スーツの男性、<ヒップライン>イケてますか? お尻の筋トレ方法をご紹介!

男性たちは女性のヒップラインを厳しくジャッジしていませんか?

ヒップラインがたるんでいる、ヒップラインのボリュームがない、パンティーのラインが丸見えなどなど……自分のヒップラインも女性から手厳しくいわれているかもしれませんよ。

男性のヒップラインは、想像以上に目立つもの……特にスーツは。最悪なのはスーツがお尻に食い込んでいるのです。階段ではみたくもないのにみせつけられます。

スーツの男性、ほんとうに<ヒップライン>イケてますか?女性のヒップラインはあれこれいっている場合ではありません。いますぐ、ヒップラインを鍛えましょう。

ここでは、インストラクター経験があり、当時のトレーニング知識を活用して筋トレをしているライターが、効果的なお尻の筋トレ方法をご紹介します。

ヒップラインはこの筋肉を鍛えるべき!

魅力的なヒップラインのために鍛えるべきなのは、「大臀筋(大殿筋)」「中臀筋(中殿筋)」「小臀筋(小殿筋)」の3つです。ここではそれぞれの筋肉の特徴について説明します。

大臀筋(大殿筋)

広範囲にわたってヒップをおおっているのが大臀筋です。大殿筋ともいわれています。走ったり、歩いたりするためには、この大殿筋が必要です。また、瞬発力にも影響します。なぜなら、股関節や膝関節の伸び縮みをうながしているからです。ヒップラインのためには、この大殿筋のトレーニングがメインになってきます。

中臀筋(中殿筋)

ヒップ上部の外側、そして肉体のコアにあたるインナーマッスルからできています。中臀筋を鍛えることによって、ヒップの位置が高くなります。

小臀筋(小殿筋)

小臀筋は中臀筋に覆われたインナーマッスルです。インナーマッスルは骨盤をサポートする役割があります。また、姿勢がよくなるという効果もあります。

ヒップラインに効果的なトレーニング

スポーツジムじゃなくても、セルフトレーニングで理想的なヒップラインに近づくことができます。ここではすぐにはじめられる、効果的なトレーニングをご紹介します。

脂肪燃焼効果も! マウンテンクライマー

マウンテンクライマーというトレーニングで脂肪を燃焼しながらヒップラインを引き締めることができます。

スタートポジション:腕立て伏せの姿勢

  1. 右足or左足を胸に抱え込むように引き寄せる
  2. スピーディーに両足を入れ替え続ける

1セットは20秒全力からの10秒休憩。最初のうちは2セット、1セットずつ増やしていきましょう。

ポイント

スタートポジションが崩れないようにすること。ヒップが落ちないように気をつけましょう。下腹を引っ込めるように意識するのがコツです。

太ももまで鍛えられる! サイドランジ

サイドランジではハムストリングという太ももの筋肉まで鍛えることができます。大臀筋とも関係している筋肉です。大臀筋とハムストリングを同時に鍛えることで、より理想的なヒップラインになります。

スタートポジション:肩幅程度に両足を開いて直立する

  1. 右足or左足を肩幅の2倍程度サイドに移動する
  2. サイドに移動した右足or左足の膝を90度になるまで腰を落とす。
  3. 反対側も同様におこなう

1セットは右足・左足それぞれ10回ずつ。3セットを目安におこないましょう。

ポイント

つま先・ひざの向きがそろうように意識しましょう。つま先・ひざの向きがそろっていないと、足首・ひざ・股関節に負担がかかってしまいます。

絶対に裏切らない効果! スクワット

足腰を鍛えるトレーニングとして知られているスクワット。絶対に裏切らない効果を得ることができます。ですが、間違った方法では十分な効果を得られないばかりか、けがをしてしまうこともあります。ここで、正しいスクワットを解説していきます。

スタートポジション:肩幅程度に両足を開いて直立する

  1. つま先をやや外側へ向けてからはじめます
  2. 息を吸い込みながら、フロアとひざが平行になるまで腰を落とします
  3. 息を吐き出しながら立ち上がります

1セット20回。3セットおこないながら、増やしていきましょう。

ポイント

スクワットをおこなうときは、背筋をまっすぐにするように意識しましょう。背筋が曲がってしまうと、思うような効果を得られないだけでなく、腰を痛めてしまう原因になってしまいます。

魅力的なヒップラインで女性の視線を釘付け

魅力的なヒップラインの男性がいると、女性だってちらっとみてしまいます。最近では筋トレに励んでいる女性も増えています。よりいっそう、男性に筋肉にも興味・関心があり、それと同時に魅力も感じるのです。なにより、ヒップラインひとつでスーツの見栄えが変わってきます。どんなに素敵なスーツであっても体型で台無しにしてしまうことだってあるのです。魅力的なヒップラインでスーツをきこなして、女性の視線を釘付けにしましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター