【蜜診断】どんな愛に溺れたい?渇愛心理テスト

【蜜診断】どんな愛に溺れたい?渇愛心理テスト

皆さんは甘いものはお好きですか?甘いものを食べると幸せな気持ちになるでしょう。とろ〜り甘い蜜は、癒しの薬。

筆者もセクシーな接客業で、お客様に甘い蜜を振舞ったことも。その際に、意外と当たると評判だったこんなバカバカしくもセクシーな心理テストはいかがでしょう?あなたの愛されたい心、ちょっと覗かせてくださいね。

ストレスも緩和する☆甘〜い心理テスト

では、男性諸君にご質問!あなたが好きな「蜜」はどんな蜜?甘いものが好きな方も、嫌いな方も、インスピレーションで答えてくださいね。

数少ない女性の読者の方も、意中の男性が好みそうなのはどんな蜜?

1.はちみつ(蜂蜜)

2.くろみつ(黒蜜)

3.しろみつ(白蜜)

4.あんみつ(餡蜜)

5.ひみつ(秘密)

6.だんみつ(壇蜜)

選んだ蜜から、あなたが心の底で望んでいる愛を診断します。

蜜を乞うなら無粋はダメよ?

それでは診断の前に、蜜の甘くないお話を。

花には蜜腺と呼ばれる、蜜を分泌する器官があります。花が蜜を分泌する理由は、昆虫を魅きつけ、花粉を運んでもらう…ということはご存知かと思います。

花粉を運んでもらう対価として、美しい花たちは甘い蜜を差し出しますが、昆虫の中にはズルをするものも存在するんですって。蜜を吸うために、花の奥深くへ潜り込むのが億劫なのか、効率的じゃないと感じるのか…「盗蜜(とうみつ)しようとする不届きモノが!

蜜が近いから花の底を破ったり、横から口を挿入したり。あの手この手で甘い蜜だけを欲しがるなんて…。お気持ちはわかるけど、ちょっと無粋じゃないですか?

あら、何の話かって?蜜の話です。

《あなたが密かに望んでいる…愛》診断

お待たせ致しました。それでは診断結果を見て行きましょう。

はちみつ(蜂蜜)〜その華の愛だけが欲しいの〜

金に輝くはちみつを選んだあなたは、現状の愛に満足しているようです。自分の愛に自信があるので、蜜の無い花には見向きもしません。その花にはその花の蜜の甘さがあることを知っている…パートナーが羨ましいですね!

くろみつ(黒蜜)〜褐色の愛に焦がされたいの〜

独特の風味があるくろみつを選んだあなたは、ちょっと変質的な愛に飢えているみたい。強制されることが大嫌いな反面、ギュウギュウ縛りな束縛愛に囚われてみたい…そんな欲求が見え隠れ。ダークな愛にがんじがらめに縛られる快感を求めて。

しろみつ(白蜜)〜何色にも染まりたいの〜

味気ない気がするかもしれませんが、しろみつはどんなものにでも合う優れもの。そんなしろみつを好むあなたは、純粋な反面、無邪気に複数の愛を乞うタイプ。

あの花もこの花も舐めてみたい!と思ってるでしょ?舐めてもいい花かどうかを見極められるなら、味見をしてもいいかもね。

あんみつ(餡蜜)〜全てを蜜に浸したいの〜

蜜もフルーツも白玉もと欲張りさんなあなたは、好奇心旺盛。どんな愛も受け入れる、懐の大きさが魅力的です。そんな性分からか、ちょっと手間のかかる愛ばかり選んでいませんか?

でも心の中では、サバサバした大人の割り切った愛を望んでいるみたい。たまには三杯酢やお醤油で「ところてん」(※1)でも召し上がれ?

(※1)ところてんを三杯酢で食べるのは、主に中部地方。醤油は東北地方。関西は黒蜜が主流なので、蜜違いにはご注意を。

ひみつ(秘密)〜あなただけを知りたいの〜

ひみつを選んだあなたは、言わずもがなスリリングな愛を求めているひと。人のものばかり欲しいと思っていませんか?他人の花は蜜まみれに見えているでしょ?

イケナイ関係ほど、蜜の味と思う行動は、いつか足元を救われてしまうかも。くれぐれも盗蜜はなさらないように、お願いします、ね?

だんみつ(壇蜜)〜溢れる色気に翻弄されたいの〜

出典:amazon/壇蜜写真集 クリックで詳細へ

恐らく瞬時に選んだであろうとお察しします。だんみつを選んだあなたは、間違いなく濃厚な愛に巻かれたい欲求がムンムン。

官能に正直で、愛に刺激と快楽を求めるセクシーなひと。ただ、その愛をちょっとオープンにしたい欲求がありすぎて、あんな所やこんな所でイチャイチャするのは考えものですよ。

 

さて、今宵蜜を乞うのはどんな花から?

この記事のライター

moka

全国を放浪し、ちょっとセクシーな夜の接客業を経験してきました。その経験から、ちょっぴりセクシーで笑える男性向けのお話や、お勉強させていただいたディープなお話をお届けします。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す