筋トレしてモテる! ところでジムってどうやって選ぶ? 選び方のポイントをご紹介

筋トレしてモテる! ところでジムってどうやって選ぶ? 選び方のポイントをご紹介

肉体美だけでモテることができる。疑ってかかる男性だっているでしょう。

ですが、これが女性だっただろうでしょうか。つまり、グラビアアイドルのようなボン・キュッ・ボンのスタイルの女性、ウエストにはっきりとあばらがみえている瘦せぎすな女性、たるんだ脂肪がジーンズに腰かけている女性……女性たちはどれも美人でもなければブサイクでもないという、いわゆる”十人並み”といったところ。だったら、ほとんどがスタイルのいい女性を選ぶのではないでしょう。

男性だってそうなんです。もやしみたいな男性よりも、たるんでいる男性よりも、筋トレで引き締められた肉体美をほこる男性がかっこよくみえるもの。筋トレをしたらモテます。そのためにトレーニングしている男性だっています。

ある程度、筋トレを継続していると、自己トレーニングに物足りなさを感じるようになります。そんなときこそ、ジムトレーニングです。隔月でかまいません。自己トレーニングをカバーするために、ジムトレーニングがおすすめです。

そこで今回は、ジムの選び方のポイントをご紹介します。

納得できるジムに出会うために 知っておきたいジムのこと

納得できるジムに出会えた。だから、ジムトレーニングが継続できたし、トレーニングの効果だって実感できた。これが納得できないジムだったら……ジムトレーニングもすぐにやめて、なにひとつ効果が実感できないまま、モテることだってないかもしれません。納得できるジムに出会えることが大切です。まずは、知っておきたいジムのことについて説明していきます。

スポーツジムの種類

一般向けのスポーツジムは、おおまかに3種類になります。ライフスタイルにマッチしていること、自分自身の目的を満たしていること。納得できるスポーツジムを選ぶために、種類ごとの特徴をおさえておきましょう。

  1. 会員制フィットネス
  2. パーソナルトレーニングジム
  3. 総合スポーツジム

会員制フィットネス

スポーツジムでのトレーニングといったとき、会員制フィットネスがイメージしやすいのではないでしょうか。月額料金で施設を利用できます。基本的なスタイルは、自分のペースでマシントレーニングをおこなっていくというもの。必要に応じてトレーナーのアドバイスがもらえます。

こんな男性に向いている

会員制フィットネスは24時間営業のところがたくさんあります。そのため、忙しくてなかなかトレーニングができないかもしれない……という場合におすすめです。

パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーニングジムというと、最近ではライザップが知名度をアップしているのではないでしょうか。トレーナーによるワン・ツー・マンレッスンをおこないます。会員制フィットネスよりも料金が割高です。

こんな男性に向いている

徹底的にトレーニングをおこないたい。きちんとプロに指導してもらいたいという場合は、パーソナルトレーニングジム一択でしょう。金銭的にも時間的にも余裕がある男性におすすめです。

総合スポーツジム

総合スポーツジムには、ジムトレーニングだけでなく様々なワークアウトができるという魅力があります。ランニングゾーンがあったり、プールでスイミングができたり、フィットネスレッスンに参加できたりします。

こんな男性に向いている

筋トレだけでなく、走り込みをしたい、スイミングもしたい、そんな男性におすすめです。休日にじっくりと時間をかけてトレーニングしたい場合にもぴったりです。

女性と出会えるのはどのタイプのジム?

せっかくジムトレーニングするのだから、女性との出会いだって期待したい。一概にはいえませんが、女性と出会いやすいのは総合スポーツジムです。女性向けのヨガ・ピラティスなどエクササイズプログラムが豊富だからです。次に、会員制フィットネス。社会人女性が隙間時間をみつけてトレーニングしています。パーソナルトレーニングジムではあまり出会えないかもしれません。

納得できるジムに出会えた! 選び方のポイントをご紹介

納得できるジムに出会うため、ここからは気になる選び方のポイントをご紹介していきます。

アクセスしやすいかどうか

スポーツジムのアクセスは、なによりも重要視しなければならないポイントです。アクセスのしやすさ=通いやすさだからです。

会社からスポーツジムにいくこともあるでしょう。自宅からスポーツジムにいくことだってあるはず。会社からも自宅からもアクセスしやすいジムがいいでしょう。

ジムのために交通費をかけて乗り継ぎをするようでは、通うことが負担になってしまいかねません。

契約プラン・営業時間

スポーツジムでは様々な契約プランがあります。無制限でトレーニングできるもの、時間・曜日制限があるもの、年齢制限があるもの……自分にとってぴったりの契約プランがベストです。筋トレしたいというモチベーションから、無理な契約プランにしてしまうことも。たいがいプラン変更ができるので、最初は無理のない契約をするようにしましょう。

また、スポーツジムの営業時間は施設によって様々です。最近の会員制フィットネスは、24時間営業が増えているため、仕事終わりにトレーニングができます。また、営業時間内にどれだけ利用できるかもポイントです。これは、契約内容にも関わることです。もし、休日に1日中トレーニングしたいと思っているのなら、時間制限がない契約をしなければなりません。

施設の設備が充実しているかどうか

トレーニングしてからシャワーをあびてすっきりしてから帰宅したいという男性もいるでしょう。もしかしたら、トレーニングしてからデートなんてこともあるかもしれません。入浴施設があったり、シャワールームがあったり、施設の設備が充実してるジムだと、ジムトレーニングをはじめてから不便を感じることがないでしょう。

設置されているマシンの種類

設置されているマシンの種類も確認しておきましょう。くわしいことがわからなくても、体験トレーニングのとき、このような目的にふさわしいマシンがあるかどうか質問してみるといいでしょう。いざトレーニングをはじめて、目的にマッチしたマシンがなければ意味がありません。

トレーナーにフォローしてもらえるかどうか

パーソナルトレーナーはトレーニングの心強い存在です。最初のうちはマシンの選び方・扱い方がわからないはず。そんなとき、必要に応じてアドバイスをしてくれるトレーナーが必要になってきます。会員制フィットネスでは、時間帯によってトレーナーがいないということも。どのタイミングでどこまでトレーナーにフォローしてもらえるかどうか、確認しておくようにしましょう。

筋トレは1日にしてならず。継続が大切

筋トレは1日してならず。継続することが大切です。そのためには納得できるジム選びをしなければなりません。ジムの種類別の特徴をおさえたうえで、ポイントごとにチェックしながらジム選びをおこないましょう。もちろん、体験トレーニングは必須。実際にトレーニングをしてみて、手応えがあるジムがいいでしょう。筋トレのあとはプロテインでタンパク質をチャージ、効率よく筋肉を増やしていきましょう。

おすすめプロテインの特集はこちら 【プロテインおすすめ】筋トレアフターはプロテインがいい! 男性のモテに必要なプロテイン

筋トレは1日してならず。そしてモテも1日してならず。筋トレを継続することで、男っぷりもあがっていきます。女性が放っておくはずがない、素敵な肉体美を手に入れましょう。

この記事のライター

kawakita rinko

インストラクターの資格を持ちながら、腹筋女子として女性たちに筋トレを指導するだけでなく、男性たちにも筋トレをすることによる様々な魅力を知っていただくために、QOOLから筋トレ情報を発信していきます。これまで筋トレをしていない男性でも取り組める内容を心がけています。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す