HOT KEYWORDS

トレーニングギア

WriterQOOL編集部 吉田

パーソナルトレーニングはどんな服装がいい? ウェアの選び方を解説

パーソナルトレーニングはどんな服装がいい? ウェアの選び方を解説

こんにちは。QOOL編集部ライター吉田です。

今回は、「パーソナルトレーニングに行くときって、何を着ればいいの?」というあなたのために、パーソナルジムへ通うときの服装について解説します。

よりモチベーションをアップさせたい人は、レンタルウェアではなく、自分でウェアを用意するのがおすすめ。

自分で選んだウェアであれば、トレーニングへのモチベーションがアップするだけでなく、宅トレにも利用できるなど、メリットばかりです。

この記事では、何を用意すればいいのか、また、選ぶポイントについても解説します。これからパーソナルトレーニングに通うあなたは必見です。

監修者プロフィール

QOOL編集部
株式会社ORGOQOOL編集部

パーソナルジム選びは私たちにお任せください。編集部全員がプロトレーナーからパーソナルトレーニング指導を受けており、リアルな視点から情報発信しています。「人生をもうひとつの高みへ」をコンセプトに、あなたの毎日がもっとハッピーになるジム情報・フィットネス情報をお伝え致します。

監修者ページを詳しく見る

パーソナルトレーニングは、動きやすい服装が基本

パーソナルトレーニングは、動きやすい服装が基本

パーソナルトレーニングを受けるときは、基本的に動きやすい服装ならなんでもOKです。

トレーニングウェアのレンタルサービスがあるジムがほとんどなので、レンタルを利用するのもいいでしょう。

パーソナルトレーニングでは、一般的に以下の内容がサービスに含まれています。

  • トレーニングウェア上下・靴下・シューズ・タオル
  • ミネラルウォーターやプロテイン
  • シャンプーや化粧水などのアメニティ

トレーニングウェア以外にも、トレーニングに必要なものはほぼ揃っているのが基本です。

つまり、パーソナルトレーニングはほぼ手ぶらで通うことができるということ。

ただ、この中でもトレーニングウェアだけは自分で用意するのがおすすめです。

最初に買うのは以下の3つ、これだけで問題ありません。

自分で用意したいもの

  1. トレーニングウェア上下
  2. トレーニングシューズ
  3. 女性の場合はスポーツブラ
吉田

最近パーソナルトレーニングに通い始めた私は、まずはこの3つを1セット揃えました。

最初はこれだけでも十分です!

パーソナルトレーニングに行くときに必要な持ち物

パーソナルトレーニングに行くときに必要な持ち物

前述の通り、ウェアやタオル、シューズや靴下などをレンタルできるパーソナルジムは多いですが、肌着や下着までレンタルできるジムはほぼありません。

トレーニング後に下着を替えたい場合は、上記の3点セットに加え、下着の替えなども持っていくようにしましょう。

わざわざ新しく買わなくても問題ありません。家にあるものでOKです。

吉田

ミネラルウォーターやプロテインをサービスしてくれるジムもありますが、ペットボトルやマイボトル持参でジムに通う人も多い印象です。

好みで持って行くといいでしょう。

パーソナルジムでもマスク着用は必須

感染症対策として、マスク着用を義務としているパーソナルジムがほとんどです。

夏でも使いやすく、苦しくならないよう加工が施されたものが多い「スポーツマスク」を用意しましょう。

多くのスポーツブランドから、スポーツマスクが発売されています。

吉田

立体感があるものを選ぶと呼吸がしやすくなるのでおすすめ。つけ心地と合わせて選んでみましょう。

アンダーアーマーの「UAスポーツマスク」は、立体構造で口に張り付きにくく、呼吸がしやすいモデル。

伸縮性のある生地で、顔の輪郭に自然にフィットします。

トレーニングウェアを自分で用意するメリット

トレーニングウェアを自分で用意するメリット

荷物を少なくできる点がレンタルウェアのメリットです。

しかしながら、先ほどもお伝えした通り、トレーニングウェアは自分で用意するのがおすすめ。

トレーニングウェアを自分で用意することで得られるメリットは、大きく以下の3つがあります。

着替え時間の短縮になる

自分でトレーニングウェアを用意していけば、着替えの時間が短縮できて効率よくパーソナルトレーニングを受けられます。

パーソナルトレーニングでは、「1回のレッスン時間内に着替えやシャワーなどの時間も含む」としている場合がほとんど。

レンタルウェアの場合、受付でウェアを借りて更衣室で着替えてからトレーニング開始、という流れになります。

自分でウェアを用意すれば、受付時間や着替え時間などを短縮することができるでしょう。

自分でウェアを用意していれば、レンタルウェアを借りるよりも効率よくトレーニングが進むのがメリットの一つ。

吉田

平日などは仕事帰りに着替えてそのままパーソナルジムへ向かえば、サクッと始められて便利です。

トレーニングへのモチベーションがアップ

お気に入りのトレーニングウェアを用意することで、トレーニングへのモチベーションがアップするのも大きなメリット。

パーソナルジムのレンタルウェアはロゴが入っていたり、地味な色合いで「可愛くない」と感じるデザインが多いかもしれません。

その点、自分で選んだトレーニングウェアを着たほうが、「このウェアを着て頑張ろう」という気持ちになります。

色合いやデザインが可愛いウェアであれば、ジムでの自撮りも一気にSNS映えするでしょう。

吉田

普段着ないような鮮やかな色も、トレーニング用のシンプルなウェアなら違和感がありません。

パーソナルトレーニング卒業後も使える

トレーニングウェアを持っておくと、パーソナルジム卒業後も使うことができ、トレーニングを続けやすくなります。

パーソナルトレーニングのプログラムは、2ヶ月コースが一般的。レンタルウェアが使えるのは通っている期間のみです。

運動は継続が重要。パーソナルトレーニング卒業後も宅トレを続けたり、フィットネスジムに通うようになった際など、トレーニングウェアは重宝します。

吉田

パーソナルトレーニングに通っている最中でも、家で自主トレをするときはトレーニングウェアに着替えたほうが気分の切り替えができて集中できます

動きやすいうえに汗をかいても不快感が少ないなど、メリットばかりですよ。

運動の習慣を身につけて継続していくためにも、自分専用のトレーニングウェアを揃えておくことをおすすめします。

パーソナルトレーニングにおすすめの服装と選び方のポイント

パーソナルトレーニングにおすすめの服装と選び方のポイント

ここからは、まず揃えるべきトレーニングウェアと、選ぶときのポイントについて解説します。

まずはこれだけ揃えてパーソナルトレーニングを始めよう、というアイテムだけを厳選しました。

  1. トップス
  2. ボトムス
  3. トレーニングシューズ
  4. スポーツブラ

トップス

トレーニングウェアのトップスは、Tシャツがおすすめです。

パーソナルジムでは適切に温度管理がされているため、半袖でも寒く感じることはないはず。

Tシャツの上に羽織るパーカーがあれば、コーディネートのアクセントになるだけでなく、寒い季節の移動途中の体温調整にも便利です。

トレーニング中は汗をかくので、トップスは速乾性や吸汗性を重視して選びましょう。

吸汗性と速乾性に優れた定番モデル。

柔らかな肌触りで、着心地がいいと評判です。

シンプルで飽きのこないデザインは、タウンユースもできて便利。

ボトムス

ボトムスは、フィット感のあるスパッツやレギンスがおすすめです。

「スパッツやレギンスはボディラインが出すぎて気になる……」という場合は、ゆったりしたシルエットのものを選ぶか、スパッツやレギンスの上にショートパンツを重ねるとスマートなコーディネートに。

下半身の動きやすさは、トレーニングの効率アップに直結します。

ボトムスは吸汗性だけでなく、素材の柔らかさやストレッチ性を重視して選びましょう。

ストレッチ性が高く、どんな動作でも動きやすいトレーニング用のロングスパッツ。

吸汗性と速乾性に優れ、「いくら汗をかいてもサラサラ」とアスリートも絶賛するほど。

トレーニングシューズ

トレーニングシューズは、スポーツ専用のものがおすすめです。

ファッション性を重視したスニーカーなどは、クッション性が低く、滑りやすいなど、運動に向いていない場合が多いため避けたほうがいいでしょう。

トレーニング中の事故や怪我を防ぐためにも、滑りにくく、地面とのグリップ力が高いものを選ぶのがおすすめです。

スポーツシューズメーカー「ニューバランス」のウォーキングシューズ。

クッション性が高く、軽量な点が利用者から高評価を得ています。

足にフィットして滑りにくいため、ウォーキングだけでなくトレーニングにもおすすめ。

女性の場合はスポーツブラも忘れずに

女性の場合、1枚持っておきたいのがスポーツブラ。

スポーツブラは通常のブラとは違い、激しい運動でも肩紐がずれにくく、汗もすぐ乾くため、トレーニングが一気に快適になります。

体を動かす際にバストをホールドしてくれる働きもあるため、女性にとってはマストアイテム。

スポーツブラにはいくつか種類がありますが、しっかりバストをホールドしてくれる「ハイサポートタイプ」がおすすめです。

スポーツブラは、動きやすさや、あなたにあったサイズかどうかを確認して選びましょう。

ワコールのスポーツウェアブランド「CW-X(シーダブリュー・エックス)」のハイサポートタイプのスポーツブラ。

バストの揺れる方向や順番に合わせてサポートラインが配置されており、大きな揺れをコントロールして、バストへの負担を小さくします。

「スポーツブラとしての機能に文句なし」と口コミも高評価。

お気に入りのウェアで楽しいトレーニングライフを

パーソナルトレーニングでは、自分の好きなウェアを用意するのがおすすめです。

自分好みのトレーニングウェアを揃えておくことで、パーソナルトレーニング卒業後もトレーニングへのモチベーション維持に役立ちます。

まず揃えるべきアイテムと選ぶポイントを押さえて、あなただけのお気に入りを見つけましょう。

あなたのトレーニングライフが、より楽しくなることを約束します。

QOOL編集部 吉田
QOOLライター。結婚式前に3ヶ月間のダイエットを決行、体重-2kg、体脂肪-3%を達成した。パーソナルトレーナーから教わった無理ない食事管理を実践して、体重は依然ゆるやかに減少中。
あと5キロ痩せたい。パーソナルトレーニングとは?を徹底解説