HOT KEYWORDS

筋トレ

WriterQOOL編集部 中鉢

ノーマルプッシュアップの効果的なやり方。正しいフォームを画像で解説

ノーマルプッシュアップの効果的なやり方。正しいフォームを画像で解説

ノーマルプッシュアップは胸の筋肉を中心に、上半身全体を鍛えられる王道の自重トレーニングメニュー
全身をまんべんなく鍛えたい方にとっては、魅力的なメニューです。

今回はプロのパーソナルトレーナーにノーマルプッシュアップについてお話を伺いました。

鍛えられる筋肉部位やメリット、正しいやり方、注意点など、ノーマルプッシュアップについて網羅したこの記事で正しいやり方を学んでいただき、充実のトレーニングライフを送ってください。

監修者プロフィール

監修者 谷口 嵩幸
パーソナルトレーナー監修者 谷口 嵩幸

フィットネスジムでのトレーナー経験を経て、2019年パーソナルトレーニングジム『B Conditioning』をオープン。
「カラダを動かし、体調を整えられることを一つの選択肢にできるように」という思いからくる、的確かつ明るいトレーニング指導が人気を博している。

監修者ページを詳しく見る

ノーマルプッシュアップで鍛えられる筋肉部位

ノーマルプッシュアップの注意点

まずはノーマルプッシュアップで鍛えられる筋肉部位を確認しましょう。

きちんと筋肉に効かせられているか意識するためにも、筋肉の位置を知っておくことは重要です。

ノーマルプッシュアップで鍛えられる下記の3部位について、各部位の場所や役割を詳しく解説していきます。

ノーマルプッシュアップで鍛えられる筋肉部位

  • 大胸筋
  • 三角筋(前部)
  • 上腕三頭筋

大胸筋

大胸筋は鎖骨、腹筋上部、上腕を支点として胸全体を覆う筋肉

ノーマルプッシュアップでは、地面を押す動作によって鍛えられる筋肉部位です。

大胸筋を肥大化させることで、男性ならたくましい胸板を手に入れることができ、女性ならバストアップにも繋がります。

谷口さん

大胸筋は押す動作に関与しているため、日常生活でも重要な筋肉なんですよ!

三角筋(前部)

三角筋は上腕と肩の境界に位置している丸い筋肉部位。

大胸筋と同様、ノーマルプッシュアップの地面を押す動作によって三角筋の前部にも刺激が入ります。

三角筋は腕の動きに大きく関与する筋肉であるため、物を高いところに持ち上げたり、掃除が楽になったりと鍛えるメリットのある部位。

谷口さん

男性の場合は三角筋前部を鍛えることで、立体的な肩をデザインできますよ。

上腕三頭筋

上腕三頭筋は、二の腕に位置する筋肉。

ノーマルプッシュアップの腕の曲げ伸ばしの動作で刺激が入るため、上腕三頭筋も鍛えることができます。

上腕三頭筋を鍛えると、男性なら腕の太さに影響し、女性なら二の腕の引き締めが期待できます。

谷口さん

腕の見た目を整えたい方は、ぜひ上腕三頭筋を意識してみてくださいね!

ノーマルプッシュアップの効果

ワイドプッシュアップの注意点

続いて、ノーマルプッシュアップを行うことでどんなメリットがあるのかを確認していきましょう。

今回谷口さんから教わったのは、下記の5つ。それぞれ詳しく解説していきます。

ノーマルプッシュアップの効果

  • 日常動作がスムーズになる
  • 姿勢が良くなる
  • 肩甲骨のポジションが整う
  • 胸の筋肉が大きくなる
  • 他のプッシュアップ種目と比較して、全身をまんべんなく鍛えられる

日常動作がスムーズになる

筋肉部位の項目でもお伝えしたとおり、ノーマルプッシュアップを行うと、日常動作がスムーズになります。

例えばノーマルプッシュアップで鍛えられるメインの筋肉、大胸筋は「押す」動作に大きく関わる筋肉。

大胸筋を鍛えることで扉を楽に開閉できるようになったり、体を効率よく使えたり、日常生活でもその効果を実感することでしょう。

姿勢が良くなる

ノーマルプッシュアップは基本的に、体を真っ直ぐにして行う種目です。

お腹に力を入れて支えることで腹筋群などの体幹部が鍛えられ、肩甲骨を寄せると僧帽筋や前鋸筋にも刺激が入ります。

その結果姿勢が整い、男らしい凛とした姿勢モデルのようなきれいなスタイルに繋がります。

谷口さん

私が指導する時は、体幹トレーニングの一環としてノーマルプッシュアップを取り入れることもあります。

肩甲骨のポジションが整う

ノーマルプッシュアップでは、肩甲骨をしっかりと寄せた状態をキープします。
その動作を繰り返すうちに、肩甲骨を本来あるべき位置に戻すことが可能になります。

谷口さん

肩甲骨が正しいポジションにない場合、腕を上げる動作で余計な力が必要になってしまったり、肩がすくんで肩こりの原因になってしまったり、体の不調につながることも……。

ノーマルプッシュアップを行うことで、体の正しい動きを学ぶことができます。

胸の筋肉が大きくなる

ノーマルプッシュアップは、主に大胸筋に効くトレーニング種目。
十分にトレーニングを積んでいけば、当然ながら大胸筋が肥大化していきます。

男性であれば、服の上からでも分かるほど厚い胸板に憧れた経験もあるでしょう。

ノーマルプッシュアップで男性からは憧れられ、女性の視線を釘付けにする胸を作り上げていきましょう。

他のプッシュアップ種目と比較して、上半身をまんべんなく鍛えられる

プッシュアップにはノーマルプッシュアップの他にも、ワイドプッシュアップやナロープッシュアップなどの派生種目があります。

他のプッシュアップ種目との違いは、上半身全体をまんべんなく鍛えられること。

※表は横にスクロールできます。

筋肉部位 ナロープッシュアップ(50%) ノーマルプッシュアップ(100%) ワイドプッシュアップ(150%)
三角筋 89.3±5.6 100.0±7.1 97.5±6.3
小胸筋 131.7±4.0 100±3.1 84.3±2.5
大胸筋 115.0±4.3 100±3.4 92.3±2.9
前鋸筋 71.2±2.6 100±4.4 119.2±4.9
上腕二頭筋 105.5±6.9 100±6.9 121.6±9.1
上腕三頭筋 116.5±7.0 100±5.9 86.0±5.3
広背筋 92.4±5.6 100±6.0 103.5±7.1
棘下筋 162.7±10.3 100±5.1 75.7±4.2

上記の表は韓国の大学によって行われた研究結果から引用したもの。
ノーマルプッシュアップで各部位にかかる刺激を100とした時、スタンスの違いによってかかる刺激の差を一覧化したものです。

ナロープッシュアップやワイドプッシュアップでは、スタンスによって刺激の加わる部位が変わるため、鍛えたい筋肉に応じて使い分ける必要があります。

一方、ノーマルプッシュアップではどの筋肉もまんべんなく鍛えられるため、どんな方にもおすすめできる、万能のトレーニングメニューと言えるでしょう。

ノーマルプッシュアップの効果的なやり方。画像つきでフォームを解説!

ノーマルプッシュアップのやり方2

それではさっそく、プロのパーソナルトレーナーである谷口さんに教わった、ノーマルプッシュアップの正しいやり方について解説していきます。

正しいフォームで行うことで、よりトレーニングの効果を高めることが可能に。実際に行う際は、下記の3ステップを意識してみてください。

ノーマルプッシュアップのやり方

  1. 手幅を肩幅くらいに開き、肩甲骨を寄せる
  2. 体を一直線に保ったまま、体を落とす
  3. 体を下げきったら地面を押して持ち上げる

まずは手幅を肩幅くらいに開きましょう。

肩甲骨を寄せて、肩を下げるように意識してください。

腰が落ちたりお尻が上がったりすることなく一直線に保ったまま、肘を曲げて体を沈めます。

この時、肘を広げないように注意しましょう。

沈められるところまで体を沈めたら、地面を押して体を持ち上げます。

この時も体が一直線になるようにキープしたまま行ってください。

中鉢

トレーニングの後半になると、どうしてもフォームが崩れてしまいます……。

谷口さん

どうしてもフォームが崩れてしまうなら、膝をついてもOKです。
崩れたフォームで行うよりも、膝をついて正しいフォームで行うほうが効果的なので。

無理せずできる範囲から、取り組んでみてくださいね!

ノーマルプッシュアップの注意点

ノーマルプッシュアップの注意点

ここからは谷口さんに教わった、ノーマルプッシュアップを行う際の注意点を解説していきます。

注意点を一言でまとめると、フォームを崩さないことが最も重要なポイント

フォームを崩すと十分に筋肉に刺激が入らず、肩を痛める原因にも繋がります。

ノーマルプッシュアップにおいて最も重要なフォームを崩さないためにも、下記の3つの注意点を頭に入れて、トレーニングを行ってみてください。

ノーマルプッシュアップの注意点

  • 常に一直線の姿勢を保つ
  • 肘を斜め後ろに向ける
  • 肩を下げる

常に一直線の姿勢を保つ

体を降ろす時も上げる時も、ノーマルプッシュアップを行っている最中は常に姿勢を一直線に保ちましょう

姿勢をキープすることで、腹筋群の体幹強化肩甲骨周りなどのキープにも役立ちます。

お腹を十分に固められないと、腰が落ちたりお尻が上がったり、フォームが安定しません。
その結果、下記の画像のような乱れたフォームに。

ノーマルプッシュアップの悪い例1

ノーマルプッシュアップの悪い例。腰が反っています。

中鉢

ノーマルプッシュアップを行う時、よく首と腰が落ちるんです……。

谷口さん

もしストレッチポールなどの長いポールをお持ちなら、体の上に乗せるのも良い方法です!

頭・背中・お尻」の3部位に、ポールが当たっていれば一直線をキープできている証拠です。

肘を斜め後ろに向ける

肘を後ろに向ける

「肘の内側を、気持ち前に向けましょう」と指導を受けてます。

肘を斜め後ろに向けることも、ノーマルプッシュアップのポイントの一つ。
そうすると、肘の向きに連動して肩甲骨が寄せられるため、正しいフォームを作りやすいからです。

肩甲骨がしっかりと寄っているからこそ、地面を押しても体をまっすぐ使うことができ、正しいフォームを維持できるのです。

また、肘を外側に向けてしまうと負担がかかるため、肩を痛める原因にも繋がります。

谷口さん

イメージしづらい方は、肘の内側を少しだけ前に向けるイメージで行ってみてください。

肩を下げる

肩をしっかりと落とし、肩がすくまないように意識するのも重要です。

肩がすくんでいると胸が下まで落ちきらないため、胸や腕にかかる負荷が落ちてしまいます。

ノーマルプッシュアップの悪い例2

限界まで下げましたが、ご覧の通り胸と地面との間に距離がありますよね。

しっかりと肩甲骨を寄せ、肩を下げることで初めて、大胸筋が十分に伸びるところまで体を沈めることができるのです。

中鉢

肩がすくみやすい人には、どんな特徴がありますか?

谷口さん

背中が丸まっていると、肩が上がってしまいます。

肩甲骨を寄せて、背中をまっすぐにするように意識しましょう!

ノーマルプッシュアップは胸を鍛える王道自重筋トレ

今回はプロのトレーナーである谷口さんにお話を伺い、ノーマルプッシュアップについて解説しました。

ノーマルプッシュアップは大胸筋を中心として、上半身の複数の筋肉をまんべんなく鍛えられるトレーニングメニュー。自重トレーニングを行うなら、優先的に取り入れるべきメニューと言えます。

とはいえ、ノーマルプッシュアップはそれなりに負荷の高いメニュー。
そのため、筋トレ初心者や女性は苦労するかもしれません。

ノーマルプッシュアップができずに悩んでいる方は、腕立て伏せが上手くできない初心者向けの練習法をプロトレーナーが解説した記事をご覧いただき、段階的に鍛えていきましょう。

QOOL編集部 中鉢
QOOL編集部ライター。パーソナルトレーナーへの取材や本で学んだ知識を活かした「無理しないボディメイク」を実践し、体脂肪率12%BMI21をキープ中。

編集部ライターが24/7Workoutに通ってみた!

24/7Workoutの評判を調査!口コミの真偽を実際に通って検証してみた

24/7Workoutは全国展開のパーソナルトレーニングジム。

評判もとても良く「これは本当かどうか確かめる必要がある」ということで、現在当編集部のライターが実際に通って検証しています。

少しずつ情報を追加していきますので、24/7Workoutが気になっている方は下記の記事を定期的にチェックしてみて下さい。

無料カウンセリングの様子は、下記の記事でまとめています。

24/7Workoutの料金システムもわかりやすくまとめてみました。

食事管理は、こんな感じで取り入れています。

トレーナーさんの人柄も良く、清潔感があって通いやすいジムです。気になる方は、ぜひ家の近くの24/7Workoutを検討してみて下さい。

自分の目でチェックしてみる

24/7Workout公式サイトへジャンプします。

あと5キロ痩せたい。パーソナルトレーニングとは?を徹底解説