GYM TRAINING

WriterQOOL編集部

カラダシフォン|札幌の人気パーソナルトレーニングジムに密着取材

カラダシフォン|札幌の人気パーソナルトレーニングジムに密着取材

年々、人気が高まるパーソナルトレーニング。札幌市内にも続々と新しいジムが誕生しています。
そこで今回は、札幌で10年以上にわたって愛されるパーソナルトレーニングスタジオ 「KARADA chiffon(カラダシフォン)」に密着取材。どんなジムでどのようなトレーニングが行われるのか、徹底紹介しています。

KARADA chiffon(カラダシフォン)について

KARADA chiffon(カラダシフォン)について

窓が大きく天井が高いトレーニングスペース

今回の取材では、札幌市西区にあるカラダシフォン山の手店に訪問しました。

「より多くの方に、カラダを動かすことの必要性もしくは気持ち良さを感じて欲しい」との思いから、カラダシフォンの2号店として2013年4月に開設。

ビルの1階にあり、最寄りの地下鉄からは徒歩約10分ほど。バス停から近く、無料駐車場もあります。

カラダシフォン山の手店の様子

壁際にはダンベルやバランスボール、バーベルなどの道具がスッキリと並んでいます。壁のほとんどが鏡張りのため広く見え、圧迫感がありません。

また、男女ともに利用可能なスタジオで、更衣室・シャワールームも完備しています。

トレーナー紹介

代表|小池 洋二

健康維持、ダイエット、筋力アップはもちろん、ゴルフ上達のための体づくりもお任せください。

トレーナー|宇佐見渓太

つらい食事制限ではなく、一緒に楽しみながら体を動かしましょう。

トレーナー|安田 頌兵

運動が苦手、続ける自信がないという方はぜひ、僕を頼ってください。

トレーナー|荒井沙織

女性ならではの目線で皆さんをサポートします。ボディメイクは私にお任せください。

人気トレーナー宇佐見さんにインタビュー

パーソナルトレーナー宇佐見さんにインタビュー

爽やかで話しやすい印象の宇佐見さん

ここからは、カラダシフォンの人気トレーナー宇佐見さんに伺った、カラダシフォンのこれからや、ご自身についてのお話をご紹介します。

トレーナーになったきっかけ

QOOL編集部(以下編):早速ですが、宇佐見さんがトレーナーになったきっかけを教えてください。

宇佐見さん:幼少時から運動が好きで、高校ではバトミントン部でした。

部活でケガをした時、体のケアをするための「スポーツトレーナー」という職業があることを知り、そこから興味を持って、スポーツトレーナー学科のある専門学校に進学しました。

編:もともとスポーツが好きで、早い段階からトレーナーになる目標を持っていらっしゃったんですね。

トレーニング器具「TRX」の使い方をレクチャー中

宇佐見さん:当初はスポーツ選手のトレーナーに興味があったのですが、一般のお客様のケアにも興味が出てきました。

そんな時、ご縁あって円山にある「TUFF&PEACE(タフアンドピース)」のアルバイトとして働き始めたのがきっかけです。

TUFF&PEACE(タフアンドピース)……カラダシフォン姉妹店のバーベルトレーニング専門スタジオ

編:タフアンドピースで、アルバイトで働き始めたのはいつ頃ですか?

宇佐見さん:2015年10月ごろですね。その後、2016年7月にカラダシフォンでもパーソナルトレーナーとして指導をするようになりました。

他のジムとの大きな違い

編:他のパーソナルトレーニングジムと、カラダシフォンの大きな違いは何ですか?

宇佐見さん:お客様一人ひとりとの距離が近いところです。お客様によっては週2〜3回お会いすることもありますし、「お客様の生活の一部になっている」という自覚を持ってトレーニングに取り組むという姿勢がカラダシフォンにはあります。

編:一般的なパーソナルトレーニングジムは、結果が全てという姿勢が多いように思います。カラダシフォンでは、パーソナルトレーニングの目標を達成して終わり、にしないようにしているんですね。

宇佐見さん:そうですね。トレーナーとして、お客様の目的を達成するお手伝いをするというのも大事なことではありますが、それだけではなく、日々コミュニケーションを取っていくことを大事にしています。

宇佐見さん:体の状態だけでなく、お客様自身と向き合うようにしているという点が、他のジムと大きく違うところだと思います。

トレーニング後のストレッチ。気持ち良さそうです

親身になって指導してくれるパーソナルトレーナー、利用者の体にあわせたオーダーメイドのトレーニングメニューに、完全予約制で集中できるスタイリッシュなスタジオ。

自然と生活の一部になっていくような環境づくりに重点を置いていることが、継続して長く通っている利用者が多い理由のようです。

カラダシフォンがこれから力を入れたいこと

カラダシフォンがこれから力を入れたいこと

編:カラダシフォンのこれからの展望や、力を入れて行きたいことは何ですか?

宇佐見さん:今まで通りパーソナルトレーニングをメインでやっていくのはもちろんですが、最近オープンした手稲店では、サーキットトレーニングに力を入れていきます。

編:サーキットトレーニングとは?

宇佐見さん:サーキットトレーニングとは、筋トレと有酸素運動を組み合わせたトレーニングの手法の一つです。

筋トレ、リカンベントバイクという自転車を漕ぐ、というのを数セットに分けて行うトレーニングで、短い時間で効率よく体を鍛えることができます。

編:そのトレーニングは、札幌の他のジムなどで受けられるトレーニングなのでしょうか?

宇佐見さん:最近になって誕生したトレーニングで、札幌でも受けられるジムやスタジオは少ないかと思います。

まだ手稲店で体験会をやっている段階ですが、今後力を入れて行きますので、興味があったらぜひ体験会にいらしてください。

実際のトレーニングの様子を密着取材

パーソナルトレーニングはマンツーマン指導であるため、利用者によって内容は様々。メニューは毎回違う場合もあります。

ここでは、実際にカラダシフォンに通っているKさんに協力してもらい、パーソナルトレーニングの内容をご紹介します。

監修者プロフィール

宇佐見渓太
パーソナル トレーナー宇佐見渓太

学生時代に負った怪我をきっかけにスポーツトレーナーの道へ。現在は、札幌市に2店舗あるパーソナルトレーニングスタジオ カラダシフォン の人気トレーナーとして活躍中。
「筋トレは一生の幸せ」がモットー。利用者とのコミュニケーションを密に取りながら一人ひとりに合った丁寧な指導に定評あり。

体験者プロフィール

Kさん
システム開発会社代表Kさん

学生時代は痩せ型(身長172cm体重55kg)だったというKさんですが、その後の社会人生活で一気に体重が増加。
70kgを超えたのを機にダイエットを決意し、スポーツジムに通うなどして減量に成功。と同時に「ただ痩せるだけでは満足出来ない」そう思い、通い始めたのがパーソナルトレーニングでした。現在の体重は65kg。週に1度のペースでトレーニングをしています。

1. エアロバイクによる有酸素運動

エアロバイクによる有酸素運動

Kさんはカラダシフォン に通い始めて約1年とのことで、宇佐見さんとかなり親しそうな雰囲気

最初の10分はエアロバイクによる有酸素運動を取り入れています。

有酸素運動とは、軽い負荷で長く続ける運動のこと。脂肪燃焼、呼吸器の機能の向上に効果があります。

2. キックエクササイズ

キックボクササイズ

キックボクシングにも通っているというKさん。動きが早い!

Kさんのメインのトレーニングは、エクササイズにキックボクシングを取り入れたトレーニング。

キックボクシングという格闘技の要素はありますが、強くなるためではなく、効率の良い体の動かし方を知るためのトレーニングです。ストレスの発散にも効果があります。

リズムよくパンチとキックを繰り出すKさん。トレーニング用ミットの音がスタジオ内に響き渡ります

このトレーニングはKさん限定のメニューという訳ではなく、要望を伝えれば誰でもメニューに取り入れることができます。時間は約15分。常に早く動き続けるトレーニングで、かなりハードな印象です。

3. バーベルを使ったトレーニング

バーベルを使ったトレーニング

キックエクササイズの後は、バーベルを使ってトレーニングをすることも。ウェイトは17.5kg。

それほど重いわけではないですが、回数を多めに設定することで引き締めの効果があります。

鍛えられるのは主に上半身(特に肩、二の腕、胸の筋肉)です。

4. 自重トレーニング

自重トレーニング

キックエクササイズやバーベルのトレーニングでは主に足や腕を動かしたので、次は背中や腹筋など体幹を鍛える自重トレーニングを約10分行います。

写真は背筋を鍛えるための自重トレーニング。

バランスボール

こちらは、バランスボールを使った腹筋を鍛える自重トレーニングです。

「自宅でもできるトレーニング」をモットーにしており、一般的なスポーツジムにある大きなマシンは基本的に置いていないのだそう。

4. ストレッチで体をほぐして終了

ストレッチで体をほぐして終了

最後はトレーナーによるストレッチで終了です。

トレーニングで使った筋肉をほぐし体のバランスを整えるためのもので、筋肉痛を最小限に留める効果もあります。45分という短い時間ですが、かなり充実した内容。

Kさんに聞くカラダシフォンのおすすめポイント

Kさんに聞く『カラダシフォン』のおすすめポイント

編集部でも「やってみたい!」という意見の多かったキックエクササイズ

パーソナルトレーニングを始めて約1年とのことですが、Kさんにとってのカラダシフォンのおすすめポイントは何ですか?

Kさん

カラダシフォンでは、トレーナーがマンツーマンで自分のレベルに合わせた指導をしてくれるので、モチベーションが保てます。以前フィットネスジムに通っていたのですが、長続きしませんでした。

フィットネスジムにもトレーナーはいますが、やはり違いはありますか?

通っていたフィットネスジムは、自分でトレーニングをして、わからないことや聞きたいことがあればその都度トレーナーにアドバイスをもらうようなスタイルでした。
忙しそうな時は話しかけづらいですし、マンツーマンで見てくれるわけではないので、基本的に自分との戦いになります。

それは確かにモチベーションを保つのが難しそうです。パーソナルトレーナーの存在はかなり大きいんですね。

継続することが一番大事であり、同時に一番難しいと思っています。
トレーナーの宇佐見さんとはかなり親しくなり、プライベートな話もするようになりました。
一緒にトレーニングをするのが楽しいです。

トレーニング中、宇佐見さんとKさんとの間に信頼関係が出来上がっているのを見ていて感じました。
自分にあったメニューを提案してくれるトレーナーがいるのが何よりのモチベーションになるようです。

取材して感じたカラダシフォンの魅力

ここからは、QOOL編集部がカラダシフォンに取材した際に感じた3つの魅力をご紹介します。

  • 運動の経験なしでもOK。誰でも始めやすい
  • 集中してトレーニングを受けられる施設・設備
  • トレーナーがニーズに合わせてきめ細やかな指導をしてくれる

運動の経験なしでもOK。誰でも始めやすい

運動の経験なしでもOK。誰でも始めやすい

会員の男女比は4:6で女性の方が多いのだとか。女性トレーナーもいるので通いやすい雰囲気です。

ダイエットや体力づくりなど、様々な目標に合わせたトレーニングを提案してくれます。

運動の経験がなくても全く問題なし!年齢制限もなく、お子様からご年配の方まで、幅広い年代の方が通うことができます。

集中してトレーニングを受けられる施設と設備

集中してトレーニングを受けられる施設と設備

コンパクトにまとまった店内で、清掃も行き届いているので快適にトレーニングを受けられます。

パーソナルトレーニングは完全予約制による個別指導で、トレーニングスペースの同時利用は2人まで。集中してパーソナルトレーニングを受けられる環境が整っているのも魅力です。

ニーズに合わせてきめ細やかな指導をしてもらうことができる

ニーズに合わせてきめ細やかな指導をしてもらうことができる

トレーナーがそれぞれの体力に合わせてトレーニングしてくれるため、無理なく続けられます。

「今日はここを鍛えたい」などの要望があれば、それに合わせたトレーニングメニューをその場で考えてくれるそうです。

ニーズを汲み取ったきめ細やかな指導を受けられるのは、利用者とトレーナーの距離が近いカラダシフォンならでは。

興味を持った方は、無料カウンセリングをおすすめします。

無料カウンセリングでは、トレーニングの目的、目標、希望などを元に、トレーニング内容を提案。

メールまたは電話でお申し込み可能です。公式サイトもぜひチェックしてみてください。

  • Karada chiffon 山の手
  •  住所:札幌市西区山の手1条1丁目3‐1 MOE BLD1F
  •  営業時間:10:00〜22:00(土曜 〜21:00、日曜・祝日 〜19:00)
  •  アクセス:バス停「山の手1条通」停より徒歩すぐ

札幌でパーソナルトレーニングならカラダシフォン

札幌の人気パーソナルトレーニングジム「カラダシフォン」まとめ

最近はメディアにも取り上げられ、よく聞くようになったパーソナルトレーニング。

「指導料金が高額で、敷居が高い」というイメージを持っていた編集部メンバーでしたが、カラダシフォンでの取材を通してそれが変りました。

パーソナルトレーニングスタジオの雰囲気や、パーソナルトレーナーによるマンツーマンの細かい指導を間近に見て、男女ともに人気があるのにも納得です。

パーソナルトレーニングの他にも、毎月先着5名限定の特別企画「パーソナルダイエットコース」や、「パーソナルヨガ」、「ゴルフトレーニング」など、コース内容も多彩。

皆さんも一度、自分のカラダと向き合ってみてはいかがでしょうか?

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。