料で利用できるオンラインフィットネスサービスです。

スマホやタブレットで見れる1回5分〜15分のレッスン動画が500本以上も用意されていて、目的や気になる部位にぴったりあったレッスンを選んで利用できます。

ぜひ一度、気軽に登録して試してみて下さい。

ZENNA(ゼンナ)


ZENNAは1回無料で体験できる、オンラインパーソナルトレーニングです。

ZOOMを使って自宅にいながらプロトレーナーから直接指導を受けられるサービスのため、本格的に運動不足に悩んでいる方にピッタリ。

月額制でリーズナブルに利用できますので、ぜひ一度無料体験で相談してみて下さい。

WITH Fitness(ウィズフィットネス)


ウィズフィットネスは1回無料体験を利用できるオンラインパーソナルトレーニングサービスです。

定期的にZOOMでマンツーマンレッスンを受けられるだけでなく、なんと食事管理のことまで毎日相談できるコーチングサービスがついているのが特徴。

それが月額17,800円〜利用できて、リアルなパーソナルトレーニングジムと比べて破格の値段設定になっています。

自宅にいながら本格的にトレーニングと食事管理を始めていきたい方は、一度ウィズフィットネスの無料体験で相談してみて下さい。