HOT KEYWORDS

オンラインフィットネス

WriterQOOL編集部

オンラインヨガのやり方。始め方と受け方を初心者向けに徹底解説

オンラインヨガのやり方。始め方と受け方を初心者向けに徹底解説

オンラインヨガに興味があっても「登録や設定が難しそう……」と、行動に移せないあなたへ。
この記事では、QOOL編集部が “オンラインヨガのやり方” を徹底解説。何をどう進めれば良いか、分かりやすくまとめています。これできっと、オンライン初心者のあなたも、迷うことなくヨガを始められるはず。

オンラインヨガのやり方

オンラインヨガのやり方

スマホやタブレットがあればどこでもヨガが楽しめるとして人気急上昇中のオンラインヨガ。

ここではオンラインヨガの始め方を「申し込みからトレーニング当日」まで順を追ってご紹介します。

オンラインヨガに申し込むまでの流れ

オンラインヨガをはじめるにあたって、難しい手順は何もありません。
今回はオンラインヨガサービスの一つである「ソエル」のライブレッスンを例に解説します。

手順

  1. アプリを準備する
  2. ログインする
  3. レッスンを検索、予約をする

1.アプリを準備する

まずはオンラインヨガを受講するにあたって必要なアプリを用意します。

ソエルの場合、お使いの端末がiOSであればApple StoreからSOELUアプリをダウンロード。AndroidやWindowsの場合は、ブラウザでhttps://soelu.com/を開きましょう。

2.ログインする

画面の指示に従って会員登録を行い、ログインしてください。

ソエルではメールアドレス、LINE、Facebook、Googleの4つが用意されています。

多くのオンラインヨガではメールアドレスを登録する方法が一般的。返信があったアドレスにアクセスして会員登録を行います。

 

3.レッスンを検索、予約する

ログインが完了したら、次はレッスンの予約をします。
レッスン一覧には、ヨガの難易度やどのような効果が得られるレッスンなのか簡単な説明が掲載されています。

あなたの希望にあったレッスンを受講しましょう。

ソエルでは、予約したレッスンを「マイページ」の「ライブレッスン予約リスト」からいつでも確認可能。

iOSカレンダーやGoogleカレンダーにも登録できます。

レッスン時間が近づくとリマインドしてくれるため、スケジュールを忘れてしまいそうで心配な方は、カレンダーに登録しておくことをおすすめします。

ここまでくれば、あとはレッスン当日を楽しみに待つだけです。

レッスン当日の流れ

いよいよヨガライフのスタート。多くの場合、トレーニング当日の流れは次の4ステップです。

当日の流れ

  1. ログイン、入室する
  2. ヨガマットやカメラをセットする
  3. レッスンルームに入室、受講する
  4. レッスン終了後

1.ログイン、入室する

ライブレッスン予約リスト」から参加するレッスンを選び、「入室する」をタップしましょう。

初回起動時のみ「音声の録音」と「写真と動画の撮影」の許可が求められます。両方許可しないとレッスンルームに入室できないため、注意してください。

2.ヨガマットやカメラをセット

ログインできたら、次は適当な場所にヨガマットやカメラをセットしましょう。

ソエルではレッスン開始5分前まで「入室テスト」ができるようになっており、インカメラの写り具合やカメラ、音声のオンオフを試すことができます。
この時間内にベストなポジションを探っておきましょう。

3.レッスンを受講する

レッスンルームに入室すると、インストラクターが「○○さん、こんにちは」と、明るく声をかけてくれます。

挨拶のあとは今日の体調や体の悩みをカウンセリング。レッスンを進めるにあたって大切な情報なため、「肩こりがひどい」「最近気分が沈みがち」など、インストラクターに率直に伝えましょう。

その後はいよいよレッスンスタート。インストラクターはスタジオでのレッスンと同じく、参加者に具体的なアドバイスを伝えながらポーズチェックをしてくれます。

4.レッスン終了後

レッスン終了後は、レッスンに関する不明点などを質問できる時間が設けられています。聞きたいことがあるときは、遠慮せずこの時間に質問しましょう。

すべて終了したら「退室する」ボタンでレッスンルームから出てレッスン終了となります。

レッスンを終えたあなたは、レッスン前より血の巡りが良くなり、心身ともにスッキリしているはず。

「またこのインストラクターが良い」「ヨガをもっと体験したい」と感じたなら、レッスンを検索して次のレッスンを予約しておきましょう。

オンラインヨガを快適に行うためのコツ

オンラインヨガを快適に行うためのコツ
オンラインヨガはスタジオヨガとは異なり、レッスン環境を自分で整える必要があります。

ここからは、オンラインヨガを快適に行うためのコツをご紹介。環境作りの参考にしてください。

手脚を伸ばして運動できるスペースを確保する

ヨガは自宅フィットネスの中でも省スペースでできる運動です。

QOOL編集部としては、周囲との接触を気にせず手脚を伸ばしてポースを取るために、最低でもヨガマット1枚分、できれば2畳ほどのスペースを確保しておくことをおすすめしています。

跳んだり跳ねたりする動作も一切ないため、一般住宅の天井の高さで十分行えます。

事前にカメラの映り方をチェックする

利用するデバイスによって撮影可能な範囲が異なります。事前にどのくらいの範囲が撮影可能なのかチェックしておきましょう。

PCやタブレットのインカメラ(画面側のカメラ)は、ビデオ通話での利用を想定しているためアップで映すことは得意ですが、全身を映すのは苦手です。ある程度離れないと全身は映せません。

一方、スマホのアウトカメラ(画面裏側のカメラ)やウェブカメラは、広範囲を映すことを想定しているため、距離が近くても全身を映すことが可能です。
利用するデバイスの特性に合わせて、レッスンに最適な位置を見つけましょう。

音声も合わせてチェックしてください。お互いの声を聞き取りやすくするために、Bluetoothイヤホン、マイクの使用をおすすめします。

水とタオルは近くに用意する

オンラインヨガは、毎回限られた時間の中でレッスンが進行します。

途中で離席して水を取りに行ったりタオルを取りに行ってしまうと、その貴重なレッスン時間をロスすることになります。

水とタオルはすぐに手に取れるよう、ヨガマット横の邪魔にならない場所に用意しておきましょう。

初心者におすすめのオンラインヨガ5選

ここでは初心者におすすめのオンラインヨガサービスを「コスパヨガの難易度指導方法」というポイントで厳選し、ご紹介します。自分にあったサービス選びのお役に立てると嬉しいです。

サービス名 月額料金 配信ツール
SOELU 980円 自社システム
LEAN BODY 年額プラン 980円
月額プラン 1,980円
自社システム
Olulu Online YOGA 5,000円→4,000円 ZOOM
自宅deヨガ 6,980円 ZOOM
YOGATIVE 1回2,500円〜 ZOOM
Yogalog 1,800円 自社システム

SOELU(ソエル)|ヨガデビューにおすすめ

ソエルの始め方

  1. 公式サイトの「空き体験枠をみてみる」をタップ
  2. 必要な項目に回答する
  3. 予約した日時にレッスンに参加する

ソエルは、ライブレッスンと配信レッスンを両方受けられるサービス。

ライブレッスンでは、実績豊富なプロトレーナーから直接、ポーズ指導を受けられます。

ビデオレッスンは、会員になればいつでも見ることができ、ライブレッスンの復習にも最適。

また、ソエルにしかない特徴と言えば、「赤ちゃん泣いたら保証」。もしレッスン中に赤ちゃんが泣き出してしまったら、チケットを消費せずに別日程のレッスンに振り替えることができます。

名称 SOELU(ソエル)
タイプ 配信&ライブレッスン
料金 月額980円ビデオレッスン限定プラン月額480円
配信システム 自社システム(アプリ)
特徴 体験レッスン1回無料

ソエルでヨガの習慣作りを始める

LEAN BODY(リーンボディ)|ヨガをはじめコンテンツが豊富

リーンボディの始め方

  1. 公式サイトの「2週間無料体験をはじめる」をタップ
  2. アカウント情報を入力し「今すぐはじめる」を選択
  3. プランと支払情報を選択し「さっそく始める」をタップ

リーンボディは、月々決まった料金で400本以上の配信レッスンをいくらでも受講できるサービス。「令和版ビリーズブートキャンプ」でご存知の方も多いでしょう。

人気ヨガインストラクターも多数在籍。配信型サービスのため、トレーナーとスケジュールを合わせたり、予約したりという手間が必要ありません。

ヨガだけでなく、ストレッチやマッサージ、ダンスなど多彩なプログラムが配信されており、ヨガに飽きたら他の動画やプログラムに浮気することも可能です。

定額受け放題のリーンボディなら、例えば早朝でも、寝る前でも、自分のペースで続けられます。

名称 LEAN BODY(リーンボディ)
タイプ 配信
料金 月額980円(年額プランの場合)月額プラン1,980円(毎月更新)
配信システム 自社システム
特徴 2週間の無料体験あり

ソエルでヨガの習慣作りを始める

Olulu Online YOGA(オルルオンラインヨガ )|リラックス効果の高いレッスンが魅力

Olulu Online YOGA(オルルオンラインヨガ )|リラックス効果の高いレッスン

オルルの始め方

  1. 公式サイトの「メンバー登録(無料トライアル)」をタップ
  2. 「メンバー登録」に進み、必要事項を入力
  3. レッスンスケジュールを確認、レッスン開始

オルルオンラインヨガは、予約不要・レッスン受け放題のサービス。

リラックスやリフレッシュをテーマとしたヨガのプログラムが多く、自宅にいながらカラダとコロロの疲れをリセットできます。

オルルでは現在オープニングキャンペーン中。1週間無料でレッスンを体験できます。無料期間が終了する前に解約すれば、料金はかかりません。

「とりあえずオンラインヨガを試してみたい」というあなたは、今が申し込みのチャンスです。

名称 Olulu(オルル)
タイプ ライブレッスン
料金 月額5,000円→月額4,000円
配信システム ZOOM
特徴 1週間無料トライアル

オルルでリラックスヨガを始める

自宅deヨガ|メンタルもケアしてくれるヨガサービス

自宅deヨガ|メンタルもケアしてくれる

自宅deヨガの始め方

  1. 公式サイトの「無料会員登録」をタップしメールアドレスを入力
  2. 届いたURLからログインし、会員情報を入力
  3. マイページよりチケットを購入、レッスンを選ぶ

自宅deヨガは、オンラインスタジオ、メンタルケアの2種類があるサービス。

オンラインレッスンは、「一人一人のことを見て優しく教えてくれる」とインストラクターの丁寧な指導方法が評判です。

一方、メンタルケアではカウンセラー兼ヨガ講師が、人間関係の悩みなど、あなたの心に寄り添ったサービスを行います。

一つのプランを家族と共有できる(住まいが一緒の場合に限る)ため、家族でヨガレッスンを受けたいというあなたにもおすすめ。

無料体験レッスンの実施はありませんが、30分1回のチケットは980円。平日のランチ1回分でお試しできます。

名称 自宅deヨガ
タイプ ライブレッスン
料金 チケット1枚980円
通いたい放題6,980円
通いたい放題+ムービー 8,980円
メンタルケアルーム 90分 12,000円/1回
配信システム ZOOM
特徴 30分1回980円

自宅deヨガに申し込む

YOGATIVE(ヨガティブ)|美容の知識も身につくサービス

YOGATIVE(ヨガティブ)|美容の知識も身につく

ヨガディブの始め方

  1. 公式サイトの「WEB予約」をタップ、「Coubic」に登録
  2. 希望の講師、時間を選択
  3. 支払い方法を選択し予約完了

ヨガティブは、パーソナルレッスンのみのオンラインヨガサービス。一人ひとりのペースやレベルに合わせてカスタマイズされたヨガレッスンが受けられます。

基本的なヨガレッスンはもちろん、マタニティヨガやベビーヨガレッスンなどが用意されていることも特徴。

食事のアドバイスをしてくれる講師も在籍しており、ヨガだけでなくボディメイクの知識も得られるサービスになっています。

名称 YOGATIVE(ヨガティブ)
タイプ ライブレッスン
料金 30分レッスン8回チケット2,000円
60分レッスン8回チケット38,400円(一回あたり4,800円)
配信システム ZOOM
特徴 初回体験レッスン60分3,000円

YOGATIVEで自分だけの先生を探す

Yogalog(ヨガログ)|ゆったりヨガに取り組める

Yogalog(ヨガログ)|ゆったりヨガに取り組める

ヨガログの始め方

  1. 公式サイトの「メンバー登録はこちら」をタップ
  2. 必要項目を入力、アンケートに回答し申し込み完了
  3. レッスン動画を選ぶ

ヨガログは、毎週1本ずつ新しいレッスン動画が追加される、動画配信型のオンラインヨガサービス。

配信される動画は5分〜90分と他社より幅広いため、時間をかけてゆったりとヨガに取り組みたい方におすすめです。

動画の内容も初心者から経験者まで満足できるサービスになっています。

また、動画ごとにインストラクターに直接質問ができるのもヨガログの特徴。

配信型ではありますが「この動画のこのポーズがよくわからない」「コツを教えて欲しい」といった内容を気軽に質問できるため、初心者でも安心して利用できるでしょう。

名称 Yogalog(ヨガログ)
タイプ 配信
料金 月額1,800円
配信システム 自社システム
特徴 サンプル動画視聴可能

Yogalogで受け放題のオンラインヨガレッスンを始める

オンラインヨガおすすめグッズ

オンラインヨガは、PCやスマホがあれば気軽に始められるのがメリットです。

ここではあなたがより快適にヨガに取り組めるように、QOOL編集部がサポートアイテムを厳選紹介します。

ヨガマット

ヨガマット

ヨガをする上で一番重要なアイテムといえば、ヨガマット。

バスタオルでも代用OKとしているサービスもありますが、背中や腰を硬い床から守り、汗で滑るのを防ぐためにも一枚用意しておくことをおすすめします。

こだわりがなければ、厚さ5mm以上の物を選べばOK。

この商品も厚さ5mmかつ、クッション性の高いTPE素材を採用しています。快適なトレーニングのために、ぜひ一枚用意しておいて下さい。

Amazonで買う

スマホ、タブレットスタンド

スマホスタンド

スマホやタブレットでオンラインヨガのレッスンに参加する場合、設置角度は重要です。ちょうど良いカメラ位置を探しやすくするためにも、スマホ、タブレットスタンドは用意しておきましょう。

この商品のように、高さや角度が変えられるものがおすすめです。土台部分に安定感があるため、何かの拍子に倒れてしまう心配もありません。

Amazonで買う

クロームキャスト

クロームキャスト

「大画面のテレビでレッスンを受けたい」という方は、クロームキャストを使ってスマホやタブレット、PCを自宅のテレビと接続しましょう。

テレビに挿すだけで利用できるため設定も簡単。wi-fiを通して接続するため、難しい配線も一切必要ありません。

デバイスで受信したものをさらにテレビに飛ばすため、少々タイムラグが生じてしまうのが欠点。しかし、ゆったりとしたヨガのレッスンならまったく問題なく利用できます。

Amazonで買う

ヨガウェア

ヨガウェアは着るだけでもモチベーションアップにつながります。

こちらのウェアは襟ぐりも広め、パンツもサルエル風でゆったりしているため、ヨガの逆転のポーズ(鋤のポーズなど)もやりやすいと評判です。

ヨガマットの上でも意外と足元が滑りやすいため、ヨガソックスも揃っているのも嬉しいポイント。

肌触りのよい素材でできているため、部屋着としてもおすすめです。

Amazonで買う

 

オンラインヨガのやり方に関するQ&A

Q.失敗しない選び方とは?

A.無料体験レッスンを受けて、質問に対して納得する回答が返ってくるかチェックしましょう。

インストラクターの質は、曖昧な回答の少なさで測れます。

あなたが納得する回答が返ってくれば、そのサービスやインストラクターの質が良く、あなたとの相性も良い証拠。そのサービスを利用すれば、失敗することはないでしょう。

Q.無料体験のあと、無理やり勧誘されない?

A.特に勧誘されることはありません。

無理に入会させたところで、結果が出ず評判も悪くなれば、サービス提供者にとってメリットはありません。

心配せずに、体験やカウンセリングは気軽に受けてみて下さい。

Q.ヨガの効果を高めるには?

A.「呼吸」を意識しましょう。

ヨガはポーズをただ単純に取るだけではなく、鼻から息を吸う動きに合わせてゆっくり身体を動かす運動です。

鼻から息を吸い、綺麗な空気を体内に入れることで、自律神経や交感神経、エネルギーの流れが整い、血行が促進されます。

常日頃から「鼻呼吸」を意識して習慣化しておくと良いでしょう。胸式呼吸ではなく、深く息が吸える腹式呼吸が望ましいです。

オンラインヨガのやり方は簡単。まずは無料体験から。

女性家トレの代表格とも言えるオンラインヨガ。

現在は様々なサービスが誕生していますが、初心者にはライブ形式のレッスンや初心者向けのコンテンツが豊富な配信形式のレッスンがおすすめです。

どのサービスも申込みは簡単。フォームに必要事項を入力するだけで素敵なヨガライフがはじまります。

まずは気軽に無料体験から始めてみませんか?

QOOL編集部
プロとして実績のある身体づくりの専門家を監修者に迎え、正しいフィットネス情報を発信。クールなカラダをつくるためのモチベーションアップをお手伝いします。
あと5キロ痩せたい。パーソナルトレーニングとは?を徹底解説